TOP > シンデレラガールズ > 岡崎泰葉「コタツよもやま話」

岡崎泰葉「コタツよもやま話」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 01:28:59.12 ID:2qc9+E94O

のんびり短編集的な?

無駄に続いた過去作
モバP「コタツをしまうぞ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396712854/
岡崎泰葉「コタツでとーく!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397316792/
双葉杏「コタツがない!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400146582/
岡崎泰葉「コタツでとーーく!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401181048/
イヴ・サンタクロース「コタツのある日常」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402299578/
岡崎泰葉「コタツで迎える誕生日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405436416/
モバP「コタツで食べるそうめん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408525275/
岡崎泰葉「コタツでシンデレラ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417600700/
イヴ・サンタクロース「コタツでクリスマス?♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419259831/
岡崎泰葉「コタツで迎えるお正月」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420041433/
「コタツでシンデレラ!第二回!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421902304/
岡崎泰葉「コタツでバレンタイン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423732687/


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 01:31:00.59 ID:2qc9+E94O

泰葉「はい、お茶が入りましたよ」

P「ありがと…」ズズズ

イヴ「はふぅ…」

杏「平和だねぇ」

P「ここん所妙にバタバタしてたからなぁ…」

泰葉「しばらくは何もないんですか?」

P「うん。ちょっとの間だけどな」

泰葉「そうですか。では……」

P「ん?」

泰葉「今回は小ネタ集ですね」

杏「んだねー」

P「なんの話だよ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 01:43:05.65 ID:2qc9+E94O

『目指せ…』


泰葉「そういえば…」

P「ん?」

泰葉「そろそろ選挙ですね」

P「だな」

イヴ「もうそんな時期なんですね〜」

杏「まあ杏達には関係ない話だけどねー」

泰葉「そうですね」

P「いやいや、関係大有りだろ」

泰葉「目標50位」

P「トップアイドルは!?」

泰葉「実際、この中で関係ありそうなのは杏さんくらいでしょうか」

杏「やだよ。面倒くさい」

P「お前らなぁ…」

泰葉「私はPさんのトップアイドルでいられれば良いです」

杏「それならもう叶ってるんじゃない?」

イヴ「そうですね〜」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 01:58:45.73 ID:2qc9+E94O

杏「それに杏の目標はトップアイドルじゃなくて不労所得で暮らすことだし。もしくは誰かに養ってもらうか」

P「……きらりにでも頼んどけ」

杏「うむ。第一候補はきらりだよ。で、次が泰葉」

泰葉「ふふっ。お任せください」

イヴ「じゃあ私も〜」

泰葉「勿論です」

P「結局今のままじゃねえか…」

泰葉「そ うですね…楽しそうです」

杏「違う所も出てくるかもだけど」

P「あん?」

杏「その頃にはちびっ子が一人二人増えてたりね」フヒヒ

イヴ「それは素敵です〜」ウフフ

P「ちびっ子?」

泰葉「頑張りましょうね、Pさん」フフッ

P「?……………ああ、そういう…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 02:10:53.35 ID:2qc9+E94O

『壁ドン』


泰葉「世間では壁ドンなるものが流行っていると聞きました」

イヴ「壁ドン?」

杏「まあ最初の頃とは180度意味が違ってきてるけどね…」

P「なんか色々あるみたいだな」

泰葉「そこで実際に体験したくお呼びしました」

有香「押忍!」ビシッ

P「待って!」

有香「本日は女子力を高める事が出来ると聞き、参りました!」

杏「有香で壁ドン……あっ」

泰葉「Pさん、早速準備をお願いします」

P「え?俺!?」

杏「頑張れプロデューサー。骨は拾ってあげる」

イヴ「楽しみです〜」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 02:23:17.01 ID:2qc9+E94O

P「………泰葉。俺が流行りの方の壁ドンしてあげるから、これやめない?」

有香「プロデューサー、喋っていると舌を噛みますよ」カマエ

P「お、おう…」

有香「コオォォォォ……」

杏「ゴクリ」

イヴ「わくわく」

有香「参ります!せいっ!はっ!」

ドゴォッ!

パラパラ…

有香「………ふぅーーーっ」ビシッ

P「…………」ガタガタ

P「なあ、俺生きてる?」

杏「うん。一応…」

泰葉「おや?壁ドゴになりましたね」

P「そういう問題!?」

有香「これで女子力が上がるのでしょうか」

泰葉「間違いないです」フフッ

杏「………まいっか」

P「よくねえよ!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 02:31:41.14 ID:2qc9+E94O

『リリカル・トカレフ…』


杏「と言うわけで、プロデューサーによる壁ドン講座〜」

イヴ「わ〜」パチパチ

有香「押忍…じゃなくて、はい!」

泰葉「えっと…壁際に立てば良いんですか?」

杏「そうそう」

P「マジでやる事になるとは…」

イヴ「カメラおっけーですぅ!」

杏「さあプロデューサー!」

P「はぁ…じゃ、いくぞ」

泰葉「はい」

杏「あま〜い台詞も忘れずにね」

P「はいはい」

P「……………」ドン!

泰葉「っ!」ビクッ

P「そろそろマジm…イタタタタ!」

杏「えっ?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 16:46:19.87 ID:2qc9+E94O

P「痛い痛い!え?なんで?なんで指捻り上げられてんの!?ちょ、泰葉、ストップストップ!」

有香「すごい!まったく見えませんでした!」

泰葉「……………」ミシ…ミシ…

杏「泰葉?泰葉?」ユサユサ

泰葉「…………ハッ」パッ

泰葉「すいません、つい…」

有香「なるほど!壁際に追い詰められ、絶体絶命の窮地から指の関節を取り攻守を逆転させる!これが壁ドンなのですね!」

P「違うから!ってか、急にどうした?泰葉」

泰葉「思わず昔を思い出しまして…」

杏「昔?あ、あー……」

泰葉「と言っても、昔通りすがりの女の子から教わったこの技で全てくぐり抜けてきましたが。なんでも王者の技だそうですよ」

P「どんな王者だよ!」

杏「に…肉体言語…?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 17:45:00.40 ID:2qc9+E94O

『年中無休!安定供給!』


泰葉「みかんが切れました…」

杏「給湯室は?」

泰葉「これが最後のひと箱でしたので…」

P「相変わらず単位がおかしい」

イヴ「じゃあ今日はもうなしですかぁ?」

泰葉「いえ……」ポパピプペ

P「電話?……またキャシーか」

杏「すっかり上得意様だねぇ」

泰葉「はい………すぐ来てくださるそうです」

イヴ「わ〜い!」

ガチャ

芽衣子「やっほー!キャシー柑橘便だよー!」

P「……芽衣子ぉ!?」

芽衣子「げっ。プロデューサー…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 17:59:08.14 ID:2qc9+E94O

P「なんでお前が来てんだよ!」

芽衣子「いやー、社長が漫才のネタ合わせに忙しいらしくて……あ、ここにサインしてね」

泰葉「はい………料金はいつも通りで」

芽衣子「どもー………じゃ、私はこれで!」シュタッ

P「おい待て」ガシッ

芽衣子「……ですよねー」

P「色々ツッコミどころがありすぎて……とりあえず、社長って?」

芽衣子「キャシーちゃん」

P「漫才ってなんだ?」

芽衣子「エリキャシーで次の漫才グランプリに出るとか…」

P「初耳だぞおい!」

泰葉「それは録画しなくてはいけませんね」ウキウキ

P「あいつらはぁ…!」

杏「相変わらず自由だねぇ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:09:58.49 ID:2qc9+E94O

『フォンデュ』


泰葉「今日はチーズフォンデュですよ」

イヴ「おお〜!」ワクワク

P「チョコよりはまだマシか…」

杏「例の如く土鍋だけど…」

泰葉「バレンタインの時にイヴさんが気に入ったみたいでしたので」

イヴ「くるくるするの楽しいです〜」

P「そしてまたある煎餅…」

杏「チーズせんもあるっちゃあるけど…」

泰葉「さあ、食べましょうか」

イヴ「は〜い!」

P「今日は米はないよな?」

泰葉「はい。同じ失敗はいたしません」フンス

泰葉「それとも今度こそいりましたか?」

P「いや、大丈夫!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:44:32.50 ID:2qc9+E94O

P「チーズフォンデュとか久しぶりだな」

杏「まあ普通に過ごしてたら食べる機会なんてめったにないよね」

イヴ「くるくる〜」

泰葉「ふふっ。イヴさん、そのままゆっくりあげてみてください」

イヴ「は〜い………ふわっ!すご〜い!チーズがうにょーんってのびてます!」キラキラ

泰葉「鍋の上でもくるくるしてチーズを巻き取ってくださいね」

イヴ「は〜い!くるくる〜」

P「こんな伸びるものだっけ?」

杏「知らないけど、納豆並みだね」

イヴ「はむっ……おいし〜!」

泰葉「この為に厳選してミックスしましたから」フフッ

P「相変わらず変な所で凝り性だな…あ、本当に美味い」

イヴ「うにょ〜ん」クルクル

P「……まあ、楽しそうだからいいか」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 22:37:05.66 ID:2qc9+E94O

『比奈祭り』


泰葉「とりあえずお呼びしました」

比奈「いや、何にも聞かされてないんスけど…」

杏「今日は3月3日だからね。仕方ないね」

比奈「ああ、そういう事ッスか…。てかこのネタ去年やったッスよね?」

泰葉「同じネタは三回まで良いんですよ?」

比奈「どこの芸人ッスか…」

イヴ「このお人形さん綺麗ですね〜」

泰葉「はい。少し頑張ってみました」

比奈「えっ!?この雛飾り泰葉ちゃんの私物ッスか!?」

泰葉「製作期間2週間の力作です」ドヤッ

比奈「まさかの手作り!?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 22:51:58.23 ID:2qc9+E94O

比奈「ほえー。店で売ってるのと遜色ないッスねぇ…」

泰葉「色々手抜きはしてるんですけど…。このサイズなら意外と簡単ですよ?」

比奈「泰葉ちゃん!今度一緒にイベント出ませんか?」

泰葉「私でよければ」フフッ

杏「んー?」

イヴ「どうしましたか〜?」

杏「この2体の顔、どこか見覚えがあるような…」

泰葉「分かりますか?」

比奈「ふむふむ…あっ。このお雛様、もしかして泰葉ちゃんッスか?」

泰葉「はい♪」

杏「確かに前髪パッツンだ。じゃあこのお内裏様は…プロデューサー?」

比奈「言われてみれば…。細かいッスね…」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 23:27:12.53 ID:2qc9+E94O

『リスとヒツジと…』


乃々「もりくぼです…」

杏「うん…」

イヴ「お茶どうぞ〜」コトッ

乃々「おかまいなく…」

P「泰葉は?」

乃々「交代して、と言われまして…」

P「交代?」

乃々「はい。岡崎さんは現在机の下にいます…けど…」オチャオイシイ

P「ああ、そう言う…」

乃々「帰っていいですか?」

杏「いいですか?」

P「ダメ」


泰葉「おかざきですけど…」フフッ

輝子「きょ、今日は乃々ちゃんじゃないんだな…」

泰葉「はい。よろしくお願いしますね♪」

輝子「お、おう」フヒッ


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 23:40:44.36 ID:2qc9+E94O

まゆ「それでぇ、この針をこう…」アミアミ

泰葉「ふむふむ…」アミアミ

まゆ「そうそう。後はこれの繰り返しですねぇ」アミアミ

泰葉「こう来て…こう?」アミアミ

まゆ「うふふぅ。泰葉さん上手いですよぉ」アミアミ

泰葉「ふふっ。有難うございます」アミアミ

まゆ「でも今からで間に合いますかぁ?」アミアミ

泰葉「頑張ってみますが…間に合わなければ次の冬までにうんと長くして二人用でも良いかもしれませんね」アミアミ

まゆ「それは素敵ですねぇ」アミアミ

泰葉「憧れますよね」アミアミ

まゆ「二人を繋ぐ紅いマフラー…。まゆもそうしてみましょうか〜」アミアミ


P「あれ…?何か胃が痛い…?」キリキリ

杏「何か変なものでも食べたの?」

P「いやいや…子供じゃないんだから…」

乃々「胃薬いりますか?」

P「ああ、ありがと…」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 01:02:02.63 ID:yZeICXeMO

杏「そういえば、泰葉とまゆって身長とかサイズとかほとんど一緒なんだよね…」

P「うん?」

杏「で、更に言うと泰葉のが1cm大きいうえに重いんだよね…」

イヴ「何のお話ですか〜?」

杏「…………あの差はどこからきてるんだろうか…」

乃々「話が見えないんですけど…?」

P「ほら、筋肉の方が重いって聞くし…」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 01:00:27.29 ID:wQS1yva4O

『あくまで夢のお話』 


泰葉「ただいま戻りました…」

P「おう、お疲れ」

杏「おかー」

イヴ「えりなさ〜い」

泰葉「ふふっ」トコトコ…モゾッ

P「………泰葉?」

泰葉「はい?」

P「なんで帰ってきて早々俺の膝に座るのかな?」

杏「流れる様な動きだったね」

イヴ「仲良しさんですね〜♪」

泰葉「ダメですか?」

P「いや、ダメって言うか…」

泰葉「前はPさんの方から座らせて、離さなかったじゃないですか…」

P「は!?」

杏「なに!?いつの間にそんな面白そうな事を!?」

P「待て待て待て!そんな事した記憶ないぞ!?」

泰葉「まあ、夢の話ですけれど」

P「夢!?」

杏「なんだ夢か…。プロデューサーの甲斐性なし」

イヴ「どんかん?」

P「お前らは俺をどうしたいんだよ…」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 01:13:34.68 ID:wQS1yva4O

イヴ「それで他には何かしたんですか〜?」

泰葉「そうですね…」フム

P「その前にどいて」

泰葉「嫌です」

P「ああ、そう…」

泰葉「撫でられたり抱きしめられたりは基本でしたね」

P「基本!?」

杏「やるじゃん」

P「俺じゃないけどな」

泰葉「あと、私の頭に顎を乗せてお仕事してました」

P「確かに丁度良さげな位置にはある…」

泰葉「やってみますか?」

P「……興味は出てきたけど」

泰葉「ふふっ。いつでもどうぞ。あと…」

P「えっ、まだあるの?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 01:26:15.93 ID:wQS1yva4O

泰葉「ソファーに移る時はPさんに抱きかかえられて移動しましたね」

P「なんだそれ?」

泰葉「本物のお人形になった気分で複雑でしたが、あれはあれで幸せでした」

P「あ、はい」

泰葉「それでPさんのお手製クッキーをあーんして貰って…」

杏「へー」ニヤニヤ

P「クッキーとか作った事ないぞ」

泰葉「結局食べきるまで続きました」

P「最後まで!?」

泰葉「ふふっ。楽しかったですよ。ね、Pさん♪」

P「いや、だから夢の話だよな」

泰葉「Pさんなら、今言った事全部やっても良いんですよ?」ウワメヅカイ

P「き……気が向いたらな」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 02:20:12.12 ID:wQS1yva4O

『カッコガチ』


杏「プロデューサー、ホワイトデーどうするの?」

P「どうするかなぁ…」

泰葉「ふふっ。楽しみにしていますね」

P「いや、流石に手作りとかは無理だからな?…多分どこかで適当に買ってくるとは思うけど…」

杏「プロデューサーさぁ…」

P「俺に多くを望むなよ…」

泰葉「適当…」

P「泰葉?」

泰葉「そう…ですか。私はPさんの為に色々頑張ったんですけれど…」

杏「あれ?また変なスイッチ入った?」

泰葉「ねえ、Pさん。私ってその程度の存在だったんですか?」ホロリ

イヴ「泰葉さん、泣いちゃ駄目ですよぉ」ヨシヨシ

泰葉「うぅ…。イヴさぁん」メソメソ

杏「ちょっとプロデューサー?」

P「ああ、もう…」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 02:36:30.85 ID:wQS1yva4O

イヴ「なでなで」ナデナデ

泰葉「めそめそ」チラッ

P「んっ?まさか…」

杏「プロデューサーさいてー」ジトー

イヴ「も〜!メッですよ〜!」

P「泰葉、俺が悪かったから。な?ちゃんと色々考えるから。それに、杏ならともかく泰葉をどうでもいいなんて思った事一度もないから」ナデナデ

泰葉「よよよ…」メソメソ

杏「杏はどうでもいいとな!?」

P「ほ、ほら。泰葉の欲しいものできる範囲で用意するから」

泰葉「本当ですか?」ガバッ

P「やっぱり嘘泣きだったか…」ハア

杏「おっ。プロデューサー気付いてた」

P「いい加減な。まあ、俺も失言ではあったけど…」

杏「成長したねぇ」シミジミ


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 02:49:25.33 ID:wQS1yva4O

泰葉「ところでPさん、さっきのお話は本当ですか?」

P「できる範囲でだからな。あんまり高いのは無理だぞ?」

泰葉「ふふふふふ」ニコー

P「や、泰葉…?」イヤナヨカン

泰葉「大丈夫です。お金はかかりません」

P「うん?」

泰葉「えーっと」ゴソゴソ

泰葉「これに署名とハンコをいただければそれで構いません」

P「これは…」

杏「婚姻届…?」

イヴ「わ〜い。おめでとうございます〜♪」パチパチ

泰葉「さあ、ちゃちゃっと!」

P「いやいやいやいや」

泰葉「さあ!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 03:09:34.95 ID:wQS1yva4O

杏「で、実際の所何か考えてるの?」

P「どうしよう…?」

杏「杏に聞かれても…。マジでアレにサインしちゃえば?」

P「いや、流石にそれは…。ったく、他人事だと思いやがって…」

杏「他人事だし。それに、どうでもいい杏の意見なんてどうでもいいでしょ」

P「あれ?根に持ってる?」

杏「知らなーい」

P「そもそもどこからアレ入手したんだろ…」

杏「ああ、和久井さんから貰ったらしいよ」

P「………なんであの人持ってんの?」

杏「さあ?」

P「………追求しない方がいいかな」

杏「だろうね」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 14:26:46.68 ID:syafULnl0

『きょうはおじょうさま!』


薫「泰葉ちゃーん!」ドーン!

泰葉「?……あ。薫ちゃん!」ギュー

薫「えへへ。泰葉ちゃん、どう?どう?」クルクル

泰葉「ふふっ。薫ちゃん、今日はオシャレさんだね」ナデナデ

薫「似合うかなぁ?」

泰葉「うん。可愛いね」

桃華「薫ちゃん、違いますでしょう?」

薫「あ!そうだった!」

泰葉「ん?」

薫「えっとえっと…あ!泰葉ちゃ…泰葉さん、ごきげんよー!」ペコリ

泰葉「ふふっ。ごきげんよう」ペコリ

薫「桃華ちゃん、これでいい?」

桃華「ええ。上出来ですわ」ウフフ

薫「わーい!」ピョンピョン


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 14:36:38.04 ID:Ku5An8ig0

泰葉「でも突然どうしたの?」

薫「かおるね、こんどおしばいでお嬢さまやるんだよ!」

泰葉「そうなんだ。それでごきげんようなんだね」

薫「うん!それでね、琴歌おねえちゃんのお家でがっしゅくするんだけどね!」

泰葉「それは楽しそうだね」

薫「でしょ?あいおねえちゃんと晶葉ちゃんといっしょなんだよ!」エヘヘ

桃華「それで、行く前に一先ずわたくしが出来る範囲でお教えしようと思いましたら…」

薫「泰葉ちゃんを見つけました!」ペカー

泰葉「じゃあこれから桃華ちゃんと猛特訓するんだ」

薫「そうなの!泰葉ちゃんもいっしょにやろー?」

泰葉「え?私も?うーん」

桃華「薫ちゃん、流石に泰葉さんにもご都合がありますし…」

泰葉「やろっか♪」フフッ

薫「わーい!」ヤッター

桃華「よろしいんですの?」

泰葉「うん、勿論いいよ。私も薫ちゃんの為に一肌脱ぐね」ナデナデ

薫「泰葉ちゃん、ありがとうございまー!」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 14:43:18.98 ID:Ku5An8ig0

泰葉「でもその前に…」

薫「?」

泰葉「桃華ちゃん」

桃華「はい?」

泰葉「ぎゅー!」ギュー

桃華「ひゃっ!突然どうされましたの?」

泰葉「最近桃華ちゃん達と遊べてなかったから、桃華ちゃん分を補充しようかなって?」ギュー

桃華「意味わかりませんわ!」

薫「かおるも!かおるもするー!」

泰葉「もちろん薫ちゃんもぎゅー!」ギュー

薫「ぎゅー!」ギュー

桃華「…もう///」ギュー


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 14:50:19.98 ID:gGvwo8tD0

『梅見』


泰葉「おはようございます♪」

P「おはよ」

イヴ「おはようございます〜」

杏「おはー。なんか今日は遅かったね」

泰葉「はい。すこし寄り道してまして…」モゾモゾ

P「寄り道?」

泰葉「はい。事務所からちょっと行った所に梅が綺麗に咲いてましたので」ミカン

イヴ「梅ってあのすっぱいのですかぁ?」ミカ-ン!

泰葉「ふふっ。そっちではなくて花の方ですよ」オセンベ

イヴ「梅干しの花…???」センベー!

P「あれ?知らないか」

泰葉「今度一緒に行きますか?」

イヴ「わ〜い♪」

P「ふむ…」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:04:59.80 ID:gGvwo8tD0

P「泰葉、その場所って俺知らないんだけど近く?」

泰葉「はい。ちょっと奥まった所ですから分かり辛いですが…」

P「じゃ、これから行く?」

杏「は!?」

イヴ「良いんですか!」

P「急ぐ仕事も無いし、お前らも暇だろ」

イヴ「やった〜♪」

泰葉「良かったですね」フフッ

P「泰葉は来たばっかりで悪いけど…」

泰葉「いえいえ」

杏「ねえ、これ杏も行く流れ?」

P「来たくなきゃ来なくてもいいぞ?」

イヴ「杏さんも行きましょうよ〜」

杏「…行くけどさ」

P「よし。途中コンビニで何か買って行くか」

杏「プロデューサーの奢りで」

P「……良いけど」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:15:29.49 ID:gGvwo8tD0

泰葉「とうちゃく〜♪」

イヴ「ふわあぁぁぁ!」キラキラ

P「おー。見事に咲いてるなぁ」

杏「こんな所があったんだねぇ」

泰葉「ふふっ。私もお散歩中に偶然見つけたんですけどね」

イヴ「ブリッツェン、凄いね〜!赤とか白とかピンクとか!綺麗だよ〜!」

ブリッツェン「ブモン♪」

イヴ「あっちも行ってみよ〜!」

P「あんまり離れるなよー!」

イヴ「はーい♪」

杏「はしゃいでるねぇ」

P「気持ちは分かるけどな」

泰葉「ふふっ。私達も行きますか?」

P「…明日が怖いからやめとく」

杏「杏もパス」

泰葉「そうですか…」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:26:22.10 ID:gGvwo8tD0

泰葉「梅もいいですけれど…」

P「ん?」

泰葉「去年は行けませんでしたから、今年はお花見に行きたいです」

杏「桜?」

泰葉「はい」

P「そうだなー。今日みたいなついでじゃなくて時間作って行くか」

泰葉「ふふっ。楽しみにしてますね♪」

イヴ「泰葉さ〜ん!あっちに満開のおっきい木がありましたよ〜!」ピョンピョン

泰葉「それは知りませんでした!」ワクワク

泰葉「ちょっと行ってきますね」

P「ん。ほら、杏も行ってこい」

杏「えー」ダルイ

泰葉「杏さん、行きましょう」グイー

杏「ああ、はいはい」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:31:53.38 ID:gGvwo8tD0

ー事務所ー

ちひろ「プロデューサーさん、この書類にサインを〜……あら?いない」

輝子「ぴ、Pなら、いつもの面子で何処か行った…よ」

ちひろ「そうなんですか?」

乃々「梅を見に行く、とか言ってました…けど…」

ちひろ「………仕事中になにやってるんですか、あの人は…」ハァ

ちひろ「これは帰ってきたら『お話』しないといけませんねぇ」ウフフ

輝子「ひっ…」ビクッ

乃々「むぅーりぃー」ガタガタ


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:34:13.30 ID:gGvwo8tD0

泰葉「おー。確かにすごいです」

イヴ「ですよね〜♪」

杏「うん。綺麗綺麗」



P「はー………平和だ…」ボー


おわる


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:37:03.94 ID:gGvwo8tD0

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
相変わらず内容が無い内容ですね、うん
次は何をさせようかしら…


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 15:52:51.34 ID:uHAVdJeG0

かわいいから大丈夫だよぉ
乙です





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿