TOP > アイドルマスター > 伊織「ちょっと!オレンジジュースは100%果汁って言ったでしょ!」冬馬「すまねぇ!」

伊織「ちょっと!オレンジジュースは100%果汁って言ったでしょ!」冬馬「すまねぇ!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:26:56.385 ID:iEj0JSr40.net

伊織「本当つかえないわね!仕事無くなってウチで使ってあげてるんだから感謝しなさいよね!」

冬馬「くっ」

伊織「大体、すまねぇって何よ」

冬馬「あ……?」

伊織「すみませんでした、でしょ!」

げしっ!げしっ!

冬馬「す、すみませんでした……!」

伊織「もういいわ、先に行くからアンタは楽屋片付けてから来なさい」

冬馬「は、はい……!」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:27:52.213 ID:whtoRxJr0.net

俺も蹴られたい


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:29:45.837 ID:iEj0JSr40.net

バタン!

冬馬「……」

どんっ!

冬馬「アイドルを辞めてから765プロに拾われてマネージャーとしての毎日……」

冬馬「コキつかれては、罵倒される日々……」

冬馬「こんなの……」

冬馬「こんなの……!」


冬馬「最高じゃねーかぁ!!!」

どぴゅっ!


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:34:10.806 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「しまった、いおりんのまた私服に射精してしまった!?」

冬馬「今度こそ確実に解雇されるっ!?」

冬馬「どうする……どうすれば……」

シコシコ

冬馬「そ、そうだ!他のアイドルの楽屋にも行ってアイドルの私物にぶっかければ、特定されない筈!善は急げだぜっ!」

ガチャッ!バタン!

キャー ナンデカハンシンハダカナンデスカー タスケテー ジュピター!?


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:37:51.741 ID:iEj0JSr40.net

――――

伊織「またやったわね……」

冬馬「すまねぇ……」

伊織「すまねぇじゃすまないわよ!」

冬馬「す、すみませんでした!」

伊織「そういう問題じゃなーい!876プロ、346プロ、コダマプロ各所方面から訴えられてもおかしく無いんだからね!水瀬の力を使わなかったら!」

冬馬「はい、伊織様のおかげです!」

伊織「私のイメージまで下がるのよ!?分かってんの!?」

冬馬「そんな!いおりんのドスケベなイメージは下がらないぞ!」

伊織「そんなイメージ無いわよー!」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:42:27.420 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「いいや、自分を卑下するなよ!いおりんのおでこは最高にドスケベだぜ!」

伊織「もういいわ……アンタ当分私の担当外れて貰うから……」

冬馬「そ、そんな……!?いおりんじゃなかったら誰の担当に……!?」

伊織「千早よ」

冬馬「あ、あんまりだぜ!それは無いだろ!酷すぎる!あんまりだぜ!頼む!それだけはっ!」

伊織「決定よ」

冬馬「そん……な……」

どぴゅっ!

伊織「って、なに人のオレンジジュースの中に変なモノ出してんのよっ!この変態っ!」げしげしっ!

冬馬「出し納めにっ……すみませんっ!」ぴゅるっ!


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:45:57.374 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「おい、如月……次の現場に行くぞ」

千早「ええ……」

冬馬「何そんなに離れてんだよ」

千早「いや……あなた自分の評判知ってるの?」

冬馬「安心しな、お前じゃ俺を半勃起すらさせられねぇよ」

千早「そう、よかったわ」ピキピキ


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:49:21.335 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「はぁ……やってらんねぇぜ、いおりんのおでこが恋しい……」

AD「それでは如月さんリハ入りまーす」

冬馬「いおりんの待ち受けでも見てエア射精にでも興じるか……」

千早「始まる……」

冬馬「って、写メ全部消されてるじゃねーか!水瀬の力かぁーっ!」

千早「冷めたアスファルト人波掻いて モノクロのビル 空を隠した」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:51:39.301 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「だめだ……いおりん成分が足りねぇ……」

千早「勝手な信号 標識の群れせめてこの手で貴方を描く」

冬馬「あれ……」ムクムク

千早「ミライハオワリノミチ嘆くセイジャが説けば」

冬馬「な……なんだ……!?」ムクリ

千早「すぐ抱きしめてくれただけどどうして泣くの」

冬馬「こ、これはっ!?」ボッキーン


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:55:44.814 ID:iEj0JSr40.net

千早「inferno」

冬馬「うっ!?」どぴゅっ!

千早「全て燃える愛になれ赤裸に今焦がして私が守ってあげる」

冬馬「まさか如月千早の歌の力かっ!?」

千早「inferno」

冬馬「ああっ!?」どぴゅっ!

千早「全て燃えて灰になれそれがこの世の自由か貴方が微笑むなら愛じゃなくても」

冬馬「如月千早の歌は人々を射精させる為の歌……」

千早「愛してる~!」

冬馬「ドスケベソングだったのかぁ!」どぴゅるるる!


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 21:59:06.550 ID:iEj0JSr40.net

AD「お疲れ様でしたー本番もよろしくお願いしまーす」

千早「はい」

冬馬「如月ちはやぁぁああ!」ドタドタ

千早「えっ、何!?くさっ!」

冬馬「お前の事誤解してたぜ!お前の歌は最高だ!」

千早「あ、ありがとう……」(臭いわね……何の臭いかしら)

冬馬「おまえの歌……いや、ドスケベソングは歌にあらず!素晴らしいオナニーグッズだっんだな!」ぴゅるるっ

千早「は……?」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:02:11.348 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「くそっ……せっかく如月千早の良さに気付いたばかりなのにまた担当を変えられるのか……!」

真「頼むから変な事だけはしないでよ」

冬馬「お前みたいな男女に欲情なんてするかよっ!鏡見ろっ!」

真「ふんっ!」

ドゴォォオオオオ!

冬馬「ぐはぁぁああああっ!」

冬馬「あっ」

どぴゅっ!


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:06:57.152 ID:iEj0JSr40.net

――――

雪歩「あばばばば……」((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

冬馬「安心しろよ、ナニもしねぇから……最近気付いたんだけど、俺はドMみたいなんだ」

雪歩「お、男の人……!」((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

冬馬「だから、ナニもしねぇって!信用ねぇな……俺はドぎついドMだから安心しろよ」

雪歩「ひぃぃ……男の人の中でも特にドぎつい変態だよぉ……」((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

冬馬「おいおい、あんまり震えるなよ……その振動で部屋が揺れて……」

ガタガタガタガタ

冬馬「ああっ!」どぴゅっ!


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:11:54.525 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「俺ダメみたいだ……」

響「今更気付いたのか」

冬馬「部屋の僅かな振動で射精するとか……」

響「そういう問題じゃないけどな」

冬馬「なぁ俺はこれからどうすればいいんだ!?」

響「故郷に帰ればいいぞ」

冬馬「俺は真剣に相談してるんだ!」

響「真剣にウチの事務所辞めて欲しいんだけどな」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:18:44.940 ID:iEj0JSr40.net

響「はいさーい!今日は自分の家族達とプールに来たぞー!」

冬馬「我那覇の水着姿……褐色ロリ巨乳のはちきれんばかりのボディ……」

響「ワニ子は楽しみにしてるみたいだけど、他のみんなは大丈夫かなー?」

冬馬「うーん……スケベな筈なのに興奮しないぜ……俺は本格的にヤバいのかもしれない」

AD「天ヶ瀬くんなんかブツブツ言っててヤバくない……?」ヒソヒソ

メイク「ファンだったのにショックだわ~」ヒソヒソ


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:22:54.937 ID:iEj0JSr40.net

響「よーし!みんな自分に捕まって入ってごらん!怖くないからね!」

ハム蔵「ジュイッ」いぬ美「ばふっ」モモ次郎「キュゥ」

冬馬「こ、これはっ!?」ムクムク

ヘビ香「シャー」

響「こらっ!ヘビ香!変なところに捕まるなぁ!」

冬馬「やった!獣とアイドルの絡みで興奮するなんて、俺はやっぱりノーマルだったんだっ!」

どぴゅるるる!


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:27:40.579 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「くっ!俺のNext LifeがますますTRIAL DANCEしそうだぜ!辛抱ならん!」

ガタッ!

カメアシ「えっ!ちょっと、本番中ですよっ!カメラに入らないで!」

冬馬「俺は我那覇……いやひびきんとBrand New Dayするんだぁー!」

AD「勘弁してください!」

ワニ子「ギシャァァー!」

ガジッ!

冬馬「えっ」

ディレクター「天ヶ瀬くん!?天ヶ瀬くーーーんっ!」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:33:39.655 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「まさかワニに噛まれて射精するとはなwww」

美希「近付かないで欲しいの」

冬馬「自分の才能が恐ろしいぜ」

美希「頭の中は確かに恐ろしいの」

冬馬「これはアイドルとして再ブレイクするんじゃねえのか!?」

美希「ブレイクする事になるのはプリズンになるの」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:36:41.933 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「よーし、昼飯のおにぎり出来たぞ!」

美希「おにぎりを舐めないで欲しいの。ミキはパン食べるの」

冬馬「えっ、おまえおにぎり好きだらせっかく作ったのに……」

美希「そんなイカ臭いおにぎりいらないの」

冬馬「バレてたかwwwオナニーした後手を洗わずに握った事www天才かwww」

美希「ミキは天才だからね。本当おにぎりを冒涜しないで欲しいの」

冬馬「ドスケベ中学生にそんな蔑んだ目で見られるとっ……!」

どぴゅるるる!


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:41:26.297 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「おにぎりを冒涜したのはまずかったな……」

亜美「当たり前っしょ~」

真美「てゆーか、全身ギブスだらけで良く来れたね、あまとう」

冬馬「かわいいアイドルの為だもんな!これくらいへっちゃらだぜ!」

亜美「来なくて良かったのに」

真美「だよねー」

冬馬「双子ボイスによるステレオ音声で耳レイプされてっ……」



冬馬「いくっ!」どぴゅっ!

亜美「馬鹿なんじゃないかな」

真美「馬鹿なんだよきっと」

冬馬「くぅーーーっ!」ぴゅるる!


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:45:01.779 ID:iEj0JSr40.net

――――

律子「これも……」

律子「このスペアも駄目……」

律子「これ……番組で貰ったやつ!」

律子「ああっ、プロデューサーにプレゼントされたお気に入りまで……!」





律子「なんで眼鏡が全部精液まみれなのよ……!」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:48:36.876 ID:iEj0JSr40.net

――――

貴音「なるほど……これが、ざぁめんなのですね」

冬馬「今日のは特濃だぜ!」

貴音「それでは一口……ずずっ」

貴音「これはっ!?なんと面妖な!?」

冬馬「どうです?」

貴音「喉に絡み付くような喉ごしの悪さ……そしてクセの強い苦味!」

貴音「ずるずるずるずるっ……替え玉ひとーつ!」

冬馬「へいっ!」どぴゅっ!


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:50:44.737 ID:iEj0JSr40.net

貴音「……」

冬馬「むにゃむにゃ……もう替え玉は出ませんよぉ」

貴音「……」

冬馬「あっ……お客さん、そんな直接っ!?出るっ!」

どぴゅっ!

冬馬「お姫ちんの吸引力凄いよぉ……zzz」



貴音「面妖な……」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:53:36.565 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「ママー!」

あずさ「あらあら~」

冬馬「ママおっぱい!」

あずさ「困ったわね~」

冬馬「ひぐっ……おっぱい飲みたいよぉ」

真「ふんっ!」

ドゴォォオオオオ!

冬馬「こほぉぉおおおお!」

冬馬「ああっ!」

どぴゅっ!


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:56:31.399 ID:iEj0JSr40.net

――――

冬馬「天海、俺昨日お前でオナニーしたぜ」

春香「そっか」

冬馬「すげぇ出た」

春香「ふーん」

冬馬「俺の妄想の中の天海は凄かったぜ」

春香「へぇ~」

冬馬「なぁ、聞いてるか?」

春香「聞いてるよ~」


46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:00:04.308 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「まあいいや……」シコシコ

春香「そっか」

冬馬「いいのか?このまま天海にぶっかけても?」シコシコ

春香「いいよ~」

冬馬「はい!アイドルの射精許可いただきました~!」シコシコ

冬馬「いっぱい出してね!」

冬馬「ああ出すぞ!春香!」シコシコ

冬馬「いいよ!冬馬くんっ!」

冬馬「ああっ!太陽のジェラシー!」

どぴゅっ!


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:03:56.661 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「よかったよ、はるるん」

冬馬「冬馬ったら……もう!髪がベトベトだよ~」

冬馬「ははは」

冬馬「ふふっ」



ピーッピーッ

翔太「クロちゃん……」

北斗「ステージから落ちて意識が戻ってからずっとこのままですよ!?冬馬はどうなるんです!?」

黒井「必ず助けてみせる……!だが、暫くはこの隔離施設で大人しくしてもらうしかなかろう……!」

翔太「そんな……」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:07:02.961 ID:iEj0JSr40.net

ウィーン

伊織「こら、待ちなさい!」

やよい「伊織ちゃんは来なくていいよ!」

黒井「貴様等は765プロ!?どうしてここへ!?」

翔太「やよいちゃん……」

北斗「……」

やよい「私が……私がステージから落ちそうになったのを天ヶ瀬さんが助けてくれて……ううっ……私のせいで!」


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:09:26.409 ID:iEj0JSr40.net

伊織「や、やよいのせいじゃないわよ!」

黒井「……」

伊織「ううっ……」

黒井「高槻やよい」

やよい「は、はいっ……ごめんなさい!」

黒井「貴様のせいではない!ウチのアイドルはそんな軟弱な育て方はしていないならな!」

北斗「社長……」

黒井「今回の件は冬馬の不注意でしかない!そして冬馬は必ず戻ってくる!」


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:14:01.957 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「音無小鳥っ……なんてスケベな事務員なんだっ!絶対領域にレインボー!」どぴゅっ!

伊織「でも、あれじゃあ……!」

やよい「あう……」

翔太「著名な医者も匙を投げたのにどうすれば……!」

???「助かる方法はある」

黒井「誰だ!?」





武田「そう、僕だ」


55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:19:55.476 ID:iEj0JSr40.net

黒井「貴様はオールドホイッスルの武田蒼一!」

武田「彼を助ける方法ならある……そう、アイドル医療法だ!」

伊織「なによそれ……」

武田「このような例は過去にもあってね……」

武田「献身的に女性アイドルが語りかける事によって現実の世界に引き戻すんだ」

武田「それがアイドル医療法さ」

伊織「ただの精神論ていうか根性論じゃない!」


56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:24:18.141 ID:iEj0JSr40.net

武田「いいや……アイドルボイスはバファリン100個分の医療パワーを兼ね備えているんだ!」

北斗「つまり……医療パワー50かつ優しさパワー50……」

翔太「掛けて2500のアイドル治癒エナジーって事だ」

武田「良いコメントだ……掛け値なしに」

やよい「難しいですー」

黒井「安心しろ、私にも分からん」


58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:26:12.431 ID:iEj0JSr40.net

伊織「とにかくいっぱい呼び掛けて意識を戻せばいいのね!」

黒井「では、私が!」

武田「アイドル医療法だと言ってるでしょう!」

翔太「僕の出番だね!」

武田「女性アイドルじゃないと駄目なんだ」

北斗「つまり……」

やよい「元々、私のせいなんです……私がやります!」

伊織「やよい……」


60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:30:59.453 ID:iEj0JSr40.net

武田「しかし、これはガラス越しては効果は現れない……天ヶ瀬くんを隔離しているこの部屋の中に入る必要があるが平気かい?」

やよい「もちろんです!」

伊織「だ、駄目よっ!」

やよい「だって、私のせいで!」

伊織「危険過ぎるわ!今のあいつは……変態!ド変態!変態偶像なのよーっ!しかもドぎつい程の変態なのよっ!」

やよい「でもっ……でもっ……!」

伊織「こんなのっ……こんなの私がやるしか無いじゃない!」

ピカッ!

やよい「うわっ、まぶしっ!」

ウィーン!

黒井「水瀬伊織っ!」

やよい「伊織ちゃん!?」


62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:35:58.842 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「い、いおりん……!?」

伊織「お、落ち着くのよ……大丈夫だから」

やよい「伊織ちゃん!そんなっ、駄目だよ!私の代わりに伊織ちゃんがっ!ああっ、開かない!」

黒井「駄目だ……中からロックを掛けられた」

武田「中から……?」

翔太「ロック……?」

北斗(二人とも入りたく無いんだな……)


63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:38:52.965 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「いおりん!ついに俺を担当に戻してくれるんだね!」

伊織「ええ……?そ、そうよ!」

冬馬「やった!」

伊織「だから戻って来なさい、みんな待ってるわよ」

冬馬「えっ、どうしてそんなに優しいんだ?」

伊織「な、何言ってるのよ!伊織ちゃんはいつも優しいでしょ?」

冬馬「……」


64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:43:11.254 ID:iEj0JSr40.net

伊織「ど、どうしたのよ?」

冬馬「実はいおりんが仮眠してる間にいおりんのおでこに……その……リゾラしちゃったんだけど///」

伊織「リ、リゾラ?」

冬馬「ゆ……許してくれる?」

伊織「許す!許すわよ!だから戻って来なさい!」

冬馬「嘘だ……いおりんのドスケベDIAMONDおでこに全力アイドル汁をHere we goしたのに怒らないなんて……!」

伊織「えっ……ちょっ……なにそれ」

冬馬「このいおりんは偽物だぁーーーーっ!!!」


65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:48:14.188 ID:iEj0JSr40.net

伊織「きゃぁぁああああ!」

冬馬「いおりんのMAマジ最高!!!」

武田「まずいっ!彼の妄想の中の水瀬くんとかけ離れすぎていたせいで、拒絶反応を起こしている!」

やよい「伊織ちゃん!ど、どうすれば!」

武田「彼の妄想通りの伊織くんを演じるしかない!」

伊織「こいつの妄想の私ってどんなのよ!」

翔太「えっと……めちゃくちゃコキ使いまくって大体罵倒してるかな……」

伊織「そんなのこのスーパーアイドルである伊織ちゃんのイメージと全然違うじゃ――――」

やよい「いつもの伊織ちゃんだ!いつもの伊織ちゃんでいいんだよ!」

伊織「……」


66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:51:13.351 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「偽物のいおりんなんて消えてしまえっ!」

伊織「い、いい加減にしなさいっ!」

冬馬「!?」

黒井「冬馬の動きが止まった!」

伊織「ちょっと優しくしたくらいで調子に乗ってるんじゃないわよ!この駄犬!」

冬馬「いおりん……!」

伊織「なにがいおりんよっ!伊織様だって言ってるでしょうが!」

冬馬「申し訳ありませんっ!伊織様っ!」

黒井「高木のところのプロデューサーはいつもあんな扱いなのか……?」

やよい「えっ……うーんと……そうですね!」


67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:54:56.206 ID:iEj0JSr40.net

伊織「いい!?あんたがしてるのは現実逃避の偽物なの!」

冬馬「えっ……いくら伊織様でも酷いですよ……!」

伊織「何ですって!?あんたの気持ち悪い妄想の中の私と、この正真正銘のスーパーアイドルである伊織ちゃんを同じだって言うの!?」

冬馬「あ……ああ……俺はなんて事を……偽物の伊織様で満足しようとしていたなんて……!」

伊織「やっと分かったのね!これからは私の言うことだけ聞いていればいいのよ、この変態!にひひっ!」

冬馬「はいっ!」

黒井「ふぅ……なんとか落ち着いたか」

やよい「でも、これって現実に戻ったのかな……」


68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04(木) 23:56:40.803 ID:iEj0JSr40.net

冬馬「伊織様……現実に戻ったご褒美に蹴って下さい!」

伊織「えっ……な、なんでそこまでしないと……!」

冬馬「お願いします!もうはち切れそうなんですっ!」ギンギン

伊織「い、いや……!」

冬馬「お願いしますっ!!!」

真「ふんっ!」

ドゴォォオオオオ!

冬馬「あっ」

どぴゅっ!


69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:01:36.797 ID:kbn0qmkF0.net

――――

春香「冬馬くん大丈夫?」

翔太「うん、ちゃんと意識は戻ったみたいだよ……真さんの蹴りで入院しちゃったけど」

伊織「自業自得よ……!」

やよい「でもでもっ!本当に治ったんですか?なんかまだ様子が変でしたけど……」

北斗「ああそれはね……」





冬馬「いおりんのおでこマジドスケベ!ムニャムニャ……」

黒井「前からあんな感じだったからな……人前では抑えていただけで」

高木「大変なのだな、おまえも」

おわり


70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:03:28.395 ID:NoIEwdE9a.net

おつ
いおりん誕生日おめでとう


72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:09:14.536 ID:kbn0qmkF0.net

>>70
マジだわ
完全に意識してなかったわ
なんか自分が怖い



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

117. YOMICOMER2017年05月05日(金) 09:29 ▼このコメントに返信
765ってもうキャラ崩壊捏造ss書いて他事務所アイドルsageしかやることないのな
118. YOMICOMER2017年05月05日(金) 17:18 ▼このコメントに返信
※1
世の中にある全てのSSは捏造だろ馬鹿かよ
これはただの下ネタギャグじゃん
コメントの投稿