TOP > シンデレラガールズ > P「千夜と色々」

P「千夜と色々」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:43:19.15 ID:ZoEDZLDL0

モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかもしれません
お嬢様がくっ付けたがり
それでも宜しければどうぞ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:46:26.80 ID:ZoEDZLDL0

ちとせ「千夜ちゃん!魔法使いにコーヒー入れてみてよ!」

千夜「...何故私があいつに仕えなければいけないんですか?」

ちとせ「ほら、何だかんだお世話になってるでしょ?」

千夜「それは......否定できないですが」

ちとせ「ま、一回試しに、ね?」

千夜「はぁ...1回だけですからね」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:47:31.38 ID:ZoEDZLDL0

千夜「おいお前」

P「ん?どうした千夜」

千夜「コーヒー置いておくからな、冷める前に飲め」

P「ああ、さんきゅ」


P(......?)


千夜「何だその不満そうな顔は」

P「いや嬉しいけど...どうした?なんか壊した?」

千夜「お前は素直に受け取れないんですか」

P「みくが魚食べ出したら驚くだろ」


千夜「...なるほど、一理あります」

P「だろ?」


千夜「ですがムカつきます」


P「んんんんん」


千夜「いいから早く飲んでください」


P「分かった、分かったからそのファイアーみたいな目付きを辞めてくれ」


千夜「...?」


P「菜々さんなら乗ってくれるんだけどな...」ゴクゴク


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:48:08.42 ID:ZoEDZLDL0

P「...美味い」


千夜「そうですか」

P「あんまりコーヒーって飲まないんだけどこれならいけるな」

千夜「そこまでですか?」

P「ああ、メイドなだけあって味も一流だな」


千夜「...」


P「どした?」


千夜「なんでもないです、ばーか」

P「なんで?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:48:39.64 ID:ZoEDZLDL0

P「ということがあったんだけど」


ちとせ「ほほー?なるほどねー?」

P「お嬢様なら何か知ってるかなと」

ちとせ「あたしは何も知らないかなー」


P「マジか...ちとせでも知らない事となると困ったな...」


ちとせ「最近部屋を除くと魔法使いさんの写真見て笑ってたり話題が魔法使いさんばっかだったり魔法使いさんが他の人と話してるとファイアーみたいな目付きだったりするだけかなー」


P「あいつファイアーじゃね?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:50:11.88 ID:ZoEDZLDL0

ちとせ「まぁとにかくそれぐらいしか分かんないかなー」


P「全部分かって言ってるだろ」


ちとせ「んー?」


P「とぼけやがって」


ちとせ「まあとにかく後は魔法使いさん次第かなっ♪」



P「と言っても俺はどうしたらいいのか」


ちとせ「そこを考えるのが貴方の仕事でしょ?」

P「そんな仕事をしてる覚えはありません」


ちとせ「泣かせたりしたら噛み付くからね♪」


P「脅迫じゃねえか」


ちとせ「因みにコーヒー頼んだの私だから♪」


P「めちゃくちゃか」


ちとせ「私のちーちゃんをよろしくね♪」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:52:12.15 ID:ZoEDZLDL0

P(ちとせにはあんな事言われたがどうしたらいいのか)



P(とりあえず反応見てみるか、あの情報が本当とは限らないし)


P「千夜、いるかー?」

千夜「何ですか?私はお前の従者では無いのですが」

P「いや、今度の休日空いてるかなって思ってさ」


千夜「空いてな「空いてるよー♪」」



千夜「お嬢様、それではお嬢様のお世話ができなく」

ちとせ「だいじょーぶだいじょーぶ!これでもアイドルなんだしなんとかなるって!」

千夜「ですがそれは」


ちとせ「もーこれは命令、分かった?」


千夜「...かしこまりました」

ちとせ「よろしいっ♪」


P(このお嬢様必死か)

ちとせ(頑張ってね~♪)



P「じゃあその日の12時に、家に迎えに行くから着いたら連絡するわ」

千夜「はぁ...仕方ないですね。行くからには楽しませないとただじゃおきませんから」

P「任せとけ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:52:56.03 ID:ZoEDZLDL0

当日


千夜「...まだ連絡が来ない」


ちとせ「そりゃまだ10時だもん、来たら怖いよ」

千夜「そうですね、気が早すぎました」

ちとせ「もうちょっとリラックスリラックス♪魔法使いさんの事だからきっと楽しいって♪」

千夜「どうでしょうか、あいつはよく理解できない事を言ったりしますので安心はできません」

ちとせ「それでもこうやってアイドルっていう楽しい所連れて来てくれたでしょ?」

千夜「別に私は...」

ちとせ「最近の千夜ちゃん、前よりずっと感情豊かになって言葉も多くなってあたしはもう泣けてきて泣けてきて...」

千夜「お嬢様...」




千夜「嘘泣きはバレバレです」

ちとせ「あちゃー」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:54:12.93 ID:ZoEDZLDL0

ちとせ「あ、でも嬉しいのはほんとだよ?そろそろ千夜ちゃん自身の幸せも見つけて欲しいなって思ってるし」

千夜「私はお嬢様に仕えるのが1番の幸せです」

ちとせ「それは嬉しいんだけどね?2番目も見つけていいんじゃないかな。一つだけだと飽きちゃうでしょ?」

千夜「そんなことは...いえ、お嬢様がそう言うのであれば」

ちとせ「よろしい♪」


千夜「ですがあいつが2番目になることはありません」


ちとせ「えー?今の流れ的に1番になる流れじゃん!」

千夜「私はあいつに尊敬こそ少しはあれど恋愛感情なんてありませんし、対象にすら見れません」

ちとせ「そんなこと言ってー、最近何かと魔法使いさんの方に目がいってるでしょ?」

千夜「それはあいつがお嬢様に何かしでかさないかと...」

ちとせ「もー、そこは素直じゃないんだからさ~」



千夜「...」



千夜(私は...)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:54:55.87 ID:ZoEDZLDL0

ティロリン

千夜「」ガタッ


ちとせ「あれ?まだ11時にもなってないよ?」


P『もう起きてるか?12時からだと混みそうだし早めに行こうかなって思ったんだけど良いか?』


ちとせ「おー、流石魔法使いさんだ」

千夜「...」


千夜『そういうのはもっと早く言ってもらわないと困ります
まぁ準備は終わっているので早めでも構いませんよ』


ちとせ(素直じゃないなー)


P『すまん、さっきテレビで週末は人がいっぱいだーって言ってたからさ』


千夜『はぁ、それでは扉の前で待っていますので』

P『おう』



ちとせ「良かったね♪」


千夜「..................はい」


ちとせ「長っ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:55:58.50 ID:ZoEDZLDL0

P「お待たせ」

千夜「遅いです」

P「悪かったって、じゃあ1日お借りしますお嬢様」

ちとせ「1日だけじゃなくてもいいんだよ?」

P「はは、お戯れを」



千夜「それで、私をどこに連れて行く気ですか?」


P「そんな誘拐みたいな」


千夜「誘拐みたいなものです、私は本来お嬢様のお世話をしないといけないので」


P「そのお嬢様本人が行ってこいって言うんだから仕方ない」


千夜「そもそもお前が誘わなければこんな事にはならなかったんですよ」


P「そうかもしれないけどさ、この前のコーヒーのお返しってやつで」


千夜「それにしては大袈裟すぎます」


P「まあそういう事にしておいてくれ、よし着いたぞ」


千夜「早いですね。そしてどこに連れてきたかと思えばゲームセンターですか」


P「そ、千夜の好きなブサイクぬいぐるみが置いてあるからさ」


千夜「あれは好きな訳ではな」

P「はいはい行くぞ」

千夜「置いていくな!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:56:34.08 ID:ZoEDZLDL0

ワーワーガチャガチャ


千夜「...うるさいですね」


P「こんなもんだろ」


千夜「それに人が多すぎです」


P「休日だしな、ほらあった」


千夜「...前見たのとは色が違いますね」


P「緑の他にもいたんだな、ピンクと黒になっても顔はほぼ変わってねえけど」


千夜「...どうせならあの黒の奴を狙いましょう」


P「気に入ったか?」


千夜「少しお前に似ていますので」


P「俺こんなブサイクかぁ...」


千夜「お前の方がもっとブサイクですが」


P「割と傷付くから辞めて?」



千夜「ふふっ」


P「...じゃ早速」チャリン


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:57:42.73 ID:ZoEDZLDL0

千夜「もう少し右では?」

P「はいはい」

千夜「そこです」

P「どうだ」


ツルッ

P「あーやっぱ1回じゃ取れねえか」

千夜「この機械の力が弱すぎです、取れるものも取れないじゃないですか」

P「そこも楽しむのがクレーンゲームさ」

千夜「...中々やってくれますね」チャリン

P「お」


千夜「こんな物は...こうして頭を掴めば...」

ツルッ

千夜「...」

P「はは、残念」

千夜「これが俗に言うクソゲーですか」

P「それは違うと思うぞ...?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:58:15.72 ID:ZoEDZLDL0

千夜「ここまで入れたら後戻りはできない...」チャリン

ツルッ

ツルッ

ツルッ


千夜「帰りますか」


P「待て待て、ここまできたらもう少しだ」チャリン


P「多分こうしたら...」


ガチッ


P「おっ」



ケイヒンゲットオメデトウ!


P「よし、取れた」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:59:20.38 ID:ZoEDZLDL0

千夜「...良かったですね」

P「はいこれ」


千夜「...私に?」


P「嫌だった?」

千夜「いえ、というかお前が取ったのだからお前の物でしょう」

P「千夜が動かしてくれたから取れたんだし千夜の物だよ」


千夜「ですが」

P「まあまあ、貰ってくれよ」


千夜「はぁ...最近無理やり押し付けすぎです、私はゴミ袋ではないのですよ」


P「そんな事は...無いとも言えない...」


千夜「...まあ貰ってあげます」


P「じゃあ他のゲームやるか」

千夜「はい」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:59:49.30 ID:ZoEDZLDL0

P「千夜はこういうリズムゲーム苦手か?」ドコドンドコドンドコドン

千夜「初めてやりましたがこれは中々楽しめますね」ドン ドン カッ


P「良いストレス発散だろ?」

千夜「えぇ、間違えてお前を叩いてもバレなさそうだ」

P「反応しないぞー」



P「格ゲー...はさすがにいきなりは無理だよな」

千夜「えぇ、ああいうのは経験がありませんので」

P「まあ女の子だしやらないよな」

千夜「でも女の子で座ってる人がいますよ」


P「嘘だろ...?ってあれは」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:00:27.32 ID:ZoEDZLDL0

紗南「あれ?Pさんじゃん!...と最近入った千夜...さんだっけ?」


千夜「はい、よろしくお願いします」


紗南「あ、あのぬいぐるみ取ったんだ!」


P「まあな、紗南は格ゲー中か」


紗南「うん!...折角だし対戦していかない?」

P「あー...」チラッ


千夜「良いですよ、隣で見ていますので」


P「よし、じゃあやるか」

紗南「おっけー!」



P(隣にアイドルを座らせながらアイドルとやる格ゲーって何だろな本当に、刺されそうだわ)


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:01:02.98 ID:ZoEDZLDL0

ラウンドワンファイト

ベシベシ

ガッガッ

千夜「...」

P「やるな...というか普通に負けるなこのままじゃ...」


P「んん...そうやられるとキツイな...」

紗南「へへ、Pさん腕落ちたんじゃない?」

P「まだ分からんよ」



P「とか言ってたらやべぇ!」


千夜「...」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:01:46.73 ID:ZoEDZLDL0

千夜「...たまにはカッコイイところを見せろ」


P「...分かった」

チュイーン

紗南「え、そこで!?」

P「入った!」

KO


紗南「あちゃー、一本取られちゃったか」


P「何とか勝ったな」


千夜「お前にしては上出来です」

P「千夜がいたから勝てたよ」

千夜「その臭いセリフを吐いている間に次始まりますよ」

P「危ね!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:02:20.45 ID:ZoEDZLDL0

P「あー、結局負けた」

紗南「でもPさんも強かった!練習してからだったら分かんなかったかも!」

P「ま、負けは負けだ」

千夜「すぐお前は油断するんですから」

P「その通りでございます」


紗南「いやー楽しかった!またやろうね!」

P「おう」


千夜「...」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:03:43.27 ID:ZoEDZLDL0

P「ふー、楽しかったな」

千夜「えぇ、それなりには」

P「なら良かった」




千夜「...お前はああやって他のアイドルとも遊んでいるのですか?」

P「ん?まあそうだな。これもスキンシップというか交流というか。まあそんな感じ」


千夜「それなら私なんかより他のアイドルとの時間を増やすべきです」

P「...なんでそう思う?」

千夜「愛想も無く笑顔を見せず、アイドルとして向いていない私よりも適した人がいるという話です」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:04:41.96 ID:ZoEDZLDL0

P「...確かに、千夜はあまり笑わないし愛想も良いとは言えないな」


P「それでも、ふとした瞬間に笑う千夜が輝いてるから一緒にいるんだ」


千夜「...何故お前はこうも臭いセリフを次々と吐けるのですか」

P「カッコつけたいだけだから気にすんな」



P「それと、ウチのアイドルはただ愛想が良いからとかで売り出してるわけじゃない」

P「最初は名前で呼ばせてくれず周りに冷たい態度を取っていた子もいたし仕事を面倒くさがる態度を隠す気もない奴もいる」


千夜「ありすさんと杏さんですか」


P「正解、よく分かったな」


千夜「私もお嬢様だけと話している訳ではありませんので」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:05:47.83 ID:ZoEDZLDL0

P「まあそれでも、人気アイドルになってステージに立ってる。だから千夜には千夜の良いところを見つける為にこうやって一緒にいるんだ」


千夜「...」




千夜「...お前はこうやって魔法にかけていくのですね」


P「ま、俺は魔法使いだからな」


千夜「魔法使いに失礼ですが」


P「俺もそう思う」



千夜「...ふふっ」



P「それじゃ...飯でも行くか?ちょっと夜飯には早いけど」


千夜「分かりました」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:06:16.93 ID:ZoEDZLDL0

P「着いたっと」


千夜「ファミレス...まぁいいでしょう」


P「色々な物頼めるし良いだろ?」


千夜「お前の事だからラーメンでも連れていかれるかと思いましたよ」


P「さすがに初対面でそれは」


千夜「慣れてきたらするのですか」


P「...いや?」


千夜「今度アイドル達に聞いておきます」


P「連れてってますね何回も」


千夜「早く言えばいいのです」


P「ごもっともで」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:07:20.93 ID:ZoEDZLDL0

P「好きな物頼んでいいぞ」


千夜「ならここからここまで」


P「食べれるんだな?」


千夜「冗談ですよ」


P「真顔で言われると本気に聞こえる」


千夜「笑顔で言った方が伝わりましたか」


P「それはそれで脅されてる感が出て」


千夜「蹴りますよ」


P「冗談だって」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:07:59.41 ID:ZoEDZLDL0

P「じゃあ俺はハンバーグで」


千夜「私はこのパスタを」


「かしこまりました」




千夜「...好きなんですか?」


P「おう、3食ハンバーグでも良いぐらいには」


千夜「よく飽きないですね」

P「不思議とハンバーグだけ飽きないんだよな」


千夜「それなら今度作ってあげますよ」


P「お、まじか」

千夜「その内です」

P「期待して待ってるよ」


千夜「はい」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:09:50.35 ID:ZoEDZLDL0

「お待たせしました」


P「いただきます」

千夜「いただきます」



P「...千夜はパスタならミートなのか?」


千夜「特にこだわりはありません。気分です」


P「特に好き嫌い無さそうだもんな」


千夜「そうですね。満遍なく」

P「これだけは飽きない!って奴は無いのか?」


千夜「...分かりません。食に興味をそこまで持てないので」


P「そうか...」


千夜「ですが、これは美味しいですね」


P「なら良かった」



千夜「...」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:10:38.91 ID:ZoEDZLDL0

P「じゃあ送ってくな」


千夜「分かりました」






P「今日はありがとな、付き合ってくれて」


千夜「最初はどうなるかと思いましたが、それなりに楽しめましたね」


P「それは何よりで」


千夜「たまになら、また誘ってくれてもいいですよ」


P「お、なら今度のプラン考えとくよ」


千夜「えぇ」




P「着いた着いた」


千夜「今日はありがとうございました。おやすみなさい」


P「あぁ、おやすみ」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:11:14.26 ID:ZoEDZLDL0

P「あ、千夜」


千夜「何でしょうか」



P「これからもよろしくな」



千夜「...えぇ、こちらこそ」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:11:53.28 ID:ZoEDZLDL0

ちとせ「お帰りー!どうだったー?」


千夜「それなりでしたね」


ちとせ「とか言ってー、なんか連れて帰ってきてるじゃん♪」


千夜「これはあいつが無理矢理渡してくるから受け取っただけです」


ちとせ「そう?なら捨てちゃう?」


千夜「...捨てるのも悪いですし部屋に飾っておきます」

ちとせ「そっかそっかー♪」

千夜「それでは失礼します」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:12:34.76 ID:ZoEDZLDL0

ぴにゃた「...」


千夜「...お前は罪深い奴です」


ぴにゃた「...」


千夜「ああ言われては勘違いしてしまうでは無いですか...」


ぴにゃた「...」


千夜「例えアイドルとして言ったとしても...」



千夜「...私は...乙女か......」




ちとせ(これが......尊み......)


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 21:14:34.60 ID:ZoEDZLDL0





千夜ちゃんのSSが少ない問題を解決する為立ち上がりました
皆も千夜SS書こうね





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿