TOP > アイドルマスター > やよい「うぅ、昨日は二時間しか寝てません……」千早「大丈夫?」

やよい「うぅ、昨日は二時間しか寝てません……」千早「大丈夫?」

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/13(金)23:17:29 ID:vEM

やよい「はわっ!千早さん!大丈夫ですよー!ハイ、ターッチ……」フラッ

千早「危ない!……もう、大丈夫じゃないじゃない……」

やよい「すみません……」

千早「忙しいのは分かるけど、ちゃんと寝ないと……ソファで少し寝たらどうかしら?」

やよい「で、でも、美希さんもお昼寝するでしょうし……」

千早「大丈夫、美希には言っておくから」

やよい「あ、でもお仕事……」

千早「ちゃんと起こしてあげるわ」

やよい「そ、それなら……えへへっ、ありがとうございます、千早さん!」

千早「どういたしまして。さ、ゆっくり休んでね」

やよい「はい!」

千早「ふふっ」

春香「……」


4: 名無しさん@おーぷん 2015/02/13(金)23:23:04 ID:vEM

翌日

春香「ふぅー、昨日は全然寝てないなー」チラッ

千早「そうなのね」

春香「そうなの全然寝てないの!一時間くらいしか寝てない!」チラッチラッ

千早「春香、私達はプロなんだからちゃんと健康には気を使わないとダメよ」

春香「……はい」

ガチャリンコ

P「うぉっはょーん!」ピョコリ-ン

千早「おはようございます」

春香「……」

P「ん?なんか元気ないなぁはるるん」

春香「え?あ、あぁ、おはようございます……」

P「ふむ……ちょっと来なさい」

春香「は、はい?」

P「まぁ来いって」


5: 名無しさん@おーぷん 2015/02/13(金)23:29:00 ID:vEM

P「 はぁ?千早に優しくして欲しい?」

春香「はい……昨日睡眠不足のやよいに優しくしてる千早ちゃんを見たら私も……って」

P「なるほどなー……よし、協力してやろう!」

春香「えっ!本当ですか!」

P「あぁ!けど成功したら報酬として春香の脱ぎたて靴下くれよ!」

春香「うっ……く、靴下……!わ、わかりました!あげちゃいます!靴下!」

P「ヒャッホーイ!春香の靴下だー!」

春香「ちゃんと成功してからですからね」

P「俺が協力するんだから成功間違いなし。つまり春香の靴下ゲットも間違いなし!」

春香「は、はぁ……大丈夫かなぁ」

P「なぁに!心配するな!明日から早速行動だ!作戦はな  ̄ ̄」


6: 名無しさん@おーぷん 2015/02/13(金)23:39:41 ID:vEM

春香「……クァァ」

律子「ちょっと春香、目の隈凄いわよ?大丈夫?」

春香「大丈夫です……多分……」

P「おはよう!今日も張り切ってプロー!」

真美「デュース!」

律子「アホみたいな事しないの」

P「言われてるぞ真美」

真美「兄ちゃんの事でしょ」

律子「どっちもよ」

春香「あはは……二人共面白いナァ……」

真美「ねぇ律っちゃん」

律子「なに?」

真美「なんではるるんはゾンビになってるの?」

律子「知らないわよ」

P「はるるーん!なんでそんなにやつれたんですかー!」

春香「なんででしょうネェ……」

真美「真面目にやってきたからだよ!ね?」

春香「……ぐぅ」

P「寝てるな」

真美「オチを逃すなんではるるんらしくないね」

律子「春香はアイドルよ?芸人じゃないのよ?」


8: 名無しさん@おーぷん 2015/02/13(金)23:57:30 ID:vEM

千早「おはようございます」

P「おはよう!今日も可愛いぞ千早!」

千早「……今日はレッスンだけでしたよね?」

P「ああ!俺が付きっ切りだぞ!」

千早「律子じゃ駄目ですか?」

律子「別に構わないわよ」

P「うあうあー、酷いよ千早お姉ちゃーん」

真美「違う違う、うあうあ~」

P「うあうあ~~」

真美「違うってば、うあうあ~」

P「うあうあ~ー。こう?」

真美「違う違う……」

律子「はぁ……なんでこんな人がプロデューサーなのかしら……」

千早「それで、律子に来てもらえると嬉しんだけど……」

律子「任せて、このバカデューサーに千早は危険だしね」

P「うあうあ~!」

真美「それ!完璧だよ兄ちゃん!」

亜美「おめでとう!」

P「ありがとう……っていつの間に!」

亜美「実はお手本の『うあうあ~』は全部亜美がやっていたのだ!」

P「知ってたけどな」

亜美真美『うあうあ~!』


11: 名無しさん@おーぷん 2015/02/14(土)00:21:03 ID:Zs6

春香「ちょっとプロデューサーさん……」

P「ん?あぁ、そろそろな」

春香「うっ……バタンキュー」パタリ

P「わー、春香が倒れたー」

亜美「えぇー!はるるん大丈夫??」

真美「律っちゃんなんとかしてー!」

律子「な、なんとかって……!」

P「千早!」

千早「は、はい!」

P「春香をソファに運んでくれ!」

千早「え、ですが私の力では春香は……」

P「ええい!亜美!真美!」

亜美真美『イエッサー!』

春香「きゅー……」

千早「わかりました……」

亜美「せーので上げるからね!」

真美「行くよ!」

千早「せーの!」ブゥン!

春香「きゅー……ガフッ!」ゴスッ

真美「あぁっ!はるるんが勢い余って天井に!」

亜美「はるるんの青いリボンが紫に!」

P「は、春香!春香ー!」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄


16: 名無しさん@おーぷん 2015/02/14(土)00:36:47 ID:Zs6

春香「う、うーん……ここは……」

千早「……はるかぁ!」ガバッ

春香「うえぇ!?ち、千早ちゃんどうしたの!」

千早「わ、私のせいで春香のリボンが汚れて……」

春香「私じゃなくてリボンに対する謝罪なの……?」

千早「……ご、ごめんなさい……なんだか、は、恥じゅかしくて……」

春香(うわー、なんだ可愛いなぁあ!これはプロデューサーさんに靴下とハンカチもサービスしないとだね!)

千早「その、お、怒ってない……?」

春香「そんな、元はと言えばちゃんと寝てなかった私が悪いんだから、謝らないで……」

千早「優しいのね……春香……」ドキドキ

春香「千早ちゃん……」ドキドキ

ガララッ!

P「春香ー!お見舞いだぞー!」

春香「……はぁ」

P「春香!起きてたのか!うおーん、俺は猛烈に嬉しいぜ!」

千早「あの、少し静かに……」

律子「そうですよ、あなたがいては春香も休めないでしょうから」ガシッ

P「え?ちょっとどこに連れてくんだ……!」ズルズル

千早「……ね、春香」

春香「なぁに?」

千早「続きは私の部屋で……ね?」

春香「え、う、うん……///」


17: 名無しさん@おーぷん 2015/02/14(土)01:08:15 ID:Zs6

数日後

P「あー、なんか最近春香と千早が仲良いよなぁ」

真美「だねぇ」

亜美「付き合ってるんだよ多分」

P「突き合ってるのか……」

亜美「多分それ違うよ」

真美「律っちゃーん、兄ちゃんがセクハラだよー」

律子「はぁ、またですか……社長に報告しときますね」

P「ま、待て律子!今回報告されたら俺のクビが危険で危ない……!」


18: 名無しさん@おーぷん 2015/02/14(土)01:13:07 ID:Zs6

律子「知りませんよ」

真美「まぁセクハラ兄ちゃんよりイケメン兄ちゃんの方がいいよねー」

亜美「多分兄ちゃんよりイケメンが次は来るよねー」

P「んなこたぁねえ!俺はお前らのためなら何だってするぞ!」

真美「じゃあじゃあ、真美はケーキ食べたい!」

亜美「亜美はプリンが良いなー!」

律子「私は……エクレアで」

P「え、いやそれは……」

律子「社長……報告……」

P「行ってきます」

春香「ふふっ、プロデューサーさんも大変だね」

千早「そうみたいね。ねぇ春香」

春香「どうしたの?」

千早「クッキー、食べたいわ」

春香「……もう、甘えん坊なんだから」

 ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

P「財布が軽い……」グスッ

おわり


19: 名無しさん@おーぷん 2015/02/14(土)01:14:22 ID:Zs6

読んでくれた人ありがとう。
グダッてしまう癖はまだ治らない……





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿