TOP > アイドルマスター > 【アイマス 】真美「亜美があみまみモノのエロ同人誌を持っていた」

【アイマス 】真美「亜美があみまみモノのエロ同人誌を持っていた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:13:30.48 ID:LQ6LezQF0

真美「妹がぁ!?妹が怖いぃ!」

亜美「誤解だから!誤解だから!」

真美「無理やり竜宮の衣装着させられて『似合ってるよ…』って囁かれながら犯されるぅ!」

亜美「ネタを引用するのやめてYO!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:16:02.28 ID:LQ6LezQF0

お察しの通り有名な引用ネタです


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:16:38.31 ID:LQ6LezQF0

亜美「ご、誤解なんだって…」

真美「そ、そうなの…?」

亜美「うん」

真美「じゃあその本、亜美のじゃないの?」

亜美「ゆきぴょんのだよ」

真美「ゆきぴょぉぉおおん!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:17:22.37 ID:LQ6LezQF0

亜美「まぁ、ゆきぴょんから借りたのは亜美だけど…」

真美「亜美ぃい!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:18:15.47 ID:LQ6LezQF0

真美「と、とりあえずゆきぴょんのことは置いておこう…」

亜美「う、うん…」

真美「あ、あの…そーゆーシュミの人がいるってことは真美もわかってるから…」

亜美「…うん」

真美「そういう本を…友達に借りるって言うのも…まぁ…わかるから…」

亜美「…あの…真美?」

真美「な、何!?」ビクッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:18:57.73 ID:LQ6LezQF0

亜美「な、なんで距離とってるの?」

真美「だって怖いもん!ありえないよ!実の姉と事務所の後輩に何してんのこの二人!」

亜美「ま、待って!だから違うんだって!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:19:39.14 ID:LQ6LezQF0

真美「とりあえず、今から真美はゆきぴょんが持っているあみまみ本を全部Kosmos,Cosmosしてくるから…」

亜美「だ、ダメだよ真美!」

真美「止めても無駄だかんね?」

亜美「でもゆきぴょんの新刊を待っている人たちがたくさんいるんだYO!」

真美「」

亜美「あ、ヤバ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:20:05.73 ID:LQ6LezQF0

真美「え?新刊?まさかこれ描いてるのゆきぴょんなの?」

亜美「ち、違うよ真美!」

真美「この表紙に書いてあるサークル萩原組って何?ゆきぴょんのこと?」

亜美「誤解なんだYO!」

真美「亜美に責められながら『真美たち、双子だから…元々一つだったもんね…やっと一つになれるね…』とか言ってる真美描いたの?え?」

亜美「やめてYO!抜粋するのやめてYO!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:21:05.48 ID:LQ6LezQF0

真美「『へぇ、真美ってドMなんだぁ…また違うところが見つかったね!』とかもゆきぴょんが描いたの?」

亜美「やめてぇ…プレイ中のセリフ言うのやめてぇ…」

真美「もしかして、亜美が竜宮に入って忙しくなった時に『亜美がいなくてつまんない』って言ってる真美を見て、いいネタになりますぅ、って思ってたの?」

亜美「違うから!そこまで深い考察してないから!モノマネで言うのやめて!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:21:35.22 ID:LQ6LezQF0

真美「本当に辛いんだけど…妹と友達を同時に失うの…」

亜美「本当に誤解なんだYO!」

真美「今まで辛いことがあったらゆきぴょんに相談したりしてたのになぁ…」

亜美「やめて!諦めないで!亜美の知らないゆきぴょんとの思い出を振り返らないで!」

真美「で、でもそういう風に『亜美の知らないところでゆきぴょんに開発される』ってシチュもネタになったり…?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:22:27.46 ID:LQ6LezQF0

亜美「まぁそうだけど…亜美の目の前でゆきぴょんに犯されて泣きじゃくりながら…とかも」

真美「怖いぃい!?怖いYO!妹がNTRまで把握してるぅ!?マニアックになっていくぅ!」

亜美「だ、だから違うってば!っていうか今までのは双子百合の中では全然普通だYO!」

真美「…え?」

亜美「…あ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:22:55.11 ID:LQ6LezQF0

真美「そ、そっか…ご、ごめんね…真美…その知らなくて…」ガクガク

亜美「ち、違うから!だからそんなに震えないで!?」

真美「だって、ゆきぴょんに縛られてお…おっ…おっぱいに…お薬塗られながら『ほら、亜美ちゃんにごめんなさいしよっか?変態なお姉ちゃんでごめんなさいってしよっか?』って言うのが普通なんでしょ?」

亜美「やめて!NTRモノから抜粋しないで!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:23:48.23 ID:LQ6LezQF0

真美「だ、だって先言ったようなやつは基本なんでしょ?」

亜美「違うから!口が滑っただけだから!」

真美「…やっぱり亜美的には真美がマゾな方が都合がいいの?」

亜美「っていうかなんでちょっと協力的なの!?」

真美「逆らったらもっと酷い目に…」

亜美「しないから!そんなことしないから!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:24:16.18 ID:LQ6LezQF0

真美「だ、大丈夫?はるるんとお話しても嫉妬でお仕置きの寸止めしない?」

亜美「しないから!ってか真美何冊読んだの!?」

真美「じゃあ言ってよ!『私は実の姉犯したいと思っていません』って!」

亜美「なにその宣言!?」

真美「言わなきゃ信用できない!ケダモノと一緒の家には帰れない!」

亜美「ケダモノって…」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:25:07.83 ID:LQ6LezQF0

真美「と、とにかく言ってもらえたら安心するかもだから…」

亜美「うん…」

真美「それとも、やっぱり自分に嘘はつけない?」ビクビク

亜美「嘘ついてないから!大丈夫だから!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:25:41.69 ID:LQ6LezQF0

真美「いいんだよ…ま、真美は亜美を嘘つきにしたいわけじゃ…」

亜美「そんなんじゃないから!大丈夫だから!え、な、なんだっけ?…『私は…』?」

真美「『私は実の姉を犯したいと思っていません』」

亜美「うん…『私は実の姉を』…」

真美「ど、どしたの?」ビクビク


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:26:37.71 ID:LQ6LezQF0

亜美「あ、あのさ…一応確認なんだけどさ…」

真美「う、うん…」

亜美「この…『犯す』ってのは…どこまでのことを…」

真美「!?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:27:07.22 ID:LQ6LezQF0

亜美「い、一応だよ!?」

真美「そ、それはつまり範囲によっては…」

亜美「一応だって!意外と2人の間に食い違いがあるかもしれないじゃん!」

真美「…でも亜美的には双子でも違う方が萌えるんでしょ?」

亜美「今そういう嗜好の話はいいから!?確認しよ!確認!」

真美「そ、そだね…亜美はちょっとアレだもんね…」

亜美「アレとか言わないで…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:28:13.31 ID:LQ6LezQF0

真美「じゃ、じゃあどこからがアウトか言えばいいんだね?」

亜美「うん、それでお互いのラインを探って行こう」

真美「うーん…じゃあまずは…『キス』!」

亜美「え?」

真美「えっ!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:28:42.82 ID:LQ6LezQF0

亜美「ストップストップ!一旦ストップ!」

真美「怖い怖い怖い怖い!!」

亜美「違うって!普通にするじゃん!キスってするじゃん!双子で!」

真美「しないしないしない怖い怖い怖い」

亜美「亜美がするかどうかじゃないよ!?一般的にだよ!?一般的な基準として、双子でキスはセーフだよ!キスプリとかするじゃん!?」

真美「キスプリがイヤらしい単語に聞こえるぅ…」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:29:34.77 ID:LQ6LezQF0

亜美「アレだよ?キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?そのつもりで亜美はOKにしたんだよ?」

真美「なっ!?し、下、下のく!?」カァッ

亜美「あ、ヤバ…」

5分後

真美「ご、ごめんね…ちょっと動揺しちゃって…」

亜美「もうこの話はじまってずっと動揺してるけどね…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:30:00.88 ID:LQ6LezQF0

真美「ふぅ…」

亜美「あの…」

真美「ひっ!?」ビクッ

亜美「そ、そこまで怯えなくても…」

真美「ご、ごめんね!ビックリしただけだから!ごめんね?だから犯さないでぇ…」ウルッ

亜美「お、犯さないYO!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:30:50.81 ID:LQ6LezQF0

真美「じゃ、じゃあ続きを…」

亜美「あのさぁ…今更だけど…多分無理…」

真美「え?」

亜美「多分…ラインをどこにしても無理…」

真美「は?」

亜美「だって…その…したいし…」

真美「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぉぁあ!?やっぱりガチだよぉぉぉぉお!?」

亜美「ごめんねぇぇぇえ!?でもしたいんだもぉぉぉおん!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:31:17.71 ID:LQ6LezQF0

真美「最初のリアクションで合ってたじゃん!?」

亜美「ごめんね!本当にごめんね!でもさっき真美が『犯さないでぇ…』って泣いてるの見てムラっときた!」

真美「そんなの聞いてないよぉぉぉぉお!?怖いぃい!?」

亜美「静かにしてよ!犯すよ!」

真美「めっちゃ本性出してくるよぉぉぉぉお!?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:32:04.65 ID:LQ6LezQF0

真美「子供部屋でのプレイは?」

亜美「基本」

真美「コンプレックスの刺激は?」

亜美「大好物」

真美「MamiのMは?」

亜美「ドMのM」

真美「真美がレズレイプされる時は?」

亜美「亜美が黒幕!」

真美「怖いよぉぉぉぉお!?妹が怖いよぉぉぉぉお!?」

亜美「う、うるさい!くすぐりからエッチに移行するよ!」

真美「なにそれ!?」

亜美「よくあるんだYO!」

真美「よくあるんだ…」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:32:34.47 ID:LQ6LezQF0

亜美「色々装着させて学校に行かせたい!」

真美「何急に!?」

亜美「ご、ごめん…もう我慢しなくていいと思ったら願望が…」

真美「怖い!?そんなことを普段思って学校に行ってたと思うと怖い!?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:33:16.79 ID:LQ6LezQF0

亜美「共通の友達の前でスイッチオンしたい!」

真美「やめて!怖い!」

亜美「あえておっぱいだけ責めたい!」

真美「細かい趣味嗜好がわかってきて怖い!」

亜美「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぉぁあ!願望が出るぅぅう!」

真美「落ち着いて!もうやめて!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:33:50.29 ID:LQ6LezQF0

亜美「パパの前で犯したい!」

真美「やめて!2人の娘が両方変態だなんて絶望を与えたくない!」

亜美「お尻を開発してトイレの度に亜美のことを思い出させたい!」

真美「もう既に今日のことは忘れられないYO!」

亜美「一緒にレッスンしたい!」

真美「普通のこと言ってるはずなのにイヤらしく聞こえる!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:34:39.45 ID:LQ6LezQF0

亜美「そういうことだからよろしくね!」

真美「ど、どういうこと?」

亜美「…じゃあ亜美、収録行くから」

真美「このタイミングで離れるの怖い!何をよろしくするの!?」

亜美「え?じゃあ真美は亜美と離れたくないの?」

真美「その言い方も怖い!」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/13(日) 01:35:16.14 ID:LQ6LezQF0

亜美「そう…じゃあね…」ダッ

真美「行っちゃった…」

真美「こんな時どうすれば…ひとまずお茶でも飲んで落ち着こう…」

ゴクゴク

真美「ふぅ…あれ…なんだか…眠く…」

真美「そういえば…あのお茶…誰が…」

真美バタッ

雪歩「ふふふ…」

終わり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿