TOP > シンデレラガールズ > 悠貴「頑張りますっ!」卯月「!?」

悠貴「頑張りますっ!」卯月「!?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:12:02.72 ID:jG90YFcD0

~事務所~

ガチャ   バタン

乙倉悠貴「おはようございますっ」

P「おはよう悠貴。今日は早いな」

悠貴「はいっ。実は、この前プロデューサーさんが飲みたいって言ってた野菜ジュースを持ってきたんですっ」

P「本当か?  覚えててくれてありがとな」

悠貴「いえいえっ。今すぐ飲みますかっ?」

P「ああ。え~っと、コップは……あった」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:15:29.08 ID:jG90YFcD0

悠貴「はいっ、どうぞっ! スタドリよりおいしいですよっ」サシダシ

P「どれ……うん、うまい。野菜ジュースってこんなにおいしかったんだな」

悠貴「そうですよっ! おいしくなるものがいろいろ入ってますからっ」

P「へえ、例えば?」

悠貴「えっと、りんごとかっ、ニンジンとかっ、バナナとかですっ。あ、あとは……私の気持ち……とかっ」ゴニョゴニョ

P「ん? あとは、なんだ?」

悠貴「いやっ、な、なんでもないですっ。それより、プロデューサーさんに相談したいことがあるんですけどっ……」

P「おう」

悠貴「あの、私……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:19:10.23 ID:jG90YFcD0

ガチャ   バタン

日野茜「おっはよーございまーーっす!!」

城ヶ崎美嘉「おっはよ~★」

小日向美穂「おはようございますっ!」

P「おう、おはよう」

悠貴「お、おはようございますっ」

美嘉「……あっれ~?悠貴ちゃん、プロデューサーと二人きりで何してたのかな~★」ニヤニヤ

悠貴「ち、ちょっとお話しをっ……」

茜「今日の朝ごはんのことですか!!」

P「いや、悠貴の野菜ジュースはおいしいって話だよ」

美穂「へぇ~、そうなんですかっ。悠貴ちゃん、今度私にも作ってくれませんか?」

茜「私にもお願いします!!」

悠貴「もちろんですっ! 美嘉さんもどうですかっ?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:26:47.12 ID:jG90YFcD0

美嘉「う~ん、アタシはいいかな~。悠貴ちゃんには悪いけど、作った野菜ジュースって、あんまりおいしそうじゃないし……」

P「そんなことないぞ。ほら、騙されたと思って一口飲んでみろよ」

美嘉「ほんとに~? じゃあ飲んでみるけど……」ゴクゴク

美嘉「あ、確かにおいしい」

P「だろ?……といっても、俺もさっき知ったんだけどな。売ってるのしか飲んだことなかったし」

美嘉「えっ……てことは、も、もしかしてこれ、プロデューサーの飲みかけのやつ!?」オロオロ

P「野郎の飲みかけをアイドルに渡すわけわけないだろ……俺はコップに移して飲んだんだよ」

美嘉「だ、だよね~★……な~んだ……」

茜「私にもください!!」

美穂「私はコップで飲みたいな……ち、違いますよ!?」

P「何がだ?」

悠貴「……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:30:55.62 ID:jG90YFcD0

悠貴 (私が346プロに入ってしばらくたちましたけどっ……)

悠貴 (先輩はみんな、個性的な方ばかり……)

ゴクゴク

茜「おいしいですね!! ごはんに合うでしょうか?」

美穂「う~ん、ごはんには合わないんじゃないかなっ」

悠貴 (熱血少女や)

P「美嘉、ちょっと離れてくれないか?  その、胸がだな……」アセアセ

美嘉「だ~めっ♪女心がわからない罰だよ、プロデューサー★」

悠貴 (カリスマギャル……他にもたくさん個性的な方々が)

悠貴 (あ、でもプロデューサーさんが、かわいさが私の個性だって言ってくれたしっ……えへへっ)

美穂「……いいなあ美嘉ちゃん」ジーッ

P「おーい美穂、美嘉を引き離してくれないか?」

美穂「!? ふ、ふぁい!」

P「なんでそんなに慌ててるんだ……やっぱりかわいいな、美穂は」

美穂「か、かわいいですか!?はうぅ、恥ずかしい……!」カオマッカ

悠貴 (……)

悠貴 (そうですよね、美穂さんの方がかわいいですよねっ……)

悠貴 (私、このままで大丈夫なのかなっ……)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:35:13.12 ID:jG90YFcD0

P「やっと離れたか……ん? どうした悠貴。難しい顔して」

悠貴「いえっ、なんでもありませんっ……プロデューサーさん、今日のお仕事の確認しましょっ」

P「そうだな。おーい、美嘉たちも確認するぞ」

茜「仕事ですか!! うううう~っ、燃えてきました!!……今日は、何をするんでしたっけ?」

P「せめて内容は覚えておけよ……」

美穂「お仕事、うう、緊張してきましたっ。やっぱり、何回やっても慣れません~っ」

美嘉「アタシは、雑誌のグラビア撮影とインタビューだよね?」

P「ああ、そうだ。茜と美穂はそれぞれ……」

悠貴 (プロデューサーさんはすごい人ですっ)

悠貴 (大勢のアイドルを一人でプロデュースするなんて、普通できませんっ)

悠貴 (そんなすごい人にプロデュースしてもらってるんだから、私だって大丈夫なはずですっ)

悠貴 (でも、やっぱり不安だなあっ……)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:39:28.02 ID:jG90YFcD0

P「……悠貴、聞いてるか?」

悠貴「!? は、はいっ!……すみませんっ、聞いてませんでしたっ……」

P「大丈夫か? さっきからずっと上の空だけど」

悠貴「大丈夫ですっ」

P「……そうか。今日は、卯月と一緒に雑誌の取材を受ける予定だぞ。ちゃんと話す練習してきたか?」

悠貴「はいっ!……そういえば、卯月さんはまだ来てないですねっ」

P「まあ時間は結構あるしな。卯月のことだ、忘れてるなんてことはないだろう」

美穂「どんな取材なんですか?」

P「アイドルとしての先輩、後輩で対談するって企画だ。悠貴の知名度を上げるいい機会でもある」

悠貴「私、ちゃんとできるかなっ……」

茜「元気があれば何でも出来る!!元気だして頑張ってください!!!」

美嘉「最初のころはみんなそうだよ~♪ 大丈夫、ちゃんとやれば心配ない★」

美穂「緊張しますよねっ! で、でも自信をもってやれば、きっとうまくいきますよ!」

悠貴「みなさん、ありがとうございますっ!」

P「美穂、成長したな……少し前まではテンパりまくりだったのに、後輩にアドバイスまでできるようになるなんて」ジーン

美穂「い、いやっ、まだ私も全然ですけどっ、いちおう先輩ですからっ」

P「よし、その意気だ。後輩にはいろいろ教えてあげてくれよ?」

美穂「はいっ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:43:49.75 ID:jG90YFcD0

茜「プロデューサー、仕事はまだですか!! 待ちきれないので少し走ってきますね!!」

P「あまり汗をかかないほうがいいと思うぞ?」

茜「心配ご無用!! シャワーを浴びるので大丈夫です!!」

P 「いや、だがな……」

茜「では行ってきます!!  ボンバーーー!!!」

ガチャ  バタン   ダダダダダダ

P「……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:49:31.17 ID:jG90YFcD0

P「美嘉、悪いけど茜を追いかけてくれないか? あと、30分以内には戻ってきて欲しい」

美嘉「オッケー♪ 美穂ちゃん、一緒に行こ?」

美穂「えっ、あ、はいっ」

P「すまないな」

美嘉「いーよいーよ♪ ……悠貴ちゃんっ」

悠貴「は、はいっ!」

美嘉「お邪魔むしは退散するから、頑張ってね★」

悠貴「な、なんのことですかっ」

美嘉「またまた~♪ とぼけちゃって~★」ニヤニヤ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 18:52:59.81 ID:jG90YFcD0

P「美嘉、できれば早めに頼む。茜は足速いからな……」

美嘉「は~い♪ 美穂ちゃん、準備いい~?」

美穂「す、少し待ってくださいっ。自転車のカギが……あっ、ありました!」

美嘉「じゃ、行ってくるね~★」

美穂「行ってきますっ!」

P「おう、頼んだぞ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 19:01:18.85 ID:jG90YFcD0

美嘉「貸し一つだよ~★」

ガチャ  バタン

P「貸しか。……何を返せばいいかな」

悠貴「さ、さあっ……」

P「ところで悠貴、なんか相談があったんじゃなかったか?」

悠貴「は、はいっ。実はですねっ……」

ガチャ  バタン

島村卯月「おはようございます!」

渋谷凛「おはようございます」

本田未央「おはよーございまーっす!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 19:19:14.00 ID:msY2XUfQ0

P「おう、3人ともおはよう」

悠貴「おはようございますっ」

卯月「あっ、悠貴ちゃん! 今日はよろしくお願いしますねっ」

悠貴「はいっ、こちらこそよろしくお願いしますっ」

P「廊下で美嘉たちと会わなかったか?」

凛「会ったよ。サイクリングしないかって言われたけど」

未央「しぶりんは冷たく断ったのだった……」トオイメ

凛「だって、来たばっかりだったし……それに、未央だって断ったでしょ」

未央「さすがの私でも、仕事前にサイクリングはちょっとね~♪」

卯月「美嘉ちゃんたちはどうしたんですか?」

P「ちょっと茜の監視を頼んでだな……」

未央「あ~、茜ちんか~……納得だね」シミジミ

凛「突っ走ったまま帰って来なさそうだからね」

P「帰って来てくれなきゃ困るんだがな……まあ、茜だって立派なプロだ。仕事をすっぽかしはしないだろう」

悠貴「……!!」

P「仕事の内容は覚えていてほしいが……さて」

P「3人とも今日の予定を確認するぞ。卯月は、悠貴と雑誌の取材。凛は……」

悠貴 (プロ……私は、プロになれるんでしょうかっ……)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 19:22:20.12 ID:msY2XUfQ0

~しばらくして~

ガチャ  バタン

茜「ただいま帰りました!!!」

P「おう、茜お疲れ」

茜「いい汗かいてきました!! あ、卯月ちゃんたち、おはようございます!!」

卯月「おはようございます!」

凛「おはよう、茜」

未央「おはよーっ、茜ちん!……シャワー浴びてきたほうがいいんじゃない?」

茜「そうでした!! では、行ってきますっ!!」

P「……疾風の如く帰って来て、疾風の如く去っていったな」

卯月「あ、あはは……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 19:26:51.05 ID:msY2XUfQ0

美嘉「たっだいま~……」

美穂「ただいま戻りました~……」

P「お帰り。悪かったな、二人とも」

未央「大丈夫? みほちー」

美穂「は、はい、全然大丈夫ですよっ……ははは……」

美嘉「どこにあんな力があるんだろうね……」

悠貴「はいっ、お水ですっ。野菜ジュースはもうないのでっ……」サシダシ

美穂「ありがとうございますっ、悠貴ちゃん」ゴクゴク

美嘉「ありがとー♪ はあ、おいしい……」ゴクゴク

P「茜はなにも飲まなくて大丈夫なのかな? 今、シャワー……浴びてるけど」

凛「……プロデューサー、鼻の下のびてるよ」ジトー

P「……そんなことないぞ?」

凛「変態」

P「だから違うって」


16: ID変わってますが1です 2015/02/28(土) 19:32:21.06 ID:msY2XUfQ0

~ちょっとして~

茜「さっぱりしてきました!! さぁ、仕事頑張りましょう!!」

P「もうちょっと待ってくれ、茜。というかメイク早いな」

茜「してませんから!!」キッパリ

P「してこい」

茜「はい!!」ダダダ

P「……ふぅ。さてと、みんなちょっと集まってくれ」

P「俺は、卯月と悠貴の仕事に同伴する。凛、未央は各自で行ってくれ。美嘉たちは……」

川島瑞樹「私と一緒よ。わかるわね?」

P「いつからいたんですか」

瑞樹「さっきからよ?」

茜「メイク終わりました!!」

P「早いな」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 20:44:32.56 ID:2pP37qBB0

~現場~

P「よし……ちょっと打ち合わせしてくるから、少し待っててくれ」

キィ   バタン

悠貴「……」

卯月「大丈夫ですよ、悠貴ちゃん。リラックスして、普段通りで……」

悠貴「卯月さんっ」

卯月「は、はいっ、なんでしょう?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 20:50:33.82 ID:2pP37qBB0

悠貴「少し質問したいことがあるんですけどっ、いいですかっ?」

卯月「もちろんです!」

悠貴「ありがとうございますっ。……あのっ、卯月さんは、どうしてアイドルになろうと思ったんですかっ?」

卯月「えぇ!? どうして、ですか?」

悠貴「はいっ。聞かせてくださいっ」 

卯月「え~と、それはですね……その、小さいころからの、夢だったんです」

悠貴「夢……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 20:56:15.95 ID:2pP37qBB0

卯月「……私は、アイドルになることを夢見ていました」

卯月「綺麗な衣装を着られて、キラキラしたステージに立てて、お姫様みたいで……ずっと憧れていました」

卯月「ぼんやりしたイメージしかもってませんでしたけど……スクールに入って、レッスンを受けながら、ずっと待ってました」

卯月「アイドルに……キラキラしたなにかになれる、そんな日を」

悠貴「……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 21:01:19.26 ID:2pP37qBB0

卯月「そんなとき、プロデューサーさんが私に声をかけてくれたんです」

悠貴「プロデューサーさんが……」

卯月「あの時、プロデューサーさんが私を見つけてくれたから、私は夢を叶えることができたんだなあって……思うんです」

悠貴「……」

卯月「悠貴ちゃんは、どうしてアイドルになろうと思ったんですか?」

悠貴 (私がアイドルになろうと思った理由……)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 21:02:14.64 ID:2pP37qBB0

卯月「そんなとき、プロデューサーさんが私に声をかけてくれたんです」

悠貴「プロデューサーさんが……」

卯月「あの時、プロデューサーさんが私を見つけてくれたから、私は夢を叶えることができたんだなあって……思うんです」

悠貴「……」

卯月「悠貴ちゃんは、どうしてアイドルになろうと思ったんですか?」

悠貴 (私がアイドルになろうと思った理由……)


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 21:06:18.70 ID:2pP37qBB0

悠貴「……すみませんっ、もう一つ質問してもいいですかっ?」

卯月「はいっ、なんでもどうぞ!」

悠貴「卯月さんは……卯月さんは、不安になったことがありますかっ?このままで大丈夫なのかとかっ……」

卯月「……もちろん、ありますよ。夢と現実のギャップとか、みんなにおいていかれちゃうんじゃないかっていう焦りとか」

卯月「私はこのままで大丈夫なのかなって思ったこともありました」

卯月「でもそんなときも、やっぱりプロデューサーさんが助けてくれたんです」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 21:11:02.13 ID:2pP37qBB0

悠貴「……」

卯月「悠貴ちゃんが何を悩んでいるのか私にはわからないですけど、きっとプロデューサーさんは助けてくれます。迷っているアイドルを、放っておいたりなんかしませんっ」

卯月「だってプロデューサーさんは、私たちをシンデレラにしてくれる、すっごい魔法使いさんなんですからっ!」

悠貴「……!!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 21:14:13.38 ID:2pP37qBB0

『あのっ、こんな私でもっ、かわいいアイドルになれますかっ? 憧れなんですっ』

『かわいくなりたいんですっ。プロデューサーさんなら、してくれるっ!』

『あのっ、普段は大人っぽく見られますけどっ、女の子として輝きたいなぁって、だからこれから、プロデュースしてくださいっ』

悠貴 (私の……憧れ……)


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 21:17:10.83 ID:2pP37qBB0

悠貴「……」

卯月「あの、悠貴ちゃん?」オズオズ

悠貴「……私、頑張りますっ!!!」

卯月「!?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:08:34.84 ID:4m6kLsH50

悠貴「夢を叶えるため、憧れの姿になるため、一生懸命頑張りますっ」

悠貴「人と自分を比べる前にっ、私が……私自身が輝くためにっ、精一杯努力しますっ!」

悠貴「プロデューサーさんにいっぱい頼ってっ、いっぱい迷惑かけちゃうかもしれないですけどっ」

悠貴「かわいいアイドルになるためにっ……プロデューサーさんと一緒に、頑張ります!!!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:12:41.17 ID:4m6kLsH50

卯月「……」ボーゼン

悠貴「あっ……すみませんっ。つい大きな声を出してしまってっ」

卯月「……ううん、よかったです!悠貴ちゃん、なにか吹っ切れたみたいですし」

卯月「これからも、一緒にアイドル頑張りましょうね!」ニコッ

悠貴「はいっ!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:15:52.04 ID:4m6kLsH50

キィ   バタン

P「すまんすまん、ちょっと長引いちゃって……」

悠貴「プロデューサーさんっ!」

P「お、おう。どうした悠貴」

悠貴「私っ、これからもいっぱいプロデューサーさんに頼って、いっぱい迷惑かけちゃうかもしれないですけどっ……」

悠貴「それでもずっと、プロデュースしてくれますかっ?」

P「……もちろんだよ。たくさん頼っていいし、たくさん迷惑かけていい」

P「俺は、悠貴の夢を叶えるためならなんでもする。……なんて、ちょっとおかしいかな」タハハ

悠貴「そんなことないですよっ、ありがとうございますっ!……そうだ、ちょっとこっちに来てもらっていいですかっ?」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:19:55.13 ID:4m6kLsH50

P「ん? なんだ?」

悠貴「もっとこっちにっ」

P「おう」

悠貴「よしっ……プロデューサーさん、これは私の感謝の気持ちですよっ。えいっ」

チュッ

P「!?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:25:19.54 ID:4m6kLsH50

卯月「な、な、なにやってるんですか悠貴ちゃん!?」

悠貴「嬉しくなかったですかっ……?」

P「いやっ、もちろん嬉しかったけど……」

悠貴「ふふっ。ならよかったですっ」

卯月「プロデューサーさんっ! アイドルに恋愛はご法度ですよ、ご法度! ……もしかして、ロリコンさんなんですか……?」

P「違う! 俺はロリコンじゃない!」

悠貴「だったら、卯月さんもしてみたらいかがですかっ?」

卯月「……そうですねっ、それであいこです!」

P「なにが!?」

悠貴 (ふふふっ……これからもよろしくお願いしますっ、プロデューサーさんっ!)


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:31:14.61 ID:4m6kLsH50

これで終わりです。

ss書くのは難しいですね……色々と至らない点がありすみません。

指摘してくれた方々、見てくれた方々、どうもありがとうございました!


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:53:00.21 ID:PlTXz/nq0


悠貴は正統派アイドルで可愛い。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿