TOP > シャイニーカラーズ > 自宅に招いた田中摩美々にAV持ってるのがバレた話

自宅に招いた田中摩美々にAV持ってるのがバレた話

1: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:16:43.69 ID:9mZj6ZmI0

P「いやー、参ったな。いきなりあれだけの豪雨に見舞われるなんて」

摩美々「うわ、びしょびしょ……今日、降るって予報出てましたー?」

P「今朝は時間なくて天気予報見てなかったな……摩美々は?」

摩美々「私、普段から天気予報見る習慣がないですねー」

P「……今スマホで調べたら、『午後から突然の大雨に注意』って書いてた」

摩美々「自業自得感が出てきましたねー、プロデューサーの」

P「いや、予報見てなかったのは摩美々も同じだろう」

摩美々「まみみは悪い子なのでー、天気予報を見なくてもセーフなんですー」

P「まず悪い子なのがセーフじゃないからな」

摩美々「えー……っくしゅ」

P「っと、ごめん。玄関で立ち話してる場合じゃなかったな。着替えは適当に用意しておくから、風呂に入ってくれ」

摩美々「いいんですかぁ? アイドルを自分の家に入れたうえに、お風呂にまで入れちゃうなんて」

P「緊急時だからやむなしだ。雨が降り出した時、俺のアパートが一番近かったし……摩美々が風邪をひくほうが問題だからな」

摩美々「では、おかまいなくー」

P「それ俺のセリフじゃないか?」

摩美々「ふふー、そうでしたかぁ?」

P「ほら、そこが風呂場だから。俺は替えの服探してくるから、早くあったまってこい」

摩美々「……ありがとうございまぁす」


2: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:17:34.90 ID:9mZj6ZmI0

摩美々「あがりましたぁ」

P「おかえり。服、大丈夫そうか?」

摩美々「彼シャツー」

P「上下ともにただのジャージだぞ」

摩美々「彼ジャージー」

P「Pジャージだな」

摩美々「なんか、そういうとただのジャージみたいですねー」

P「もともとただのジャージだって……ちょっと袖が長いか?」

摩美々「袖は普段から余らせてるので」

P「それもそうか。じゃあ、俺もシャワー浴びてくるよ。テレビのリモコンそこにあるから、適当にくつろいでてくれ」

摩美々「はぁい」

P「あ、そうだ。座布団出さないとな。確か押し入れのここに」ガラッ


ごとっ


摩美々「何か落ちましたケド」

P「ん、ああ……何が……っっ!!?」



(床に落ちているAVのパッケージ)


P「うおおおっ!?」シュババッッ

P(そ、そういえばここにこの前AVしまったんだった……すっかり忘れてた)

摩美々「………プロデューサー?」

P「あ、ああ……なんでもないよ」

摩美々「そうですかぁ」

P(み、見られてない、よな。今の)

P「ほら、座布団はこれを使ってくれ。シャワー、行ってくるよ」

摩美々「ごゆっくりー」



P(ほっ……あの様子なら、大丈夫そうだな)


P「あ、そうだ。念のため言っておくけど、勝手に部屋の中を捜索したりしちゃダメだぞ」

摩美々「わかってますよー。プライバシーですもんね」

P「そう、その通りだ」

摩美々「……もう調べる必要もないですし」ボソッ

P「ん?」


3: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:19:26.79 ID:9mZj6ZmI0

P「お待たせ。雨、どうだ」

摩美々「まだどしゃ降りですねー。しばらくやみそうにないかも」

P「そうか……せっかくさっぱりしたんだし、やむまでここで雨宿りだな」

摩美々「ですねー。早くやむといいんですケド」

P「だなぁ。この調子でずっと降ってると、川の水位も上がってくるだろうし」

摩美々「淫乱しちゃうと大変ですもんねー」

P「そうそう……」

P「………」

P「ん?」

摩美々「氾濫しちゃうと大変ですもんねー」

P「あ……ああ、そうだな! 氾濫しちゃうと困るよな」

P(聞き間違いか……さっきのAVを意識しすぎだな、俺)

P「摩美々、よかったらゲームでもしないか? 時間つぶしにはなると思うけど」

摩美々「いいんですかー? 一応仕事中なんじゃ」

P「もう定時は過ぎてるし、もともと直帰するって事務所に伝えてたからな。問題ない」

摩美々「そういうことなら、付き合ってあげますよー」


4: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:20:21.28 ID:9mZj6ZmI0

P「ふんっ! そらっ!」

摩美々「家庭用リズムゲームでそこまで力んだ声出す人、なかなかいないですよー」

P「こういうのっ、苦手なんだよっ! だからどうしても力が入って、なっ」

摩美々「ほらぁ、落ち着いて深呼吸ー」

P「すー。はー」

摩美々「リズムに乗ってー。そーれ、わんつーわんつー」

P「わん、つー。わん、つー」

摩美々「パンツ」

P「ん?」

摩美々「わんつーわんつー」

P「聞き間違いか……うわっ、ミスった!」

摩美々「ふふー、私の勝ちー。まだまだですねー」

P「はあ、はあ……俺の持ってるゲームで負けるとは」

摩美々「こっちは仕事でリズム感が求められてますからぁ」


5: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:20:53.42 ID:9mZj6ZmI0

摩美々「プロデューサー。この雑誌、読んでもいいですかー」

P「ん? ああ、いいぞ」

摩美々「京都の観光ガイドブック……プロデューサー、京都旅行希望なんですねー」

P「ああ。もう少し仕事が落ち着いたら、たまった有休使って行こうかなと思ってる」

摩美々「いいですよねー、京都。私も好きです」

P「へえ、摩美々も京都に興味があるんだな」

摩美々「見てみたい場所がたくさんありますからねー」

P「そうか、なんか嬉しいな。好きなものが同じなの。たとえばどこに行きたいんだ?」

摩美々「清水寺とかー」

P「うん」

摩美々「祇園のほうとかー」

P「うんうん、他には?」

摩美々「緊縛」

P「ん?」

摩美々「金閣」

P「………」

摩美々「どうかしましたぁ?」

P「えっ……ああ、金閣寺か。俺も行ってみたいんだよな。ははっ」

摩美々「プロデューサー、私も京都に連れてってくださいよー」

P「スケジュールが調整できたらな」


6: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:21:35.85 ID:9mZj6ZmI0

P「6時半か……もういい時間だし、雨がやんだら一緒に夕飯食べに行くか?」

摩美々「ゴチになりまぁす」

P「俺が奢るの前提か……いや、もとからそのつもりだったけどさ」

摩美々「私、お寿司が食べたい気分ですー」

P「寿司か。確かにいいかもなぁ」

摩美々「銀座の」

P「近くの回転寿司屋でいいか」

摩美々「けちー」

P「ケチじゃありません」

摩美々「えっちー」

P「ん?」

摩美々「りっちー」

P「リッチでもありません」

摩美々「お給料、上がるといいですねー」

P「摩美々がトップアイドルになってくれたら、自然とプロデューサーである俺の待遇もよくなるぞ」

摩美々「頑張ってくださいねー」

P「摩美々も、頑張るんだぞ」

摩美々「ばっちぐー」

P「久しぶりに聞いたよ、その単語」


7: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:22:16.45 ID:9mZj6ZmI0

摩美々「プロデューサー。エアコンのリモコン、ありますかー」

P「リモコン? ……ああ、ちょっとエアコン効きすぎかもな」

摩美々「温度、上げてもいいですかぁ?」

P「いいぞ。せっかく雨から逃げたのに、部屋の中で風邪ひいちゃ意味ないし」

摩美々「お言葉に甘えてー」ピッ

P「どうだ?」

摩美々「んー、まだちょっとえーぶい」

P「ん?」

摩美々「まだちょっとさーぶい」

P「………」

摩美々「んー、トゥエンティ―シックス(26度)だとまだ寒いですねー」

摩美々「プロデューサー、ソックスも借りていいですかぁ?」

摩美々「あ、テレビでサックス吹いてる人が出てますねー」

P「………」


8: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:24:12.28 ID:9mZj6ZmI0

P「おっ」

摩美々「どうかしましたー?」

P「やっと雨がやんだみたいだ。雲が晴れかかってる」

摩美々「あ、本当だ」

P「これでやっと外に出られるな」

摩美々「乳房ですねー」

P「ん?」

摩美々「朗報ですねー」

P「いや流石にそれは無理があるだろ!!」

摩美々「わぁ、ついにツッコまれたぁ」

P「摩美々……やっぱりあの時、見えてたんだな?」

摩美々「なんのことですかぁ」

P「だから、その、さっき座布団出したときに落ちてきた、俺の……」

摩美々「俺のー?」

P「俺の……」



P「俺の『清楚な彼女が実は淫乱だった!? パンツを脱いだらもう止まらない! 緊急緊縛24時間乳房責め!!』のパッケージを見たんだろう!?」


摩美々「………」

P「………」

摩美々「あの」

P「……なんだ」

摩美々「別に、タイトルまで大声で言う必要はなかったんじゃないですかねー……」

P「………」

P「おお………!!」(膝から崩れ落ちる音)


9: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:24:58.65 ID:9mZj6ZmI0

P「本当に、すまなかった。あんなものを見せてしまって……」

摩美々「いえ、別に……わざとじゃないのはわかってますし」

P「銀座の寿司、食べに行くか?」

摩美々「そこまではいりませんってばー。私も、それをダシにして色々からかいましたしー」

P「……許してくれるのか」

摩美々「許すとか許さないとか、そういうお話じゃないと思いまぁす。なので、この話はこれでおしまいー」

P「そうか……ありがとう、摩美々」

摩美々「……どーいたしまして」モサモサ

P「しかし、摩美々が何度もぶっこんで来るからこっちは冷や冷やしてたよ……気づいてるのか気づいてないのか、本当にただの俺の聞き間違いなんじゃないかって」

摩美々「ふふー。悪い子ですからー」

P「ははは」

摩美々「……悪い子なので、嫉妬とかもするんですよー」ボソ

P「え?」

摩美々「………」

P「摩美々……」

摩美々「プロデューサー。ひとつだけ、聞いてもいいですか?」

P「……ああ。なんだ」

摩美々「………」





摩美々「まず、名前と年齢とスリーサイズを教えてくれますかぁ?」(インタビュアー風)

P「ま、摩美々~~!!」

摩美々「わぁ、怒ったー。縛られちゃうー」

P「縛るかっ! こら、待ちなさい!」

摩美々「ふふー♪」


10: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:25:57.15 ID:9mZj6ZmI0

――結局。自宅に招いた摩美々にAV持ってるのがバレてどうなったかというと。



摩美々「私、ここのお店の湯豆腐食べたいなぁ。あ、こっちのお店のお団子もおいしいそうですよー」

P「……摩美々、もしかして食べることしか考えてないのか?」

摩美々「そんなことないですよー。でも、旅先ではおいしいものをいっぱい食べないと損じゃないですかぁ」

P「太らないようにな」

摩美々「女の子に太るとかゆーたらあきまへんえー」

P「もう京都に染まってる……」



摩美々とふたりで京都旅行に行くことが決まって。





社長「ふん。私の勧めるビデオは甘くはないぞ!」



あと、何故か天井社長にハードものを勧められた。


おしまい


11: ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:28:07.02 ID:9mZj6ZmI0

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
摩美々かわいい

過去作
田中摩美々「ふふー、こいですからぁ」
田中摩美々「ふふー、すきだらけですねー」

などもよろしくお願いします





『シャイニーカラーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿