TOP > アイドルマスター > 春香「進路相談」

春香「進路相談」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:11:04.01 ID:I0c8L6Mvo

書き溜めありです一気に投下します


春香「ねえねえ、千早ちゃん」

千早「どうしたの、春香?」

春香「今度ね、学校で進路相談があるの」

千早「ああ、学校によっては2年生のこの時期から進路関係に力を入れ始めるわね」

春香「それでね、私ってさ?実は、ほら、その、なんていうかアイドル? やってるじゃない?」テレテレ

千早「ええ、私もアイドルだし今更そんなこと照れながら打ち明けられても困るけど、確かにそうね」

春香「だから先生に『天海は進路どうするんだ?』って聞かれたら、なんて答えればいいかわからなくて…」

千早「なるほどね、確かに今の世の中、アイドルでもある程度の学力や常識などを求められるものね」

春香「そうなんだよ~。だからね、千早ちゃんが先生役で進路相談の練習したいんだけど」

千早「でも将来のことはプロデューサーとか律子に……って今なんて?」

春香「だから、私が進路相談するから千早ちゃんが先生やって?」

千早「春香?何かおかしくない?」

春香「?」

千早「……」

春香「??」

千早「……はぁ、わかったわ、付き合うわよ…」

春香「ホント!?ありがとうっ!千早ちゃん!!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:11:59.19 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「天海春香です!」

千早「よし、入っていいぞ」

春香「コンコン 失礼しまーす! ウィーン ピロリロピロリロ」

千早「!?」

春香「? どうしたんですか如月先生?」

千早「…ちょっと一回部屋から出てやり直してみて?」

春香「う、うん…? 失礼しましたー! ウィーン ピロリロピロリロ」

千早「!!」

春香「えと、いいかな?千早ちゃん?」

千早「え、ええ、いいわよ?」

春香「コンコン 天海春香入りまーす! ウィーン ピロリロピロリロ」

千早「ちょっと待って春香」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:12:56.10 ID:I0c8L6Mvo

春香「ど、どうしたの千早ちゃん?」

千早「何?今の?」

春香「今のって?」

千早「『コンコン』の後よ」

春香「『天海春香入りまーす!』?」

千早「その後」

春香「『ウィーン ピロリロピロリロ』?」

千早「そう、それよ!」

春香「ドアが開くときの音だよ?」

千早「ドアが開くときその音が鳴るの?」

春香「えっ?千早ちゃん聞いたことないの?」

千早「少なくとも私の学校では聞かない音ね」

春香「私の学校でも聞かないよ?」

千早「……ん?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:13:36.12 ID:I0c8L6Mvo

千早「ちょっといいかしら?」

春香「うん?」

千早「春香の学校のドアって」

春香「引き戸だよ?」

千早「じゃあ、あなたさっきの『ウィーン ピロリロピロリロ』はあなたの学校で鳴るの?」

春香「だから鳴らないよ?」

千早「じゃあ、さっきの『ウィーン ピロリロピロリロ』は何?」

春香「コンビニに入った時の音だよ?」

千早「なぜ鳴るの?」

春香「それはコンビニに入ったらなぜ『ピロリロピロリロ』が鳴るのか、という意味でいいのかな?」

千早「違うわ、そうじゃないの春香」

春香「うん?」

千早「……あなた、コンビニで進路相談するつもりなの?」

春香「学校でするんだよ?」

千早「じゃあ学校のドアを開けたらどんな音が鳴るの?」

春香「……あぁ~!」

千早「……そういうことよ」

春香「ガラガラ」

千早「そう、それよ」

春香「なるほどね」

千早「普通の引き戸でお願い」

春香「普通の引き戸でね?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:14:14.78 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「天海春香です!」

千早「よし、入ってくれ」

春香「コンコン 失礼しまーす! ガラガラ」

千早「じゃあそこに座ってくれ」

春香「!?」バッ

千早「?」

春香「」バッ バッ

千早「どうしたのよ?」

春香「ヒィッ!!」

千早「……?」

春香「い、いま壁から声が」アワアワ

千早「春香」

春香「ま、また!!」ガクガク

千早「……」



春香「ポルターガイストかと思った」

千早「春香」

春香「だけど違った」

千早「……そうね」

春香「ぬりかべだった」

千早「春香」

春香「冗談ですよ、冗談!」

千早「真面目にやって頂戴」

春香「真面目にね?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:14:51.90 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「コンコン 天海春香です!」

千早「よーし、入って席についてくれ」

春香「失礼しまーす! ガラガラ」

千早「よし、じゃあ早速だが天海、お前アイドルをやっているよな?」

春香「はい」

千早「それも最近かなりの人気を集めているよな?」

春香「いえ、人気だなんてそんな…私なんてまだまだです」

千早「いやいや、でも『テレビをつければお前が映ってない日がない、頑張っているなぁ』と職員室でも話題になってるぞ?」

春香「いえ、そんなこと……ですがありがとうございます。尊敬する先生方に一層応援していただけるように日々頑張って行きたいと思います。」

千早「ああ、そうだなこの調子で頑張れ!」

春香「はい!先生!」

千早「…それでだな、進路のことなんだが……天海」

春香「はい」

千早「今はアイドルをやっているが将来はどうしたいんだ?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:15:41.34 ID:I0c8L6Mvo

春香「……将来は私、弁護士になろうと思うんです」

千早「ちょっと待って春香」

春香「うん?」

千早「弁護士なの?」

春香「弁護士だよ?」

千早「えっ、本気なの?」

春香「えっ、真面目にやれって言ったの千早ちゃんでしょ?」

千早「えっ、真面目に弁護士目指してるの?」

春香「いや、『真面目な人』っていうポーズをとってるだけだよ?」

千早「そのポーズは今すぐやめて」

春香「じゃあどうすればいいのかな?」

千早「真面目に春香が考えている将来の夢を言えば良いだけよ」

春香「……あぁ~!」

千早「今の会話のどこにそんなピンとくるフレーズがあったのよ……」

春香「私の夢ね?」

千早「はぁ……頼むわよ?」

春香「任せて!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:16:15.09 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「コンコン 天海春香です!」

千早「…入って頂戴」

春香「失礼します! ガラガラ」

千早「じゃあ、そこにある椅子に座って始めましょう」

春香「はい!」

千早「では、天海さんの進路についてなのだけれど」

春香「はい!」

千早「なにか将来の夢とかあるかしら?」

春香「そうですね、今はアイドルをやっているので」

千早「そうね」

春香「今やるべきことが多すぎて具体的にはまだ決まってないんですけど」

千早「ええ」

春香「将来は普通の女の子に戻りt 千早「春香は今も普通よ」

春香「……」

千早「……」

春香「……」

千早「……普通よ」

春香「千早ちゃん」

千早「普つ 春香「千早ちゃん」

春香「千早ちゃん、それはいけないよ」

千早「……」

春香「いけない」

千早「……悪かったわ」

春香「わかってくれたらいいよ」

千早「春香は普通じゃない」

春香「そうそう」

千早「春香は普通の女の子じゃない」

春香「アイドル、だからね」

千早「……気を取り直してもう一度初めからやりましょう」

春香「そうだね」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:16:37.86 ID:I0c8L6Mvo

春香「コンコン 天海春香です!失礼しまーす! ガラガラ」

千早「来たわね、じゃあ席に座って始めましょうか」

春香「はい! どっこらせ…っと」

千早「春香」

春香「うん?」

千早「普通の女の子はそんなオッサン臭いこと言わない」

春香「普通じゃないよ」

千早「……普通のアイドルはそんなオッサン臭いこと言わないわ」

春香「普通じゃないって」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「……」

千早「トップアイドルはそんなオッサン臭いこと言わないわ」

春香「言わないね」

千早「オッサン臭くないアイドルでお願い」

春香「アイドルでね?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:17:10.08 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「コンコン 天海春香です! イエイ!」

春香「トレードマークは頭のリボン! 明るく前向き遠距離通勤!」

春香「一日一回転びます! イエーイ!」


春香「…失礼しまーす ガラガラ」

千早「違うでしょ」

春香「うん?」

千早「アイドルで、とは言ったけど歌えなんて言ってないわ」

春香「ほら、担任の先生も私のことアイドルだってこと忘れてる事がしょっちゅうだし、歌っておけば思い出すかなって」

千早「トップアイドル忘れられてるじゃない」


千早「春香は結局何が夢なのよ」

春香「夢…?」

千早「ほら、小さい頃からずっとなりたいものとかあるでしょう?」

春香「私の夢…」

千早「もう次の仕事まであまり時間がないからそういうので頼むわね」

春香「夢…」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:17:37.72 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「コンコン」

千早「どうぞ入 春香「ガラガラ」

千早「じゃあ席につい 春香「私の、私の夢はどこ…!!」

千早「……」

春香「掴みかけた夢が……零れ落ちていく……」

春香「サラサラと…」

春香「音を立てt 千早「春香」

春香「うん?」

千早「いいから」

春香「?」

千早「そういうの、いいから」

春香「うん」

千早「無駄にシリアス、入れなくていいから」

春香「入れたほうが真面目さ伝わるかなって」

千早「だから『真面目』のポーズはやめなさい」

春香「はい」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:18:15.10 ID:I0c8L6Mvo

千早「…春香はどうしたいの?」

春香「…えっ?」

千早「春香、なんか変よ?」

春香「……」

千早「春香は進路相談したいんじゃないの?」

千早「自分の将来のこと考えたく無いの?」

春香「…そんなこと、ない」フルフル

千早「本当に?」

千早「春香、全然考えてなさそうよ…?」

千早「考えてたら、そんな顔しないわ…」

春香「……っ!!」ハッ

春香「…そんな変な顔、してた…?」

春香「やだ、……変、だね」

春香「考えてたのに…考えてた、はずなのに…」

春香「いつからなんだろう…」

春香「…変だね」

春香「でも、私……ただ、私…千早ちゃんと」

春香「……あれ?」

春香「……どうしたかったんだっk 千早「進路相談でしょ」


春香「そうだった」

千早「最初から進路相談の練習したいって言ってたじゃない」

春香「うん」

千早「なに一人で思考の迷宮に迷い込んでるのよ」

春香「ごめんごめん」

千早「じゃあもう次が時間的に本当に最後になるわよ」

春香「任せといて!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 14:19:04.13 ID:I0c8L6Mvo

―――
――


春香「コンコン 天海春香です!」

千早「はい、じゃあ入って」

春香「失礼しまーす! ガラガラ」

千早「で、天海さんの将来の夢だけれど……」

春香「はい」

春香「私、将来は…」


春香「お嫁さんになりたいです!」

千早「もういいわ」

        終わり


以上です
どうもありがとうございました





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿