TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「2人の天使」

サターニャ「2人の天使」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:18:08.792 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「勝負よガヴリール!」

ガヴ「あ?ったくお前はいつもいつも……」

?「…………」

サターニャ「ほら!勝負するわよ!」

ガヴ「……しゃーねぇなぁ、ちょっとだけだぞ!」

サターニャ「じゃあ勝負の内容は……」

?「……」ハァ…


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:18:37.175 ID:bsLQWhAb0.net

?「サターニャさんは……」

?「いつもいつも……」

?「……」

?「……これだけはしたくなかったのですが」

…………………………………………………


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:19:14.099 ID:bsLQWhAb0.net

…………………………………………………

サターニャ「~♪」テクテク

?「ちょっと!そこのあなた!」

サターニャ「~♪」テクテク

?「ちょっと!そこの大悪魔様!」

サターニャ「……!」ピクッ

サターニャ「私の事かしら?」

?「そうです!」

サターニャ「何の用かしら?」

?「私、実はこういうものでして」スッ

サターニャ「へー、あなた占い師なのね?」

占い師「はい」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:19:40.780 ID:bsLQWhAb0.net

占い師「……あなたから悪いオーラが出ています」

サターニャ「え……ま!まぁ!もちろん大悪魔だからね!あんた分かって……」

占い師「違います!」

占い師「……この先、あなたに良くないことが起こると、占いの結果に出ているんです」

サターニャ「えっ」

占い師「心苦しいですが……」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:20:01.817 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「な、何か対処法はないのかしら!?」

占い師「……今は分かりません」

占い師「明日あたり結果がでるのでまた来てください」

サターニャ「……分かったわ」

占い師「全力を尽くしますので」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:20:50.632 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「あれから1日経ったけど……」

サターニャ「……言われてみれば散々な1日だったわ」

サターニャ「宿題を忘れグラサンに怒られ……廊下でけつまずき……昼ご飯は犬に取られ……授業中に寝てグラサンに怒られ……」

サターニャ「……こんなんじゃ身が持たないわ」

サターニャ「早く占いに行きましょう」

ヴィーネ「あら?サターニャ?どこいくの?」

サターニャ「ちょっと用事!」

ガヴ「今日は一緒に帰らないのか?」

サターニャ「あ、うん、用事があって……」

ガヴ「ふーん、ま、いいや」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:21:30.491 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「来たわよ!占い師!」

占い師「……来ましたか」

サターニャ「……で、どうなの?結果は」

占い師「……結果は出ました、ですが」

サターニャ「……なによ」

占い師「大変言いにくいのですが」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:21:59.434 ID:bsLQWhAb0.net

占い師「あなた、金髪のかわいい子と仲良かったりしません?」

占い師「……背も小さいようです」

サターニャ「……まぁ仲良くなくは……ないけど」

占い師「どうやら……その子のせいであなたが不運な目に合うらしいんです」

サターニャ「え……」

占い師「……ですから、早急にその子と手を切るのがいいかと」

サターニャ「……そんな」

占い師「心苦しいですが……」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:22:24.513 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「……それだけは」

サターニャ「それだけは嫌!」

占い師「……そうですか」

サターニャ「べ、別の方法!別の方法はないの!?」

占い師「……」

占い師「全力を尽くして占っておきます。また明日来てください」

サターニャ「……お、お願いします!」

占い師「……」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:22:46.172 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「……」ビクビク

ガヴ「……」

ガヴ「お、おい、サターニャ」

サターニャ「……!」ビクーン

ガヴ「……だ、大丈夫か?」

サターニャ「え、ええ……大丈夫……」

ガヴ「……」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:23:14.868 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「おい!サターニャ!どこ行くんだ!」

サターニャ「ちょ、ちょっと用事……」

ガヴ「……でも」

サターニャ「……ほんとに用事だから、気にしないで……」

ガヴ「……そっか」

ガヴ「……呼び止めて悪かったな」

サターニャ「……」ダッ

ガヴ「あっ……」

サターニャ(……ごめん)


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:24:13.532 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「……で結果は……」

占い師「……はい、昨日言った以外に方法はありません」

サターニャ「……」

占い師「放っておくとさらに酷いことになると思います」

サターニャ「……そっかぁ」

占い師「……」

サターニャ「じゃあまた……明日……」

占い師「……さらに言いにくいのですが」

サターニャ「……まだ何か」

占い師「……このままにしておくと、その友達も不幸な目に」

サターニャ「え……」

占い師「……対処法は……もちろん」

サターニャ「……分かったわ」

占い師「……」

サターニャ「……ありがとう、ございました」ポロリ

占い師「……!」

サターニャ「……」ダッ

占い師「あ、あの……」

占い師「……」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:24:44.444 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「おい、サターニャ、昨日から様子がおかしいようだが……」

サターニャ「ち、近寄ってくんじゃないわよ!」

ガヴ「……は?」

サターニャ「あ、あんたはちょっと……う、うざいのよ!そうよ!うざいのよ!あー!うざいうざい!」

ガヴ「……」

サターニャ「だ、だから金輪際……わ、私に構わないで……」

ガヴ「お前本当にどうしたんだ?」

サターニャ「だ、だから……!」

ガヴ「……涙を流しながらそんなこと言うやつがあるか」

サターニャ「え……」ボロボロ

サターニャ「あ……」

ガヴ「……」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:25:10.015 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「お前絶対何かあっただろ」

ガヴ「いいから私に話してみろ」

サターニャ「……でも」

ガヴ「いいから!」

サターニャ「……分かった」

…………………………………………………


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:25:39.461 ID:bsLQWhAb0.net

…………………………………………………

サターニャ「……ということがあって」

ガヴ「……はぁ、お前ってほんと馬鹿だな」ポリポリ

サターニャ「……え?」

ガヴ「どう考えても嘘だろ、そんなの」

サターニャ「……でも」

ガヴ「占いとか信じてんのか?」

サターニャ「信じて……ないけど」

サターニャ「……けど、もし本当だったら……」

サターニャ「も!もし!本当だったらって……!」ポロポロ


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:26:22.053 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「はー、本当なわけがないだろ」

ガヴ「……だってこう見えて私天使だし」

サターニャ「……ガヴリール」

ガヴ「……ぶっちゃけ、サターニャと離れるくらいなら不幸を受け入れるっていうか……」ポリポリ

サターニャ「え……」

ガヴ「その、なんだ、まあつまりそういうことだ!」

ガヴ「私が不幸なんかに負ける天使だと思うのか?」

サターニャ「……思わない、けど私ならまだしも、あんたが不幸な目に合うなんて……」

ガヴ「……はぁ」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:27:28.084 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「1度しか言わないからよく聞けよ」ガシッ

サターニャ「え、ええ……」

ガヴ「私にとって一番の不幸は、お前ら3人と一緒に遊べなくなることだ、覚えとけ」

サターニャ「……ガヴ、リール」

サターニャ「……ありがとね、ガヴリール、そうね」

サターニャ「……私占い師にちょっと言ってくるわ!」

ガヴ「ついてくか?」

サターニャ「いいえ!大丈夫よ!もう私に怖いものなんてないわ!」

ガヴ「……そうか、それは良かった」

?「……」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:28:09.640 ID:bsLQWhAb0.net

サターニャ「ちょっと!占い師はいるかしら?」

占い師「……はい、ここに」

サターニャ「ちょっと、今日はあんたに言いたいことがあるの」

占い師「……はい」

サターニャ「……とりあえず忠告ありがとうね」

占い師「……!」

サターニャ「……でも、私、いえ、私たちはもう負けない」

サターニャ「……この先どんな不幸があろうと……」

占い師「……そういえば占いの結果が出たんですよ」

サターニャ「もう占いはいいから……」

占い師「……その友達を」

ラフィ「……いえ、ガヴちゃんを」

ラフィ「ずっと幸せに……お願いします」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:28:34.261 ID:bsLQWhAb0.net

ラフィ「……そうすれば、あなたたちの未来は明るいでしょう」

ラフィ「……それが私の占いの結果です」

ラフィ「……よろしくお願いしますね」ダダッ

サターニャ「あ!ちょっ……」

サターニャ「……」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:29:07.195 ID:bsLQWhAb0.net

ラフィ(あんな……)

ラフィ(あんなお2人の姿を見たら……)

ラフィ(もう負けを認めるしかありませんよね)

ラフィ(……サターニャさんもガヴちゃんと一緒なら……幸せになれる)

ラフィ(……なれますよね)

ラフィ(……だからこの思いは……もう、いりませんね)

ラフィ「……す、好きでした!サターニャさん!」

ラフィ「好きでした!好き!好き!すき……ずぎぃ……」ボロボロ

ラフィ(……何故でしょう、もう諦めたはずなのに、こんなに涙がでてくるのは……)

??「そういうことだったのね……」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:30:01.814 ID:bsLQWhAb0.net

ラフィ「えっ!」

サターニャ「……ラフィエル」

ラフィ「さ、サターニャさん、そ、その……」

ラフィ「すいませんでした!」

ラフィ「わ、私は……」

サターニャ「……もういいわよ」

ラフィ「……でも」

サターニャ「……もういいって言ってるの」

ラフィ「……」

サターニャ「……そういうことなら直接言ってくれたら良かったのに」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:31:06.861 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「そうだな、言ってくれたらこんな事にはならなかったな」

ラフィ「……ガヴちゃん」

サターニャ「あんた……付いてきてたのね」

ガヴ「確かに、ラフィエルのした事は許し難いことだ」

ラフィ「……すみませ……」

ガヴ「……まあでも、サターニャが許すというなら、私の出るまくはないな」

ガヴ「……そして、まだサターニャは私のモノになったわけじゃない」

ラフィ「……!」

サターニャ「ちょっ……あんたなにを!」カァァァ


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:32:47.845 ID:bsLQWhAb0.net

ガヴ「……ラフィエルにまだサターニャが好きな気持ちがあるなら」

ガヴ「そして、もう2度と奴を傷付けないと誓えるなら」

ガヴ「元の関係に戻ろう」

サターニャ「……ガヴリール」

サターニャ「そ、そういうことよ!ラフィエル!」

ラフィ「……みなさん、ありがとうございます」

ラフィ「……いいんですね、ガヴちゃん」

ガヴ「……何がだ」

ラフィ「サターニャさんをもう1度奪い返してしまっても」

ガヴ「はん!私が負けるわけないだろ!」

ラフィ「……そうですか、本当にありがとうございます」ホロリ

ラフィ「で、では!」

ラフィ「勝負です!ガヴちゃん!」

おわり


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:33:19.234 ID:bsLQWhAb0.net

綺麗なガヴサタを書きたかったんです

ありがとうございました!


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:36:15.152 ID:J/Ejy1dp0.net




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿