TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「ついにハロウィンがやってきたわ!」

サターニャ「ついにハロウィンがやってきたわ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:51:18 ID:GYXgu9zI

サターニャの家

サターニャ「今日はハロウィン!お菓子を貰うかいたずらできるとっても素晴らしい日!」

サターニャ「このためにいたずら箱を買ったんだから。これでこの街を闇に陥れるわ!なーっはっはっはっは!」

ラフィ「いよっ!大悪魔様!」

サターニャ「そうよ!私は大悪魔様!なーっは...ってなんであんたがまた来てるのよ!」

ラフィ「いつものことじゃないですか♪」

サターニャ「だから怒ってんのよ!もー!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:52:07 ID:GYXgu9zI

サターニャ「はっ!...そうだわ、ラフィエル...」

ラフィ「はい?」

サターニャ「トリックオアトリート!お菓子をくれなきゃ...」

ラフィ「待って下さいサターニャさん!」スッ

サターニャ「何よ...え?メロンパン?」

ラフィ「サターニャさんにと思いまして~」

サターニャ「ほんとに!やった!あんたもたまにはいい事するのね」袋ベリッ


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:52:55 ID:GYXgu9zI

サターニャ「モグモグ...やっぱメロンパンは美味しいわね。感謝するわよ!」

ラフィ「うふふ。持ってきた甲斐があります。それとサターニャさん?」

サターニャ「?」モグモグ

ラフィ「これでサターニャさんは私にいたずら出来ませんね♪」

サターニャ「モグモグ...あーーーっ!」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:53:31 ID:GYXgu9zI

サターニャ「ま、待ちなさいよ!メロンパンはお菓子じゃないわ!あれよ!...主食!そう!つまりお菓子じゃなくて...食材?」

ラフィ「ぷっ...くくくくく...///」

ラフィ(つい笑いが...本当に面白い悪魔です///)クククク

サターニャ「笑うなぁ!///」

ラフィ「だってサターニャさんが...んふふっ///」クククク


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:54:16 ID:GYXgu9zI

ラフィ「ふう...でも食材でもお菓子でもサターニャさんは受け取って食べた。それは変わらないことですよ。もういたずらは出来ません」

サターニャ「むーー!いんちきじゃない」

ラフィ「美味しそうに食べてたじゃないですか」

サターニャ「確かに美味しかったけど...しょうがないわね。諦めてあげるわよ」

ラフィ「うふふ。ところでサターニャさん」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:54:53 ID:GYXgu9zI

サターニャ「?」

ラフィ「トリックオアトリート!お菓子をくれないといたずらしますよ!」

サターニャ「......へ?」

ラフィ「サターニャさんはお菓子を持っていないようなので、これはいたずらするしかありませんね♪」

サターニャ「きゅ、急になに言い出すのよ!あんた天使でしょ!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:55:29 ID:GYXgu9zI

ラフィ「これがいたずら箱ですか。中にいたずらの道具がランダムで沢山入れてあるんでしたね」

サターニャ「あっいつの間に!というかなんで知ってるのよ!」

ラフィ「昨日一緒に魔界通販見たじゃないですか」

サターニャ「一緒になんか見てな...ってあんた千里眼で!」

ラフィ「違いますよ。侵入してバレないようにサターニャさんの真後ろで見ていました」箱ゴソゴソ

サターニャ「なおさら怖いんだけど!いいから返しなさいよ!」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:56:13 ID:GYXgu9zI

ラフィ「この銃面白そうですね。えい!」バキュウン

サターニャ「ゔっ!...な、何撃ってんのよ!」

ラフィ「......あの、大丈夫ですか?魔界通販の銃なので大丈夫だと思いますが...」

サターニャ「もう!早く返さなくていいわよ!」

サターニャ「......へ?」

ラフィ「あら~♪」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:56:54 ID:GYXgu9zI

サターニャ「ど、どうなってんのよ!」

ラフィ「サターニャさん!これから毎日家に侵入しても許してくれますか?」

サターニャ「はぁ!そんなの許すに決まってるでしょ!」

サターニャ「...んな゙あぁぁぁ!」

ラフィ「うふふふふふ///じゃ、じゃあ毎日添い寝も許してください!」

サターニャ「絶対にいいわよ!」

サターニャ「ってなんでそんなこと言うのよ私!」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:57:33 ID:GYXgu9zI

ラフィ「音は録りましたよサターニャさん!」

録音機「ラフィ『サターニャさん!これから毎日家に侵入しても許してくれますか?』サターニャ『はぁ!そんなの許すに決まってるでしょ!』」

サターニャ「何してんのよ!今すぐ消しなさい!」

サターニャ「あっ!治った!」

ラフィ「あー、もう効果切れですか...」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:58:29 ID:GYXgu9zI

ラフィ「次は~っと♪」

サターニャ「まだやる気なの?もー!」

ラフィ「なんでしょうか、この小さな人形」ギュッカチッ

ラフィ「...?なんか音しませんでしたか?」

サターニャ「私に聞かないでよ」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:59:03 ID:GYXgu9zI

人形「」グググッ

ラフィ「あ!人形の様子が!」

サターニャ「あんたテンション高いわね...」

ラフィ人形「」

ラフィ「小さい私みたいな人形ができましたよ!見てください!」

サターニャ「ちょっ!見れば分かるから!あんたなんでそんな盛り上がってるのよ。」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 21:59:38 ID:GYXgu9zI

ラフィ人形「...サターニャサーン」テクテク

サターニャ「なんでこっちに来るのよこいつ!」

ラフィ「もしかして私の代わりにいたずらしてくれるんですか?楽でいいですね~」

サターニャ「あんた本当に天使なの!?」

ラフィ人形「」ギュウ

サターニャ「...?なんで私のお腹に抱きつくのよ」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 22:01:32 ID:GYXgu9zI

ラフィ人形「私、サターニャサンニ一度コウシテ見タカッタンデス...恥ズカシクテ言エナイノデスガ...」

サターニャ「?」

ラフィ「こ、これ、まさか...///」カァァ

ラフィ人形「ダッテ私、サターニャノコトガ」

ラフィ「!///」バッ!←人形を取る音

サターニャ「うわっ!?びっくりさせないでよ!なんで急に取ったのよ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 22:02:25 ID:GYXgu9zI

ラフィ「だ、だって今取らなかったらサターニャさんは...爆発してしまうからです!///」

サターニャ「えっ!?怖っ!」

ラフィ「ということでこれは私が処分しておきますので!///さよなら!///」

サターニャ「あっ!...急にどっか行っちゃった。あいついつも急ね」

サターニャ「あの人形何だったのかしら。いたずら箱に説明書くらいあるはずよね」ゴソゴソ

サターニャ「...ふむふむ...いたずらの対象にスイッチを押さて使うもので、押した本人の心が反映されて...?よくわかんないけどどこにも爆発なんて書いてないわ」

サターニャ「...?」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 22:03:09 ID:GYXgu9zI

ラフィエルの家

ラフィ人形「サターニャサンニ会イタイナ...」

ラフィ人形「サターニャサンニ嫌ワレテナイトイイナ...」

ラフィ人形「ドウヤッタラサターニャサント付キ合エルカナ...」

ラフィ「この人形どうやったら止まるんですかーーーっ!///」カァァァァ


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/31(木) 22:03:41 ID:GYXgu9zI

終わり





『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿