TOP > シンデレラガールズ > 岡崎泰葉「よしよしよしの?」

岡崎泰葉「よしよしよしの?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:02:35.78 ID:ErVkrdW9o

P「よくやった芳乃!」ナデナデ

芳乃「心地よいですー」ナデナデ



泰葉「いいなぁ…」

ちひろ「あら、泰葉ちゃんだって頑張ってるんだから、私も撫でてって言えばいいじゃない」

泰葉「い、いや、そういうわけじゃ…」

ちひろ「泰葉ちゃんはまだ子どもなんだから遠慮しないの。ほら、プロデューサーさーん!泰葉ちゃんもー!」

P「おー、泰葉こっち来なー」

ちひろ「ほらほら、プロデューサーさんも呼んでることだし」

泰葉「いや、だから、ちがっ」

ちひろ「はいはい、行った行った。勇気出さなきゃね?」

泰葉「! 勇気…」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:05:13.27 ID:ErVkrdW9o

P「良くきたなー」

泰葉「あの、Pさん、えと、その…わ、私も…!」

P「おう」

泰葉「私も芳乃さんを撫でさせて下さい!」

P「おう! って、え?」

ちひろ「あれ?」

芳乃「おー、それは願ったりかなったりでしてー」

泰葉「ありがとうございます! じゃあ早速」ナデナデ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:07:16.62 ID:ErVkrdW9o

P「えっと…、撫でられたかったんじゃないの?」

ちひろ「てっきり私もそうかと…」

泰葉「いえ、なぜか芳乃さんを撫でたいという衝動に…。でも、今私幸せです!」ナデナデ

P「そ、そうか…」

芳乃「んー…」ナデナデ

泰葉「あ、どうでしょうか?」ナデナデ

芳乃「悪くはありませんが、P殿と比べると心地良いとは思えませんでー」ナデ

泰葉「なんと!」ガーン


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:09:20.35 ID:ErVkrdW9o

泰葉「何がいけなかったんでしょう…」

芳乃「ナデナデの極意は『よしよしよしの』でしてー」

P「なんだそりゃ」

泰葉「『よしよしよしの』…ですか、その極意を身に付ければ芳乃さんを心地良くできると…」

ちひろ「泰葉ちゃん?」

泰葉「わ、私、頑張りますから…!」

P「え」

泰葉「必ずや会得して見せますからーーー!!!」ダダダダダダッ


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:11:55.26 ID:ErVkrdW9o

P「お、おい、泰葉、待っ…、あー、行っちゃった。意外と素早いな」

芳乃「あの方は何事にも一所懸命ですから、必ずや会得して戻ってくるでしょうー」

P「んー…、ちなみにその極意?を会得してるのっているのか?」

芳乃「此方にいる方ですとー、P殿とちひろ殿ですねー」

ちひろ「へ? わ、私もですか?」

芳乃「はいー、後は全員にナデナデされたわけではありませんがー、……」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:14:23.18 ID:ErVkrdW9o

泰葉「勢いで飛び出してみたものの、どうすればいいんでしょう」

♪~(*゚∀゚)o彡゚ミミミン!ミミミン!ウーサミン!!~♪

泰葉「ん? Pさんからメールだ…、おぉ! 極意を会得してる人がこんなにも! これは聞きに行かねばなりませんね!」

泰葉「では早速行きましょう!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:16:46.99 ID:ErVkrdW9o

早苗「やっほー、泰葉ちゃん」

泰葉「あっ、早苗さん、おはようございます」

早苗「おはよー」

泰葉「急にお呼び立てしてすみません…」

早苗「いーのいーの、暇してたしね。にしても珍しいわね、相談なんて。何、P君にでもセクハラされたとか?」

泰葉「いえいえいえいえ、それはあまり悩んでないです。…単刀直入に言います」

早苗「ん?」

泰葉「私にナデナデのコツを教えて下さい!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:19:18.25 ID:ErVkrdW9o

早苗「へ? ナデナデ? いや、それよりも今…」

泰葉「芳乃さんによれば、早苗さんはナデナデの極意『よしよしよしの』を身につけているとか」

早苗「…まぁいっか。それで、ナデナデの極意? そんなの身につけた覚えないんだけどなぁ」

泰葉「身に付けようと思わずとも身についてる、と」

早苗「確かによく年少組の子達を撫でてるわね、でも特に意識したことはないわ」

泰葉「なるほど、撫でる時は意識しない、ですね」

早苗「ごめんね、こういうことしかアドバイス出来なくて」

泰葉「いえ、大丈夫です、ありがとうございます。あの、最後に押し付けがましいんですが…」

早苗「なになに? できることなら何でも言って?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:21:12.99 ID:ErVkrdW9o

泰葉「わ、私も…、みんなと同じように撫でて、くれませんか?」

早苗「いいけど、同じようにすると髪がボサボサになっちゃうわよ?」

泰葉「どんとこいです」

早苗「そう、じゃあ失礼して。…うりゃー!」ワシワシワシ

泰葉「きゃっ、わっわっ」ワシワシワシ

早苗「いつもはこんなふうに撫でてるわ、ちょっと乱暴だけどね」ワシワシワシ

泰葉「ふむふむ、なんでしょう、近所のお兄ちゃんのような…」ワシワシワシ

早苗「おにっ…!」

泰葉「ありがとうございました、おかげで少し見えた気がします。では、他にも話を伺いたい方がいるので、失礼します」

早苗「あ、うん。またねー…」

――

早苗「お兄ちゃん…、お兄ちゃんかぁ。せめて女であって欲しかった…」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:24:23.61 ID:ErVkrdW9o

泰葉「えーっと、どこかな…?」

亜里沙「あ、泰葉ちゃーん!」

泰葉「亜里沙先生、美優さん、お疲れ様です」

美優「お疲れ様、泰葉ちゃん」

泰葉「すみません、お仕事前に。今日って子供番組の収録でしたっけ?」

美優「ええ、でも私はかまわないわよ? それで撫でるときのコツが聞きたいとか…」

泰葉「はい、子ども達にいつも接している2人ならわかるかと」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:26:36.32 ID:ErVkrdW9o

美優「私はなるべく子どもたちを不安にさせないように心がけてるわね」

泰葉「不安にさせないように…」

亜里沙「ありさ先生も同じかな、あとは自分が不安にならないようにするとか」

泰葉「自分が…ですか?」

美優「子どもってね、相手が不安がっているとわかっちゃうみたいなのよ」

亜里沙「そうそう、赤ん坊を抱くときも一緒」

泰葉「へ~なるほど。不安にならないように、不安にさせないように、ですね。ありがとうございます」

美優「もし泰葉ちゃんがよかったらもう少しおしゃべりしない?」

泰葉「へ? 私は構いませんが、私なんかでいいんですか?」

亜里沙「なんか、じゃなくて、泰葉ちゃんがいいのよ」

泰葉「…ありがとうございます。じゃあ収録が始まるまでですね」

亜里沙「ええ。よかったわ、泰葉ちゃんとはあまり話したことがなかったから」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:28:45.54 ID:ErVkrdW9o

心「さて迷える子羊ちゃんはー、っと☆。あっ、おーい、泰葉せんぱーいっ☆」

泰葉「は、はぁとさん! 先輩はやめてくださいって言ってるじゃないですか!」

心「え~? でもはぁとは縦社会には厳しいんだゾ☆」

泰葉「…わかりました、佐藤さん」

心「え」

泰葉「私も年上の方には敬意を払いますね」

心「ちょ、ご、ごめん、ごめんなさい泰葉ちゃん。お願いだから佐藤さんだけはやめて」

泰葉「はい、はぁとさん」

心「いややっぱり泰葉ちゃんには叶わないわ…」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:33:44.22 ID:ErVkrdW9o

心「それで、ナデナデの極意を知りたいんだっけ☆」

泰葉「はい。芳乃さん曰く、はぁとさんもその極意を手にし者だとか」

心「んー、はぁとからは1つだけ言えることがあるわ☆」

泰葉「1つだけですか」

心「うん。別にナデナデに限ったことじゃないけどね、相手の立場に立って考えろってことよ☆」

泰葉「相手の立場に…」

心「自分が撫でられた時にどういうのが気持ちいいのかってね☆」

泰葉「なるほどなるほどー、ありがとうございました!」

心「いーよいーよ☆、その代わりと言っちゃなんだけど…」

泰葉「なんですか?」

心「芸能界長く居続けるコツ教えて」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:37:06.10 ID:ErVkrdW9o

~♪

泰葉「ん、聞こえてくる…」

柑奈「~♪」

柑奈「~♪ …あっ、泰葉ちゃん!」

泰葉「あ、ごめんなさい演奏中なのに…」

柑奈「いいですよ!ちょうどキリの良い所だったので! それで、どうかしましたか?」

泰葉「柑奈さんがナデナデの極意を会得してると聞いて話を伺いに」

柑奈「ナデナデの極意…、私、あまり誰かを撫でたことってないんですよね」

泰葉「え」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:39:50.91 ID:ErVkrdW9o

柑奈「ん~、でも、どう撫でればいいかの想像はつきますよ? あくまで想像ですが」

泰葉「本当ですか!?」

柑奈「簡単な事です! ラブですよ、ラブ!」

泰葉「ら、らぶ…」

柑奈「ラブをもって撫でたら、撫でられてる子は愛情を受けている、愛されていると思うわけですから!」

泰葉「なるほど、らぶをもって撫でる…」

柑奈「はい! ラブ&ピースです!」

泰葉「ありがとうございます! らぶ&ぴーす!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:42:48.01 ID:ErVkrdW9o

泰葉「この公園にいるって聞いたけど…あっ、いた。雪美ちゃん、こんにちは」

雪美「ん……、…泰葉……?」

泰葉「はい、あなたの泰葉ですよ。雪美ちゃんはペロちゃんとお散歩?」

雪美「うん……、休みは、ペロと一緒に…、…ひなたぼっこ。泰葉は…?」

泰葉「ちょっと雪美ちゃんに聞きたいことがあって…」

雪美「私に…?」

泰葉「うん、ペロちゃんを撫でるときのコツとかがあるなら教えてもらいたいなって」

雪美「コツ…、…と言われても…」

泰葉「撫でるときにこういうことを心がけてるとか」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:45:35.96 ID:ErVkrdW9o

雪美「…なでるときは…、何も、考えてない…、でも…、好きじゃない子はなでない…」

泰葉「好きじゃない子?」

雪美「…好きじゃない子をなでても…、…その子を気持ちよくは…、してあげられない…から」

泰葉「好きじゃない子は撫でない…か。というより撫でる子を好きにならなければ気持ちよくはしてあげられない…かな?」

雪美「…うん、多分…そう。…でも、私は未熟だから…」

泰葉「…雪美ちゃんなら大丈夫だよ」ナデナデ

雪美「ん…、泰葉のナデナデ…気持ちい…」ナデナデ

泰葉「ふふっ、よかった」ナデナデ


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:50:20.94 ID:ErVkrdW9o

泰葉「さて、そろそろ行くね?」

雪美「…うん、泰葉…、今度…またなでて…?」

泰葉「うん、喜んで、じゃあまたね」

雪美「…バイバイ」

――

泰葉「雪美ちゃん可愛かったな。美嘉ちゃんじゃないけど、鼻血でそう」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:53:52.29 ID:ErVkrdW9o

泰葉「さて、Pさんから教えて貰った全員に話は聞けたけど」

泰葉「いきなり芳乃さんを撫でるのは怖いから、あの子達を撫でて自信をつけてからにしようかな」



薫「あ、やすはちゃん! ごきげんよー!」

桃華「ごきげんよう、泰葉さん」

泰葉「ごきげんよう、2人共。ごめんね、いきなり呼びだしちゃって…」

桃華「別にかまいませんわ、それでどうかなさいました?」

薫「かおるもだいじょーぶ!」

泰葉「ありがとう2人共。単刀直入に言うけど、2人のことを撫でてもいいかな?」

桃華「へ?」

薫「いーよ!」

泰葉「ほんと? じゃあさっそく膝の上に頭載せて?」

薫「うん!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:56:49.35 ID:ErVkrdW9o

泰葉「では、失礼しまして…」ナデ ナデ

薫「ふわぁっ…、すっごく気持ちいい…、なんだか…、ねむく…zzz」ナデ ナデ



桃華「…もう、眠ってしまわれましたの?」

泰葉「うん、すごく疲れてたみたい」ナデナデ

桃華「でも、疲れたとはいえそんなすぐに眠るなんて…」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 22:59:50.89 ID:ErVkrdW9o

泰葉「…今日一日ね、ナデナデの極意を会得するためにいろんな人に話を聞いたんだ」ナデナデ

桃華「ナデナデの極意…?」

泰葉「芳乃さんに、ナデナデの極意を会得すれば相手を気持ちよくしてあげられるって言われて」ナデ ナデ

薫「Zzz」ナデ ナデ

泰葉「でも疲れているからといって眠ってくれるとは思わなかったかな」ナデ ナデ

桃華「どういうことですの?」

泰葉「眠っている姿ってのは無防備だから、よほど安心できる人じゃないと眠っている姿はあまり見せないの、少しは信用してくれてるってことかな…」ナデ ナデ

桃華「…そんな心配しなくても,薫ちゃんもわたくしも、泰葉さんのことはもちろん、Pちゃまやちひろさん達のことを信頼しておりますわよ」

泰葉「…信頼、…ありがとう桃華ちゃん。それで、桃華ちゃんのことも撫でていいかな?」

桃華「それはこちらのセリフですわ。泰葉さん、わたくしのことも撫でていただけませんか?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:02:17.89 ID:ErVkrdW9o

泰葉「うんっ、じゃあ薫ちゃんの反対側に」

桃華「ええ、失礼しますわ」

泰葉「では…」ナデ ナデ

桃華「…確かに、薫ちゃんが眠ってしまうのもうなずけますわね」ナデ ナデ

泰葉「ふふっ、よかった…」ナデ ナデ

桃華「…泰葉さんに折り入ってご相談があるのですが」

泰葉「うん、なにかな?」

桃華「わたくしにも、その、ナデナデの極意というのを教えていただけませんか?」

泰葉「うん、もちろん! でも、私だけの意見だけだと偏っちゃうかもしれないから、今日話しを聞いたみんなの意見を交えて教えるね?」

桃華「ええ、よろしくお願いしますわ」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:06:13.94 ID:ErVkrdW9o

ドア「バン!」

泰葉「たのもう!」

ちひろ「おかえり、泰葉ちゃん」

P「おー、おかえりー」

芳乃「おかえりなさいましー」

泰葉「芳乃さん!極意『よしよしよしの』が理解できました!」

芳乃「まことですかー、では早速ー」

泰葉「はい、お膝にどうぞ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:09:02.29 ID:ErVkrdW9o

P「膝? あぁ、対面座位か…、ってあいたっ!」パシン

ちひろ「おばかっ! 子どもがいるのにそんなこと言わない! 普通に膝枕でしょう」

芳乃「では、失礼しましてー」

泰葉「ふふっ」ナデ ナデ

芳乃「おぉー、先ほどに比べると段違いに心地よいのでしてー」ナデ ナデ

泰葉「ほっ、よかった…」ナデ ナデ


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:11:35.76 ID:ErVkrdW9o

P「いーなー、ちっひー俺もー」

ちひろ「嫌ですよ、私も撫でられたいですから」

泰葉「いいですよ、あとで2人ともナデリます」ナデ ナデ

P「よっし!」

ちひろ「え?本当にいいの?」

泰葉「はい、もちろんです」ナデ ナデ


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:14:55.87 ID:ErVkrdW9o

芳乃「今回は色々な方の話を聞いて、いかがでしたかー?」ナデ ナデ

泰葉「そうですね…、みなさん本当に他の子たちのことを考えてて、改めてこの事務所はあったかい人が多いなぁって思いましたね」ナデ ナデ

芳乃「それがわたくしの理想郷でしてー」ナデ ナデ


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:18:10.14 ID:ErVkrdW9o

芳乃「では、十分堪能したことですしー」

P「お? 俺の番か」

芳乃「いえー、わたくしも撫でさせてくださいましー」

泰葉「へ? わ、私をですか? えっと…」

P「俺は別にいーぞ、芳乃のナデナデは格別だからな、一度体験するといい」

泰葉「じゃあ、よろしくおねがします…」

芳乃「ではー」ナデ ナデ

泰葉「ふゎっ…、こ、これは…、すごく心地い…、…あ、あれ…? な…なみだが…、マ、ママ…」ナデ ナデ

芳乃「これが『よしよしよしの』の真骨頂でしてー」ナデ ナデ

泰葉「うぅっ…、ぐすっ…」ナデ ナデ


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:20:58.10 ID:ErVkrdW9o

ちひろ「そ、そんなにすごいんですか?」

P「あれ? まだ未経験ですか」

ちひろ「え、ええ」

P「恥ずかしながら俺も泣きました。曰くどんな悪人でも改心するとか。ちひろさんでも改心しますよ」

ちひろ「はい? 私が改心しなければいけない心の持ち主とでも?」

P「い、いえいえ、滅相もございません!」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:23:40.94 ID:ErVkrdW9o

P「にしても、泰葉があの状態じゃナデナデはおあずけかな?」

ちひろ「そうですね…。泰葉ちゃんがあんなに大泣きしてるの初めて見ました」

芳乃「P殿ー」

P「ん、なした?」

芳乃「疲れて寝てしまわれましたのでー」

泰葉「zzZ」

P「あらら、寝ちゃったか、じゃあ仮眠室に運んで来ますね」

ちひろ「ええ、お願いします。くれぐれもセクハラはしないようにして下さいね?」

P「善処します」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:26:56.87 ID:ErVkrdW9o

ちひろ「そういえばさっきPさんから聞いたんですが、その『よしよしよしの』を広めているとか」

芳乃「ですー」

ちひろ「なんでですか?」

芳乃「世界中のみなが使えれば世界が平和になると思いましてー」

ちひろ「せ、せかいへいわ…」

芳乃「『よしよしよしの』は世界を救うのでしてー」



おわり


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:28:48.37 ID:KlqZ9E400

ほっこりしたわ





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿