TOP > シンデレラガールズ > 【デレマス】モバP「薄い本担当?」

【デレマス】モバP「薄い本担当?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 11:47:33.15 ID:JabvAVGDO

りあむ「うん……ネットでエゴサしていたら出て来て」

モバP(以下P)「だから、エゴサはするなとあれほど……で、どうだって?」

りあむ「例えば、ぼく達『ユニット名募集中』ならぼくがこのおっぱいが目立つからって……」

P「……仕方がないとは言えないが、やはりそう来るか」







りあむ「逆にあきらちゃんはまったく需要がないって……あ、近親モノなら」

P「近親」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 11:51:35.88 ID:JabvAVGDO

P「後……あかりはそれを知ってるのか?」

りあむ「それは大丈夫。あきらちゃんの『んごーっ!!』

P・りあむ「っ?!」



あかり『都会は恐ろしいところんご!りんごろうと……その……』





あかり『Pさんがいちゃいちゃするなんて……』ワナワナ


P「なぁ」

りあむ「……ごめんなさい」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 11:55:56.29 ID:JabvAVGDO

P「とりあえず情報を規制しないとな……双子中学生はともかく、ベルベットローズなんかにバレたら俺の命が危険だからな」



ガチャ

颯「やっほー!Pちゃん、ミロワールのおっぱい担当だよー!」

凪「どうも。薄い本で大抵はーちゃんと3Pする胸の無い方参上」



P「……」

りあむ「やむ……」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 12:14:44.69 ID:JabvAVGDO

颯「ねーねー!はー達と子作りしたいの?!」

凪「子作りではなくその前の作業ですよ。つまりセク」

P「いわせねーよ!」ガシッ

凪「あーれー(棒)こうやって事務所の闇部を知った凪は、ずっこんばっこんとPのせーどれーにされるのです(棒)」

りあむ「ずっこんばっこんって……」





凪「そう、例えば」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 12:21:12.74 ID:JabvAVGDO

―更衣室

颯「えーっと、ユッコちゃんに千枝ちゃんは先に着替えたから、はーも急がないと」

ガタガタッ

颯「だ、誰っ!?」

シーン

颯「P……ちゃん?」

颯「誰かいるの……?」

ガシッ

颯「……え」

ギュッ

颯「ちょ……や!ふしゅー!?は、はれはっ!はふけーへっ!」

颯(やだ……口を塞がれて)

モミッ





颯「や、やだーーーっ!!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 12:31:16.27 ID:JabvAVGDO



凪「……的な」

颯(///)「ちょ、なー!!なんで、はーで想像するのーっ!!」

凪「おや、薄い本なら、まずおっぱいの大きな方から攻略されるのが売れ行きの基本かと」

颯「それなら、小さいのにも需要があるでしょ!!」

凪「杏さんに悠貴さんや芳乃さんみたいに突抜けた小ささならともかく、なーでは……おっと、先輩方に対し無礼でしたね」

P「やけに事情に詳しいな……比奈か由里子辺りから聞いたのか?」

りあむ「もしくはユニットを組んだことがある奈緒ちゃんや菜々様とか……」

凪「いえ、同世代の……おっと失言でした」

P「誰だよ!?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 12:37:28.30 ID:JabvAVGDO

凪「では問題」ピロン

P「クイズ番組かよ」

凪「次のうちどなたが詳しいでしょうか……一番、実はむっつりの成宮由愛さん」

りあむ「むっつりなの?!あの妖精みたいに可愛い子が、むっつりなの?!」

凪「その二、お手伝いしている間に覚えた関裕美さん」

P「……可能性は高そうだな」

凪「最後、常にスケッチブックを抱えた闇のけ」

りあむ「二代目シンデレラぁぁぁぁぁ!」





凪「ちなみに答が当たろうと間違っていようと凪空間内では答はいいません」

P「このやろう」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 12:57:25.00 ID:JabvAVGDO

凪「それでは凪はこれで」スタタッ

颯「あ、なー!待って」スタタッ



りあむ「いっちゃったね……」

P「謎だけを残してな……さて」ギシッ

りあむ「あ、あれ?どこに行くの?ぼくをすこらないの?」

P「すまんが……」

シュルシュル

P「おっと!」シュバッ



りあむ「え、何?何か植物の蔓がPサマに?!」



?「あらあら、逃げられてしまいましたわね」

?「やはり試験なしでの運用はリスクが大きいかと……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 13:05:37.37 ID:JabvAVGDO

P「現れたな……苺に薔薇よ」

りあむ「苺?薔薇?……ってことは」





ありす「薄い本といえば!」

桃華「私達、違法ロリ組もお忘れなく!!」



P「なら、今回のお前達の狙いは俺じゃないな……」

ありす「はい、その通りです」

桃華「私達の本が一気に減って、りあむさんの本が一気に増えたのは……」



りあむ「もしかしてヤバい?……に、逃げないと……」

ガシッ

りあむ「ひぃっ!」

千枝「ふふっ……逃がしませんよ」

みりあ「ちゃんと捕まえたよー」

りあむ「あわあわわわ……」



ありす「さぁ、覚悟を……」

桃華「顔だけは残してあげますわ」



ギャー


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 14:53:36.85 ID:JabvAVGDO

………………

P「で……何故、俺は残りの二人に捕まっているのか?」

ちとせ「……決まってるじゃない」

千夜「私はいい……ですが、お嬢様に魅力が無いと公言されているようですので」



?「後はさー」

?「ゆい達にプロデューサーちゃんから直接、この本の感想を聞きたくて♪」



つ【シャニマス、めぐる本】

つ【シャニマス、冬優子本】



P「」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 15:02:58.22 ID:JabvAVGDO

唯「今回、唯達のえっちな本は買わなかったんだよねー☆」

美嘉「まぁ、プロデューサーがそう判断したんなら仕方がないけどさ★」

唯「でもサ☆」





ちとせ「」ゴゴゴゴゴ

千夜「」ゴゴゴゴゴ



美嘉「あれは仕方がないかなーっ★」



P「……ゆ、許して」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 15:04:55.64 ID:JabvAVGDO

ちとせ「……」

千夜「……」



ちとせ「問答」

千夜「無用……」

唯「じゃあさ、ゆい達も……」

美嘉「参加しないとね……」

P「あわわわわ……」





ギャー



教訓

浮気は程々に


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/29(日) 15:06:34.88 ID:JabvAVGDO

はい、以上になります……単にうちにある同人を眺めて気がついた話で、異論は認めます



とりま、千夜とのらぶらぶえっちな薄い本ぷりーず





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿