TOP > シンデレラガールズ > 凛「店番と、アイドルと」

凛「店番と、アイドルと」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 21:59:55.35 ID:817rEpTx0

凛「店番してたらアイドルがやってきた」の続編です。
前回より短いですがよろしくお願いします。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:00:51.41 ID:817rEpTx0

暖かな陽気で差し込む光はやわらかく丸みを帯び、店内は甘い香りに満ちている。
窓から吹き込む風の感触もやさしく、色とりどりの花や新緑を揺らす。
麗らかな昼下がり、私は春を五感で堪能していた。
あとは味覚だけど、さすがに店番中に何かつまむわけにもいかないから、我慢……してたんだけど。
そんなある春の日のこと。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:02:25.75 ID:817rEpTx0

かな子「凛ちゃん、こんにちは」

智絵里「ほら杏ちゃん、着いたよ……あ、こんにちは」

杏「もー結構歩いたじゃん。すぐって言ってたのに」

凛「いらっしゃい。今日はCANDY ISLANDの仕事?」

かな子「うん、朝番組で植物園のリポートしてきたんだ」

杏「入り時間が早すぎだよ、普段は今頃起きるのに」

智絵里「そ、それは杏ちゃんが遅すぎるよ……」

かな子「それで、こんなに良いお天気だからお仕事の後みんなでお散歩してるの」

凛「今日はぽかぽかして気持ちいいもんね」

杏「杏は早く帰ってごろごろしたいよ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:04:13.64 ID:817rEpTx0

智絵里「植物園も見てまわって……これ、広場で見つけました」

凛「四つ葉のクローバー、智絵里は見つけるの上手だね」

かな子「すっごい速さで探しててびっくりだったよ!ひよこのオスメス分ける鑑定士さんみたい」

杏「クローバー探しをあんなに真剣にする子、初めて見たね」

智絵里「事務所に戻ったら、プロデューサーに渡そうと思って……えへへ」

かな子「幸運のシンボルだからきっと喜んでくれるよ。そうだよね、凛ちゃん?」

凛「え……あ、うん、そうだね」

杏「それあげるの?智絵里ちゃんって案外大胆だね」

智絵里「え?そ、そんな大胆かな……?」

杏「まぁなんでもいいけどねー」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:06:46.50 ID:817rEpTx0

かな子「あと植物園に杏の木があってね、花がたくさん咲いててとっても綺麗だったんだ♪」

智絵里「最初は桜と間違えちゃったね」

凛「桜と杏は開花時期も近いし、似てるから無理もないよ」

かな子「どこを見て判断すればいいの?」

凛「比較したほうがわかりやすいかな。植物園で桜と杏、両方の写真撮ったりしてない?」

智絵里「桜の写真なら、わたしの携帯に……」

かな子「私も撮ったよ。ほら、杏ちゃんと杏の花の2ショット写真!」

凛「……杏はもう少しやる気だしてピースしなよ。卯月みたいにさ」

杏「いやいや、杏があんな全力の笑顔でピースしてたら気持ち悪いでしょ」

かな子「うーん、気持ち悪くなんかない、けど……」

智絵里「ちょっと違和感が凄いかも……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:08:17.49 ID:817rEpTx0

凛「うん、ごめん、話戻すね……違いはいくつかあるけど、わかりやすいのは花びらの形」

智絵里「形がどう違うんですか?」

凛「桜は細長くて先に切れ込みがあるけど、杏は丸っこいの。ほら、拡大して見るとわかるでしょ」

かな子「あ、ほんとだ!」

杏「言われたらわかる、ってぐらいには似てるね」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:11:25.33 ID:817rEpTx0

凛「杏の花言葉のひとつに“疑惑”なんてのがあるんだけど、中国の故事が由来なんだよね」

智絵里「故事?」

凛「“李下に冠を正さず”って知ってる?」

智絵里「え、えっと……」

杏「スモモ(李)の木の下で冠をかぶり直すと、スモモの実を盗んでいるって勘違いされるから、誤解を招く行動はやめましょうって意味だよ」

かな子「すごーい!杏ちゃん物知りだね!」

杏「べつにー。でもこれスモモだよ?杏はどこからくるのさ」

凛「この花言葉はスモモと間違えられて付けられたの。杏とスモモも似てるから」

かな子「誤解の花言葉を誤解で付けられたって、ややこしいね……」

凛「杏も未だに小学生に間違えられるくらいだから、名は体を表すのかもね」

杏「こっちは騙すつもりないんだけどね。冠正すまでもなくみんな勝手に誤解するんだから」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:13:11.70 ID:817rEpTx0

かな子「あとね、こんな花も咲いてたんだ!凛ちゃんは何の花かわかる?」

凛「えっと、桜……じゃないんだよね。そんな聞きかたするくらいだし」

杏「さすがに花屋の娘でもわからないかー」

智絵里「こ、これは無理ないよ……花びらから幹まで、本当に桜そっくりだったから」

凛「……うん、わかった。これアーモンドの花でしょ?」

かな子「わぁ、正解だよ!凛ちゃんすごいね!」

智絵里「凛ちゃん、何でわかったの……?」

凛「ここまで桜に似てる花って逆に限られるし」

杏「あ、そんなメタい判別だったんだ」

凛「ちゃんとした見分け方もあるよ。アーモンドは桜と同じバラ科サクラ属で花も幹もそっくりだけど、花の付け根が違うから」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:15:07.54 ID:817rEpTx0

かな子「花の付け根?」

凛「また桜の写真と並べてみると……はい、付きかたの違い、わかる?」

智絵里「言われてみれば、ちょっと違う……?」

杏「あーわかった。アーモンドは枝から直接花が咲いてる」

かな子「桜は太い枝からもっと細く、枝分かれして花が付いてるんだ」

凛「そう、その細い枝のことを花柄(かへい)っていうんだけど、桜はそれが長い。アーモンドは無いか、もしくは短い。これが違い」

智絵里「い、言われてやっと気付けた……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:16:20.99 ID:817rEpTx0

凛「ちなみにその花柄は、花から実をつけると果柄(かへい)って同じ読み方の漢字に変わるの。わかりやすいのだと、さくらんぼのヘタが果柄だよ」

かな子「ちゃんとした名前があったんだね。お菓子作りでフルーツ使うこと多いけど、知らなかったなぁ」

杏「あの部分ってヘタとか軸とか、人によって呼び方違うしね」

智絵里「わ、わたしは軸って言うかも」

凛「果柄、なんて正式名称で呼ぶ人は少ないと思うけどね」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:17:51.89 ID:817rEpTx0

かな子「あ、そうだ!お菓子で思い出したけど、凛ちゃんにこれあげるね」

凛「わ、ありがとう……アーモンド乗ってるね。何て名前のお菓子?」

かな子「フロランタンだよ。クッキー生地にキャラメルコーティングしたナッツ類をのせた焼き菓子で、さっきお土産に買ってきたの」

杏「『アーモンドの花も見れたし、アーモンドのお菓子がいいよね』ってノリノリだったよ。自分用も買ってたし」

智絵里「ナッツにキャラメル……カロリー高そうだから、かな子ちゃん程ほどにね?」

かな子「美味しいから大丈夫だよ。みんなで美味しいお菓子を食べれば、それだけで幸せだもん♪」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:19:57.65 ID:817rEpTx0

凛「アーモンドの花言葉は“無分別”や“真心の愛”。誰にでも分け隔てない、かな子らしいね」

かな子「そ、そうかな……えへへ、ありがとう凛ちゃん」

凛「でも、それ以外にも“軽率”“愚かさ”なんて意味もあるから、食べ過ぎには気をつけなよ?」

杏「うわ、なんかますますかな子ちゃんっぽいかも」

智絵里「ちょ、杏ちゃん……!」

かな子「……うぅ、気を付けます」




みんなと談笑しながらフロランタンをひと口。
サクッとしたキャラメルとアーモンドが、甘くほろ苦くて香ばしい。
って、店番中なのに食べちゃった……かな子のこと言えないかも。美味しいから大丈夫だよ?なんてね。
そうそう、あとは四つ葉のクローバー、“私のものになって”なんて花言葉もあるんだけど……言わないほうがいいよね。杏も知ってて黙ってるみたいだし。
その数日後、夕美から花言葉を聞いたらしい、顔を真っ赤にした智絵里に怒られることになるけど、それはまた別のお話。


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:20:54.85 ID:817rEpTx0

夏を思わせる日差しが降り注いでいた。
曇天続きだった空は久しぶりに晴れ、新緑は滴を纏って煌めく。
蝉が街路樹のあちこちから遠慮がちに鳴いている。大合唱になる日もそう遠くなさそう。
蝉の声を聞きつつ、私は新しい商品のレイアウトを店先で考えていた。
そんな、ある梅雨の終わりの日のこと。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:21:43.95 ID:817rEpTx0

凛「あれ、こっちに向かって歩いてるのは……乃々?」

乃々「え、凛さんがなんでいるんですか……」

凛「ここ私の家なんだから当たり前だよ」

乃々「あれ……ふらふら歩いてたら、こんな所まで来てたんですけど……」

凛「散歩でもしてた?乃々にしては珍しいね、ってちょっと待ってて、プロデューサーから着信きたみたい」

乃々「あ、多分出なくていいことだと……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:22:57.03 ID:817rEpTx0

凛「もしもし……え、乃々が?そう……いや、お店には来てないよ……うん、もし見かけたら、また連絡する」


乃々「……え、なんでもりくぼがいるって言わなかったんですか……?」

凛「なんとなく、かな。外は暑いし、とりあえずお店の中入る?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:23:58.82 ID:817rEpTx0

凛「レッスン前に飛び出したんだってね」

乃々「……」

凛「いつもは机の下なのに、今日は外に出て行ったって。プロデューサー心配してたよ」

乃々「心配、ですか……」

凛「何かあった?なんて、あるに決まってるから聞くのも野暮なんだけど。私でよかった聞くよ」

乃々「目立ちたくない……消えてなくなりたいんですけど……」

凛「最近の乃々、人気出てきて話題になってるね。それが嫌?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:24:45.82 ID:817rEpTx0

乃々「はい、総選挙の結果も集計ミスか何かです……もりくぼがあんな人気なわけないんですけど……」

乃々「プロデューサーも、凄いやる気になっちゃって……むーりぃー」

凛「プロデューサーの期待がプレッシャーで、本人にも言い出せなかった、と」

乃々「あんなに期待されても……もりくぼは海の中で物言わぬ貝になりたいんですけど……アイドルなんて、もう……」

凛「ふーん、そっか……乃々、ちょっと待ってて」

乃々「な、なんですか……?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:26:15.84 ID:817rEpTx0

凛「お待たせ、これが何の花かわかる?」

乃々「花びらが白くてフワフワして……何ですか、これ?」

凛「これはエーデルワイス。聞いたことない?」

乃々「あ、音楽の授業で習ったような気が……」

凛「そう。その歌の元になった花。こんな歌だったよね……~♪」

乃々「合ってますけど、でもそれがなにか……」

凛「乃々も歌ってみて」

乃々「えぇ、そ、そんな突然言われても、困るんですけど……」

凛「私も一緒に歌うし、ここには私達しかいないから。ね?」

乃々「あうぅ……わ、わかりました」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:27:09.29 ID:817rEpTx0

凛「うん、ありがとう。一緒に歌えてよかった」

乃々「は、恥ずかしいんですけど……」

凛「乃々は歌うの嫌い?」

乃々「それは……人前に出るのは、むーりぃー。歌う事自体は、その……」

凛「アイドルの仕事も、全部が嫌?」

乃々「朗読のお仕事は嫌じゃない、ですけど……あと、りすくぼとかも」

凛「そっか。私も同じだよ」

乃々「凛さんともりくぼが同じなわけ、ないですけど……」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:27:51.30 ID:817rEpTx0

凛「私も得意じゃない仕事もあるし、嫌だなって思う時もあるよ」

凛「でも、楽しみにしてくれてるファンの人たちや、なにより一緒に走ってくれるみんながいるから頑張れるんだ」

凛「乃々とはユニット組んだことはないけど、合同ライブで同じステージに立ったこともあるし。あの時の乃々、立派にアイドルだったよ」

乃々「あうぅ……もりくぼはそんな大層なものじゃないですから……」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:29:12.68 ID:817rEpTx0

凛「エーデルワイスの花言葉は“大切な思い出”“勇気”“忍耐”。プレッシャーはあるけど、乃々なりにやっていけばいいんじゃないかな」

乃々「……もりくぼなりに、でいいんでしょうか」

凛「うん、まるっきりやらなくなったら問題だけど、そうはならないでしょ?」

乃々「な、なんで凛さんがそう言い切れるんですか……」

凛「でなかったら、ここに来てないよ。お店へ誘われたときに断ってる」

乃々「もりくぼは……」

凛「自己評価と周りの評価の差が大きすぎて、とまどってるんだよね?」

乃々「……はい」

凛「周りの評価、乃々が頑張ってる所がいいんだと思うよ。言い方悪いかも知れないけど、乃々が完璧で自信満々になる必要ないと思う。ありのままでね」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:29:51.46 ID:817rEpTx0

乃々「……今日のレッスンも、いまから行って謝れば許してもらえるでしょうか……?」

凛「ふふ、まぁいつものことだし、そんなに怒られないでしょ?」

乃々「……いつものことなら、大丈夫ですけど……たぶん」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:31:19.99 ID:817rEpTx0

乃々「タクシーまで呼んでもらって……あの、ありがとうございます。お金は……」

凛「とりあえずそれだけあれば足りると思うから。領収書切ってもらって、これと一緒にプロデューサーに渡して」

乃々「これって……さっきのエーデルワイスですけど」

凛「実はプロデューサーが注文しててさ。だから配達お願い、ちゃんと渡しに行ってね」

乃々「凛さん、ウソが下手です……いえ、もりくぼがちゃんと届けます」




タクシーを見送りながら、柄じゃないことしたかなと思った。
そう考えるとプロデューサーってすごいね。担当アイドル何人もいるのに、みんなに向き合ってる。
大変そうだし、私なりのやり方だったけど……上手くいったかな?
この翌日から、プロデューサーのデスク下にキノコ以外の鉢がひとつ増えていた。
柄じゃないこと、した甲斐あったのかな。


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:32:25.13 ID:817rEpTx0

学校も夏休みに入って、しばらく経った。
ジリジリとした気温の外とは違いエアコンの効いた店内、私は店番もそこそこに宿題を進めている。いや、お客さんが来たらちゃんと応対するよ。
レッスンとかで中々時間とれないから、出来るうちにやっとかないと。私は宿題を早めに終わらせたい派だから。
ちなみに卯月は計画的に無理なく進めるタイプ。
未央は夏休み最初に一気にやろうとして結局やりきれず放置、で最終日に泣きながらやるらしい。
宿題のしかたって性格でるよね。そんなある夏の日のこと。


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:33:40.60 ID:817rEpTx0

薫「おじゃましまー!」

仁奈「仁奈たちが来たでごぜーますよ!」

凛「いらっしゃい。あれ、もしかして2人だけで来たの?よく道わかったね」

仁奈「はい、前に来たときに覚えてやがりました」

凛「あぁ、ちょっと前の遠征ライブの帰りにみんな寄ってくれたんだっけ。あとでお母さんに聞いたよ」

仁奈「向こうの会場でもお花がいっぱい届いてて、嬉しかったでごぜーますよ!」

薫「みんなでお礼言いたいってせんせぇに言ったら、寄ってくれたんだ!」

凛「そうだったんだ、わざわざありがと。今日の仁奈ちゃん、キグルミじゃないんだね」

仁奈「今日はあちーでごぜーますよ……」

薫「ふつうのお洋服の仁奈ちゃんもかわいーよ!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:35:06.99 ID:817rEpTx0

凛「うん、似合ってるよ。それで、2人はお花買いにきたの?」

薫「えっと、その……うん!」

仁奈「はい、仁奈たち、探してるお花があるので来やがりました!」

凛「それって何ていうお花?名前わかる?」

薫「えっとね、朝顔!それも青い朝顔!」

凛「青の朝顔は……あ、ごめん、いまちょうど売り切れてるみたい」

薫「えぇ!そんなぁ困るよー!」

凛「他の色ならあるんだけど、青じゃないと駄目?」

仁奈「そうでごぜーます!絶対青じゃないと薫ちゃんが困っちまいます!」

凛「うーん、どうしよう……」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:35:33.57 ID:817rEpTx0

仁奈「あ、いいこと思いついたでごぜーます!薫ちゃん、この中で形が似てるのありますか?」

薫「え、でも青くないよ?」

仁奈「似てる朝顔を青く塗っちまえばいいんです!青色の気持ちにさせるですよ!」

薫「あーそっか!仁奈ちゃんあったまいい~!」

凛「ちょ、ちょっと待って!そんなことしちゃ駄目だから!」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:37:03.76 ID:817rEpTx0

薫「凛ちゃんお願い!かおる、せんせぇに怒られちゃうよー!」

仁奈「凛おねーさん、仁奈からもおねげーします!」

凛「え、プロデューサーに怒られるの?」

薫「あ、せんせぇは学校のせんせぇだよ!」

凛「学校の先生……もしかして、夏休みの宿題?」

仁奈「な、なんでわかりやがったんですか!」

凛「私も2人くらいのときにあったからね、朝顔の観察日記。それで、何があったの?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:39:04.09 ID:817rEpTx0

凛「なるほど……ライブのレッスンや当日の遠征で忙しくて、水やりを忘れてた、ってことね」

薫「うん……ライブの日は疲れててすぐ寝ちゃって、次の日にやっと思い出したんだ。あわてて見にいったら、もうぐったりしてて……忘れてた分まで、たくさんお水あげたんだけど、枯れちゃって……」

仁奈「仁奈は、今日薫ちゃんにそのお話を聞いて、凛おねーさんのお店だったら似てるのがあるかもしれねーです、って思って一緒に来やがりました」

薫「このままじゃ観察日記も書けなくてせんせぇに怒られちゃう……凛ちゃん、どうしよう……」


凛「……もし似てる朝顔があっても、薫ちゃんには売れないかな」

薫「えぇ!なんでー!」

仁奈「凛おねーさん!薫ちゃんにいじわるしやがったら駄目ですよ!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:40:09.05 ID:817rEpTx0

凛「例えばなんだけど、もし仁奈ちゃんみたいにキグルミを着てる、仁奈ちゃんそっくりな子がいたら、どう?」

薫「仁奈ちゃんのそっくりさん?おもしろそーだしお話して友達になりたいな!」

凛「うん、じゃあその子と友達になって、別の子に紹介するとき『この子は仁奈ちゃんだよ!』って言う?」

薫「えー言わないよー!」

凛「どうして?その子は仁奈ちゃんそっくりなんだから、そう言ってもいいんじゃない?」

薫「だってどんなにそっくりでも、仁奈ちゃんは仁奈ちゃん一人だもん!……あれ?」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:41:49.61 ID:817rEpTx0

凛「そう。それはお花でも一緒だよ」

凛「どんなにそっくりな花が咲いてても、薫ちゃんの育てた朝顔は世界でひとつしかないの。代わりの花なんて、ないんだよ」

薫「あ、そっか……うん、ごめんなさい」

仁奈「似てる花を探そうって思いついたのは仁奈でごぜーますから、薫ちゃんは悪くねーですよ。凛おねーさん、ごめんなさいです……」

凛「仁奈ちゃんも薫ちゃんのために一生懸命考えたんでしょ?わかってくれたみたいだし、いいよ。ごめんなさいは、もうおしまい……2人は、花言葉って知ってる?」

薫「花言葉……うん、聞いたことあるよ!」

仁奈「お花に意味がつきやがりますね!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:42:35.54 ID:817rEpTx0

凛「朝顔の花言葉にはね、蔓が絡まるところから“結束”“固い絆”っていうのがあるんだ」

薫「けっそく……?」

凛「みんな仲良く一緒に、ってこと。代わりなんかなく、みんなでね」

仁奈「けっそくして、みんなの気持ちになるですよ!」

薫「うん!せんせぇには観察日記書けませんでしたって、ちゃんと正直に言うことにする!」

凛「それもいいけど、私に考えがあるよ」

薫・仁奈「?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:44:52.48 ID:817rEpTx0

仁奈「ありがとーごぜーました!」

薫「新しい種、今度はちゃんと育てるね!」

凛「今から植えれば、新学期までの開花も間に合うと思うから。お世話してあげてね」

薫「うん!新しい種を育てましたって、日記にも書くね!またお仕事で忙しくなったら、ちょっと心配だけど……しっかりお世話できるかなぁ」

仁奈「うーん……あ!仁奈、またいいこと思いつきやがりました!」




新しく種を植えた鉢は、女子寮の談話室の窓際へ置かれることになった。
寮のみんなに事情を説明して、水やりの当番表まで作ったみたい。
日々成長していく様子は共通の話題にもなり、寮生同士の交流にも一役かっている、らしい。
それからしばらく経って……


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:46:34.59 ID:817rEpTx0

夏休みもあとわずかというある日、薫ちゃんから花が咲いたよ!みんなも喜んでる!と連絡がきた。
添付された画像には、鉢を抱えた寮のみんなが笑顔で写っている。


『薫ちゃんの朝顔で、みんなにまたひとつ結束ができたね』……送信、と。


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:48:17.93 ID:817rEpTx0

凛は年下には良いお姉ちゃんしてほしい。
ここまで読んでくださった方に花束を。


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:49:37.28 ID:uxT79bcYO

乙です、今作も素晴らしかった



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿