TOP > アイドルマスター > やよい「はわわわわ……」

やよい「はわわわわ……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:09:45.42 ID:kgdzwNar0

アイマスSSです。
短いです。
アニマスでお姉ちゃんしてるやよいが可愛いので書きました。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:11:11.45 ID:kgdzwNar0

やよい「はわわわわ……」

P「どうしたんだ、やよい?」

やよい「ぷっプロデューサぁっ! な、なんでもないです! お仕事いってきます! うっうー!」

P「あっ、おい! ……行ってしまった ん? これは……やよいがさっき読んでた雑誌……?」

P「これは……!」

雑誌『wan wan S⚫︎X特集! 言葉だけじゃ……イヤ★』

P「なんだこれは……一体誰が……」

P「ふむ……」ペラ




P「ハッ」

P「思いの外読み進めてしまった……」

P「しかし……無垢だと思ってたやよいも、あの反応だとこの雑誌の意味が分かるようになっちゃったのかあ……」

P「なんか複雑……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:12:10.26 ID:kgdzwNar0

やよい「お仕事終わっちゃいました!ただいまですー!……あ」

P「あ」

wan wan『チュー!愛撫!脱がす!入れる!』

P「やややややよいこれは」

やよい「ぷっプロデューサー……?」

P「」

やよい「……ぷ、ぷろでゅーさーは、その本みたいなこと……その……」

P「」

P「えっ?」

やよい「そ、その本の中に、オトナになったらって、書いてあったから……///」

P「あー……んー……」

やよい「って、こんな質問、ごめんなさいプロデューサーっ」

やよい「はやくおとなになりたいなぁ……なーんて!うっうー!」

P「(あれ……なんだろ、ほんと複雑……やよいの口から、あんまり聞きたくなかったなあ)」

P「なんだ……その……焦らなくてもいいんじゃないか? 時が来ればって、そんな感じで、な?」

やよい「……」

やよい「プロデューサー、悲しそうな顔してる」

P「えっ?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:13:01.62 ID:kgdzwNar0

P「(悲しい……? 複雑とは思ってたが、でもやよいも中学生、そういうことに興味があっても……)」

P「(……俺は何処かで期待してたのかもな、恋愛とかそんなのに無関係にはしゃぐやよいを……)」

やよい「わたしが恋のはなしとかすると、みんなやよいにはまだ早いって言うんです」

やよい「いまのプロデューサーみたいな顔して」

やよい「わたしにだって、どきどきすることも、あるのになーって」

P「……」

やよい「いおりちゃんがうらやましいです おないどしなのに、おとなっぽくて、みんなから恋の相談受けてたりして……」

P「(大人っぽいは別として)そういうこと伊織に相談するの春香だけだけどな」

やよい「そうなんですかー?」

P「(高校生が中学生に聞くのもどうなんだって話なんだが……まあ、伊織は喜んで話してるしいいのかな)」

やよい「春香さんの相談にのれるなんて伊織ちゃんすごいですーっ! 」

やよい「わたしも伊織ちゃんみたいになりたいなーって」

やよい「わたし、家ではおねえちゃんで、でもみんなの前じゃまだまだこどもだねーって言われて」

やよい「いえにかえって、弟と妹たちにおこっちゃうときに、わたしもこどもなのに、何いってるのかなーって思っちゃったり……」

やよい「その本にあるみたいに、ちゅーして、大人しかしないこと、たくさんしたら、もっとおねえちゃんでみたいになれるかなー…って…」

P「やよい……」

P「(涙、たくさん溜めてる……でも泣かないんだな)」

P「やよいは、大きくなったと思う。今だって、本当は泣きたいのに、我慢してるよな?」

やよい「……ぐすっ」

P「最近あまり抱きついてこなくなったのも、それを気にしてたからなのか? 」

やよい「……ぐすっ(こくこく」

P「ちょっと寂しかったんだからな? だから……おいで、やよい」

やよい「ぷろでゅーさぁ……うううっ……」

P「(それから俺は、仕事が終わるまでやよいの側についていた。いつのまにか帰ってきた小鳥さんがニヤニヤしながら見守ってたのと、律子がため息をつきながらも微笑んでいたのが見えた)」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:13:35.61 ID:kgdzwNar0

P「おちついたか?」

やよい「ふぁい……ぐす……すみませんでした……」

P「そこは『ありがとう』がよかったな」

やよい「えへへ……ありがとうございました、プロデューサー!」

P「おう、いつものやよいだな」

やよい「こどもっぽいって言いたいんですかーっ!?」

P「さーて…それはどうか……んっ!?」

ちゅっ

やよい「そんなこといってからかうプロデューサーには、ほ、…///ほっぺちゅーの刑がいいかなーって……」

やよい「これでわたしも大人ですーっ!」

P「いやいやいやいや」

P「そりゃキッスには変わりないけど!それは!大人では!ない!」

やよい「えへへー!プロデューサー顔真っ赤ですーっ!」

P「ぐぬぬこのやろ……! やよいっ!」

やよい「わわっ なんです……」

ちゅっ

P「お、お返しだ!」

やよい「わ、は…はわ…////おでこに…顔がちかくて…びっくりしましたぁ…!」





一同「入りづらい…………」




おまけ

P「wan wan……」ボソ

小鳥「ピヨッ!?」ガタッ

P「あれ…やよいが読んでたんですけど…」

小鳥「ピェーッ!?」

P「お前、放課後校舎裏な」

小鳥「ピヨ……」

ほんとうにおわり!


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:14:15.10 ID:kgdzwNar0

以上です。やよいかわいい。
俺にもお姉ちゃん風吹かせて欲しいです。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:23:22.45 ID:kgdzwNar0

一番の推しキャラがまこまこりんだったはずなのに、
アニメでやよいにも浮気し始めました。
ごめん真許して。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:19:30.81 ID:wHeauzWa0

やよいは純情可憐だなぁ!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿