TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴ「私が分裂したら便利だろうな」

ガヴ「私が分裂したら便利だろうな」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:21:33.240 ID:yG/23Wvt0.net

――――

サターニャ「魔界通販で買ったこの分裂銃をガヴリールに撃てばガヴリールは困惑するわ…その間に私がガヴリールを…ナーハッハッハッ」

――――

サターニャ「ガヴリールが登校してきたわ…よし、照準を定めて…」パシュン


ガヴ「ぐわっ!」

ガヴ「?何だか撃たれたような気がするけど、なんともないな…なんだったんだ?まあいいか」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:24:26.724 ID:yG/23Wvt0.net

ガヴ「はぁ…なんだか今日は身体が重いな…」

サターニャ(…ちょっと昼休みになっても、全然分裂しないじゃない!?どうなってるのよ!)

サターニャ(説明書を読み直しましょう…あっ、分裂まで14時間かかります!?ちょっとかかりすぎよ!明日までガヴリールの困ったところが見れないじゃない!!うぅ…仕方ない…明日まで待つか…)


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:26:08.497 ID:yG/23Wvt0.net

―夜

ガヴ「はぁ…身体ダルすぎてネトゲやる気も起きない…今日は早く寝よう…おやすみ…」

ピッ

―朝

チュンチュン

ガヴ「ふわぁ…朝か…」

ガヴ「朝ですね…」

ガヴ「…」

ガヴ「…」

ガヴ「うわっ!なんだお前!?」

ガヴ「それはこっちの台詞です!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:29:51.477 ID:yG/23Wvt0.net

ガヴ「とりあえず、ややこしいから…呼び方を決めよう」

ガヴ「では、私が天界時代のガヴリール…天ガヴで…あなたが駄目な天使ガヴリール…駄ガヴでどうでしょうか?」

ガヴ「なんか気にくわないけどまあ仕方ないか…」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:31:16.090 ID:yG/23Wvt0.net

天ガヴ「さて…学校行くのはどうしましょうか…二人で行くのもまずいのですが…」

駄ガヴ「…私に学校をサボらせる気はないんだろ?」

天ガヴ「当たり前です」

駄ガヴ「…だったら二人で行くしかないだろ…」

天ガヴ「ですよね…」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:36:17.179 ID:yG/23Wvt0.net

ラフィ「それでお二人で登校してきたわけですねー」ニコニコ

駄ガヴ「他人事だと思って…」

天ガヴ「そうですよ!色々と大変なんですよ…!」

ヴィーネ「まあ、いい人生経験にはなるんじゃないかしら」

駄ガヴ「そういえばサターニャを見かけないけど、どこに行ったんだ?」

ラフィ「サターニャさんなら寝不足で遅刻ですよー」ニコニコ

駄ガヴ「なんで知ってるんだよ…」

天ガヴ「ラフィらしいといえばラフィらしいような」

ラフィ「フフフ…」ニコニコ


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:39:44.033 ID:yG/23Wvt0.net

―放課後

駄ガヴ「結局サターニャは来なかったな」

ラフィ「少し残念です」

ヴィーネ「寝不足とはいえこんな時間になっても起きてないのかしら?」

天ガヴ「それは少し変な気もしますね…」

ヴィーネ「そうだ、皆で様子を見に行きましょう!」

ラフィ「賛成ですー!」

駄ガヴ「…私はネトゲのイベントが…」

スッ

天ガヴ「逃げないでくださいね?」

駄ガヴ「はい…」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:47:07.767 ID:yG/23Wvt0.net

―サターニャの家

駄ガヴ「おーい、サターニャいるかあ?」

サターニャ「ひっ!」

ヴィーネ「なんか怯えてるみたいよ…?」

ラフィ「それもガヴちゃんに対して怯えてるみたいですね…」

天ガヴ「私に…」

駄ガヴ「なんでだ?」

ヴィーネ「本人に聞いた方が早いんじゃない?」

駄ガヴ「そうだな、おい、サターニャ、なに怯えてるんだ…」

サターニャ「…だって、分裂した復讐をしにきたんでしょ…?」

天ガヴ「じゃあ…私の分裂は…」

駄ガヴ「サターニャの仕業だったんたな」

サターニャ「そうよ!煮るなり焼くなり好きにしなさい!もう逃げ場はないんだから…」グスングスン

ヴィーネ「なになに、中世魔女の処刑法…ああ、これを読んで怖くなったのね…」

ラフィ「そういうところがサターニャさん可愛いです!」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:49:41.398 ID:yG/23Wvt0.net

駄ガヴ「で?私達が元に戻るにはどうしたらいいんだ?」

天ガヴ「そうです!それを教えてください!」

サターニャ「それが…」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:53:58.859 ID:yG/23Wvt0.net

駄ガヴ「ない?」

サターニャ「いや、正確にはあるみたいなんだけど…」セツメイショホイ

ラフィ「えーっと…分裂した2人が強く共感しあい、深く触れ合うことが戻れる条件…」

ヴィーネ「なかなか難しいものね…」

天ガヴ「共感…ですか…」

駄ガヴ「深く触れ合うってなんだよ…」

ラフィ「ともかく、これはガヴちゃん自身で解決しなくてはいけない問題みたいですね…」

ヴィーネ「…頑張ってガヴ…」

ガヴ「…」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 00:58:17.817 ID:yG/23Wvt0.net

――――

駄ガヴ「帰ってきたけど…どうすればいいんだ?」

天ガヴ「…強く共感しあい、深く触れ合う…これって…」

駄ガヴ「それ以上言うなよ…私が考えた中で一番最悪の可能性だからそれ…」

天ガヴ「でも、それくらいしか候補が…」

駄ガヴ「…」

天ガヴ「…」

駄ガヴ「そうだ、暫くこのまま過ごさないか?」

天ガヴ「え?」

駄ガヴ「今日だって問題なく過ごせたんだ…大丈夫だよ」

天ガヴ「そうでしょうか…」

駄ガヴ「そうだよ…!…多分…」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:04:52.630 ID:yG/23Wvt0.net

――――

駄ガヴ(…前に私が分裂したら便利だろうなと思ったことはあるが…割と不便だな…でも飯は作ってくれるし…勉強も教えてくれる…便利なところもあるのか…でも、思ってたのと違うな…なんだろう)

天ガヴ(…前に私が分裂したら便利だろうと思ったことはありましたが、やっぱりこういう分裂の仕方だと私側に負担が来るんですね…でも、前の一人だけの日々より楽しいような…)

駄ガヴ「エヘヘッ…」

天ガヴ「ウフフッ…」

駄ガヴ「え?」

天ガヴ「え?」

駄ガヴ「クスッ」

天ガヴ「クススッ」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:08:04.605 ID:yG/23Wvt0.net

――――

天ガヴ「今日は一緒に寝ませんか?確かネトゲのイベントも今日は何もありませんよね?」

駄ガヴ「確かにないけど…」

天ガヴ「…嫌ですか?」ウワメヅカイデウルウル

駄ガヴ「…はぁ…わかったよ、一緒に寝よう」

天ガヴ「やりましたー!」

駄ガヴ「今日だけだかんな」

天ガヴ「わくわくわくわく」

駄ガヴ「ふっ…」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:12:13.353 ID:yG/23Wvt0.net

――――

天ガヴ「じゃあ、電気消しますねー」

ピッ

駄ガヴ「こんな早く寝るのは久しぶりだな…」

天ガヴ「早くありませんよ…もう23時ですよ…」

駄ガヴ「…そうか…?」

天ガヴ「スウスウ…」

駄ガヴ「なんだこいつ、もうねたのか…」

天ガヴ「スウスウ…」スッ

駄ガヴ「えっ…寝てるんだよな…?」

天ガヴ「スウスウ…」

駄ガヴ(寝てるのに手をつないできたぞ…フフッ…可愛い奴だな…これは…)


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:14:30.766 ID:yG/23Wvt0.net

チュンチュン

ガヴ「ふわぁ…もう朝か…おい、私…起きろ…ってあれ?いない…もう起きたのかな?」

ガヴ「おーい…いない」

ガヴ「おーい…いないのかぁ…?」

ガヴ「…おーい…」


ガヴ「…どこにもいない?そうだ…先に学校に行ったのかも…!!」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:18:50.512 ID:yG/23Wvt0.net

―学校

ガヴ「…誰も来てない…じゃあ私はどこに…?」


――――

ヴィーネ「じゃあ、朝から天使な方のガヴが行方不明なのね…」

ガヴ「そうなんだよ…」

ラフィ「もしかして…もう戻ったんじゃありません?」

ガヴ「えっ…」

ラフィ「例の条件を満たしたのでは?」

ガヴ「確かに…昨日の夜…」

~~

(寝てるのに手をつないできたぞ…フフッ…可愛い奴だな…これは…幸せなのかもしれないな…)

天ガヴ(…幸せな寝心地です…スウスウ…)

~~

ガヴ「じゃあ、もうあいつには会えないのか…?」

ラフィ「残念ながら…(面白かったんですけどね…)」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:21:31.769 ID:yG/23Wvt0.net

ガヴ「そうだ、サターニャはどこにいる?」

ラフィ「そういえば今日はまだ見かけてませんねー」

ヴィーネ「サターニャなら、風邪で休んでるわよ?」

ガヴ「ちょっとサターニャの家まで行ってくる」ガタッ

ヴィーネ「ちょっと、ガヴ」

ガシッ

ラフィ「ヴィーネさん…」クビフリフリ

ヴィーネ「…そうね」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:25:03.696 ID:yG/23Wvt0.net

――――

バンッ

ガヴ「サターニャ!」

サターニャ「なによ、ガヴリール…頭痛いんだから静かにしてよ…」

ガヴ「例の銃をもう一度私に撃ってくれ!」

サターニャ「え?」

ガヴ「いいから、頼む!」

サターニャ「わ…わかったわよ…」


バジュン

―また、会えましたね

―ありがとう…

おわり



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿