TOP > シンデレラガールズ > 杏「来たねー」 菜々「来ちゃいましたね」

杏「来たねー」 菜々「来ちゃいましたね」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:21:27 ID:ELS7/Acc

杏「このスパンで再招集とは思わなかったよ」

菜々「えっ、ナナ達って集められてたんですか?」

杏「千葉方面からこう、電波がミミミンミミミンとね?」

菜々「な、ナナならウサミン星ですから違いますね! 一体誰でしょうね!」

杏「誰なんだろうね……それはー」

菜々「ナっナでーって違うって言ってるじゃないですかぁ!」


※こたつのアレです 短いです


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:23:02 ID:ELS7/Acc

菜々「ところで、杏ちゃんもお仕事じゃないんですか?」

杏「大丈夫だよ。私の出番チャンスタイムだけだし」

菜々「いやいや……また卯月ちゃんに連れ戻されちゃいますよ?」

杏「だってせっかくの奈緒の晴れ舞台だよ? 杏がいじらずに誰がいじるのさ」

菜々「たぶん凛ちゃんと加蓮ちゃんに散々いじられてると思いますよ」

杏「よそはよそ、うちはうち」

菜々「そんなお母さんみたいな」

杏「杏はやる時はやる子だよ、今がその時だ」

菜々「命を燃やすのはお仕事の時にしましょう」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:25:56 ID:ELS7/Acc

菜々「まぁ本当に大丈夫なら、ナナがとやかく言うことじゃないですけど」

杏「今日はちゃんと時間確認してきたから、うっかり寝なければ大丈夫だよ」

菜々「そこが一番心配なんですけどねぇ」

杏「安部さんもツッコんでくるようになったねー……」

菜々「もうそれなりに付き合いも長いですからね、えっへん♪」

菜々「それにしても、ついに奈緒ちゃんがメイドですよメイド!」

杏「嬉しそうだね安部さん」

菜々「これが喜ばずにいられますか!」

杏「まぁ私も嬉しいけどさ、いろんな意味で」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:28:24 ID:ELS7/Acc

菜々「和風メイドもありますから、ナナとのユニットもいけますよ!」

杏「今回全員和風ありじゃなかった?」

菜々「そこはそこです」

杏「ブーメランが戻ってきたよ」

菜々「まぁウサミミ勢も兼ねてる愛梨ちゃんもいいなぁとは思うんですけど」

杏「よし三属性揃ったねこれで杏の出番はないね」

菜々「そうなると普通はナナじゃなく紗枝ちゃんですよね」

杏「くっ」

菜々「いっそ杏ちゃんもやってみません? [だらだらメイド]双葉杏とか」

杏「私が言うのもなんだけど、そいつは働けよって話だよね」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:29:53 ID:ELS7/Acc

杏「ところで、ここで安部さんに見て欲しい動画がひとつ」

菜々「なんです?」

杏「さっきちひろさんからもらったんだけどね。ポチッとな」>PLAY

奈緒『メ…メイドにゃん♪ なんだよコレ!』

菜々「」

奈緒『メ…メイドにゃん♪ なんだよコレ!』

杏「メイドにゃん」

菜々「お、おのれネコミミ! ずるいですよ!」

杏「ひっ」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:31:26 ID:ELS7/Acc

菜々「とりあえずデータは後でナナにも分けてもらうとして……」

杏「奈緒いないとツッコミ不在で締まらないね」

菜々「杏ちゃんも出来るじゃないですか、ツッコミ」

杏「杏はめんどいから気が向いたときしかツッコまないよ」

菜々「ブレませんねぇ」

杏「と言うわけで、ツッコミの出来そうな助っ人を呼んであるよ」

菜々「笑美ちゃんですかね?」

杏「笑美は今はそっとしといてあげて」

菜々「??」

杏「みんなシステム変更が悪いんだよ」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:35:23 ID:ELS7/Acc

??「ここでええんかな? どうも~!」ガチャッ

杏「おー奈緒ちゃんおっすおっす」

菜々「」

菜々「あ、杏ちゃん、いくらなんでもやっていいことと悪いことがありますよ!?」ヒソヒソ

奈緒?「?とかややこしな。名字の方でええよ~」

横山「765プロのほうから来ました、横山奈緒です!」

杏「こないだイベントで知り合ってね。おやつを生贄に召喚したよ」

菜々「知ってますよナナもいましたから!」

横山「ようわからんけど、同じ17歳のよしみで仲良うしたってくださいね!」

菜々「アッハイ」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:37:51 ID:ELS7/Acc

横山「それで、私なんで呼ばれたん?」

杏「本場のツッコミを期待して」

横山「いや私確かに大阪やけど、ボケとかツッコミとかようせんよ?」

杏「え、そうなの?」

横山「私こう見えてシッカリしとる方やねん」

菜々「大阪の人はみんな一通り出来ると思ってました……うちの大阪組もそうですし」

横山「よう言われるけど、別にそない必須技能ってわけでもないねんで?」

杏「バキューン」

横山「うっ」

菜々「あ、それはやるんですね」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:39:50 ID:ELS7/Acc

横山「しかしそうなると、私呼ばれた意味なくなってまうな~」

菜々「まぁまぁ、せっかくの機会ですからね。お茶でもいれましょうか♪」

杏「とりあえず飴をあげよう、ゆっくりしていってね!」

横山「アメちゃんなら私も持っとるよ。交換しよか」

杏「うまうま」コロコロ

菜々「あ、法子ちゃんの布教用ドーナツがありましたよね。ナナ取ってきますね」パタパタ

横山「……布教用ドーナツってなんやねん……怖いわぁ……」

杏「大丈夫、慣れてる杏たちでもちょっと怖い事は稀によくあるから」

横山「それ大丈夫とちゃうやんな?」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:41:56 ID:ELS7/Acc

菜々「ミスドビッツがあったので持ってきましたよー♪」パタパタ

杏「あー、そっちじゃなくて30個入りのでっかい方がいいかも」

菜々「えっ、あれ三人でも多いですよ?」

横山「おおきに! 私よう食べるほうなんで大丈夫ですよ~」

菜々「あー……なるほど把握しました、予備も持ってきますね」パタパタ

横山「慣れとるなぁ……こっちにもよう食べる子おるんかな?」

杏「いっぱいいるよ」

横山「杏もよう食べんと大きくなれんで。しっかり食べや」

杏「いや同い年だからね?」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:44:24 ID:ELS7/Acc

横山「なんや私、おやつ食べに来ただけみたいになってもうたなぁ」モグモグ

菜々「まぁまぁお茶どうぞ♪ わざわざ来てもらったわけですからねぇ」コトッ

横山「どうもです~!」

杏「じゃあ、せっかくだからうちの方の奈緒にお祝いコメントでも」●REC

菜々「あ、いいですねぇ♪」

横山「えーと……説明なしやと何言ったらええかわかれへんね……」

杏「あー、そこからかぁ」

菜々「呼ぶときに事情くらい説明しましょうよ杏ちゃん」

横山「いや神谷さんの事はもちろん知っとるねんで」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:46:29 ID:ELS7/Acc

横山「髪もっふもふで太眉で、恥ずかしがりの可愛らしい子ぉやんね?」

菜々「あ、やっぱりそういう認識なんですね」

杏「クールとは」

横山「うちんとこ、その分類ないねんけど、うちで言うたら多分ダンスやね」

杏「あ、お祝いの方はかくかくしかじかで」

横山「ふむふむ、なるほど把握したで」

菜々「本当便利ですよねぇそれ……」

横山「よっしゃ、いけるで!」

杏「それじゃスタート、ポチッとな」●REC


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:48:56 ID:ELS7/Acc

横山「どうも神谷さん、横山のほうの奈緒です~!」

横山「なんや急な話で何言うてええかわかれへんけど、おめでとうございます~!」

横山「同じ名前やし、やっぱり気になっててん。こういう機会があって嬉しいです」

横山「写真見せてもろてんけど、メイド服可愛らしくてええなー思います!」

横山「CDデビューも決まったそうで、いずれは共演出来たらええな思てます」

横山「ダブル奈緒のライブ、私も楽しみにしときますね!」

横山「ほな、こっちの奈緒へ。あっちの奈緒からでした!」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:50:41 ID:ELS7/Acc

杏「カット、おっけーい」■STOP

横山「こんなんでええんかな?」

菜々「ありがとうございます、こっちの奈緒ちゃんもきっと喜びますよ♪」

杏「うん、たぶん一通りツッコんでから感激すると思うよ。ありがとね」

横山「あ、ツッコむんやね」

杏「こっちの奈緒はツンデレだからね」

横山「あー、うちの伊織もかわええもんな~」

菜々「伊織ちゃんとは若干ジャンルが違うかもですけどね」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:52:16 ID:ELS7/Acc

\ホナネー!/

菜々「杏ちゃん、正座しましょうか」

杏「アッハイ」

菜々「ナナびっくりしすぎて腰抜かすかと思いましたよ!」

杏「前にお姫ちん来た時もおとがめなしだったし、大丈夫かなって」

菜々「あの時と今回とは事情が色々違ってですね」

杏「大人の事情ってやつ?」

菜々「ナナは17歳なので大人の事情ですけど大人ではないです」

杏「まぁ、結果的になんかうまいこと行ったからいいんじゃないかな」

菜々「うっ……け、結果は確かにそうなんですけどね。すごいいい子でしたし」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:54:11 ID:ELS7/Acc

ちひろ「事務所的には今回もおとがめなしとしておきますね」

杏「あ、ちひろさん」

菜々「大丈夫なんです?」

ちひろ「その代わり今の動画データ、私にもくださいね?」

菜々「Oh……」

杏「プロデューサーなら『もう明日の食費もねえよ!』ってマジキチスマイルだったよ」

ちひろ「大丈夫、胡麻とプロデューサーさんは絞るほどいいんですよ」

菜々「す、少しは容赦してあげてくださいね?」

杏(スタドリ差し入れてあげよう)


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:56:50 ID:ELS7/Acc

菜々「……それにしても『恥じらいご奉仕』とはこれはまた……」

杏「奈緒だからねー」

菜々「奈緒ちゃんですからねぇ」

杏「恥じらいのハードルすっごい低いからね」

菜々「たぶん『ご奉仕』って言葉だけで恥ずかしがりますね」

杏「言葉の響きはアレなんだけどね」

菜々「奈緒ちゃんならどう考えてもそうなる前にフリーズですねぇ」

杏「目に浮かぶようだね」

菜々「いいですねぇ♪ ナナも今度はたっぷりいじれますよ!」

杏「安部さんは多分いじる前に自爆するんじゃないかなぁ」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 22:58:42 ID:ELS7/Acc

杏「どうでもいい話なんだけどさ」

菜々「なんです?」

杏「アニメとかでよくあるアレでさー」

杏「頭ぶつけて中身入れ替わっちゃうやつあるよね」

菜々「はいはい、いわゆる転校生パターンですよね?」

杏「確かリメイクあるからセーフかな?」

菜々「め、名作ですからどっちにしても大丈夫ですよ!」

杏「なるほど」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 23:00:38 ID:ELS7/Acc

杏「それでさ、もし奈緒ととときんが入れ替わっちゃったとしたら」

菜々「確実に恥ずか死にますね」

杏「だよね」

菜々「もって小一時間ってところですかね?」

杏「私は十分くらいと見たね」

菜々「いくら愛梨ちゃんでも十分は脱がずに我慢出来るんじゃ……」

杏「奈緒inとときん側もあるから恥じらいパワー攻守二倍だよ」

菜々「あー」

杏「なんだったら下向いただけでゲージ上がるかも」

菜々「そんな怒りゲージみたいな」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 23:02:06 ID:ELS7/Acc

杏「あ、そろそろ時間かも」

菜々「あ、あ、杏ちゃんが自分から仕事に行く気にっ……!」

杏「やだなー安部さん、杏だってやる時はやるんだよ」

杏「なんたってチャンスタイムだけでいつもよりギャラ多いからね」

菜々「なんと言うか……曲げたのか曲げてないのかわかりませんねぇ……」

杏「動きにくい和服だから動かない大義名分もあるしね」

菜々「うん、紛れもなくいつもの杏ちゃんでした」

菜々「それで、どうするんです? 徒歩で行くんですか?」

杏「タクシー呼んであるよ」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 23:04:46 ID:ELS7/Acc

\ニョッワー☆/

菜々「なるほど」

杏「きらりん☆ルーム二時間で手を打ってもらったよ」

菜々「そ、そこまでして……奈緒ちゃんもきっと喜びますよ。口には出さないでしょうけど」

杏「べ、べつになおのためなんかじゃないんだからね」

菜々「取って付けたような棒読みツンデレやめましょうよ」


おわり
書いてる間にスリーピングキノコの出番終わってたけど反省はしていない





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿