TOP > シンデレラガールズ > ヘレン「世界レベル!」モバP「なのか本当に?」

ヘレン「世界レベル!」モバP「なのか本当に?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:45:26.53 ID:y9aZQNHn0

※短編です

とある日。

モバP「なぁヘレン」

ヘレン「何かしら?」

モバP「お前いつもいつも世界レベル世界レベルって言ってるけどさ」

ヘレン「その通りよ、私は常に世界レベルで生き抜いているわ」



モバP「お前身長はせいぜい都内レベルだよな」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/13(木) 23:51:15.68 ID:y9aZQNHn0

ヘレン(身長158cm)「ふっ……甘いわね」

モバP「なんだと? お前があの765プロの子供枠たる双海姉妹と同じなのは有名な話だぞ?」

ヘレン(身長158cm)「確かにそうかもしれないわ、だけどそれがなに?」

モバP「モデルはある意味高身長が命だ、そんな考えでは……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/13(木) 23:57:09.05 ID:y9aZQNHn0

ヘレン(身長158cm)「甘い、そういうことではないのよP!」


ヘレン(身長158cm)「ならば私をチビだなんだと叫ぶ者が私の道の後ろにいたかしら?」

モバP「目の前に俺がいるけど」

ヘレン(身長158cm)「人は私を見て世界を知るのよ。なぜなら私には世界を覆えるオーラがあるから!」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/13(木) 23:57:59.96 ID:y9aZQNHn0

ヘレン「そして、それが、それこそが!」クワッ!



ヘレン(世界レベル)「世 界 レ ベ ル な の よ !」ドヤァ……


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:08:07.55 ID:mGGGEHrq0

モバP「そうか、それが世界レベルか……」

ヘレン「そう、そういうことよ」

モバP「ならいいか……悪かったなヘレン」

ヘレン「いいえ、あなたもそういうことを考えてこういうことを言ったのでしょう?」

モバP「まぁな」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:16:37.43 ID:mGGGEHrq0

別の日


モバP「そういえばヘレン」

ヘレン「何かしら?」

モバP「イタリアに行った時さー」

ヘレン「あの時は素晴らしい体験だったわね、世界レベルの私に相応しい舞台だったわ」

モバP「お前アドリア海からの朝日は美しいって言ってたけどさ、俺らピサにいたんだぞ?」



モバP「地理を間違えるなんて日本人観光客レベルだよな」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:22:03.62 ID:mGGGEHrq0

ヘレン(地理×)「ふっ……甘いわねP」

モバP「致命的なミスじゃないか?俺たちは斜塔の近くでライブしてたんだぞ?」

ヘレン(地理×)「確かに私は見えるはずの無いアドリア海を評したわ?だがそれがなんだというの?」

モバP「世界を名乗るお前が地理を間違えるなんて致命的だ、そんな考えでは……」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:26:34.28 ID:mGGGEHrq0

ヘレン(地理×)「甘い、そういう考えこそが甘いのよP!」



ヘレン(地理×)「私のあの発言に、意義を申した相手が私の後ろにいたかしら?」

モバP「俺が目の前にいる、しかも真後ろで全員爆笑してたぞ」

ヘレン(地理×)「私は常に世界の先を見ている、だからこそ!そう、そういうことなのよ!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:30:10.86 ID:mGGGEHrq0

ヘレン「そう!それこそが!」クワッ!


ヘレン(世界レベル)「世 界 レ ベ ル な の よ !」ドヤァ……


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:35:19.14 ID:mGGGEHrq0

モバP「なるほどな、悪かったよヘレン」

ヘレン「いいのよ。そういうことだったことは私にもわかっているわ」

モバP「そうだな。ありがとう」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:39:59.54 ID:mGGGEHrq0

またある日。

モバP「なぁヘレン」

ヘレン「何かしら?」

モバP「お前がSRになった時さ、世界中を飛び回っただろ?」

ヘレン「えぇそうね。私がいなければ世界は退屈に沈んでしまう、そういうことよ?」

モバP「あの時使ってたプライベートジェットさ、桃華の家から俺宛てに請求書が来たんだけど」


モバP「自分で金を払わないなんて新入社員レベルじゃないか?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:45:42.58 ID:mGGGEHrq0

ヘレン(ワリカンの対象外)「…………………甘いわねP」

モバP「なんだと? あの膨大な額を払えないなら婿に来いと言われているのにか?」

ヘレン(ワリカンの対象外)「確かに私は桃華にあなたを売ったわ? それが何」

モバP「世界を制するアイドルのお前がそれじゃみんなに示しがつかない、そうだろ?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:53:49.13 ID:mGGGEHrq0

ヘレン(ワリカンの対象外)「甘いわ、甘いわねP!」


ヘレン(ワリカンの対象外)「世界中を回った後、私たちには歓声以外の声が聞こえた?」

モバP「利息がどうこうと説明する執事さんの声なら」

ヘレン(ワリカンの対象外)「私の活動はお金なんて些事に捕らわれない、そういうことでしょう?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 00:57:32.07 ID:mGGGEHrq0

ヘレン「そう!それこそが!」クワッ!



ヘレン(世界レベル)「世 界 レ ベ ル な の よ !」ドヤァ……


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 01:02:54.30 ID:mGGGEHrq0

モバP「済まなかったヘレン。俺が間違っていたよ」

桃華「その通りですわPちゃま、この借金はあってないようなものですから」

ヘレン「そう、そういうこと」

モバP「そうだな……そうだったんだ」


桃華・ヘレン「「ヘーイ!」」ハイタッチ!





週末、桃華とPの披露宴が盛大に行われた。
二人は幸せそうな笑顔だったという。


みく「いろいろとつっこみたいけど……経費で…」

ちひろ「落ちませんよ♪」




終わり。


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 01:04:12.19 ID:mGGGEHrq0

うん、なんとなく浮かんだだけなんだ。
すまないと思っている。


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:10:20.45 ID:CCOpa+DXo

乙、テンポよくてよかった





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿