TOP > アイドルマスター > 天海春香「カミングアウトしていいですか?」

天海春香「カミングアウトしていいですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:34:41.00 ID:0DL9SorGO

P「うん」

春香「私、レズかもしれません」

P「うん………うん?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:35:25.63 ID:0DL9SorGO

春香「だからプロデューサーさんの想いには答えられません。ごめんなさい」ペコリ

P「いや、別にそんな気は毛頭ないけど、何でそう思ったんだ?」

春香「はい。実は私、千早ちゃんの事が好きみたいなんです。いえ、愛してるんです!」

P「そっかー」

春香「はい!」

P「だって」

千早「………どう返せと?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:35:51.47 ID:0DL9SorGO

春香「一度話したら止まらなくなってきました!語って良いですか?」

P「良いか?」

千早「ですから、どう返せと?」

春香「最近千早ちゃんに抱きついてると安心するんですよね」

千早「帰っていいですか?」

P「だめ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:36:34.94 ID:0DL9SorGO

春香「毎朝コケるふりをして千早ちゃんに抱きつくんですけど…」

P「ふむふむ」

千早「待って、春香。今ふりって言った!?」

春香「千早ちゃんは優しく私を抱きとめてくれるんです」

千早「春香?ねえ、春香?」

春香「そうしたら『もう、春香は本当ドジね』って言いながらクスッと笑ってくれるんですね」

千早「わざとだったの?ねえ?」

春香「その度に千早ちゃんの優しさとおっぱいに癒やされるんです」

千早「春香!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:37:14.46 ID:0DL9SorGO

春香「話に出たので語りますが、やっぱり千早ちゃんと言えばあのおっぱいですよね」

P「そうなのか?」

千早「私にそれを聞きますか?」ジトッ

春香「人は言います。ちっぱい、と。でも、毎日抱きついてくんかくんかすーはーしてる私から言わせてもらうと、十分柔らかいです!」

千早「ねえ春香、殴っていいかしら?グーで」

P「どうどう」

春香「もちろん女性特有の柔らかさもあります。でも、確かに。そう、確かに!千早ちゃんのおっぱいはおっぱいとして柔らかいんです!」

P「なるほど」

千早「いえ、なるほどではなくて…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:38:29.74 ID:0DL9SorGO

春香「あ、あとあの長い髪の毛。よく梳かさせてもらったり、髪型をイジらせてもらったりしてるんですけど」

P「それで最近いろんな髪型してたのか」

千早「ええ、まあ」

春香「さらっさらなんですよ!軽く嫉妬しちゃうくらいに!」

千早「別に特別な事はしてないんですけれど…」

P「ふーん」

春香「で、ですね?ついつい我慢できなくて口に含む事も日常茶飯事なんですが、それがまた美味しくて美味しくて!」

千早「えっ?」

春香「あれだけで丼飯三杯は軽くいますね」

P「興味深いな」

千早「ダメです!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:39:23.93 ID:0DL9SorGO

春香「それとそれと、千早ちゃんの声も大好きです」

P「これは普通、か?」

千早「どうでしょう…」

春香「私、最近千早ちゃんと話してる時はレコーダーを常に回してるんですね」

P「悪い。普通じゃなかったわ」

千早「………みたいですね」

春香「で、千早ちゃんが『春香』って言ってる場所だけを繋いで延々聞いてるんですが…」

千早「もう、呼ばないようにしようかしら…」

春香「朝起きて千早ちゃんにモーニングコールをしてから後ずって聞き続けても飽きないんですよね!」

P「モーニングコール?」

千早「毎朝五時に…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:40:04.91 ID:0DL9SorGO

春香「ああ…やっぱり私、千早ちゃんが大好きみたいです。これがきっと純愛ってやつなんですね!」

千早「変愛じゃないかしら?」

春香「プロデューサーさん!」

P「お、おう?」

春香「それで、プロデューサーさんはどう思いますか!」

P「なにが?」

春香「やっぱりアイドルがレズってダメでしょうか?」

P「まあ…人それぞれだし、良いんじゃないか?」

千早「ちょっと、否定してくださいよ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:40:35.67 ID:0DL9SorGO

春香「それはつまり、私と千早ちゃんを祝福してくれる、と受け取っても良いんですね!?」

P「ウチの事務所はそこまで恋愛禁止!ってワケでもないしな…」

千早「ですから、否定してくださいと」

春香「ありがとうございます!」

春香「天海春香、千早ちゃんと幸せになります!」ガシッ

千早「ちょっ、春香?」

春香「さあ、千早ちゃん!二人で愛を語りに行こう!」

千早「えっ?待って!どこに行くつもりなの?」

春香「い・い・と・こ・ろ」ムフッ

千早「春香?ねえ、春香?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:41:02.34 ID:0DL9SorGO

P「………幸せになー」

P「さて…仕事仕事っと」

伊織「ねえ」

P「ん?ああ、伊織か。どうした?」

伊織「カミングアウトしてもいいかしら?」



終わりますー!


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 01:42:24.47 ID:0DL9SorGO

はい。たまに無性にテンプレが書きたくなりますよね、うん





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿