TOP > シンデレラガールズ > 喜多見柚「雨宿り」

喜多見柚「雨宿り」

1: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:29:47.03 ID:O2BhniSDO

ジリジリ


P「…暑いな」

P「(今日に限ってみると、梅雨も明けたんじゃないかって日和だ…)」

P「ぐへぇ」

楓「…大丈夫ですか?」ピト

ヒヤッ

P「うおう!」

楓「あ、ごめんなさい…そんなにびっくりされるとは思わなくて」クス

P「あ、い、いえ…こちらこそ」

P「……でもわざとでしょ?」

楓「もちろん♪」ニコ

P「…」ハア

楓「はい。水分補給は、ちゃんとしなきゃだめですよー?」ハイ

P「……」

P「…ありがとう、ございます」

楓「いえ」


2: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:30:57.21 ID:TYk5A0HQo

パキ


P「…」ゴク

楓「…」コクコク

P「…」プハ

楓「…」

楓「…ねっちゅー症には、ね、注意しよー…」ボソ

P「」ブッ

楓「!」


3: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:32:05.32 ID:O2BhniSDO

楓「い、いまの面白かったですか?」キラキラ

P「……いや…ち、ちょっと強引ですかね…」ボタボタ

楓「そうですかー…」シュン

楓「あ、えと…」ゴソ

楓「ハンカチ。どうぞ」

P「あ、どうも…」フキフキ

P「…」

楓「? どうかなさいましたか?」

P「…いえ」

P「(楓さんに笑わされて、楓さんにハンカチを借りるのって――)」

P「(なぜか物凄く釈然としない!)」

楓「?」キョトン


4: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:33:48.49 ID:TYk5A0HQo

カンカン…


P「楓さんは――今日はレッスンでしたね」

楓「はい。まだ時間があるので…」ガサ

楓「お弁当買って来たんです。しばらくのんびりしてようかなって」

P「そうですか」


ガチャ


P「おはようございまーす」

楓「おはようございます」

P「……、!?」

小梅「あっ……お、おはよう…ございます」


5: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:36:07.61 ID:O2BhniSDO

P「……うん、おはよう。えっと…小梅さん?」

小梅「? な、なん…ですか?」サン?


「……」「……」「……」「……」


P「…この大量のてるてる坊主は一体…?」

小梅「あ、えと…こ、これは…」

P「なにか呼ぶところですか?」

小梅「? な、なんで…ぷ、プロデューサーさん、さっきから敬語なんです…?」

P「べつに怖くなんてないからな」

楓「わー。どれもちゃんとデザインがあるんですねー」スゴイ

P「! か、楓さん! 迂闊に近寄るとまずいですよ!」

小梅「??」


6: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:37:46.76 ID:TYk5A0HQo

柚「?」

柚「あ! Pサンおはよー」フリフリ

P「お、柚か。おはよう」

柚「うん」グリグリ

P「…」

柚「?」キュ

P「……まさか、この大量のてるてる坊主は――柚が作ったのか?」

柚「う? うん。小梅チャンに手伝ってもらったんだー」

小梅「て、……て、手伝い、ました」フンス


「……」「……」「……」「……」


P「…そうですか」

柚「うんっ」ニパッ

P「(笑顔が眩しい)」


7: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:38:34.66 ID:O2BhniSDO

P「……えっと、まあ」

P「ほどほどにな」ハハ…

柚「はーい」

小梅「は、はい」

仁奈「仁奈を呼びやがりましたか!?」

P「お、おはよう仁奈」

仁奈「はいっ。おはようごぜーます!」ニパッ

楓「ぷっ」

P「そこー許可なく笑うのは禁止ですよー」

仁奈「??」


8: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:39:44.66 ID:TYk5A0HQo

「……」「……」「……」「……」


ヒョイ


P「…これは……ずいぶん裾の長い服を来たてるてる坊主だな」

小梅「あ、そ、それ……あ、あの子が手伝ってくれた――やつ、です…」

P「……」ゾゾッ

P「ほ、ほぉお」

柚「Pサン震えてるよ? エアコン効き過ぎかなー」

P「お、おぉ…」

小梅「?」


9: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:41:05.47 ID:O2BhniSDO

小梅「……昔…お世話になった、人、だって…」

柚「そうなんだー」ヘー

P「(なぜ思い出の人を模したてるてる坊主を作ろうと思ったんだ、その子は)」ワカラン

小梅「え、えへへ……あの子も、けっこう…手伝って、くれました…」

P「……」チラ


「……」「……」「……」「……」


P「…」

P「(いよいよ、最初に言った台詞が妙な現実味を…)」ブル

柚「Pサントイレ行くー?」

P「余計なお世話だい」

柚「てへ?」


10: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:41:36.18 ID:TYk5A0HQo

柚「でーきた!」モサ

P「…」

P「なあ」

柚「ん?」

P「今日はいい天気だけど――明日も晴れて欲しいとか、そういうことか?」

柚「…あー」

柚「ううん。違う違う」フルフル

P「?」


11: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:42:06.31 ID:O2BhniSDO

柚「これはこうするんだー」クル

P「?」


「……」「……」「……」「……」


P「…? ひっくり返すのか」

柚「うん。とーりつさせておくと、逆に雨が降るようになるんだって!」

P「とーりつ?」

小梅「と、…倒立、ですね。……そ、そんな風に、言われている地方も…あ、あるみたい、です」ハイ

P「ああ、倒立ね。なるほど」

柚「うん」

P「……」

柚「…」ニコニコ

P「え? 雨降って欲しいの?」

柚「? うん、そうだよ?」

P「……あ、そう」

柚「うんっ」


12: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:44:26.05 ID:TYk5A0HQo

P「……まあたしかに」

P「…少しくらい雨が降った方が、涼しいかもしれないけど…」

柚「うー…そういうことじゃないカモ…」

P「あれ?」

柚「もう。Pサンってば分かってないなー。分かってないったら分かってないよー」ペチペチ

P「いたい」

柚「てへ♪」ペチペチ

P「(…うちのアイドルは俺の頭を叩くのが好きだな)」コドモカ

楓「…」ペチペチ

P「楓さん。せめて真顔はやめてください」

楓「…」ニヤ

P「(こわっ)」


13: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:45:13.63 ID:O2BhniSDO

柚「♪」ペチペチ

楓「♪」ペチペチ

小梅「……」

P「…どうでもいいけど」

小梅「?」

P「小梅は叩かないんだな。届くようにしゃがんでやろうか」

比奈「どんな配慮ッスか」

P「いたのか比奈」オハヨウ

比奈「いま来たところでス」ウス

小梅「あ、…えへ。ぷ、プロデューサーさん…あ、ありがとう。でも、大丈夫」

P「そうか?」

小梅「う、うん」コクン

小梅「…だ、だって……わ、私の代わりに、あの子が……」//

P「……」

P「(なぜそこで照れる)」

比奈「プロデューサー」

P「うむ」

比奈「いままでお世話になりました」

P「いやいや! 冗談でもやめて!」

小梅「??」


14: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:47:04.42 ID:TYk5A0HQo

比奈「てるてる坊主ッスか」

P「ああ」

柚「見てみてー。あれ、アタシが作ったPサン坊主!」ピッ

P「……意外と似てる。でもその呼び方はやめて」

比奈「スーツを模してあるだけにも見えまスけど」

柚「PサンはそれだけでPサンだって分かるからすごいよね!」

P「ちょっと傷つくぞ、それ」グサ

P「…? あれはキノコの形…?」

P「……」ヒョイ モゾ…

P「…ガチでキノコ入ってんじゃねーか!」バシッ

輝子「あ、あ…き、キノコをいじめないで…」

P「お前もいたのか!」

輝子「い、いましたよー。…どうせぼっちですけど…」フヒ

輝子「フヒ、さ、さり気ないキノコアピールだよ……こ、これでプロデューサーの脳裏にはキノコの残像が刷り込まれ…」ブツブツ

P「こえぇよ」

比奈「じゃ、私らも一緒にてるてるキノコ作るッス」

輝子「……」

比奈「う、うん」コクン

P「てるてるキノコて」


15: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:47:55.70 ID:O2BhniSDO

シュッ


楓「プロデューサーさんも、お一つどうですか?」

P「…………」

楓「?」

比奈「まあたしかに、そんな台詞と一緒に、楓さんティッシュを渡されるのはある意味――」

P「それ以上は言わんでいい」

比奈「ッス」

楓「??」

P「…そうですね。じゃあ一個、俺も作ろうかな」

楓「はい」ニコ



柚「よーし」パンパン

柚「あーしたあーめになーれ♪」

P「でもやっぱお願いするのは雨なんだ」グリグリ

柚「てへ!」

P「(なんか勢いでごまかされた)」


16: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:49:47.06 ID:TYk5A0HQo






ザー…


P「……」

P「…お、恐るべしあの子……そして、てるてるキノコ…。まさか本当に雨になるとは…」

P「…まあ、梅雨だしな。そりゃ雨くらい、いくらでも降るか…」ハア

P「さて。じゃあ傘持ってと」


17: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:50:49.93 ID:O2BhniSDO

バシャバシャ


P「……まあ、涼しげなのは悪くないな」

柚「そうだね」

P「……」

P「びっくりした」

柚「えー。そうでもなさそうだけど」ケラケラ

P「いつからそこに?」

柚「さー?」

P「…傘は?」

柚「ん? 持ってない。パーカー着てるし、大丈夫かなって!」

P「大丈夫じゃないだろ」

柚「…。てへ」

P「……ったく」


ギュ


柚「…」

P「梅雨なんだから。傘はちゃんと持ち歩くんだぞ」

柚「…うん。ごめんなさい」

P「いや、べつに怒ってるわけじゃないけど」


18: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:51:28.86 ID:TYk5A0HQo

ギュ


P「…」

柚「くっつかないと濡れちゃうからね」

P「そうだな」

柚「うん」


19: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:52:04.01 ID:O2BhniSDO

ザー…


P「…ちょっと…雨が弱くなるまで、そこで雨宿りして行くか」

柚「あ、うん。いいと思う」

P「そっか」

柚「うん」


20: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:52:53.04 ID:TYk5A0HQo

ザアアアアア…


柚「ふにゃー。びしょびしょだよー…」フルフル

P「猫みたいだな。ほら、タオル」ポイ

柚「ありがとっ」ワシワシ

柚「…ん」ブル

P「寒いか?」

柚「…ん、ちょっと…」

P「俺の上着も濡れちゃってるからな…」

柚「また、くっつけばいいと思う」

P「…そうだな」

柚「うん」


21: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:53:42.05 ID:O2BhniSDO

ザアアアアア…


P「……雨、強いなぁ」

柚「強いねぇ」

P「梅雨だな」

柚「梅雨だね」

P「…この前楓さんとも、こんな風に雨宿りしたよ」

柚「ほう」

P「へ?」

柚「Pサン。女の子といるときに、べつの女の子の話はしちゃだめだよ! 習わなかったの?」ペチ

P「いて」

P「…すいません」

柚「えへへ。いいよー」

柚「…いまは、アタシとお話してくれてるし」

P「うん」


22: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:54:12.27 ID:TYk5A0HQo

ザアアアアア…


P「…」

柚「…」

P「…」

柚「…雨ってさ」

P「ん?」

柚「…黙ってても、話してなくても、音があって……静かにならなくて、いいよね」

柚「アタシの代わりに喋ってくれてるみたいで」

P「……そうかもな」

P「…なあ」

柚「ん?」

P「…すごく柚らしくない台詞だと思ったって言ったら、怒るか?」

柚「…へへ。ううん。自覚あるし」

P「はは。そっか」

柚「うん」


23: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:54:41.74 ID:O2BhniSDO

柚「でも、ま」

P「ん?」

柚「たまには、こんなアタシもいいんじゃないかと」

柚「…ね?」ニコ

P「…うん。いいと思う」

柚「…そっか。ありがと」

P「いえいえ」

柚「……」エヘヘ…


24: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:55:09.66 ID:TYk5A0HQo

サアアア…


P「そろそろ弱くなって来たな…行くか」

柚「あ、うん」

柚「…」

P「柚?」

柚「…Pサン、ごめんね…」ボソ

P「…」

柚「…あ、えと…な、なんでもないよ! 行こっか!」パッ

P「…」

P「うん」


25: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:55:38.46 ID:O2BhniSDO

P「なあ柚」

柚「うん?」

ポン

柚「わぷ」

P「…また来年、一緒に雨宿りでもしようか」

柚「…」

柚「…へへ。なにその約束…」クス

柚「……でも、うん。喜んで!」

P「おう」

柚「てへへ。…ありがとーPサン」ニヘラ

P「どういたしまして」


26: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/16(日) 14:56:29.37 ID:TYk5A0HQo

書き溜めがあるとはいえ物凄くさくさく投下しちゃいました。

終わりです。
読んでくれた方には感謝です。ありがとうございました。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿