TOP > ミリオンライブ! > 【モバミリシャニマス】すきやきは大好き?

【モバミリシャニマス】すきやきは大好き?

1: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)16:49:11 ID:Fvn

――765プロ

周防桃子「……ふぅ」

(なんで……)

(何時からだろう、こんな気持ちになったのは……)

(何となくつけっぱなしのテレビから何か言ってるのはわかる)

(でも頭には入ってこない……)

――そうやって一人黄昏れる少女

(たまたま近くにいる男の人だったから?)

(桃子のプロデューサーだから?)



(でも……やっぱり……お兄ちゃんが)



「……好き」


2: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)16:55:02 ID:Fvn

ミリP(以下P)「そうか、今日はすき焼きをやるのか」ニュッ

桃子「え……」



「うっぎゃー!!」

P「おわっ?!」

桃子「お、お兄ちゃん……?い、い、今の……」

P「あぁ?うん。聞いてたよ」

桃子「な、な、な……」

P「すき焼きだろ?今日のメニューは」

桃子「は?」



『千枝「唯と」』

『唯「千枝の」』

『二人「ぽてとまっしゃー料理帖!」』



桃子(て、テレビだったんだ……よかった)


3: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:00:01 ID:Fvn

大槻唯「ということで、今日のゲストは」

佐々木千枝「ストレイライトの皆さんです!」



ワーワー

芹沢あさひ「どうも、よろしくっす」

黛冬優子「わぁ、ふゆ。いつも楽しみにして見てましたぁ」

和泉愛依「どうも……」←ミステリアスなう



唯「あははは……」

千枝「どうかしましたか?」

唯(愛依ちゃんも冬優子ちゃんも、化けの皮をかぶっててやりにくいよー)


4: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:03:35 ID:Fvn

あさひ「今日はすき焼きって聞いてたんで楽しみっす!」

冬優子「でもぉ、関西風とか関東風とかあるんですよねぇ?」

唯「あはは……えっと今日のは、(19)28年の本に乗っていたレシピを採用したからねっ♪」

愛依「(平成)28年……?」

あさひ「新しいっすね?斬新っす!」

千枝「では作り始めますね」


5: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:13:34 ID:Fvn

唯「まず、玉葱を輪切りにしてフライパンで牛脂で炒めるよ☆」

ジュージュー

あさひ「うわぁ、本格的っす!」

冬優子「割下じゃないから関西風なのかな?」

千枝「で、火が通りましたら取り出しておきます」

ストレイライト「??」

唯「次に、厚めに切った牛肉を一枚ずつ並べて同じ用に炒めるね♪」

ジュージュー

千枝「牛脂が手に入らない場合はバターで代用してください」

唯「それで、炒め終わったら玉葱と一緒にお皿に盛りつけて、醤油かソースで頂いちゃおう!」



冬優子「えっと……これって」パクパク

あさひ「ただの牛肉の炒め物っす」パクパク

愛依「しかも、下味無し?」パクパク



あさひ「あ、でもこのソースおいしいっす!」

唯「でっしょ!ゆい達の手作りなんだ」

冬優子「えっ!?ソースまで手作り?」

愛依「マジ、ヤバいな……」

千枝「ソースの作り方は番組の最後でお知らせしますね」


6: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:23:44 ID:Fvn

唯「他にも(昭和)29年に雑誌付録にあった『家庭料理の作り方』にあった有名人のお家のすき焼きだよ!」

千枝「ある野球選手の考案だそうで……まず牛肉のロースとキャベツのざく切をフライパンでバターで炒めて」

ジュージュー

愛依「キャベツ……?」

唯「そしたら、砂糖を入れます」

サッ

冬優子「も、もしかして、味付けってこれだけ?」

千枝「はい。でもこれだけではなくて、小鉢に大根おろしと玉子の黄身を入れてポン酢を入れて掻き交ぜます」

あさひ「なるほど。これにさっきの肉を入れるんすね」

唯「せいかーい!」

千枝「では皆さんどうぞ」



愛依「あふあふ、けっこういける……」パクパク

あさひ「おかわりっす!」ペロリ

冬優子「バターの塩分とお砂糖でこんな味に……」



あさひ「おいしいけど、これってすき焼きっすかね?」パクパク

唯「まぁ、好きに作って食べるからすき焼きなんだよ、きっと♪」


7: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:32:21 ID:Fvn

…………
……

P「そうか、なんでも好きなのを調理するからすき焼きか……うまいな」

桃子「うん……」

(お兄ちゃんも、好きな人にはどんな笑顔を見せるのかな……)

(もし……それが桃子なら)

(今すぐ見せて欲しい……)



(でも……)


8: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:40:18 ID:Fvn

桃子(桃子……まだ子供だからそんな目では……)

(だからこの気持ちも……いつかは)

ジワァ

(や、やだ。涙が……)ゴシゴシ



P「桃子?」

桃子「あ……(///)」

(やだ……見られて…たの…)

P「大丈夫……か?」

桃子「うぅ……」モジモジ

(そんな目で……やさしい目で、桃子を見ないで……)

(そんなに見られちゃうと……『私』は……)

(もう……がまん…)



桃子「お…兄…ちゃん」ジリジリ

P「も、桃子……?」

チュッ

P「んっ!?」

桃子「お兄ちゃん……好きだよ」

(こい……しちゃうんだから)


9: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:47:51 ID:Fvn

桃子(構って欲しいからって、わざと冷たくしてはぐらかしたりしたり)

(アプローチかけたりして勘違いみたいな感じにさせたりして気を引いて一人で期待したり……)

(こんな子供……お兄ちゃんはどう思う?)



(だけど、今の桃子では……これが『私』の精一杯)

(いつも正面から好きだって言いたいだけなのに……)

「…………ごめんなさい」

P「あ……桃子?そのな……」

桃子「好きになって……ごめんなさい……」

「だから、今の無し!無しなんだから!!」

P「桃子っ!」



ギュッ

桃子「あ……」


10: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:54:36 ID:Fvn

P「……すまん。そんな風に思ってくれていたなんて」

桃子(…………うん、わかっていた)

(でも、実際に言われると……頭からすごい血が引いているような感覚)

(まるで血を抜かれているよう……)

P「だから……その」

桃子「もう……いいよ」

「桃子はアイドルで、お兄ちゃんはプロデューサーだから……」

「それに桃子はまだ子供だから、手を出しちゃうと逮捕されるだけだし」

「けど」ツンッ

P「え……と」





桃子「お断りの返事は7年先まで待ってあげるよ」

「それまでに、フったことを後悔させるだけのレディになってあげる」

(……それだけ本気なんだからね」


11: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)17:58:35 ID:Fvn

P「……あぁ、わかった。これからもよろしくな」

桃子「うんっ!」









P「なんて言ってたのが7年前か」

桃子「うん……」

P「はぁ……初めて抱いた時に気をつけていたつもりだったけど」

桃子「うん……Pって鈍感だからね」

P「……じゃあ、桃子の実家へ挨拶に行かないとな」

桃子「うんっ!」



「親子共々、これからずっと大好きだからねっ!」

おわり


12: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)18:05:19 ID:Fvn

おまけ

――番組終了後

あさひ「いやぁ、ハンバーグの時といい、千枝ちゃんはやっぱり頼りになるっすね」

冬優子「あん時は、あさひが響子ちゃんの絵をけなしたからでしょ!」

愛依「まぁまぁ……」



唯「やっはろー」

千枝「お久しぶりです」

あさひ「千枝ちゃーん!」ダキッ

千枝「きゃっ」

冬優子「あさひ!その誰かれ抱き付くのはやめなさい!」

愛依「まぁまぁ、それより唯ちゃんも久しぶりじゃん」

唯「そだねー、先々月にカラオケに行った以来だねー☆」

冬優子「あら?二人はそんな仲だったの?」

唯「うん、美嘉ちゃんや恵美ちゃんも一緒だよー♪」

愛依「マジヤバ埼玉シスターズってね」

冬優子「うわぁ……」ドンビキ


13: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)18:09:58 ID:Fvn

唯「あー、そんなコト言う~?」ガシッ

愛依「ちょっと付き合ってもらわないとね~?」ガシッ

冬優子「え?な、何を?!」アタフタ





唯「も~、取って食うわけじゃないから、緊張すんな♪」

愛依「軽く朝までカラオケに付き合ってもらうだけじゃん☆」

冬優子「うわぁ……」







――この後、逆に冬優子のアニソンメドレーで撃沈された二人であった

おしまい


14: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/02(土)18:11:43 ID:Fvn

あくまで桃子とくっつくのは今回の次元であり、今後どうなるかは作者の記憶力次第です



では、皆様にいちごの入ったすき焼きを


15: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/03(日)01:10:38 ID:ZZV

ソースの製法(陸軍、軍隊調理法より)
材料
醤油1リットル、塩75g、氷酢酸50ミリリットル、胡椒8g、丁字末10g、唐辛子粉4g、屑野菜400g、赤砂糖220g、煮出汁若干、水1.8リットル

調理
屑野菜は薄く細に刻み置く
鍋に醤油と水とを入れ煮出汁、屑野菜、玉葱、唐辛子、砂糖、塩を入れ文火にて時々攪拌しつつ1,2時間(野菜がドロドロに溶ける迄)煮沸し布にて絞り漉す
漉したるものに酢酸、丁字末、胡椒を加え一沸して卸し、冷めたる後瓶に詰むべし



玉葱はどこから出てきたやら?


16: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/03(日)01:24:20 ID:ZZV

同じく海軍の香味醤油の作製法

材料
玉葱400g、人参400g、生姜110g、唐辛子6本、大蒜50g、塩200g、黄ザラ(砂糖)400g
醤油3デシリットル、酢3デシリットル、粉胡椒8g、桂皮末10g、チョージ末4g、ニクズキ2g、セージタイムルリー三種計40g

製法
玉葱人参生姜は薄く切り、唐辛子は細かく刻み、この4種の材料を鍋に入れ水2.4リットルを入れ静かに煮
野菜が溶けるようになったらザルで漉し、その汁を鍋に入れその中に砂糖塩醤油すり卸した大蒜胡椒桂皮末チョージ末ニクズキセージタイムルリーを入れ
煮立てて酢を加え火から下ろし、そのまま蓋をして24時間位おき布巾で漉す



ちなみに陸軍でも肉桂末や薄荷を使えとか、煮出汁(煮干)の代わりに貝類や獣骨の煮出汁を使えとあります

ちな、チョージ(丁字)はクローブ、肉桂はシナモンです


17: ◆Vysj.4B9aySt 19/11/03(日)01:31:20 ID:ZZV

あと、作中のあさひと響子の経緯は

【モバマス】千枝「今夜の夜食は」ネネ「食べ過ぎ注意ですよ」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1536416626/603-612
参照

(まぁ、あさひが響子の絵をストレートに評価し過ぎたので「タニタ」されました……と)





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿