TOP > アイドルマスター > P「連想ゲーム?」

P「連想ゲーム?」

1: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:07:13.12 ID:ntVocoRZ0

超短いけど書く。


2: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:08:28.12 ID:ntVocoRZ0

春香「プロデューサーさん、連想ゲームですよ、連想ゲーム!」

P「いきなりどうしたんだ春香?」

春香「この前雑誌で読んだんですけど、仲を深めるにはゲームをした方がいいみたいなんですよ」

P「なるほどなぁ。だから連想ゲームをしようと」

春香「はい♪」

千早「春香、その……連想ゲームってなにかしら?」

春香「千早ちゃん、連想ゲームって言うのはね」

音無「一つの言葉から連想する言葉を言っていくものよ。例えば、“秋”って言ったら“焼き芋”って感じにね」

千早「なるほど」

春香「あっ。音無さんもやりますか?」

P「音無さんもせっかくだから一緒にやってみませんか?」

音無「そうですねぇ……とりあえず仕事が終わらせてからということで」

P「分かりました。お仕事頑張ってください」

音無「プロデューサーさんも頑張ってくださいね」

春香「それじゃあいっぱい人を呼んでこないとね」

千早「ええ、そうね」

春香「じゃあ私は響ちゃんたちに声をかけてくるね」

千早「私はあずささんのところに行ってみるわ」

P「俺はここでいろいろ準備をしておくよ」

~10分後~

P「こ、これは……」

美希「ハニー、おはようなの」

やよい「うっうー。おはようございます、プロデューサー」

雪歩「プロデューサー、おはようございますぅ」

亜美・真美「兄ちゃんおはよー」

響「プロデューサー、おはようだぞ」

真「おはようございます、プロデューサー」

あずさ「プロデューサーさん、おはようございまぁす」

貴音「プロデューサー、今日もまこと良い天気ですね」

律子「おはようございます、プロデューサー」

伊織「おはよう、プロデューサー」

P「あ、ああ。みんなおはよう」

P(まさか全員連れてくるとは……)


3: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:10:05.02 ID:ntVocoRZ0

千早「みんな集まったわね」

春香「そうだね千早ちゃん。これからのことを考えたら私、すっごく楽しみだよ」

P「みんな聞いてくれ。これからここにいる全員で連想ゲームをやりたいと思う」

雪歩「れ、連想ゲームですかぁ?」

P「そうだ。俺がお題を考えるからみんなにはそのお題から連想するものを一人ずつ順番に言ってもらいたいんだ」

伊織「それで、言ってどうするのよ?」

P「そ、それは……」

P(マズイな……お題のことしか考えてないぞ)

伊織「それは?」

P「えっとだな」

美希「ハニーの考えてるものに一番近かった人が正解で、正解した数が一番多かった人が優勝なの。そうでしょ、ハニー?」

伊織「そうなの?」

P「え、あ、ああ」

P(よく分からんが助かった……)

伊織「ふーん」

やよい「うわぁ。とっても楽しそうです~」

真「プロデューサーとどのくらい意思疎通が取れるかってことだよね。なんだか燃えてきたぞー」

亜美「優勝賞品はなんなのかな兄ちゃん」

真美「亜美の言う通りだよ兄ちゃん。優勝賞品が何か教えておくれよ」

P「そうだな……。優勝したら俺が何か一つ言うことを聞くってのはどうだろう」

亜美「やったー」

真美「これはやる気が出てきたよー」

春香「そ、それは本当ですか、プロデューサー」

千早「一つ、ですか……」

美希「ミキが勝ったらハニーにはデートしてもらうの~」

あずさ「あら~。プロデューサーさん、太っ腹ですね~」

律子「これは勝つしかありませんね」

響「自分、完璧だからこういうのは得意なんだぞ」

雪歩「が、頑張りますぅ」

貴音「わたくし、こういうことは初めてなのですが、精一杯頑張らせていただきます」

真「よぉし、頑張るぞー」

伊織「ま、まあ私は別に賞品なんかどうだって良いんだけど、せっかくだしちょっと頑張っちゃおうかしら」

P(なんだ? みんないきなりやる気になったな)

P「よし、じゃあ始めるぞ」

一同「「はーい」」


4: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:11:18.42 ID:ntVocoRZ0

P「じゃあ手始めに“赤いもの”といえば?」

P(赤いものといえば、トマトジュースだよな)

春香「赤いもの、赤いもの……りんごかなぁ?」

千早「私は赤ペンだと思うわ」

美希「う~ん、ミキはねさくらんぼだと思うの~」

亜美「亜美はハートだと思う」

真美「真美も亜美と同じでハートだと思う」

律子「私は苺だと思います」

あずさ「私は信号のことだと思うわ~」

伊織「あんたのことだから、きっと最初はそう難しいものじゃないと思うのよね。だから私は春香と同じでりんごだと思うわ」

貴音「赤いもの、それは情熱の色。熱く激しく燃え上がるそれは、恐らく坦々麺のことではないでしょうか」

真「赤いものっていえば、梅干しのことだよ。絶対そうだと思うなっ」

雪歩「あ、赤いもの……うぅ、全然わからないですぅ」

やよい「うっうー。赤いものって言ったら、トマトに決まってますよー」

響「赤いものって言ったら、自分は唐辛子しか出てこないぞ」

P「みんな決まったな。それじゃ正解を言うぞ」

一同(ドキドキ)

P「俺が思い浮かべたのは……トマトジュースだ」

一同「「ト、トマトジュース!?」」

やよい「おしかったですー」

美希「ハニーは赤いものって言われたらトマトジュースを一番に思い浮かべるなんて、ミキ知らなかったの」

春香「外しちゃいましたかー。気を取り直して次行きましょう、プロデューサーさんっ」


5: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:12:33.23 ID:ntVocoRZ0

P「そうだな。次は“黒いもの”といえば?」

P(まあ黒といえば、学ランだな。懐かしいなぁ)

春香「今度は黒ですかぁ……車のタイヤのことかなぁ」

千早「黒……黒といえば、ボールペンよね」

美希「ミキはね、海苔だと思うの~。おにぎりも海苔があるのとないのとじゃ全然違うから間違いないの~」

亜美「亜美は兄ちゃんのめがねだと思う」

真美「真美は兄ちゃんの髪の色だと思う」

律子「そうですねぇ……黒といえばブラックコーヒーじゃないでしょうか」

あずさ「夜空、だったら素敵よね~」

伊織「にひひっ。黒いものって言ったら、プロデューサーのスケジュール帳しかありえないじゃない」

貴音「黒、それは恐ろしくも無限に続いていく未知なる色。永遠に広がり続ける宇宙のことで間違いありません」

真「影のことじゃないかなっ」

雪歩「く、黒いものですかぁ? え、えっとぉ……真ちゃんのことだと思いますぅ」

真「ちょ、ちょっと雪歩。なんでボ、ボクの名前が出るのさ!」

雪歩「ご、ごめんなさいぃ。や、やっぱり私は人が嫌がることを平気でやっちゃうダメダメなやつなんですぅ……」

真「ゆ、雪歩。ボクは別に嫌がってるわけじゃないからね?」

やよい「イカスミじゃないですか~?」

響「自分、黒いものは熊だと思うぞ」

P「みんないろいろなものが出てくるなー。ちなみに今回俺が思い浮かべたのは」

一同(ドキドキ)

P「学ランだ」

一同「「学ラン!?」」

亜美「そんなのわかるはずないよ、兄ちゃん」

真美「今日の兄ちゃんは真美たちの裏をかいてるねぇ」

あずさ「学ランなんて考えもしなかったわ~」

響「自分、全然掠りもしないぞ……」

春香「つ、次に行きましょうよ、プロデューサーさんっ」


6: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:13:40.06 ID:ntVocoRZ0

P「こういうのはなかなか難しいからな。みんな頑張ってくれ。それじゃ次は“青いもの”といえばだ」

P(青といえば、ブルーベリー。目にも良いって聞くしな)

春香「青いものって言ったら、ブルーベリーのことじゃないかなぁ」

千早「蒼い鳥のことかしら……?」

春香「千早ちゃん、それは青いものじゃなくて歌になっちゃうと思うよ?」

千早「……! 確かにその通りね、春香」

春香「たくさんあると思うからゆっくり考えてみたらいいんじゃないかな?」

千早「ええ、そうさせてもらうわ」

美希「ミキはね、でっかい海のことだと思うの~」

亜美「青いものといえば、」

真美「アレしかないよね、亜美」

亜美「そうだね真美」

亜美・真美「「ぶどうしかないよっ」」

律子「……たぶん湖とかじゃないでしょうか」

あずさ「きっと地球のことだと思うわ~」

伊織「信号のことじゃないかしら」

貴音「青、それは落ち着いた印象と冷たさを相手に与える神秘の色。それは爽やかな味わいとシュワっとした感覚を秘めたソーダかと」

真「青って聞いたら、ポカリ飲みたくなってきたよ」

雪歩「青……トラックですかぁ……?」

やよい「青と言ったらでっかい空のことですよー。晴れの日なんかは綺麗な青色をしてて、見てるだけで元気一杯になるんですよー」

響「青は海の色に決まってるんだぞ」

春香「千早ちゃん、どう? 何か思い浮かんだ?」

千早「ええ、春香。私も春香と同じでブルーベリーのことだと思うわ」

春香「みんな決まったところでプロデューサーさん、答えをお願いしますっ」

P「答えは……ブルーベリーだ。春香、千早の二人が見事正解だ」

春香「やったー! やったね千早ちゃんっ」

千早「ええ。とても嬉しいことだわ」

貴音「まことめでたいことです。心より祝福しますよ、春香、千早」

律子「おめでとう春香、千早」

伊織「にひひっ。この伊織ちゃんより早く当てるなんてなかなかやるじゃない」


7: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:14:07.62 ID:ntVocoRZ0

雪歩「お、おめでとうございますぅ春香ちゃん、千早ちゃん」

真「二人ともおめでとうっ」

春香「みんなありがとう!」

千早「ありがとう」

P「実はさっきので最後の問題だったんだ。だから優勝はおまえたち二人だ。おめでとう春香、千早」

春香「そ、そうだったんですか……!?」

千早「私たち、運が良かったみたいね」

美希「ミキ、ハニーの考えてること全然分からなかったの……」

雪歩「む、難しかったですぅ」

響「なんだか悔しい気分だぞ」

あずさ「まあまあ響ちゃん。これは別に勝負じゃないんだから~」

響「あずささん、これは勝負だったと思うぞ?」

あずさ「あら~、そうだったかしら?」

P「と、とにかく連想ゲームはこれで終わりだ」

亜美「ええー」

真美「これからだよ、兄ちゃん」

伊織「も、もう少しやっても問題ないんじゃないかしら」

P「だ、だけどなぁ……」

P(これ以上考えてないんだよな……)

貴音「どうされましたか、プロデューサー?」

律子「何か不都合なことでもあるのですか、プロデューサー殿」

P「い、いやぁ……それが」

やよい「うっうー。きっと次はどうしようか迷ってるんですよー」

真「さっすがプロデューサー、最後と言いつつも他にも考えてあるなんて」

P「…………」

春香「プ、プロデューサーさん?」

千早「プロデューサー、あの……大丈夫ですか?」

P「だ、大丈夫に決まってるだろうっ!」

P(い、いかん……つい反射的に言ってしまった)

あずさ「さすがですね~プロデューサーさん」

美希「ハニーはやっぱりすごいの~」

雪歩「プロデューサーが頑張ってるんだから私も頑張りますぅ」

P(みんな楽しんでいるし、当初の目的は達成できた。ここから何も考えてないが、みんなのためにもなんとかしよう)

P「よしっ、じゃあ次の問題いくぞ」

一同「はいっ」

~完~


8: ◆BAGSDsqeLs 2014/03/23(日) 23:14:34.45 ID:ntVocoRZ0

おわり。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿