TOP > シンデレラガールズ > 高森藍子「間違える」

高森藍子「間違える」

1: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:28:22.95 ID:wG2CyFjX0

『コンビニ』

藍子「いくおす?」

藍子「……」じーっ

藍子「……読めないなぁ」

藍子「Pさ~ん」


2: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:29:14.95 ID:wG2CyFjX0

モバP(以下P表記)「ん? ああ、あーちゃん」

藍子「この、いくおす?っていうの、なんですか?」

P「ああ、アイコスね」

藍子「あいこす……?」

藍子「あいこす、って読むんですか?」

P「そうだよ」

藍子「なんだか、わたしみたいですね」

P「……」

藍子「……」

P「……」

藍子「……」

藍子「……//」


3: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:29:57.93 ID:wG2CyFjX0

『ラジオ』


藍子「じゃあ、読みますよ」

P「おう」

藍子「ごほん。……『続いてのお便りは、こちら。町田にお住いの相模大野さんから、』」

P「ちょっと待って」

藍子「? なんですか?」

P「それ、逆じゃない?」

藍子「ええっと、『続いてのお便りは、こちら。』 ……あってますよね?」

P「そこじゃなくて、その次」

藍子「『相模大野にお住いの、町田さんから、』」

P「さっき、間違って言ってなかった?」

藍子「えっ、そうかなぁ」

P「町田にお住いの相模大野さんって言ってた気がするんだけど」

藍子「う~ん……。覚えてないですね」

P「まぁ、いいか」

藍子「はい」


4: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:30:49.73 ID:wG2CyFjX0

『料理』

藍子「フィクションだと、砂糖と塩を間違えることって、わりと頻繁にあるじゃないですか」

P「そうだね」

藍子「昔は、よくわかんなかったんですよね。なんで間違えるんだろう、って」

P「ふむ」

藍子「わたしの家、昔からずっと、白くない砂糖を使ってるんです」

P「あるよね、白くない砂糖」

藍子「だから、砂糖と塩を取り違える意味がわかんなかったんだなぁ、って」

P「藍子」

藍子「はい?」

P「それ、キャノーラ」

藍子「…………」

P「…………まぁ、そういう日もあるよ」

藍子「Pさん。『ペペロンチーノ レシピ キャノーラ 代用』で調べていただけませんか?」

P「おう」


5: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:31:24.48 ID:wG2CyFjX0

『後方不注意』


藍子「すぱいすぱらだいす~」

藍子「いぇー!」

藍子「ナツメグ! サフラン! ブラックペッパ~!」

藍子「すぱいすぱらだいs……」クルッ

未央「……」

藍子「……」

未央「……」

藍子「……」

未央「……おはよ、あーちゃん」

藍子「おはようございます」ペコリ

未央「……」

藍子「……」

未央「……おかまいなく?」

藍子「……OKグーグル。人の記憶を司る部分はどこ?」

未央「あーちゃんiPhoneでしょ」


6: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:31:55.33 ID:wG2CyFjX0

『徹夜コース』


藍子「おはようございま~す」フラフラ

P「あー。やっと起きたのか」

藍子「わーPさん。今、何時ですか?」

P「19時だよ」

藍子「……?」

P「19時」

藍子「???」

P「うん。19時だ。ほら」

藍子「……19時じゃないですか」

P「言ってるじゃん」

藍子「わたし、何時に寝ましたっけ」

P「ご飯食べてすぐ寝てたよね。1時ぐらい?」

藍子「19ひく13っていくつですか?」

P「6だね」

藍子「6」

P「うん」

藍子「これはもう、お昼寝とは言えないですね」

P「そうだね」

藍子「……なんで起こしてくれなかったんですか?」

P「仮眠室には行ったんだよ。でも、ほら、幸せそうな顔してスヤスヤ寝てるから」

藍子「えぇー……。どうしよう。今日、ぜったい寝れないなぁ」

P「疲れてたの?」

藍子「いえ、特にそういうわけでは……」

P「なおのことすごいな」


7: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:32:29.73 ID:wG2CyFjX0

『楽屋』


藍子「おはようございま~す」ガチャッ

日菜子「……」クルッ

まゆ「……?」クルッ

藍子「……?」

日菜子「……」じっ

まゆ「……」じっ

藍子「……えへへ。間違えちゃった。失礼しました~」ガチャッ



日菜子「あの子、えっと、高森さんちの」

まゆ「藍子ちゃんです」

日菜子「そうでした。今度のライブでご一緒するんです」

日菜子「しっかりした子、ってイメージがあったんですけど、楽屋を間違えたりするんですねぇ」

まゆ「日菜子ちゃん、次めくってください」

日菜子「はぁい……。あ、赤染衛門。またお姫様ですねぇ♪ むふ♪」

まゆ「むー。日菜子ちゃん、強いですねぇ……」


8: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:32:59.72 ID:wG2CyFjX0

『寿司』


藍子「その、最近、間違えがちなんですよね。色々と」

P「へえ」

藍子「だから、これも、つい、うっかり。そう、うっかりなんです」

P「いや、ね? 食べるな、とは言ってないんだし」

藍子「はい」

P「いい子だしさ、俺も色々と任せてるところがあるし。だから、別に、ダメなんて言わない」

P「でもさ、一言断るべきだと思うんだよね」

藍子「……」

P「……この黒い皿、いくらだと思う?」

藍子「500円です」

P「ね。それが何枚?」

藍子「……よ、4枚ぐらいです」

P「ぐらい、じゃなくて。ちゃんと数えてみてよ」

藍子「5枚あります」

P「そうだね。うん」

藍子「ご、ごめんなさい……。食べたいもの食べてたら、こうなっちゃったんです」

P「いや、いいんだけどね? 少食だし。でも、このペースでいってたらさ、大変なことになるよね」

藍子「つ、次からは気をつけます……」


9: ◆YF8GfXUcn3pJ 2019/10/18(金) 04:33:37.47 ID:wG2CyFjX0

終わり
特にオチとかはないです





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿