TOP > アイドルマスター > 貴音「一条貴音です」

貴音「一条貴音です」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:07:33.05 ID:dT/D69zOO

一発ネタです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:08:25.83 ID:dT/D69zOO

P「じゃあそろそろご飯食べに行くか」

P「貴音、何がいい?」

貴音「わたくしのお腹はどのようなものでもうぇるかむ」

貴音「らぁめんでもちゃんぽんでもお好きなものを、どうぞお気になさらずご自由にお選びくださいまし」

P「何でもってのが一番困るんだけどな……」

P「じゃあいつも通りラーメンにするか」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:09:21.87 ID:dT/D69zOO

―らぁめん屋―

貴音「替え玉をくださいまし」カタン

P「ぐっ……!」

ざわ……ざわ……

貴音「どうなさいました……あなた様……?」

P「た、貴音……楽しんでいるところ悪いんだが……」

P「その……そろそろ……金が……」

貴音「あなた様……お気を確かに……」

貴音「あなた様の財布の残りはまだ諭吉殿が六人もいらっしゃる……」

P「こ、これは明日定期を買うための……!」

貴音「まだまだ……わたくしに可能性は残されております……」

貴音「わたくしの胃袋の限界……それはどこなのか……それを知ることがわたくしの夢にございます」

貴音「どうか……存分に夢を追い掛けさせてくださいまし……!」

貴音「あなた様は……その姿を……心から応援するものです……!」

P「バカな……っ!」ボロ...ボロ...

貴音「さあ……言ってくださいまし……」

貴音「あと何杯……食べてよろしいのですか……?」

P「ああぁ〜…………っ!」ボロ...ボロ...


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:10:21.74 ID:dT/D69zOO

貴音「一条貴音です」

貴音「…………」

P「……貴音?」

貴音「…………」

P「…………」

貴音「…………」

P「…………」

貴音「…………」

P「律子ー、貴音が寝てるぞー」

貴音「起きてます」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:11:02.93 ID:dT/D69zOO

貴音「あなた様の手腕には驚かされるばかりです」

P「そんなことないさ、皆の実力あってのことだよ」

P「しいて言えば皆が知らない知識を大人なぶん皆よりも知っているから、かな」

貴音「……あなた様のその眼鏡は、いつから?」

P「ああこれ、伊達なんだ。この方が真面目に見えるだろ?」

貴音「やはりメガネに秘密が……!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:12:35.63 ID:dT/D69zOO

貴音「二条貴音です」

P「…………」

貴音「どうなされたのですか」

P「いや、思えば貴音との付き合いも長いなぁと思ってさ」

P「今まで付いてきてくれて、ありがとな」

貴音「ふふ……礼には及びませんよ」

貴音「あなた様にはわたくしも必要だと、自惚れておりますから」

P「その通りだよ……貴音?」

貴音「…………」ポロ

P「……泣いてるのか?」スッ

貴音「いえ、いつかは別れが来るのかと思いましたら……悲しくて」

貴音「わたくしはあなた様をお慕いしておりますから……きっと涙が出てしまうのでしょう」

P「お、お慕いしてるって……」///

貴音「あなた様が諦めるまで、側にくっついて、離れませんから」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:14:49.99 ID:dT/D69zOO

貴音「三条貴音です」

貴音「以後よしなに」

ガチャ

春香「おっはようございまーす!」コケッ

春香「きゃあ!?」

P「っと……危ないぞ春香」ダキッ

春香「え、えへへ……すいませんプロデューサーさん」///

貴音「…………」

貴音「春香」

春香「あ、おはようございます貴音さん」

貴音「おかしな現象には必ず科学的根拠がございます」

春香「え?」

貴音「毎回、プロデューサーがいる時のみ転ぶ……まこと面妖な現象です」

春香「そ、そんなことありませんってば!」

貴音「解析いたしましょう!」ジャキン

春香「な、なんですかその木刀!?」

貴音「わたくしのこころ、あんろっく!」

春香「いや――――――――っ!?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:19:42.68 ID:dT/D69zOO

貴音「五条貴音です」

P「…………」

貴音「どうされました、あなた様」

P「いや……貴音をスカウトした時のことを思い出してな」

P「いやあ、あの時の貴音は今とは全然違ったなぁ」

貴音「そ、そのようなことは忘れてくださいまし」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:20:16.47 ID:dT/D69zOO

貴音『わたくしが欲しいとは……面妖な方ですね』

P『ああ……君の力が欲しい』

貴音『…………』

貴音『わたくしがあなたを気に入ったら……考えて差し上げましょう』



貴音『いいでしょう……765プロに入って差し上げます』

P「それが今や……なぁ」

貴音「……あなた様はいけずです」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:22:51.46 ID:dT/D69zOO

貴音「六条貴音です」

美希「あふぅ……」パチ

貴音「…………」ジー

美希「!?」ビク

美希「た、貴音!? ミキの顔覗き込んで何してるの!?」

貴音「おはようございます、美希」

貴音「申し訳ございません、怖がらせてしまいましたか」

貴音「接吻をしたら許してくれますか?」

美希「ダメなの! ミキのファーストキッスはハニーの為に取ってあるの!」

貴音「冗談ですよ。それはわたくしも同じです」

美希「…………」

美希「ミキは、貴音のハニーを取ったりはしないよ」

貴音「わかっておりますよ」

貴音「そんなまっすぐな目をした美希がだらぁず……ではなく、そんなことをする訳ないでしょう?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:23:34.46 ID:dT/D69zOO

貴音「七条貴音です」

貴音「……ですが」

P「?」

貴音「某生徒会書記を模そうと努力しましたが」

P「……ダメだったか」

貴音「……はい。まこと申し訳ございません」

貴音「どうしても……」

P「いや……俺もそんな貴音は見たくないからいいよ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:24:07.30 ID:dT/D69zOO

貴音「八条貴音です」

貴音「ありませんでした」

P「なかったのか……」

貴音「なかったのです……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:25:26.75 ID:dT/D69zOO

貴音「九条貴音です」

P「……魔法少女?」

貴音「光の心と光の意志、総てをひとつにするために!」

貴音「しゃいにぃるみなす!」バチーン

P「…………」

貴音「…………」

貴音「あ、あなた様?」

P「いや、魔法少女の貴音って……以外と悪くないな」

貴音「まことですか」

小鳥「いい! 素晴らしいわ貴音ちゃん!」パシャリパシャリ

貴音「小鳥嬢、写真は事務所を通してくださいまし!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:26:44.84 ID:dT/D69zOO

貴音「空条貴音です」ドドドドドドドド

P「意外と似合うなその帽子……」

貴音「すたぁぷらちな・ざ・わーるど!!」ズキュウウウウウウン

P「…………」チラッ

亜美「わ→い! ひびきんの髪の毛長くておもろ→い!」

真美「次三つ編みにしよ、三つ編み!」

響「二人ともやめるさー!」

P「……止まってないぞ」

貴音「止まったのです」スッ

貴音「止まったので、あなた様はわたくしに何をされても抵抗出来ないのですよ」フワッ

貴音「あなた様……」ギュッ

P「た、貴音……」ドキドキ

貴音「お慕いしております、あなた様」

おしり


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:32:07.08 ID:dT/D69zOO

本当に拙文失礼しました。

一応、
一条聖也(カイジ)
一条さん(ぱにぽに)
二条乃梨子(マリみて)
三条海里(しゅごキャラ)
五条勝(イナイレ)
六条千景(デュラララ!)
七条アリア(生徒会役員共)
九条ひかり(プリキュアMax Heart)
空条承太郎(ジョジョ)

でした。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿