TOP > シンデレラガールズ > 黒川千秋「夏の終わりのドライブ」

黒川千秋「夏の終わりのドライブ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:20:46.84 ID:kHQwwA1i0

ブラックリバーさんR来てて勢いで書いた
初めてですが宜しくお願いします


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:22:57.88 ID:kHQwwA1io

ガチャ

モバP「戻りましたー」

黒川千秋「ただいま」

千川ちひろ「あ、お疲れ様です Pさん 千秋ちゃん」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:24:13.82 ID:kHQwwA1io

ちひろ「撮影どうでしたか?」

P「至って順調でしたよ 千秋も頑張ってくれたし な?」

千秋「そんなお世辞言わないで 川島さんに比べたらまだまだよ」

ちひろ「そういえば、川島さんと川島Pさんは一緒じゃないんですか?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:27:20.80 ID:kHQwwA1io

千秋「それが」

P「川島さんが打ち上げだって川島Pさん連れて飲みに行きましたよ」

ちひろ「川島Pさん、また酔い潰されなきゃいいですけどね?フフッ」

P「彼も最近鍛えられてきたみたいですよ?川島さんが喜んでましたから」

千秋「この間のプロダクション飲み会の時はすごかったわね」

ちひろ「Pさんは一緒に行かなくて良かったんですか?」

P「自分はあまりお酒飲まないですし、それに今日は車で帰るんで」

ちひろ「それなら仕方がないですね」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:29:31.49 ID:kHQwwA1io

原田美世「あれ?千秋Pさん戻ってたんだ?」ヒョコッ

P「今戻ったとこだ」

美世「そういえばこないだのあれだけどね」


千秋「Pさんと原田さん 仲が良いわね」

ちひろ「あれ~?千秋ちゃん ヤキモチですか?」ニヤニヤ

千秋「もっ!もう!そんなのじゃないわよ!」

ちひろ「も~そんなこと言っちゃってっ!」

千秋「本当に違うんだからっ!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:34:58.70 ID:kHQwwA1io

P「そういえば、千秋は明日暇か?」

千秋「なっ?!びっくりするじゃないの!?」

P「普通に話しかけだだけなんだがなぁ それで?どうだ?」

千秋「Pさんも知ってるでしょ?明日はオフよ?」

千秋「一日開いてるけどなんの用事かしら?」

P「いや、それは後でメールするよ」

千秋「まったく...」

P「それじゃあ自分あがりますんで お疲れ様でした」

P「千秋も美世も早く帰れよ?」

美世「お疲れ様~」

ちひろ「お疲れ様でした~」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 00:41:10.12 ID:kHQwwA1io

女子寮

♪~

千秋「あら?Pさんからメール?」

『さっきの件だけど、明日良ければ一緒に出かけないか?』

千秋「え?一緒に?」

モワモワモワ.....

千秋「べっ!別にデートじゃあるまいし////」

千秋「ええっと...」メルメル

『いいわよ 期待してるわ』

千秋「これでいいかしら?...」ソウシンッ

千秋「Pさんと///」バタバタ


9: 1 2014/08/28(木) 05:59:10.82 ID:9TYHdd6Ro

翌朝

ピンポーン

千秋「はーい」

ガチャ

P「おはよう千秋 準備できた?」

千秋「もちろんよ(1時間も前から待ってたなんて言えないわ...)」

P「変装もバッチリだな それじゃ行こうか?」

千秋「どこへ行くの?」

P「それはお楽しみってことで」


10: 1 2014/08/28(木) 06:00:28.73 ID:9TYHdd6Ro

玄関

美世「あれ?千秋ちゃんと千秋Pさん おはよう」

千秋「おはよう 原田さん」

美世「これからお出かけ?」

P「そのとおり」


11: 1 2014/08/28(木) 06:01:27.81 ID:9TYHdd6Ro

美世「それじゃあさっきの音千秋Pさんのだったんだ」

美世「いいなぁ あたしもPさんと出かけようかなぁ~」

P「あいつも同じような事言ってたぞ?」

美世「ほんとっ!?それじゃあ誘ってこよう!」

美世「あ、千秋ちゃんも頑張ってねー」パタパタ

千秋「えっ?」

P「千秋、行くぞ?」

千秋「えっええ...」


12: 1 2014/08/28(木) 07:03:39.10 ID:sqRhZJ+Oo

駐車場

千秋「車持ってるとは聞いてたけど、この車なのね」

P「まぁね、お嬢様 こちらへどうぞ」ガチャ

千秋「もう、Pさんったら...」


13: 1 2014/08/28(木) 07:04:26.62 ID:sqRhZJ+Oo

ブォオン

P「シートベルト締めたか?」

千秋「ええ、もちろん」

P「それじゃ行きますか」

ブロロロロ...


14: 1 2014/08/28(木) 07:06:15.28 ID:sqRhZJ+Oo

千秋「Pさんってこんな車乗ってるのね」

P「まぁね、普段は送迎の社有車しか乗らないけどな」

千秋「スポーツカー...なのかしら?それで原田さんと?」

P「あいつとはよく話すな 美世のところのPさんも車好きで三人でよく車の話するなぁ」


15: 1 2014/08/28(木) 07:06:49.36 ID:sqRhZJ+Oo

千秋(そうだったのね それを私はあんな勘違いを///)

P「千秋?どうした?」

千秋「もうっ!前見て運転しなさいっ!」

P「おいおい 今赤信号だぞ?」

千秋「///」

P「?」


16: 1 2014/08/28(木) 07:16:25.02 ID:YPW+4zaFo

千秋「新しい車じゃないみたいだけど、随分と乗ってるの?」

P「いや、社会人なってから中古で買ったんだ」

P「一目惚れっていうのかな?ティンッときてさ」

千秋「そうなのね」


17: 1 2014/08/28(木) 07:17:14.79 ID:YPW+4zaFo

P「それから週末のたびにドライブでいろいろ出かけてるんだ」

千秋「一人で行くの?」

P「ああ、助手席に乗るのは千秋が初めてかな」

千秋「なんで私を誘ったのかしら?」


18: 1 2014/08/28(木) 07:18:06.76 ID:YPW+4zaFo

P「いやさぁ、千秋も夏休みまともに取れなかっただろ?」

千秋「えぇ、今回の仕事もあったから」

P「だから気晴らしに遅い夏休みでもってさ」

千秋「ありがとう...Pさん」

P「まぁ、単に独りでドライブするのも寂しいってのもあったんだがなww」

千秋「そのっ...Pさんとならいつでもいいわよ」ボソッ

P「なにか言ったか?」

千秋「なっなんでもないわっ///」


20: 1 2014/08/28(木) 18:02:30.02 ID:3xG3UJDjo

ピロリーン♪ETCレーンヲツウカシマシタ

千秋「それで、今日はどこへ連れてってくれるのかしら?」

P「もう盆も過ぎたけど海に行こうと思ってな」

P「泳ぐ訳にはいかないが、軽く楽しむぐらいならってさ」

千秋「いいわね、この間は仕事だったし」

P「そう言ってもらって良かったよ」


21: 1 2014/08/28(木) 18:03:04.39 ID:3xG3UJDjo

千秋(車の中で二人っきり...Pさんの横顔...)

千秋(いつも仕事の時もそうだけど、真面目ね...)

千秋(Pさん...もうっ 何考えてるのかしら私ったら///)


22: 1 2014/08/28(木) 18:07:21.06 ID:3xG3UJDjo

海沿いの道

P「今日は天気よくてよかったな」

千秋「そうね、風が気持ちいいわ」

P「海だ~ジャカジャンッってねww」

千秋「うふふ」

P「あれ?千秋も知ってるのか?」

千秋「えぇ、私の出身どこだか知ってるでしょ?」

P「そういえばそうだったな」


23: 1 2014/08/28(木) 18:08:11.34 ID:3xG3UJDjo

バタンッ

P 「んぁああ ついたー」

千秋「お疲れさま Pさん」

P「大丈夫さ 千秋のためにはなんとやらってな」

千秋「フフッ なに?それ?」


24: 1 2014/08/28(木) 18:09:04.02 ID:3xG3UJDjo

P「それにしても空いててよかったな」

千秋「そうね、今日も平日だし」

P「千秋も今じゃ立派なアイドルだからな 混んでるところはなかなか行けないだろうし」

千秋「そうなったのはあなたのおかげよ?Pさん」

P「お褒めにあずかり光栄です お姫様」

千秋「もう 冗談はやめて?」

P「半分本当なんだけどなぁ」


25: 1 2014/08/28(木) 22:28:19.62 ID:kHQwwA1io

千秋「それにしても静かね」

P「そうだな」

千秋「泳ぐのもいいけど、こうしてゆっくりするのもいいものね」

P「こないだの千秋ったらもうww」

千秋「なによ、もうっ たまにはいいじゃない///」

P「いや、たまには普段と違う千秋をだな フフッ」

千秋「Pさん、笑いながら言っても説得力ないわよっ」


26: 1 2014/08/28(木) 22:29:01.27 ID:kHQwwA1io

千秋(二人でいる時間はあっと言う間に過ぎてしまう)

千秋(だけど、その時間に私は幸せを感じていた)


27: 1 2014/08/28(木) 22:29:42.56 ID:kHQwwA1io

ザザーン

P「なぁ千秋 今日は楽しんでもらえたか?」

千秋「えぇ こんなのひさしぶりよ」

千秋「また一緒に行きたいわ」

P「それなら、また誘おうかな プロデューサーとアイドルとの付き合いじゃなくて」

千秋「えっ?...」


28: 1 2014/08/28(木) 22:30:39.21 ID:kHQwwA1io

P「あんまりこういうの言うの得意じゃないんだが」

千秋「言わなきゃ伝わらないことだってあるわよ」

P「その...なんて言ったらいいのかな...」

P「俺は千秋の事、仕事とか関係なしにドライブに誘いたいと思ってる...一人の女性として」

千秋「それなら...」


29: 1 2014/08/28(木) 22:31:53.97 ID:kHQwwA1io

ギュッ

P「へっ?!」

千秋「私だってそうよ...」

千秋「あなたの事、大切なパートナーだと思っているわ...」

千秋「その、仕事での関係以上に...///」


30: 1 2014/08/28(木) 22:33:28.82 ID:kHQwwA1io

千秋「ねぇ、もう少しこうしててもいいかしら?」

P「もちろん 千秋はもっと甘えてきてもいいんだぞ?」

千秋「甘えるなんてっそんなんじゃないんだからねっ...///」ギュッ


31: 1 2014/08/28(木) 22:34:55.98 ID:kHQwwA1io

女子寮

P「千秋、寮に着いたぞ?」

千秋「えぇ、ねぇPさん?」

P「なんだ?」

千秋「その、もう少し一緒にいてもいいかしら?」

P「いいぞ」ギュッ

千秋「あっ...手...///」


32: 1 2014/08/28(木) 22:35:38.98 ID:kHQwwA1io

千秋(車を停めてから三十分)

千秋(さよならと言うまでもう三十分、二人で手を繋いでいた)


33: 1 2014/08/28(木) 22:36:55.92 ID:kHQwwA1io

後日

ガチャ

モバP「戻りましたー」

黒川千秋「ただいま」

千川ちひろ「あ、お疲れ様です Pさん 千秋ちゃん」


34: 1 2014/08/28(木) 22:37:54.23 ID:kHQwwA1io

美世「だからVTECのあの音が」

美世P「いいや、MIVECターボのあのトルクがだなぁ」

美世P「あれ?千秋Pさんおかえりー ねぇ、千秋Pさんも三菱乗りならわかるでしょ?」

美世「えー?高回転こそロマンだよー」


35: 1 2014/08/28(木) 22:38:38.37 ID:kHQwwA1io

千秋「ただいま戻りました」

美世「千秋ちゃんおかえりなさーい」

美世(ねぇねぇ、こないだのデートうまく行ったので?)

千秋(デッ!デートだなんて///)

美世(そんなこと言っちゃって あとでこっそり教えてね)


36: 1 2014/08/28(木) 22:39:23.91 ID:kHQwwA1io

美世P「美世?何話してるんだ?」

美世「女の子の秘密ー ね?」

千秋「もう...まったく...」

おわり


37: 1 2014/08/28(木) 22:42:56.28 ID:kHQwwA1io

以上です

文の中に某メーカーのCMでのセリフが入ってたり
あと、自分はターボ派です


38: 1 2014/08/28(木) 22:43:43.63 ID:kHQwwA1io

あと、ブラックリバーさんの言葉遣いが微妙にぶれてる気がするのは気にしないでくださいな





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿