TOP > シャイニーカラーズ > 桑山千雪「毒と言うには、とても甘美で」

桑山千雪「毒と言うには、とても甘美で」

1: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/09/29(日) 21:36:21.40 ID:EzahVj300

プロデューサーと千雪さんが休日にひねもすセックスする話です


2: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/09/29(日) 21:37:15.16 ID:EzahVj300

学生が多く占める283プロでは、7月~8月こそが稼ぎ時で、9月に入ってようやく芸能的な休暇が渡される。「遅い夏休み」というやつだ

だから、夏休みが明けて学校生活に戻る学生組と、そうじゃなく本当に少し暇になる久美とで別れる

その中の二人、俺と千雪は、その休暇を満喫していた


3: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/09/29(日) 21:38:08.12 ID:EzahVj300

◆◇◆


けだるさが体を支配している。時計を観ると2時を指していた。外を見ると雨が窓を叩いていた。洗濯物を干せないな、と昨日の行為で汚れてしまったシーツの事を思った

「……ぅ、うん……」

横へ目を向けると、昨日体を重ねた彼女は、肌色を晒しながらまだ寝ていた。彼女の頬へ、手を添える。指先で唇をなぞっていくと、鼻息が関節に当たってこそばゆかった

唇の感触は柔らかく、暖かく、湿っていた。昨日していたグロスはすでに取れていた。そろそろ起きそうだな、と思ってもその指を唇から離すことが出来なかった

「……ぁ……おはようございます」

「おはよう、千雪」

吐息が指先にかかる。頬へ添えたままの手へ、千雪の手が添えられた。


4: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/09/29(日) 21:38:53.40 ID:EzahVj300

薄く開けられた瞳が俺の方を見る。目が合った。微笑まれた。表情筋の動きを手のひらが感じ取っていた

「……」

千雪は少し考えるような表情をして、それから

「…………あむっ」

添えられていた俺の指を唇で挟んだ

右の人差し指がぬるい感触を覚える。舌先と指先がぶつかって、口蓋と舌で押さえつけられて、丹念に舐めあげられる。

千雪は上体を起こしながら、火照ったような潤んだ瞳をしながら、こちらを見てきた

まだ彼女は何も身に纏ってなくて、大きな乳房と、既に主張を強くしている乳首が目に入った。

「ちゅ……んぁ……ちゅぷ……」

鼻息が手の甲をくすぐる。ふやけるぐらいに指を口で弄ばれる。雨の音よりも、唾液と舌が出す音の方が大きいように聞こえて、目の前の女性以外見えなくなってしまう

唾液が泡立って、グチャグチャになって、指と舌の境界線を曖昧にする。女性とは違い、骨張った指が彼女の口内を傷つけたりしないか心配だった

構わず、千雪は俺の指を味わっていく。弾に当たる歯の感触も心地が良い。舌のザラザラとした感触と、唇で優しく挟まれる事の対比は、寝起きの頭にも分かるほど普遍に、暴力的だった

俺はただ、指を舐め続ける千雪の姿を酷く性的だと感じてしまった。

千雪が舌の動きを一度止め、俺の方をじっとのぞき込んできた。今気がついたが、彼女の腕は自信の下腹部にまで伸びていて、彼女の指先もまた、唾液とは違った粘液がまとわりついて居るのが分かった

「……シャワー浴びて、飯を食べてから」

一度だけ外の雨を横目に見てからそう言った。

「……ふぁい」

指をくわえたまま、千雪は返してきた。不満そうだけど、今は性欲よりも食欲が強かったし、なにより昨日千雪が作ってくれた料理の残りもある。あれを腐らせたくなかった

指を離した千雪の唇に、軽く触れるキスをした。唇は唾液でベトベトになっていた。

外の雨はいっそう激しさを増していて、さっきの感想は嘘であることと、今日の外出は諦めた方が良いことを告げていた


8: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/02(水) 01:08:46.55 ID:gCHILt4Z0

俺と千雪は、どこまで行ってもアイドルとプロデューサーだ。今の状況は、決して褒められたものでは無い。

脳にこびりついた「目を背けてはいけない事実」に考えを巡らせながら、少し熱めのシャワーを浴びる。垢のように擦って落とすことは出来ないが、シャンプーのサッパリとした匂いが悩みを一時的に消してくれる

タオルで神に付いた水滴を拭いながら、キッチンへ向かう。鍋に入ったままの昨晩のスープを火にかける。湯気が出だした頃につまみ食いをすると、ぬるくても美味いと言うことに気がついた。さすがは千雪の料理だ

鍋に蓋をしてから、トースターに食パンを二枚入れた。これらが遅めの昼食でいいだろう。


9: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/02(水) 01:09:23.16 ID:gCHILt4Z0

スマホに届いたメールをスクロールしていく。連休明けの仕事を片すタスクをぼんやりと考えながら、リビングへ足を運んだ

『今日やってきたのは、ハンドメイドの雑貨を取り扱うここ――』

昼の情報番組の声。自分のとは違う、柔らかいシャンプーの香り。それらが同時にやってきた。

千雪はソファに座って、TVを見ている。まだ髪の毛は乾いておらず艶やか。シャワーの温度で火照った肌にシャツが張り付いている。

借りたシャツはサイズが違ってブカブカになるだろうに、89cmのバストがそれを忘れさせる程主張していた。前屈みになっているため、余計に

魅惑、という2文字が似合うと思ってしまった

千雪は画面の向こうに夢中になっていて、声をかけるのも申し訳ないくらいに見入っている。

踵を返して、キッチンに戻った。スープはもう温まっていた。つまみ食いをすると、さっきよりも美味く感じた。トースターが鳴るまではあと少し。それまでに、番組のワンコーナーは終わってくれるだろうか

「……雑貨屋、か」

ひとりごつ。千雪が夢中になっていた店は、以前一緒に行った所に似ていた。シャンプーの匂いは薄れていて、さっきの悩みがまた顔を覗かせた

スープをまた、つまみ食い。変わらない美味さだった。


10: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/02(水) 01:09:57.43 ID:gCHILt4Z0

◆◇◆

雨はまだ止まない。外を走る車は、ライトをいつも以上に輝かせている

「ん……ちゅ……ぷろりゅーさーさん…………」

遅すぎる昼食を取った後、再び俺たちはベッドの上に居た。既に互い肌は曝け出されており、口を重ね、舌を絡ませている

昨日も散々セックスをしたと言うのに、今日もまた同じ事を繰り返そうとしている。汚れたシーツも、張り替えたばかりのも、2枚まとめて洗うほか無いだろう。

さっきの指フェラよりも長い時間を、キスに費やす。互いの口に入りきらなくなった唾液が、繋ぎ目から零れる。口を離して見つめ合うと顎に辺りが唾液でてらてらと光っていた。それがおかしくてついつい見ていると、千雪がまたキスをしてきた。今日は少し積極的だな、と思った

千雪の頭に手を回す。髪の毛を手櫛で梳く。撫でるように手のひらを動かす。普段は結われている髪の毛に沿っていくと、うなじと、背中に触れた。背中まで手が回ったときに、抱き締めた

千雪は舌の動きを一度止め、薄く目を開いてから、抱きついてきた。肩に千雪の顔が乗る。言葉を交わさずに、体温を交換し合う。

柔らかな千雪の体に、興奮を止めることが出来なかった。同時に、それとは真逆の、加護のような感情も浮かんできて、混じった

抱き締め合った時間は、きっとキスよりも、指フェラよりも長かった


11: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/02(水) 01:10:29.99 ID:gCHILt4Z0

千雪が力を抜くと同時に、自分も腕を緩めた。千雪は鎖骨、胸骨上から下へと軽く口づけをしていきながら、俺の屹立した一部分へ近づく。合わせて俺は足を開き、うずくまるようになった千雪の入り込むスペースを作った。

ペニスは既に固くなっていて、先端からはカウパーが垂れている。千雪は液体を指先になじませ、軽く手でペニスを擦り始めた。

ゆっくり、ゆっくりと竿を扱きながら、千雪はペニスに顔を寄せる。

「……プロデューサーさん」

「……うん」

見上げられた。何も言われてないのに、首を縦に振った

千雪は軽く口角を上げて歪ませると、ペニスの先端にキスをして、それから口で咥えた

先ほど感じた体温よりも、更に刺激的な熱がペニスに来る。千雪の口の中は唾液でなめらかになっており、裏筋に舌を這わせながら頭を動かされると、得も言えぬほどの快感に襲われる

最初の頃は歯が当たったり、千雪が咥え込みすぎて嘔吐いたりして、前戯にもならなかったのに、今では上手すぎて射精を我慢するのに必死だ。

亀頭全体に舌が絡みつく。唇が往復して、竿全体を唾液で濡らす。陰毛にかかる鼻息さえも心地良い。

やめたと思うと、唇をとがらせ、竿へキスをされる。指先で尿道を軽くほじられ、我慢汁と唾液を混ぜられる。そうしてまた、フェラが再開して、ペニスを口で丹念になめられる

『ふぅ、ふっ』っといった吐息と、『じゅるる、ずぞっ』のような普段の千雪からは想像出来ないほどの、啜る事で出る下品な水音が、ことさらに興奮を煽った


12: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/02(水) 01:10:56.42 ID:gCHILt4Z0

そろそろマズイ。そろそろ出る

このまま続けられると、千雪の口内へ出してしまう。以前口内射精したときに、千雪は精液をどう処理したら良いか分からず、泣きながらトイレに走ったことがある。

「千雪、ストッ、俺もう……!」

千雪の頭を掴んで、フェラチオを中断させようとする。しかし、千雪はペニスを咥えたまま見上げるだけで、一切止まろうとはしない。それどころか、太ももを上から押さえつけ、俺が逃げないようにし始める

頭を振るスピードが速まる。水音は更に過激に、舌と唇は更にペニスを締め付ける

押しのける事もままならないまま、俺は千雪の口内へ精液を吐き出した。ビクビクと痙攣し、二、三回に分けて、精液を出して

「んっ……! んぅ……ふー、ふー、……んっ♡」

千雪はそれらを口の端から溢すこともなく、唇をすぼめたまま、竿をゆっくりと引き抜いた。

以前の事を忘れられない俺は、ベッドそばのテーブルに置かれたティッシュへ手を伸ばす

「ぅ……んっ、んふっ……ぁっ……はぁ……ふぅ……」

「……千雪?」

「……あの、ティッシュはもう……飲んじゃいました、し……」

「えぇ!?」

ティッシュ数枚を握ったまま、それらの行き場を無くしてしまった。前までと比べると、考えられない行為だったからだ

「私だって、いわゆる……そういうものには、ネットとかで見ますし。前のは初めて口の中に出されて、慌てちゃっただけで、分からない訳ではなかったんですから。」

口元に指を添え、彼女は笑う。口の端に、陰毛が張り付いていた。それをティッシュで拭ってやった

「……本当か? 無理して飲まなくたっていいんだ」

「無理だなんて、そんな、してないですよ」

さっきまでの笑みに、羞恥の色が加わった様に見えた。頬に紅色を増やし、顔をそらしながら、しかし瞳はこちらに向けたままで、彼女は言う

「……プロデューサーさんの、ですし……………」

それっきり何も言わなくなって、代わりに耳まで真っ赤にした。そんな千雪が愛おしくなって、また抱き締めた

「……固いですね」

「…………ごめん」

千雪の下腹部へ、勃起したペニスが当たる。さっき出したばかりなのに、千雪の恥じらいの表情を見て、ペニスは再び硬さを得始めていた


15: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/09(水) 23:52:58.22 ID:uq0zJpXS0

コンドームを一枚取り、封を切る。ペニスはすでに勃起しきっていたので、装着するのは容易かった。

「千雪、いいか?」と言おうとした。口を開く前に、千雪に体重をかけられて、倒される

「……千雪?」

腹に千雪が座り込む。重さはそれほど感じなかった

「……いつも、私が」

千雪は見下ろし、顔を近づけながら、恥ずかしがるように言葉を紡ぐ

「私が、されてばっかりですし……プロデューサーさん、今日は……私から、シていいですか……?」

胸板に添えられていた手は、いつの間にか俺の手首を掴んで、ベッドに押し付けている

見下ろす影の中で、千雪の瞳が、期待や羞恥の増していた

外の雨はうるさいのに、夕暮れ時よりも明かりが眩しい

真逆だ。

まるで真逆だ、と思った。初めて千雪を押し倒して、間違いが始まった時と、まるきり、全てが逆だ。

手首に力は込められているが、これくらいならどうとでもなる。いつだって振り払える。

しかし俺は一切の抵抗をせずに、ただ千雪の願う通りに従った



ペニスが膣に入り込んでいく。千雪の陰部は愛液にまみれていて、滑りよく、飲み込んでいく

「んっ、あっ……! ひぃ……んっ……」

全部入りきった後、千雪の体が痙攣するように震えた。膣内が急速に締め付け、入ったばかりのペニスをキツく包み込む

「なぁ、千雪、もしかして……」

「言わ、ないで、ください……」

挿入しただけで、軽く絶頂したのだろう。口が半開きになって、瞳は遠くをぼんやりと見つめている。

そのぼんやりとした瞳が、やけに性的に見えてしまった


16: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/09(水) 23:53:54.11 ID:uq0zJpXS0

少々時間をおいてから、千雪が腰を動かし始める。ペニスを奥まで深く挿入したまま、腰をくねらせてグラインド。恥骨と恥骨が擦り合わさった

「はぁっ……」

千雪が一段と大きく息を吐いた。本開きになっている口の端から、だらしなく涎が垂れる。二の腕でそれを拭ったとき、彼女は少し照れていた

俺が一切動かないと分かったのか、千雪は手首を押さえつけるのをやめ、代わりに、体を支えるように俺の腹へ手を置く。

その状態で膝を立て、ピストンをするように、腰を上下に動かす

「あっ……はっ、ん……ぁんっ」

奥の方へ亀頭が到達するたび、千雪は甘い声を漏らす。上下の動きに合わせて千雪の胸が揺れる。色白で、中心の乳首は主張を強くしている。

自由になった自らの両手を、そのおっぱいまで持っていった

「ちょっ、ぷろでゅーさ、さんっ……!」

手を添えると、ずっしりと重く。親指を回すようにして、乳首を触る。また固くなった。乳輪の辺りを指の腹で撫でた

千雪はそんな俺の腕をつかみ、再び押さえつける。いや、今度はそのまま上体を倒して密着してきた。さっきまで揺れていた胸が、俺と千雪の間で形を変えた。柔らかかった

千雪とそのままキスをする。舌を入れられ、舌を吸われ、唾液を流し込まれる。その間もピストンは止まらず、下半身からの快楽が終わることはない

「っ……きょう、は……!」

千雪がキスを止めた。至近距離で見下ろされる。汗ばんだ頬に髪の毛が張り付いていた。さっきまでと同じ、どこか焦点の合っていない瞳だというのも分かった

「きょうは、私が、するって……言ったじゃないですか……」

彼女の髪の毛は長く、上からのぞき込まれるようになると、カーテンで遮られるように、二人きりになる

「……だから」

千雪の手が、いつの間にか俺の手のひらに言っていることに気がついた。握り拳を緩めて、それを受け入れ、手を絡ませる。恋人が繋ぐような、密着した繋ぎ方

なるほど、これでは髪の毛をかき上げるなんて出来ないだろう

密着した状態で、騎乗位が再開する。手汗が滲んで、不快だと思うようにまでなっても、キツく指は繋ぎ合った

膝をついて、上下にピストン。膣内のヒダが、ゴム越しでも分かるくらいに、絡みついてくる。柔らかな肉が竿を締め付けている間も愛液は止まらず、あふれ出たのがシーツにシミを広げていった

吐息に甘く混じる色。千雪が女として本能のままに出す声。収縮と痙攣を繰り返す膣。

どうしても我慢が出来なくなって、恋人繋ぎのまま、腹筋を使って千雪ごと起き上がる


17: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/09(水) 23:54:39.70 ID:uq0zJpXS0

「ぷ、ぷろりゅーさー、しゃん……」

千雪の呂律は回っていなくて、それがなんだかおかしかった。

『今日は私が』と千雪が言ったお願いを忘れたわけではない。ただ、俺も少しばかりわがままとやらに身を投じてみたくなった。騎乗位でずっとされているよりも、こうやって、対面座位で、千雪と向かい合いたかった

指をほどいて、彼女の髪の毛をかきあげる。お願いが聞き入れられなくて、不満そうな顔をしていると思ったが、そうでも無かった。耳まで真っ赤になって、運動をした後みたいな頬で、潤んだ瞳で、見つめられる。

頬に手を添えて、親指で千雪の唇の端を撫でた。唾液で濡れ、グロスを塗ったように光を反射している

千雪がまぶたを閉じた。合わせてキスをした。千雪の手は俺の後頭部に回っていて、耳を塞がれるように添えられている。脳の中で、千雪と奏でる唾液の音が反響する

息苦しくなって、千雪の肩を二回ほど優しく叩いた。千雪はそれに気がついて顔を離した

キスの水音が無くなると、代わりに千雪が奥まで突かれることで出す喘ぎ声と、ピストンによってぬちぬちと粘ついていく愛液の音がよく聞こえた

繋がり合ったまま見つめ合って、互いに互いを求め合っていると、千雪への、自分の胸中にある澱のような感情がまとまっていくのを自覚する。

「千雪」

感情の正当性は、今はどうでも良かった。吐き出さない方が良いだろうという思考は投げ捨てた。俺と千雪は、プロデューサーとアイドルだ。だけれど、だとしても、止まらなかった。

止まれなかった

「……好きだ」

千雪のことが。4シーズン、ずっと二人三脚で頑張ってきた君が。一緒に観覧車に乗った君が。夢を諦め、夢を選んだ君が。

俺のボタンを、直してくれた千雪が。

「好きだ」

「……っ!」

千雪が頬に赤色を足す。繋がっているところが、更に締め付けを強くした

この思いは、毒のようなものだ。千雪にとって、良い物ではない。でも、渡さずに堪えきるには、俺の両手は小さすぎた。

堰を切ったように、千雪に言葉を投げる。月の綺麗さを謳うような、回りくどい方法はとりたくなかった。ただ2文字を、何度も、何度も。

あまり普段は言ってない。大人になって、そういうのは恥ずかしいというか、ダイレクトな言葉に直すのは照れが発生する。

けれど、この想いも伝えられないような人間が、これから先に設置してある「破滅」に、立ち上がることが出来るわけないだろう。

千雪とこうなった。だから、千雪だけは絶対に守る。これは、自分に課す縛りのような毒だ。


18: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/09(水) 23:55:11.37 ID:uq0zJpXS0

千雪の目尻から、水滴が零れる。親指の腹で拭う。涙の跡を、特に理由は無いが、見たくなかった

千雪が体をよせ、しだれかかってくる。二の腕辺りを強く掴まれた。そこだけは離さない、という石が見えた。抱き締めることでお返しとした

「……千雪、そろそろ」

長い間挿入しっぱなしで、そろそろ射精してしまいそうだ。フェラで一度出していなかったら、もうとっくに果てていただろう。

顔を胸板に埋めたまま、首を動かされる。うなじ辺りまで赤くなっているのも愛おしかった

ピストンの速度を上げる。千雪が体をすじらせ、喘ぎ声が止まらない。抽送を繰り返し、彼女の中を広げ、押し上げる。

千雪が先に絶頂した。痙攣する膣の刺激で、俺も同じように射精する。ゴム越しに精液を吐き出し、ビクビクと跳ねて、千雪の中で性を吐き出す

密着した体を離して、竿を引き抜く。コンドームの先端には、いつもより多めの精液がたまっていた。

そして、射精したばかりの敏感な竿に、千雪が口で奉仕を始めた

「ちょっ……!」

急なことで身動きが取れない。千雪は慌てる俺を他所に、尿道に残った精液を吸い上げ、舌でペニスをいじめ、また固くさせてくる

千雪の喉が上下に動いた。また飲み下したのだろう。

「……私がするって、言ったのに」

「……ごめん」

調子に乗ってしまったことを悔いた。けれど、千雪はすぐに許してくれた。そもそも、あまり怒ってもいなかった

「いいですよ、いつもは聞けないプロデューサーさんの言葉が聞けましたし♡」

口を動かしながら、千雪が身を乗り出す

「でも」

手を伸ばして、コンドームを手に取る。無理矢理勃起させたペニスに、それをつけた

「言われてばかりは、私も……」

肩を掴まれ、押し倒される。今度は始めから、指を絡ませ合う握り方をした。

千雪の体温は高く、射精したばかりだというのに、膣に飲み込まれるだけで既にペニスは絶頂が近いように感じた

騎乗位でのセックスが再開する。千雪は蠱惑的な笑みを浮かべながら、俺を見下ろした

「……私も……好きですよ、プロデューサーさん♡」


19: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/09(水) 23:55:50.87 ID:uq0zJpXS0

◆◇◆

喉が渇いて、目を醒ました。外はもう真っ暗だ。いつの間にか雨は止んでいる。

ベッドの上に、使用済みのティッシュが玉になって転がっていた。それをゴミ箱に放ると、7個ほどの使用済みのコンドームが目に入った。そんなにしたか?、と疑問に思ったが、昨日の分も合わせて、ということを思い出した

昼からずっとヤり続けて、水分が不足している。ベッドから這い出て、シャツとパンツだけをとりあえず身に着けて、冷蔵庫へ足を運んだ


20: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/10/09(水) 23:56:19.12 ID:uq0zJpXS0

◆◇◆

隣の暖かさが消えて、私は目を醒ましました。雨は止んで、外は真っ暗です。

キョロキョロと辺りを見回しますが、プロデューサーさんはいません。トイレでしょうか。

くぅ、とお腹が鳴りました。そういえばお昼から何も食べてません。でも……この時間だから、何も食べない方が良いでしょう。アイドルですから、体型の維持は……お腹空いたなぁ。

とりあえず、飲み物でも入れて空腹を誤魔化そうと思います。

プロデューサーさんのシャツと、自分が持ってきた替えのパンツを履いて、キッチンへ向かいました


「あ、おはよう」

「おはよう……ふふっ、ですね。おはようございます、プロデューサーさん」

冷蔵庫の薄明かりに、プロデューサーさんの顔が照らされています、スポーツドリンクのペットボトルを手にしているのが分かりました。いつもレッスンの時に飲んでいるものと同じです

「何か飲む?」

「じゃあ、ミネラルウォーターで」

カロリーのないものが良いですよね。アイドルですし。

よく冷えたミネラルウォーターのペットボトルを受け取ります。飲むと、口内の粘ついたものも一緒に食道へ流し込む感覚がしました

「……明日の朝ご飯、なんにしよ」

プロデューサーさんを見ながら、ちびちびと飲んでいきます。今日のことを思い出すと、顔が熱くなるのが分かります

プロデューサーさんが普段あまり言わないような言葉を、いくつももらって、私は心が一敗になりました。言葉を一つ一つ思い出すだけでもう、涙が出るくらい嬉しいです

「……甘いなぁ」

「? それミネラルウォーターじゃ……」

「い、いえいえ! 私の話です~」

今度はぐいっと、一気に飲みました。

ああ、本当に、とっても甘い。

【終わり】





『シャイニーカラーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿