TOP > アイドルマスター > 真「バストアッパーキサラギ」

真「バストアッパーキサラギ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:13:11.26 ID:9ljPl776o

・劇中劇となっております
・765プロのアイドルがドラマに出演している感じで読んでください


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:13:40.36 ID:9ljPl776o

千早「はーるかっ」モミッ

真「千早、人違い。あと胸揉まないで」

千早「あら、ごめんなさい」

真「どうしたのさ、テンション高いけど」

千早「ええ、胸の大きさにあやかって、揉んでいたのよ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:14:25.34 ID:9ljPl776o

真「……なら、ボクのは効果ないと思うよ」

千早「……真?」

真「ん、なに?」

千早「土下座」

真「え!?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:15:28.02 ID:9ljPl776o

千早「いい、真。私のバストは?」

真「72センチ」

千早「じゃあ、真は?」

真「……74センチ、です」

千早「はーっ……」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:16:16.34 ID:9ljPl776o

真「うう……目が冷たいよ」

千早「たった2つでも、差があると思わない?」

真「いやぁ、たった2くらい……」

千早「あ?」

真「大きいと思う、うん」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:17:10.63 ID:9ljPl776o

千早「思っていないでしょう、その声」

真「いや、思ってるよ! 超思ってる! うわぁー、ボク胸おっきいね!」

千早「嫌味かしら、不愉快だわ。美希よりは小さいわよ」

真「理不尽だよ、これ……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:17:54.85 ID:9ljPl776o

千早「そういうわけで、私は貴方の胸を揉むの。いいわね」

真「う、うん。……うん?」

千早「おお、胸神様……お力を」モミモミ

真「あのさ、千早」

千早「なあに?」モミモミ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:18:31.31 ID:9ljPl776o

真「ボクなんかより、春香とか美希の胸を揉んだほうが良いんじゃない?」

千早「どうしてそう思うの」モミモミ

真「だって、ボクより大きいだろ」

千早「分かっていないわね、真は」モミモミ

真「分かるわけないよ、こんな奇行……」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:19:05.56 ID:9ljPl776o

千早「春香や美希は80を超えているでしょう?」モミモミ

真「そうだね」

千早「70センチ台の大きさの人から胸神様の力を引き出したいの」モミモミ

真「だったら、伊織とかさ」

千早「あのね、真」モミモミ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:19:38.32 ID:9ljPl776o

真「なんだよ」

千早「水瀬さんは年下よ」モミモミ

真「えっ」

千早「さすがに私でも、年下の女性の胸を揉むのは……」モミモミ

真「ごめん、ちょっ、ちょっと待って」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:20:07.27 ID:9ljPl776o

千早「え?」モミモミ

真「一旦揉むのやめて」

千早「……なにかしら」

真「ボクの胸を揉んでる理由って、ボクが千早より年上だから?」

千早「ええ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:20:49.66 ID:9ljPl776o

真「……やよいに手を出さないのも、そういう理由?」

千早「高槻さんの胸を揉めるわけがないわ」

真「まあ、怖がるだろうね」

千早「ええ、二度と目を合わせてもらえなくなるわ……今度こそ」

真「今度こそ、って……何かしたの?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:21:30.19 ID:9ljPl776o

千早「なんでもないわ、気にしないで」モミモミ

真「何事も無かったように再開しないでくれないかな……」

千早「真は私より年上よ。だから、これ以上成長する必要はないわ」モミモミ

真「なに、その謎しかない理論」

千早「だって、歳を重ねているのだから成長する理由が無いでしょう?」モミモミ


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:22:13.92 ID:9ljPl776o

真「千早」

千早「なあに?」モミモミ

真「ぶっ飛ばすよ?」ガシッ

千早「す、すみません菊地さん……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:22:45.63 ID:9ljPl776o

真「で、その胸神様って何?」

千早「文字通り、胸の神様ね」モミモミ

真「そんなの居るんだ……」

千早「この国は、どんなものにも神様が宿るというから」モミモミ

真「なるほど、確かにね」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:23:13.20 ID:9ljPl776o

千早「モノを大切にしなければ、モノの神様が罰を与えるの」モミモミ

真「うん、すごく真面目な話なんだけど、胸を揉まれてると集中して聞けないや」

千早「胸神様に祈り続ければ、いつかバストサイズがアップするわ」モミモミ

真「なるほど、分かんない」

千早「そこで私は、【バストアッパーキサラギ】と名乗ることにしたの」モミモミ


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:23:45.68 ID:9ljPl776o

真「もっと分からなくなったよ……」

千早「真の胸からパワーを吸収することによって、自らに取り込む。カンペキね」モミモミ

真「穴だらけだよね、その作戦」

千早「でも、おかしいわね。胸に変化が見られない」モミモミ

真「そりゃそうだと思うよ、自分の胸には触れてないんだもん」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:24:34.25 ID:9ljPl776o

千早「なるほど」モミモミ

真「何がなるほどなのか良く分からないけど、役に立てたなら嬉しいよ」

千早「要するに、自分の胸にも触れて、かつ真の胸にも触れれば良いのね」モミッ

真「ゲームボーイの通信ケーブルみたいだね」

千早「ゲームボーイ……?」モミモミ

真「あっ、知らないなら良いや。ごめん」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:25:15.21 ID:9ljPl776o

千早「……さて、と」パッ

真「はぁ……」

千早「今日はかなり揉めたわ。ありがとう、真」

真「うん、なんか、疲れたよ……」

千早「バストアップが楽しみね」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:25:49.50 ID:9ljPl776o

真「ついでにボクの胸も大きくならないかなぁ」

千早「気にしているの?」

真「そりゃあね。雪歩は結構大きいのに、ボクは小さいままだし。女の子らしくないなぁ、って」

千早「大丈夫よ、真。きっとチャンスはあるわ」

真「う、うん……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:26:20.79 ID:9ljPl776o

 ――――

真「ね、ねぇ千早っ!」ダダダッ

千早「あら、真。どうしたの、そんなに慌てて」

真「きいてよ! ボクの胸がね、75センチになったんだ!」

千早「……へ?」

真「ありがとう、バストアッパーキサラギ! 千早のおかげで大きくなったんだよ!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:27:03.43 ID:9ljPl776o

千早「う、嘘よ、そんなはず……私の胸は相変わらずなのに」

真「あの揉み、決して効果なしじゃなかったんだね」

千早「そ、そんな……ライバルのバストサイズを変えてしまうだなんて……」

『恐るべし、菊地真! こうして、またひとりバストアップしてしまった!』


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 03:27:53.81 ID:9ljPl776o

真「身体もなんとなく重くなってさ、って……千早! 千早、どこに行くの!」

千早「く……うっ!!」バッ

『頑張れ、バストアッパーキサラギ! 負けるな、バストアッパーキサラギ!!』

(ナレーション:天海春香)

おわり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿