TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、世界が嫉妬する髪になる」

ガヴリール「千咲ちゃん、世界が嫉妬する髪になる」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:07:04.867 ID:g7syIh+l0.net

-街中-


サァァァァッ


タプリス(最近、雨が多いですね……)

タプリス(こう湿気が多いと、髪がゴワゴワしてしまって)

タプリス(まとまらなくて困ってしまいます)

タプリス(いつもサラサラな髪の方に憧れちゃいますね)

タプリス(あの頃の天真先輩のような……)


タプリス(まぁ、お手入れしなさすぎだと)

タプリス(今のような先輩みたいになってしまうんですけど)


タプリス(……いけない、もうこんな時間。そろそろ家に帰りましょうか)

タプリス(あ、こっちの方が近道かな)

タプリス(通ったことはありませんけど……)

タプリス(探検のつもりで行ってみましょう!)


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:10:21.979 ID:g7syIh+l0.net

-路地裏-


タプリス(うっ、雨は止みましたが、思った以上に暗くて怖いです)

タプリス(ひ、引き返そうかな……)


老婆「……そこのお嬢さん」

タプリス「ひっ!」

タプリス(び、びっくりしたぁ……お、お婆さん?)

老婆「そう、驚きなさるな。取って食ったりはせんよ」

タプリス「は、はぁ」

タプリス(な、何でしょう。何やら、いろんな物を並べているみたいですけど)

タプリス(露店? ってやつでしょうか)

老婆「あんた、何かに悩んでいる相が出てるね」

タプリス「え、えっと……」

老婆「例えば……髪のこととか」

タプリス「えっ、どうしてわかるんですか!?」

老婆「わたしゃ占いもやってるからね。そのくらいお茶の子さいさいさ」

タプリス「す、すごいです!」

老婆「ふぁふぁふぁ、よかったら悩みを聞いてあげるよ」

タプリス「じ、実は……」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:13:17.848 ID:g7syIh+l0.net

老婆「つまりあんたは、さらさらの髪に憧れている、ということかい?」

タプリス「は、はい」

老婆「それなら良い物があるよ」

タプリス「本当ですか!?」

老婆「これさ」

タプリス「……せ、世界が嫉妬する髪になれるシャンプー?」

老婆「今ならお安くしとくよ」

タプリス「ちなみに……お、おいくらですか?」

老婆「100円ぽっきりさ」

タプリス「や、安いですね……」

タプリス(かなり怪しいですけど……)

タプリス(どうせ100円なら、髪に合わなくても捨てれば良いだけですし)

タプリス「わかりました、買います!」

老婆「ひひっ、お買上げどうも」


タプリス「それでは、ありがとうございました、お婆さん!」

老婆「ふぇふぇふぇ、またのお越しを」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:16:16.962 ID:g7syIh+l0.net

-下界のタプリスの家 お風呂場-


タプリス「さっそく、買ったシャンプーを試してみましょうか」

タプリス「匂いは……そんなにしませんね、仄かに石鹸の香りがします」

スッスッスッ

タプリス「あ、でもなんか、髪に馴染んでいく気がしますね」

タプリス「良い感じかもしれません」


ちゃぷん

タプリス「はぁ……いいお湯。生き返りますぅ……」

タプリス「このシャンプーが100円だなんて、かなりお買い得ですね」

タプリス「でも、あのお婆さん……」

タプリス「あんな路地裏で商売していて、儲かっているんでしょうか」

タプリス「人もほとんど来ないでしょうし」

タプリス「もしかすると、知る人ぞ知る名店なのかもしれませんね」


タプリス「でもまあ髪にだって、すぐ効果が出るものでもないでしょうし」

タプリス「少しずつ様子を見ながら、使っていきましょうか」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:19:22.381 ID:g7syIh+l0.net

-翌朝 タプリスの家-


サラサラッ

タプリス「……」パクパク

タプリス(……な、なんということでしょう)

タプリス(わたしの、あのくせっ毛が、こんなにもサラサラヘアーに……)

タプリス(しかも今日、雨予報ですよね。湿気も多いはずなのに)

スッスッ サラッ

タプリス(ゆ、指通りが気持ちいい……こんなの初めてです)

タプリス(まさかこれが、あのシャンプーの効果なんでしょうか)

タプリス(すごいです、すごすぎます!)

タプリス(良い買い物をしてしまいました! お婆さんありがとう!)


タプリス(こんなにサラサラだったら……)

タプリス(せっかくなので、もっと伸ばしてみようかな)

タプリス「えへへ」


タプリス「ん?」

タプリス(あれ? 何か違和感が……)

タプリス(まぁ気のせいですかね)


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:22:38.752 ID:g7syIh+l0.net

-ガヴリールの家-


タプリス「ふぅ……やっと掃除が終わりました」

ガヴリール「おつかれさん」

タプリス「もう! 少しは自分でやってくださいよ」

ガヴリール「ほら、私タプリスに全幅の信頼を置いてるからさ」

ガヴリール「邪魔しちゃ悪いと思って」

タプリス「要は、面倒くさいだけじゃないですか……」

ガヴリール「そうともいう」


タプリス「仕方がない先輩です……、それよりも」

ガヴリール「ん?」

タプリス「何か、気づきません?」

ガヴリール「何かって?」

タプリス「ほら」

サラッサラッ

ガヴリール「ああ、首振りダンス? 今流行ってるの?」

タプリス「そんなわけないじゃないですか!」

タプリス「もう知りませんっ! 失礼します!」

バタンッ

ガヴリール「なんだあいつ……」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:25:24.753 ID:g7syIh+l0.net

-その日の夜 タプリスの家 お風呂場-


タプリス「もう、先輩ったらひどいです」

タプリス「この髪に全く気づいてくれないなんて」

タプリス「……こうなったら、髪をもっと伸ばして」

タプリス「絶対に気づかせてみせるんですから!」

タプリス「そのためにも、この髪質をキープしないといけませんね」

タプリス「今日は少し多めに使いましょう……」



-翌朝 タプリスの家-


タプリス「……」パクパク

タプリス(……な、なんということでしょう)

タプリス(これは夢では……ないですよね)

タプリス(絶対、髪が10cmくらい伸びてます……)

タプリス(まさかあのシャンプーには、髪を伸ばす効果もあるんでしょうか)

タプリス(昨日の違和感は、これだったんですね……)


タプリス(す、すごすぎて、震えが止まりません)

タプリス(でもこれならすぐに……)

タプリス(あの頃の天真先輩のようなロングヘアーになれます!)


タプリス(カット代はちょっと高くついちゃいそうですが……)

タプリス(やるしかありません!)


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:28:21.992 ID:g7syIh+l0.net

- 一週間後 タプリスの家 -


ファサッ サラサラッ

タプリス「ふふっ、うふふっ」クルクルー

タプリス「ついにわたしは、やったんです」

タプリス「憧れのサラサラロングヘアーを、手に入れました!」

タプリス「なんだか自分が自分でないみたいですね」


タプリス「おほんっ」

タプリス「タプリス、タイが曲がっていてよ」

タプリス「な、なんちゃって……えへへ」


タプリス(冗談は置いておきまして)

タプリス(あれから先輩たちには、なるべく会わないようにして)

タプリス(やっと、この日を迎えることができました)

タプリス(いざ、リベンジです!)


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:31:17.282 ID:g7syIh+l0.net

-ガヴリールの家-


タプリス「お、お邪魔します……」

ヴィーネ「あら、えっと……」

タプリス「あ、月乃瀬先輩もいらっしゃったんですね」

ヴィーネ「えっ、タプちゃん? か……」

タプリス「か?」

ヴィーネ「かわいい! かわいいかわいいかわいい!!」


ぎゅぅぅ

タプリス「つ、月乃瀬先輩!?」

ヴィーネ「どうしたの、この髪!? お人形さんみたい!」

ガヴリール「おーおー、これはまた随分変わったな」

ガヴリール「ウィッグってやつか?」

タプリス「いえ、これはその……自毛です」

ヴィーネ「えっ? でも前にあった時から、そんなに経ってないわよね」

タプリス「実は……」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:34:16.628 ID:g7syIh+l0.net

ヴィーネ「へぇ、そんなものがあるのね……」

ガヴリール「ふーん」

タプリス「それでその……天真先輩、どうでしょうか」

ガヴリール「なんか昔の私を思い出すから、むずむずする」

タプリス「そ、そうですか……」

ヴィーネ「こら、ガヴ! タプちゃんはそういうこと聞きたいんじゃ……」

ガヴリール「……まぁ、良いんじゃないか」

タプリス「えっ」

ガヴリール「あの頃の私の後釜として、これから頑張ってくれ」

タプリス「天真先輩……」

ヴィーネ「もう素直じゃないんだから。かわいいって言ってあげればいいのに」

ガヴリール「それ言ったら、なんか自分のこともかわいいって」

ガヴリール「言ってるみたいで嫌なんだよ」

ヴィーネ「なるほど。つまり、かわいいとは思ってるわけね」

ガヴリール「なっ!? ……そ、そうだよ、悪いか!」

ガヴリール「ああ、かわいいよ! かわいい! タプリスかわいい!」


タプリス「えへへ、本当にうれしいです……」

タプリス「ありがとうございます、天真先輩っ」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:37:16.428 ID:g7syIh+l0.net

-その日の晩 タプリスの家-


タプリス(天真先輩に、かわいいって言ってもらえちゃった)

タプリス(しかも、あんなに顔を真っ赤にして、何度も……)

タプリス「……」

タプリス(きゃー)

ゴロゴロッ


タプリス(本当に、あのシャンプー様様です)

タプリス(お婆さんには足を向けて寝られませんね)

タプリス(これからもがんばって、この髪を維持していかないと!)


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:40:17.899 ID:g7syIh+l0.net

-数日後 タプリスの家-


タプリス(あ、前髪少しだけ長いかな?)

タプリス(ちょっとなら、自分ででも……)


チョキッ ガチッ

タプリス「えっ? 嘘……切れない?」


チョキッ ガチッ

タプリス「そ、そんなに髪が硬いはずないのに……」

タプリス「指で触ってもサラサラだし」

タプリス「う、後ろは……」


チョキッ ガチッ

タプリス「こっちも切れない……ど、どうして?」

タプリス(まさか……そんな……)

タプリス(もしかして、あのシャンプーのせい?)


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:43:18.330 ID:g7syIh+l0.net

-さらに数日後 タプリスの家-


タプリス(あのシャンプーを使うのやめて、数日……)

タプリス(切れないのが直るどころか、さらに髪が伸びています……)

タプリス(シャンプーの容器には、それらしい記載は何もないですし)

タプリス(どうしましょう……)

タプリス(そ、そうだ! あのお婆さんのところに!)



-路地裏-


タッタッタッ

タプリス(あ、あれ、いない!?)

タプリス(今日はお休みなんでしょうか……)

タプリス「お婆さん! おばあさーん!」


タプリス(どうしよう、このままじゃ……)

タプリス(後ろ髪はもう、太ももまで伸びてますし……)

タプリス(と、とりあえず、明日も来てみましょう)


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:46:15.537 ID:g7syIh+l0.net

-さらに数日後 タプリスの家-


タプリス(……あれから毎日、路地裏に通いましたが)

タプリス(結局、お婆さんに会うことはできませんでした)

タプリス(後ろ髪はそろそろ、地面まで届きそうです……)

タプリス(前髪も長すぎて、オバケみたいですし)


タプリス(どうしてこんなことになったんでしょう)

タプリス(わたしはただ、綺麗な髪になって)

タプリス(天真先輩に褒めてもらいたかっただけなのに……)


タプリス(努力もせずに、欲に目がくらんで)

タプリス(調子に乗りすぎてしまったせい、でしょうか)


タプリス(こんな姿じゃ、先輩たちに顔向けできません……)

しゅるしゅる

タプリス(ん? 何か今、髪が……動いたような)

タプリス(……気のせいですよね)


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:49:19.518 ID:g7syIh+l0.net

-さらに数日後 タプリスの家-


ピンポーン


ヴィーネ『タプちゃん、家にいるのかしら』

サターニャ『そういえば最近、会ってなかったわね』


タプリス「せ、先輩たち!? 駄目です! 中に入っちゃ!!」

しゅるしゅる


ヴィーネ『えっ、今のタプちゃんの声じゃない!?』

しゅるしゅる カチャ

サターニャ『あ、鍵があいたみたいだけど』


タプリス「ドアを開けちゃだめぇぇぇ!!」

ガチャ

ヴィーネ「お邪魔しま……って!?」


しゅるしゅるしゅる うねうねうね

サターニャ「な、なによこれ!? 毛? 毛が部屋中に広がってる!?」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:52:17.453 ID:g7syIh+l0.net

ヴィーネ「この金色の毛は……まさか!?」

タッタッタッ

バタンッ

ヴィーネ「タプちゃん!? って、何これ! 毛の塊!?」

タプリス「月乃瀬先輩ぃ……き、来ちゃダメですぅ……」

ヴィーネ「ま、まさか、その中にいるの!? タプちゃん!?」

タプリス「は、はいぃ……」

サターニャ「うえ、気持ち悪い……毛が壁中に這ってて蠢いてるわ」

ヴィーネ「だ、大丈夫!? 怪我はない!?」

タプリス「怪我はしてませんが、身動きが全く取れないです……」


ヴィーネ「この毛って、まさか、タプちゃんの髪の毛?」

タプリス「はい、そうですぅ……」

サターニャ「何がどうなったら、こんなに伸びるのよ!」

タプリス「あ、あのですね……」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:55:19.329 ID:g7syIh+l0.net

ヴィーネ「つまり、そのシャンプーを使い続けたら髪がどんどん伸びて」

ヴィーネ「おまけに切ることもできず、さらには勝手に動くようになったと……」

サターニャ「おかしいでしょ、そんなの!」

タプリス「でも、本当なんですぅ……」

ヴィーネ「とりあえず、タプちゃんを助けるわよ、サターニャ」

サターニャ「そ、そうね」


ぐいっ ぐいっ

サターニャ「なによこれ! 全然ほどけないじゃない!!」

タプリス「あっ! 駄目です! 近づくとみなさんにも!」

ヴィーネ「えっ!?」


しゅるしゅるしゅる ガシッ

サターニャ「な!? 毛が手足に絡まって……」

ヴィーネ「う、動けない……ッ」


ぐわんっ ぷらーん

ヴィーネ「きゃぁぁぁぁっ!!」

タプリス「先輩!? 大丈夫ですか!?」


サターニャ「このっ! 離しなさいよ!! 降ろしなさいぃ!!」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 21:58:18.715 ID:g7syIh+l0.net

しゅるしゅるしゅる うねうねうね

ヴィーネ「ひゃっ!? ど、どこ触って!?」

サターニャ「だ、だめっ! くすぐったい! くすぐったいじゃないっ!!」

タプリス「先輩、ごめんなさいごめんなさいぃ……」


ヴィーネ「やめっ、やめて……そこは絶対ダメ!!」

サターニャ「足の裏っ、だめっ……だめだったらっ! し、死ぬぅ!」


タッタッタッ

ガヴリール「おい、どうした!? って、なんだよこれ……」

タプリス「天真先輩ですか!? と、とりあえず、近づかないでください!」

ガヴリール「タプリス!? その毛玉の中か!?」


ラフィエル「サターニャさんたちが、触手プレイを……」パシャパシャ

サターニャ「撮らなくていいから、助けなさいよバカ!」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:01:22.126 ID:g7syIh+l0.net

ガヴリール「なるほど、髪が自我を持って、人を襲っているのか……」

ラフィエル「厄介ですね。どうやらタプちゃんの生命力を吸いあげて」

ラフィエル「それをエネルギーにして活動しているようです」

ラフィエル「よく見ますと、髪の中から、さらに新しい髪が伸びているので」

ラフィエル「頭皮から、直接伸びてきているわけではないみたいですね」


ガヴリール「……仕方がない、燃やすか」

ラフィエル「ガヴちゃん、それはさすがに……髪は女の命ですよ」

ガヴリール「いやいや、これもう、化け物の命じゃん……」


ラフィエル「要は、タプちゃんからのエネルギー供給が止まれば」

ラフィエル「次第に、髪も大人しくなる、ということですよね」

ガヴリール「おいおい、供給を止めるって、まさか……」

ラフィエル「そのまさかです。それしか方法はありません」

ガヴリール「でも、具体的にはどうやって?」


ラフィエル「まずは、髪にまんべんなく水をかけるのを手伝ってください!」

ガヴリール「そういうことか、わかった」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:04:24.864 ID:g7syIh+l0.net

バシャァ

ヴィーネ「冷たっ!」

サターニャ「何するのよ!?」

ラフィエル「みなさん! 少しだけ我慢していてくださいね」

ラフィエル「きついのは、一瞬ですから!」

タプリス「白羽先輩、いったいなにを……」


ラフィエル「タプちゃん。必ず助けますから、私たちを信じてください」

タプリス「わ、わかりました!」


ガヴリール「よし、こっちは終わったぞ!」

ラフィエル「では準備に移りましょう」


ガヴリール「これは……二人がかりだな」

ラフィエル「ええ、こうやって二人で協力するのも久しぶりですね」

ガヴリール「そうだったっけ、まぁいいや」



ガヴリール「じゃあ行くぞ!」

ラフィエル「せーのっ!」


『神足通!!』


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:07:54.270 ID:g7syIh+l0.net

-南極のどこか-


シュンッ

カチカチカチッ

タプリス「ひえぇぇぇぇっ!」

ヴィーネ「な、なによこれぇぇぇぇ!」

サターニャ「うぎゃぁぁぁぁっ!」


ガヴリール『タプリスの家に宇宙服があって助かったな』シュコー

ラフィエル『ええ、そうですね』シュコー


コチコチコチッ

タプリス「」

ヴィーネ「」

サターニャ「」


ガヴリール『よし、みんな仮死状態になったみたいだ』

ラフィエル『化け髪の活動も停止して、色も白くなってますね』


ガヴリール『じゃあ、天真流彫刻術のお披露目といこうか』

ラフィエル『よっ、ガヴちゃん、天界一!』

ガヴリール『匠の技を見せてやんよ!』

カンカンカンッ


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:10:30.447 ID:g7syIh+l0.net

ガヴリール『ふぅ……これで髪とみんなの分離は終わったか』

ラフィエル『素晴らしいですね、タプちゃんの以前の髪の長さ』

ラフィエル『覚えていたんですか?』

ガヴリール『……まぁな』

ラフィエル『あ、切り離した方の化け髪は全て、氷の中に埋めておきました』

ガヴリール『サンキュー、よし、じゃあ帰るぞ』

ラフィエル『はいっ』



-タプリスの家-

シュンッ

タプリス「」

ヴィーネ「」

サターニャ「」


ガヴリール『あとはこいつらを……温めるか』

ラフィエル『あ、私サターニャさんやります』

ぎゅぅぅぅ


ヴィーネ「はっ!?」

サターニャ「なはっ!?」


ガヴリール「おう、気づいたみたいだな」

ヴィーネ「ここは……あ、髪の毛が解けたのね」


ラフィエル「ガヴちゃん! タ、タプちゃんが蘇りません!」

ガヴリール「な、なんだって!?」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:13:33.051 ID:g7syIh+l0.net

タプリス「」

ガヴリール「おい、しっかりしろ!」

ラフィエル「おそらく、化け髪に生命力を多く吸われていたせいで……」

ガヴリール「くそっ、こうなったら最終手段だ」

ラフィエル「ガヴちゃん、いったい何を!?」

ガヴリール「私の命を、こいつに分けてやる! とりあえず風呂場に運ぶぞ!」

ラフィエル「は、はい!」


-タプリスの家 お風呂場-


ガヴリール「タプリスの服を脱がしてくれ」

ラフィエル「えっ? あ、なるほど……わかりました!」

ガヴリール「私も脱いで……」ポイポイッ


ガヴリール「よし、準備OKだ。お、お前はちょっと外に出ててくれ」

ラフィエル「え?」

ガヴリール「え? じゃない! 恥ずかしいだろ!」

ラフィエル「そうですかそうですかぁ」

ガヴリール「い、い、か、ら! 早く出ろ!」

ラフィエル「うふふ、あとはお二人でお楽しみをー」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:16:31.979 ID:g7syIh+l0.net

タプリス「」

ぴとっ

ガヴリール「はぁ、こんなに体冷たくして」

ぎゅぅ

ガヴリール「お前はどれだけ、私に心配をかけたら気が済むんだよ」

ガヴリール「ほら……私の命、もっていけ」


ぎゅぅぅ パァァッ

タプリス「」

ガヴリール「……くそっ、まだ足りないのか!」

ガヴリール「こうなったら……私の本気を見せてやるッ!」

ぎゅぅぅぅぅ

ガヴリール「はぁぁぁぁぁっ!!」


ゴゴゴゴゴゴッ

ガヴリール「燃え上がれぇぇぇ、私の小宇宙ぉぉぉぉ!!」

ガヴリール「帰ってこいぃぃぃっ!! タプリスゥゥゥッ!!!」


ピカァァァァァァッ


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:19:29.782 ID:g7syIh+l0.net

タプリス「……んっ」

ガヴリール「気づいたか」

タプリス「天真……先輩?」

ガヴリール「ああ、私だ」

タプリス「ここは……お風呂場? って!?」

タプリス「あわっ、あわわわわっ!!」

タプリス「な、ななななな、なんでわたしたち裸で抱き合って!!??」

ガヴリール「えっ? あ、これにはワケがだな……」

タプリス「せ、先輩のぉ……えっちぃぃぃっ!!!!」

パシンッ

ガヴリール「へぶっ!!」


――

タプリス「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいぃ!!」

ガヴリール「いいってもう。とりあえず一件落着なんだし」

タプリス「で、でも……」

ガヴリール「今後は怪しい奴の言うことは、聞かないように、な」

タプリス「は、はい……すみませんでした」

ガヴリール「それと、私は……い、一回しか言わないぞ」

タプリス「はい?」

ガヴリール「前の髪型だって……お、お前らしくて似合ってると思う」

タプリス「せ、先輩……」

ぎゅぅぅ

タプリス「ありがとうございます、先輩……」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:22:29.934 ID:g7syIh+l0.net

-タプリスの家-


サターニャ「結局、私たち悪魔組は死に損じゃない!」

タプリス「す、すみません、本当にすみません!」

ヴィーネ「タプちゃんが気にすることはないのよ」

ヴィーネ「気にするのは……そこの先輩天使ども!」

ヴィーネ「もうちょっと、穏便な方法はなかったのかしら!?」

ラフィエル「燃やす……よりはだいぶ穏便だったかと」ニコッ

ガヴリール「お前たち、悪魔の生命力は大したものだな、見直したぞ」

サターニャ「そ、そう? わ、わかればいいのよ、わかれば!」

ヴィーネ「はぁ……もうあんなのこりごり……」


――

ラフィエル「それでは、私たちはこれで失礼しますね」

タプリス「は、はい! みなさん、今日は本当にありがとうございました!」

バタンッ


タプリス「あれ、天真先輩?」

ガヴリール「ああ、今日ここに泊まってくわ」

タプリス「あ……」

ガヴリール「いいだろ?」

タプリス「はい、先輩っ」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:25:44.833 ID:g7syIh+l0.net

ガヴリール「とりあえず、風呂借りるぞー」

タプリス「あ、はい、どうぞ!」


――

タプリス「じゃあ、もう電気消しますね」

ガヴリール「ああ」

パチッ

タプリス「先輩……わたしが寂しそうにしてたから、残ってくれたんですか?」

ガヴリール「ちげーよ、帰るのがめんどかっただけ」

タプリス「そ、そうですか……えへへ、ありがとうございます」

ガヴリール「……もう寝るぞ。おやすみ」

タプリス「はいっ、おやすみなさい、先輩」



-翌朝-


タプリス「ふわぁぁ……、おはようございます」

ガヴリール「おはよう」

タプリス「先輩? ど、どこですか? って!?」

ガヴリール「お前なぁ……、シャンプーちゃんと捨てとけよ」


しゅるしゅるしゅる

タプリス「はわ、はわわわわ……先輩の髪が……」


うねうねうね うねうねうね


タプリス「もう勘弁してくださいぃぃぃぃっっ!!!」



おしまい


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/02(火) 22:34:21.899 ID:xC82GEwk0.net

いい話だった乙



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿