TOP > ミリオンライブ! > 北沢志保「そんなに気持ちいいんですか」

北沢志保「そんなに気持ちいいんですか」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:30:23.84 ID:jznThvKz0

志保「おはようございます」ガチャ


P「んっ……ぉほぉ~~~~」グリグリ


志保「………」

P「ああ、おはよう志保」

志保「お疲れさまでした」

P「待て待て、なんで帰ろうとしてるんだ」

志保「え?」

P「『え?』はこっちのセリフだよ。朝一番に言う言葉として、もっと他に適切なものがあるだろう」

志保「お世話になりました」

P「事務所を辞めるつもりか」

志保「すみません。いきなり想定外の音波を受信したせいで少し混乱していました」

P「音波って……ちょっと孫の手でマッサージしてたら気持ちよくて声が出てただけだろう」

志保「ちょっとじゃありません。凄惨な声が出ていました」

P「志保は難しい言葉を知っているなぁ」

志保「……そんなに気持ちいいんですか。それ」

P「ん? ああ、すごくいいぞ。社長からもらったんだけど、俺の身体にばっちりフィットって感じだ」

志保「肩、凝ってるんですね」

P「そうだな、特に最近は結構自覚症状が……俺も若くはないってことか。あ、でもこれで志保の好みのおじ様に近づいたかも」

志保「私、ただのおじさんは別に好みじゃないです」

P「手厳しいな、はは……と。そろそろ会議の時間だ。行かないと」

志保「ちょっと待ってください」

P「え?」


2: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:31:08.87 ID:jznThvKz0

志保「多分、お昼過ぎまで会えないと思うので渡しておきます。今日のお弁当です」

P「あ、そうか。今日は作ってきてくれるって言ってたな」

志保「忘れるほどのものなんですね。私の手作りお弁当……」

P「いや、そういうわけじゃなくてだな……」

志保「冗談ですよ」クス

P「ほっ……」

志保「ほら、早く受け取ってください」

P「ありがとう。いつもおいしいお昼ご飯が食べられて、本当に助かってる」

志保「プロデューサーさんに恋人ができるまでは、こうして用意してあげますから」

P「かなり長期戦覚悟だな」

志保「そういう覚悟はしないでください」

P「はい」

志保「はい。では、いってらっしゃい」

P「こうしてると、なんか本物の新婚夫婦みたいだな」

志保「おじいさん、孫の手はこの前買ったばかりですよ」

P「50年くらい飛んだな」


3: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:31:51.37 ID:jznThvKz0

P「ただいまー……あ」


志保「すぅ………」


P(お休み中か……机の上に台本があるし、読んでるうちに疲れちゃったか)


志保「………」スヤスヤ

P(こうして寝顔を見てると、本当に年相応って感じなんだけどな。無垢で無邪気な中学生で……)ジーー

志保「………」



志保「そんなに面白いですか? 私の寝顔」

P「あ、ごめん。起こしちゃったか」

志保「いえ。もともと眠るつもりはなかったので、むしろ助かりました」

P「コーヒーでも飲むか?」

志保「淹れていただけるんですか」

P「普段は俺がよく淹れてもらってるからな」

志保「なら、お願いします」

P「了解」


4: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:32:50.62 ID:jznThvKz0

P「どうぞ」コト

志保「ありがとうございます」

P「どういたしまして」

志保「………」フーフー

P「いただきます」ズズッ

志保「………」チラ

志保「いただきます」ズズッ

志保「あつっ」

P「ん、んんっ!」

志保「今笑ったのを咳払いで誤魔化しませんでしたか」

P「そんなことはないぞ」

志保「……まあ、いいですけど」フー、フー

P「コーヒー飲んでると、生きてるって感じがするなあ」

志保「カフェイン中毒とか、気をつけてくださいね」

P「大丈夫大丈夫」

志保「最近暑くなったり寒くなったり忙しいので、体調には気を遣ってください」

P「体調か……」

志保「何か、心当たりでも?」

P「恋の病とか?」

志保「………」

P(あ、これ下手な冗談やめろって睨まれる流れだな……)

志保「誰ですか」

P「え?」

志保「いつ、どこで、誰に恋したんですか」

P「あ、えっと。……ごめん、冗談」

志保「………冗談?」

P「うん」

志保「………」


5: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:33:20.96 ID:jznThvKz0

志保「顔、こっちに近づけてください」

P「こうか?」ズイ

志保「そのまま動かないでください」

P「ああ」

志保「………すぅーっ」


つんつんつんつんっ


P「いてっ! 志保、いたいたいっ」

志保「………」ツンツンツンツン

P「む、無言でデコを突っつくのはやめてくれ!」

志保「つんつんつんつんつん」

P「無言じゃなくなってもダメだって!」

志保「まあ、プロデューサーさんの額が赤くならないうちにやめておきます」

P「助かった……」

志保「冗談の種類には気をつけてください」

P「わかった。志保も女子中学生だもんな、色恋の話は動揺しちゃうよな」

志保「きっとそういうことだと思います」

P「なんか他人事みたいな言い方だな」

志保「自分の心は、自分でもよくわからないことがありますから。そういうことにしておいたほうが、きっと安全です」

P「?」

志保「それより、プロデューサーさんはこの後空いてますか」

P「ああ……午後は、特に予定ないけど」

志保「なら、たまにはレッスンを見てくれませんか。この後、ボーカルレッスンなので」

P「わかった」

志保「ありがとうございます」


6: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:35:20.53 ID:jznThvKz0

トレーナー「はい! では今のところをもう一度!」

志保「~~~♪」


P「相変わらず志保の歌声は綺麗だな……」

トレーナー「プロデューサーさんもご一緒にどうですか?」

P「えっ? 俺もですか」

トレーナー「見ているだけだと退屈でしょうし。北沢さんもいいですよね」

志保「私も、プロデューサーさんの歌声には興味があります」

P「ええ……わかりました。後悔しないでくださいよ」

トレーナー「後悔?」





30分後


トレーナー「あ、あはは……これは」

志保「ひどい音痴……」

P「お恥ずかしながら、これが実力です」

志保「そういえば、大人組の人達が『プロデューサーさんはカラオケ行きたがらないんですよねー』って言ってたけど……こういうことだったんですね」

P「人の歌を聴くのはもちろん好きなんだけどな」

トレーナー「すみません。無理言って参加していただいて」

P「いえいえ、たまには自分で歌うのも嫌いじゃないですし」

トレーナー「あはは……時間なので、今日のレッスンはここまでにしますね」

志保「ありがとうございました」

P「ありがとうございました」

トレーナー「お疲れさまでした! では、私はこれで失礼します」ソソクサ


ガチャ、バタン



P「……気を遣わせてしまったな」

志保「………プロデューサーさん。この後も、予定はないんですよね」

P「そうだけど。でも、志保も今日はこれでレッスンは全部終わりのはず――」

志保「はい。なので、ここからは自主レッスンです」

志保「……付き合ってくれますよね?」

P「……それって、まさか」

志保「そのまさかです。一緒に、歌いましょう」

P「いや、でも俺は」

志保「やればいいじゃないですか。できるようになるまで。私も……ううん、私達も、そうしてきたんですから」

志保「自分で歌うの、嫌いじゃないんでしょう?」

P「……そんな真剣な目で言われると、断れないな」

志保「もともと、断らなくていいんです」

P「わかった。よろしくお願いします、先生」

志保「はい」


7: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:36:14.09 ID:jznThvKz0

夕方


P「………は~~」

P「志保は、鬼トレーナーの才能があるな」

志保「褒め言葉ですか」

P「半分恨み節も入ってるかな」

志保「じゃあ半分しか受け取りません」

P「鬼だ……」

志保「ふふ……でも、よかったじゃないですか」

P「何が」

志保「ちゃんと、歌えましたよね? できるようになったじゃないですか」

P「ちゃんとって言えるのか? あれだけやって、歌詞のワンフレーズ分音を外さなかっただけだぞ」

志保「プロデューサーさんはアイドルじゃないんですから、完璧に仕上げる必要はないんです」

P「それはそうだが、ならどうして俺にレッスンだなんて」

志保「そんなの、決まってます」


志保「うまく歌えると、気持ちいいでしょう?」

P「………」

P「そうだな。ありがとう、付き合ってくれて」


8: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:36:55.97 ID:jznThvKz0

帰り道



志保「プロデューサーさんが私をアイドルとして育ててくれたおかげで、いろんなことを知れました。いろんな経験、いろんな気持ち」

志保「だから……私からも、何かを教えてあげたかったんです。私が知ることのできた気持ちの少しだけでも、分けてあげられたらって。そう思ったんです」

P「志保は優しいな」

志保「別に、普通です」

P「おかげで俺も、歌うことの楽しさを知れた気がする」

志保「気持ちよかったですか?」

P「ああ。少しはみんなの気持ちがわかったと思うよ」

志保「よかったです。これからも、時々練習していきましょう」

P「多分毎回リセットされると思うから、そのたびに志保に一から教え直してもらおう」

志保「ちゃんと復習してください」ツンッ

P「ひょっ!?」

志保「………?」

P「ちょ、脇腹をいきなり突っつくのはやめてくれ。変な声が出ちゃうから」

志保「………」

つんっ

P「ひゃんっ!」

つんつんっ

P「おほっ!?」

志保「………」ツンツン

P「きゅふっ!? 志保、どういうつもりで」

志保「ふふ……孫の手よりよっぽど気持ちよさそうな声ですね」

P「いや、確かに刺激的だがこれは気持ちいいわけじゃなくて」

志保「そんなに気持ちいいんですか? なら、もっと小突いてあげます」ニヤリ

P「あ、悪魔だ……」


9: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:37:25.96 ID:jznThvKz0

志保「今日はハロウィンですから。コスプレは用意していないので、行動で悪魔を演じます」

P「お菓子ならあるぞ。だから今すぐやめてくれ」

志保「今はプロデューサーさんのおかしな声が聞きたいです」

P「くそっ、ちょっとうまいことを……ひゃうんっ!」

志保「そんなに笑って……ひょっとして、デレましたか?」

P「デレてない!」

志保「私と同じですね。また、気持ちを伝えられました」

P「なんかいいように解釈されてるような気がしてならない」

志保「どうでしょうか。とにかく、まだまだ伝え足りないことが、たくさんありますから」

P「それを言うなら、俺だって志保に伝えたい気持ちはたくさんあるぞ」

志保「私のほうがたくさんあります」

P「いやいや、俺だって負けてない」

志保「プロデューサーさんは普段からそのまま気持ちを口にしているじゃないですか。だから、私のほうが残弾は多いはずです」

P「だったら志保も普段からさらけ出せばいいじゃないか」

志保「変態……」

P「なんで!?」

志保「自分で考えてください」スタスタ

P「あ、ちょっと待てって」

志保「………」

志保「とにかく」クルッ





志保「……そこまで言うなら、覚悟しておいてください」クスッ

志保「いつか、全部伝えてやりますから」

P「………」

P「わかった。いろいろ、覚悟しておく」

志保「長期戦覚悟で、お願いします」フフ




おしまい


10: ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:39:16.73 ID:jznThvKz0

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます

シリーズ前作
北沢志保「メイドの土産に教えてあげます」

その他過去作
黒埼ちとせ「私の、すけべ魔法使い」
田中摩美々「おはようからおやすみまで」

などもよろしくお願いします





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿