TOP > シンデレラガールズ > モバP「誰々さんはマルマルバツバツ」

モバP「誰々さんはマルマルバツバツ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/19(水) 01:46:48.90 ID:SBa6CTgLO

アイドルマスターシンデレラガールズのssです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/19(水) 01:50:13.28 ID:SBa6CTgLO

小日向さんはいつも眠たげ

「……、……」

今は授業中。当然、授業に集中しなきゃならない。特別陰険な担任の授業ならなおさらだ。だってのに、俺はまったく身が入らない。なぜなら、

「……すう、すう」

隣の席の小日向さんが、ずっと居眠りしてるのだ。こっちを向いて、すごいバランスで!

「……えへ、えへふぇ……すぅ」

いや絶対今のクラス中に聞こえただろ。

でも担任のチョークは止まらない。わざとらしい咳払いを繰り返しながら、見て見ぬふりが続けられる。えこひいきなのは明らかだったが、今だけはナイスというべきか。何しろ、天使の寝顔を特等席で見ていられるのだから。
このままずっと続けばいいのだけど……

「……ふへ、ふぁ、あ? は、ひ! お、起きてまひゅ!!」

「……小日向、立ってろ」

その俺の願いは、指される夢でも見たのであろう彼女の突然の覚醒により儚くも散る。

顔を真っ赤にしながら立ち上がる彼女の目が、偶然俺の視線と重なる。

「…………えへへ」

特等席からの一撃は、かろうじて致命傷で済んだ。

撃沈した俺は秒で廊下まで押しやられるのだが、それはまた別の話である。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/19(水) 01:51:53.55 ID:SBa6CTgLO

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「……私、お昼、今夜の夢見てたんです。プロデューサーさんとの……で、でーと、楽しみで、昨日の夜も夢に見たのに、まだ足りなくて……」

「でも……あの、いいところで、目が覚めちゃって。だから、だから、その……つ、続き、を、お、お願いしますっ」

ちゅ、ちゅぱ、むちゅ、ちゅ……

「あ、ん、む、ん……や、やぁ……まだ、だめっ、あ、あ……」

ずりゃ、りゅ………

「あ、あ、あ、あーーーーー」

ぱん、はちゅ、ぱん、っ、ぱつゅ……

「あ、や、あ、あ、んゃ、ひぁっ」

…………びゅく。ぴゅ。びゅー、

「あー、あ、ナカ、あ、あ、」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/19(水) 01:56:11.72 ID:SBa6CTgLO

どうしようもない我々に大槻さんが降りてきた

「~~~~?」

「…………」

いま、俺たち隠キャグループは人生最大の危機に直面している! なぜなら……

「~~、イェーイ!」

「い、いぇー、い」

選りすぐりの陰の者たちで構成されたカラオケ会に、突如クラスの、いいや学校の、それどころか日本の高校生の頂点に君臨するであろう上位ヒエラルキーのアイドル女子高生、大槻唯が乱入してきたからだ。なんでも、たまたまのぞき窓からクラスメイトを見つけたからとか。
ただでさえ、同じクラスで呼吸できるということに一生分の幸運を使っている我々にとって、同じ部屋でカラオケなど幸せにすぎて過呼吸になるほど。さながら彼女は、ドブに舞い降りた女神まである。
我らは女神とどうこうなる勇気などさらさらないから、せめて彼女を不快にさせないよう、団結して気持ち悪すぎない選曲を試みる。
ああ、それなのに。

「……あー! ゆいもこれ知ってる! ねえねえ、いっしょに歌ってもいい? やったー!」

「それじゃあ……えいっ。これなら知ってる?」(やや渋めな電波ソング)

「じゃー、最後にゆいのうた、聞いてくれたら嬉しいな!」(Radio Happy)

「はい、ターッチ! イェーイ!!」




女神は去り、後に遺るは死屍累々。
皆幸せそうな顔をしていたという。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/19(水) 01:59:00.10 ID:SBa6CTgLO

ーーーーーーーーーーーーーーーー


「~~~~?」

「…………」スリッ

「、~~~~?」

「…………」……シコ

「っ、~~、?、っ、」

「…………」シコシコ、しこ、こしっ

「……~ぅ、?、ん、~、っ」

「……………」……ぱくっ!

「!!」


『68点』



「~~~~?」

「…………」すりゅ

「、~、~~、ぁ?」

「…………」にゅるんっ

「~、ぁ、ゃ、ん、?、ん!」

「……………」くりくり、くり、クリッ!

「あ、や、ん、?、あ、あっ! や! ちょ、待っ……や、ぁ……?」

ずちょ、ぐちゅ、ずりゃ、ぐゅるぐちゃぐちょぐちょ!!

「Pちゃ、あ、ゃ、あっ、あ~~っ!」

『35点』






あ、また、れてるっ、ばつゲームせーし、あつっ、あっ、ふぁ、んちゅ、んっ、

ぜんぜん罰ゲームになってないなぁ、


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/23(日) 11:53:29.02 ID:HvNgfAEDO

堀さんはサイコー少女!

「むーん、ムーン、むむーん……」

「…………」

どうしてこうなった。

「むむむーん……」

堀さんに、お近づきになりたい一心の誰か(男女不問)がエスパーの話を振るのは、このクラスではもはや日常の光景だった。そして彼女はそれらの取り巻きに、毎回新鮮な反応を見せた。

だが、こんなことは予想もしなかった。
テレパシーの練習といって、彼女は俺の胸に手を置いたのだ。
(は……? 手、柔らか、細っ、ちっさ……)
あらゆる感触が俺を襲い、全て覚えておきたいのに集中するどころじゃなく、緊張だけが暴風のように通り過ぎて行く。
さらに、気づいてしまう。
至近距離で目をつむっている彼女は、さながらデート終わりのキス待ちのようでーー

その妄想が大爆発する寸前で、胸板上の指が、好き勝手にはいずりはじめた。

「キェェェェェェェェ!!!」
「ギャーーーーーーー!!!」

「分かりました! あなたは今……緊張していますね?」
サイコパワー恐るべし……


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/23(日) 11:55:31.99 ID:HvNgfAEDO

ーーーーーーーーーーーー

もにゅ、むに、みに、くにゅ、

「で、でも、私のは、お二人に比べたらちっちゃくて。がっかり、させてないかなって、ん……んちゅ。ん、はぁ……んゅ!!」
「なんだ、そんなこと気にしてたのか? 魅力は全く負けてないぞ、全然小さくないし、形もいい。何より」

くりくりっ!

「あはぁ、アッ!」

「感度良好、だしな」



「あー、あ、あっ、あひっ、あぃ、んぁ!」

ぱん、ぱん、ぱちゅん、ぱゅん!

「……っ、そろそろ……あぁ、裕子、テレパシーで、教えてくれっ。ナカか、外か」

「っ?! えぁ、しょん、なぁ、あへっ、えあっ、しょ、おっ、はおっ」

「……分かった、ナカで、全部射すぞっ」

「えっ、あぁ! なかっ、あぇ、んぁあっあっ!!」

ぼびゅ、ぶぴゅ、びちゃっ! びゅるっ!

「あ、あ、あ、ああ、ナカ、いっぱい、出てるぞ、裕子っ」

「あ、ん、あ、あ~~~~っ……」


ごぷ…………っ、


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/23(日) 12:34:29.44 ID:HvNgfAEDO

ポテトジャンキー北条さん


放課後のハンバーガーショップ。待機列からようやく抜け出して、トレーのバランスを取りながら席を探すこと数巡。ひとりでキョロキョロしてるところなんか誰にも見られたくなかったから、妙に真剣になる。
ようやく見つけた空席ににじり寄り落ち着く刹那、その隣の席に気がついた。
普段はしてない眼鏡なんかかけてるけど、見間違うはずもない。
クラスメイトの北条加蓮。
押しも押されもせぬスーパーアイドルが、俺を見上げていた。

「座んないの? 他空いてないよ?」
「あ、ああ、座るよ」

「……もぐもぐ、もぐもぐ」
「…………」
かつては学校に来たりこなかったり。
来ても、常に近寄りがたい雰囲気を纏っていて、正直怖かった。いやダントツで美人なのは分かりきっていたけど、だからこそ。
それが今では、クラスでも嘘みたいに明るくなった。いや……多分、もともとそれが本来の性格だったんだろうな。だから……
「もぐもぐ、もぐもぐも、もぐもぐ……」
「………………」
ケータイいじりながらポテト食いまくってる姿を見ても別に意外ではない……いややっぱちょっとすげえな。
そうこうするうちに彼女のポテトは空になり、まあ喋らなかったな、なんて惜しく思っていると……彼女の視線が、俺のトレーの上に注がれてることに気づく。
「それ、あさりバター?」
「……?! っ、う、うん」
全くの不意打ちにむせそうになりながら根性だけで答える。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/23(日) 12:36:49.88 ID:HvNgfAEDO

「あー、それ悩んだんだよねー、結局いつものうすしおにしちゃったんだけど」
まるで苦渋の決断だったとでも言わんばかりの口調に、俺は少しおかしくなって、緊張がほぐれる。
だから、するりと、ゆるんだ脳みそから言葉がこぼれ落ちてしまう。
「よかったら、いる?」
言ってから我にかえる。喉元まで羞恥が込み上げる。北条加蓮はぽかんとして俺を見ている。
その目でもうトレーごと置いて逃げ出す覚悟を決め、立ち上がりかける寸前、
「……え、いいの? ホントに?」
まるで金塊渡されたみたいな顔で言う。いやそんな信じられないみたいな顔するほど重大なことか?
「ここ、ここに入れてっ。二本でも三本でも大丈夫だよー」
言うが早い、まるで俺の心変わりを恐れるように、ポテトの空箱を差し出してくる彼女。そのしなやかな腕の流線形に、見惚れながら、慎重に、何本かもわからないあさりバターを掴む。
からん、と、乾いた音が、満員の店内で、やけに大きく聞こえる。

「……ちょ、もういいよ? 食べる分なくなっちゃうよ?」

気がつけば10本以上献上していたようで、その声に顔を上げると、満面の笑みが俺を出迎えた。
「えへへ、ありがと」
そして、微笑みにうつろった唇が、さっきまで俺が握っていたポテトを、嬉しそうに咥えた。

来世はポテトがいいと、切に願った。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/23(日) 12:38:33.45 ID:HvNgfAEDO

ーーーーーーーーー

「ポテトゲーム」
「ポテトゲーム?」

「もぐもぐ、もぐもぐ……ぷほっ」
「…………」

「もぐもぐ、もぐもぐ…………ぷほっ。ちょっと、ちゃんとPさんも食べてよ」
「…………お前が食べるの速すぎ、んむぅ」
「はい次ー、ん……もぐもぐ、もぐも、ぐ」

ちゅ、ぱ…………

「ちゅ、んちゅ、れろ……んもう、私じゃなくて、ちゃーんとポテトを食べてよねー」

「あ、んちゅ、ん、もぐ、も……」
「……加蓮」
「んんっ? ふぁ、あん、むぅ……ん……っ」
にゅろ、れりゅ、くにゅ、にゅにゅう……っ、
「…………うふぁ、は、っ、へ、ヘンタイっ。私の口から、食べかけ、啜るなんて…………」
「うまかったぞ、加蓮のマッシュポテト」
「……サイッテー」
「……試してみるか?」
「…………………」

りゅろ、れりゅ、りゅるくりゅ、みゅぅ、う…………
「ん、はぁむ、ん、あん、ん、こく、ごくん、んんっ、ぷふう……」
「…………どうだった?」
「フツーの方が美味しい」
「残念だ」
「…………もう一回」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/23(日) 12:44:39.80 ID:HvNgfAEDO

「はぁ、はぁ、はあ、ふぁ、ふぅ、あ……あはは、Pさん、顔、油でギトギトだよ?」
「加蓮もな」
「もー、見ちゃダメー。ふふふ……。ねっ」

「シャワー、いこ」

………………シャーーーーッ、

ここ、ここ、挿入れて、イれて、イ…………ッあ、ああああっ、

………………シャーーーーッ、

あぁん、あっ、あ、ひあっ、
あえあっ、んあっあっあっ、

………………シャーーーーッ、

あちゅ、んまっ、あみゅ、へあっえっあ、
あっあっあっあっあ゛、

………………シャーーーーッ、

あ!!


あ、



ぁ、


あ……ぁ、

………………シャーーーーッ、

ナカ、熱、ぅ…………、


え、や、ちょ、休……ぃ、っ!!


………………シャーーーーッ、




ーーーーーーぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱゅん、



………………シャーーーーッ、












………………シャーーーーッ、


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/30(日) 10:28:27.67 ID:NjnB1lJvO

「うっきゃー!! おっはようござひぎゃああああ!!!!!!」

「?!!!」

大音量の挨拶は、大音量の衝突音で上書きされた。震源地は教室のドア、その側で額を抑えている、超高身長女子。


諸星さんはでっかわいい!


「も、諸星さん、大丈夫? なんかすごい音したけど……」

隣の席のよしみでこっそり声をかける。教室に来た瞬間から、もう散々みんなに心配されてたから今更だろうに、すこしもそれを感じさせない、100パーセントの反応。まあ、こっそりの意味はなくなってしまうけど。

「う、うぇへへ、またやっちゃったぁ……うん、だいじょーぶい!!! 心配してくれてぇ、ありがとにぃ☆」

「う、うん……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/30(日) 10:30:28.12 ID:NjnB1lJvO

「きらりーん、だぁーーんくうううぅ☆」

体育の時間、大音声につられて女子の方を見ると、諸星さんがリングにぶら下がっていて、その下でバスケ部がお手上げといった顔をしていた。
そして降り立つ様に見とれていると、まるで見抜かれたようにこっちへ顔が向いてーーVサイン。ゆさっと、胸が揺れた。思わず顔を背ける。手だけ振る。


「はいはいはぁぁい! きらり、わかりまーしゅ☆ すたーーっ」

教室で指されるやいなや、ロケットのように立ち上がって手まで挙げるもんだから、天井に届くんじゃないかって錯覚してしまう。これで、座っている時の頭の高さは他の人とそう変わらないんだから、どれだけスタイルがいいかって話だ。また胸が揺れた。

とにかく大きい諸星さんだけど、実は小さくて可愛い物が大好きだったり、回し読みの少女漫画で真っ赤になってたり。

心遣いはとても細やかで親切だったりーーそういうところも、とても。

「ね、ね、これ、事務所のみんなで作ったにぃ。コッソリ、ナイショでいっこ、あげちゃゆぅ☆ ん? おいしい? おいすいぃ? うっきゃーーー☆」

いやまあ全然内緒になってないけど!


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/30(日) 10:33:35.85 ID:NjnB1lJvO

ーーーーーーーーーーーーーーー


へえ、今日はダンクなんか決めたのか! すごいな、きらり。はは、偉いえらい……そうか、みんなが好きにしていいよって言ってくれたのか。そうだよな、きらりは球技の時、いつも気を遣ってアシストしてるもんなーーえ? 当たり前だ、いつも、ちゃんと見てるからな。あはは、叩くな、叩くな。

ご褒美か。ほら、ナデナデ、なでなでー……おっと? なんだ、その顔は。アヒルさんかな? ははは、冗談冗談。


ーーーーーーーーーーーーふ、はあ……っ、
……よくばりさんだな、きらりは。


あ、あぁ……、やっと、全部挿入るようになったな。きらり、ココはちっちゃかったもんな。すぐ天井だから。ほら、ほら、っは。

きらりのおっぱいには夢が詰まってるんだよな、あ、いい、跡。

声、出していいんだ、ぞ? はい、はい、えい、えい。


ーーーぁ、ぉ、お……。ふう、ぁ。


浅いから、出してもほとんど漏れちゃう、な。ほら、見てみて。ああ、きこえてないか。


ほら、腰上げて、頑張って。つぎ、後ろから。



うん、きらり、俺も大好き、だ、あ、ん。


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/09/23(月) 01:33:12.43 ID:g++tIAMN0

僕の隣の神崎さんが何言ってるかちょっとわからない


「それじゃあ自己紹介してください」

熊本からの転校生は、

しゅばっ、

「我が名は神崎蘭子……火の国より生まれ出ずる堕天使の真名にして呪詛、その身に刻むが良い! アーハッハ!」

「はーい神崎さんは熊本からの転校生だそうです。みんな仲良くしてくださいね」

「もおおおぉ!」

ちょっとへんなコでした……


「フッ……煩わしい太陽ね」

(いつも朝イチで言われるけど……どういう意味なんだろう)

「お……おはよう」

「!! 其方も、『瞳』の持ち主か?!」

(どうしよう余計ワケわかんない)


「『深淵(ジ・アビス)を抜けると、其処はシヴァの統べる神域であったーー』」

「神崎さん普通に読んで」

(『雪国』の冒頭だよね?)


「く……おのれ、聖餐にマンドラゴラのムニエルを饗させるとは……この酔狂な」

(大根苦手なのかな……てかムニエルって酢漬けのことだっけ)

もぐもぐ、

「……にがぁ」

(涙目で一生懸命食べてる……)


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/09/23(月) 01:36:05.45 ID:g++tIAMN0

「こ、こほん……錬金術師の魔導書(ネクロノミコン)を、館に置き忘れてしまった故、その、あの……」

(正直言ってることはほとんどわからないけれど、でも)

「……理科の教科書、忘れちゃったの? じゃあ、僕の半分、見よ」

「あ……!」

「ククク、礼を言お……んっ」

「?」

「あ……ありがとっ!」

「…………っ」

(……とても、いいコみたいだ)



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/09/23(月) 01:42:48.82 ID:g++tIAMN0

P「そうかー、転校当初から聞いてるけど、蘭子のクラス、いい人ばっかりみたいだな」

ナデナデ

蘭子「んふー……こ、こほん。皆佳くしてくれる。今は未だ『瞳』を閉ざしているが、遠からず軍勢(レギオン)の一翼を担う者たちとなろう!」

P「そっか……安心できるな、それなら」

蘭子「…………で、でも」

P「?」

蘭子「ひ、比翼にして連理なるは我と其方のみ……我が半身は、其方以外では埋められぬと、知っ、て……」

ちゅ……っ、

蘭子「……些か疲れた……ま、魔力きょーきゅー、の時間だ」

P「……今夜は?」

蘭子「せ、『聖剣の救世主、姦計に墜つ』で……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャラ……

P「くくく……いい眺めだ。聖剣の救世主も、こうなって仕舞えば形無しだな、勇者ランコ」

蘭子「クッ……この鎖、封聖の魔力が……? 何故裏切った、導きの賢者よ!」

P「分からないのか? 貴様の中に流れているのは、そもそも救国の力などではない。全てを陥れ、常闇に支配する暗黒の奔流だ」

蘭子「暗黒の、奔流……っ?」

P「その大いなる権能、善なる者として腐らせるには余りにも惜しい……故に、変容させてやろう、覚醒させてやろう。理性の楔を外し、肉体を解き放ち、精神を剥き出しにしてな」

蘭子「……フンッ、其方に屈する我ではない! 如何様な外法を用いようと全ては無意味、我が高潔には傷ひとつ付けられぬと知れッ!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/09/23(月) 01:48:15.50 ID:g++tIAMN0

ぶびゅくっ、びゅるっ、ぶぴゅっ、びゅぅ……う、

蘭子「きゃっ、あアッ、アあああっああああっ!!!」

P「そら、これで六芒星の三画目だ……ハハ、先程までの威勢はどうした」

蘭子「ああっ、またナカあ、は、ぁ、あ…………っああっ、あ」

P「効果覿面だな……腹に刻んだ色欲(リリス)のルーン、感度3000倍の呪詛に苛まれる気分ははどうだ? 腰から脊髄、脳へ電流が奔って神経が焼き切れるようだろう?」

くちょっくちゅっ、

蘭子「あ、っまたっ、あんあっあ、」

P「それに幼膣が、まるで聖娼のごとく迎え腰で絡みついてくる……たわわに実るこの肢体も淫蕩の血も、ある意味では才能のひとつか」

パンっ、パンっ、パンっ、パンパン、

蘭子「あっやっあっアッアッ!」

P「ククク……このまま堕としてやろう。そして魔性の仔を何人も孕ませて、この国を内から支配して……ん?」

ぎゅー、

蘭子「んんっ、赤ちゃ、んむっ、Pしゃ、すきっんちゅっ、んみゅう!」

P「……ふぅ、ここまで、か。じゃあ……スパートだ」

ぱちゅんっ! ぱんぅ! じゅぱんっ! ぱゅん!!!!

蘭子「あえっはえっ、やぁ、えはぁ! あンあっあっあっーーーーーーっ!!」

ぴゅぐっ!

あァ……っ!!!

ぶびょくっ、びゅるゆ! ぶぴゅっ!! びゅぴゅゅゅゅぅ…………

あ、あ、あ、あ、あ、あ…………ァ!!!

ごぷ、

あ、ナカ、ぁ、熱ぅ、アっ、

トロ、トロ……ぉ、


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/09/23(月) 06:46:18.23 ID:g++tIAMN0

これでお終いです
お読みいただきありがとうございました





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿