TOP > シンデレラガールズ > モバP「からぱれ!」柳瀬美由紀「にっ!」

モバP「からぱれ!」柳瀬美由紀「にっ!」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 00:09:15.82 ID:a1IE0TXQO

P「ハッピバースディトゥーユー♪」

珠美「ハッピバースディトゥーユー♪」

菜帆「ハッピバースディディアー美由紀ちゃ~ん♪」

P・珠美・菜帆「ハッピバースディトゥーユー♪」

P「美由紀誕生日おめでとー!」

珠美「おめでとうございます!」

菜帆「美由紀ちゃん、おめでとうございます~」

美由紀「わーい!みんなありがとー!」エヘヘ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 00:16:59.00 ID:a1IE0TXQO

P「美由紀おめでとう!むしろありがとう!この世に生まれてきてくれて!美由紀可愛い!天使!」

美由紀「もー。大げさだよぉ」

菜帆「うふふ。Pさん、今日はいつもに増して元気ですね〜」

P「そりゃあ美由紀が生まれた特別な日だからな。世が世なら世界中で生誕祭が開かれてもおかしくないぞ?」

珠美「どんな世の中ですか…」

菜帆「さ、美由紀ちゃん。ロウソクの火を吹き消しちゃいましょう〜」

美由紀「うん!……ふぅーっ!…えへへ」

P「息を吹く美由紀も可愛い!…さて、じゃあ切り分けるか」

美由紀「わーい!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 00:26:24.36 ID:a1IE0TXQO

P「はい、美由紀にはプレート付きな」

美由紀「うん!おいしそー!」

P「はい、菜帆、珠美」

菜帆「ありがとうございます〜」

珠美「苺が山盛りですね」

「いちご!?」ガタッ

P「うん?…………気のせいかな。よし!じゃあ食べるか!」

美由紀「いただきまーす!」ムグムグ

P「どうだ?」

美由紀「おいしー!」ニコー

P「なによりだ」ウンウン

菜帆「おかわりありますからね〜」

美由紀「はーい!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 00:36:15.17 ID:a1IE0TXQO

珠美「それにしても意外でしたね」

P「なにが?」

珠美「P殿の事ですから、美由紀ちゃんの為にまた巨大なケーキを用意しそうな感じでしたが」

P「いやな?俺も最初はそのつもりだったんだけどな?」

珠美「はぁ…」

P「一緒に買いに行った菜帆に止められてな?」

珠美「一緒に?」

菜帆「う、うふふ〜。あまり大きくても4人じゃあ食べ切れませんから〜」

美由紀「みゆき、そんなに大きいのいらないよー?」

P「なに!?」

美由紀「食べきれないともったいないし、それに大事なのはみんなでいっしょに食べることなの!」ペカー

P「美由紀は偉いなあ!」ナデナデ

美由紀「ふわっ……えへへ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 01:22:48.30 ID:a1IE0TXQO

珠美「菜帆さん、先程の話、後で詳しく聞かせてくださいね」ボソッ

菜帆「な、なんの事でしょうか〜」タラー


P「美由紀、口元クリーム付いてるぞ」

美由紀「ん?こっち?」ゴシゴシ

P「ほら、拭くからこっち向いて」

美由紀「んー」

P「よしよし」フキフキ


珠美「最も一番のライバルが美由紀ちゃんと言う…」

菜帆「勝ち目がなさそうですよね〜」

珠美「まあ、頑張ってください」

菜帆「う〜ん…」

美由紀「?」モグモグ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:37:46.62 ID:a1IE0TXQO

P「美由紀おかわりは?」

美由紀「いる!」

P「よしきた!」

美由紀「このケーキ、いままでで一番おいしいかも!」

珠美「本当に。見た目も綺麗ですし、P殿よくこんな店知ってましたね」

P「実はかな子と愛梨に聞いてオススメだって事で行ってみたんだよ」

珠美「なるほど」

菜帆「私も和菓子屋さんだったら分かるんですけれど〜…」

P「いやいや。俺一人だと何にするか決められなかったかもだから、ありがたかったよ」

菜帆「そ、そうですか〜?」

P「うん。美由紀も満足そうだし」

美由紀「菜帆ちゃん、ありがとー!」

菜帆「うふふ。そう言って貰えると報われますね〜」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:48:05.78 ID:a1IE0TXQO

P「さて美由紀、ここで一つサプライズだ」

美由紀「なに?」

P「うん………カモン!クマさん!」

美由紀「くまさん?」

ガチャ

くま?「美由紀ちゃん!お誕生日おめでとうクマ〜!」

美由紀「おっきいくまさんだー!」キラキラ

P「ふふん。美由紀の為に特別に呼んだんだ」

美由紀「すごーい!Pさんすごーい!」

くま?「クマー……」

珠美「クマのキグルミ…」

菜帆「誰か入ってるんでしょうか〜?」

美由紀「くまさん!ぎゅー!」

くま?「ぎゅ、ぎゅー…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:09:30.15 ID:a1IE0TXQO

くま?「ちょっとプロデューサーさん!」ヒソヒソ

P「どうした?」

くま?「どうしてカワイイボクがこんな役をさせられているんですか!こう言うのは鈴帆さん辺りが適役でしょう!」ヒソヒソ

P「いや。実は鈴帆に急な仕事が入って代役を探してたんだよ。丁度通りかかってくれて助かったよ」

くま?「だからって!……まあ、美由紀さんが喜んでるので良しとしますが…」ヒソヒソ

P「悪いな。また今度飛ばしてやるから」

くま?「いりません!」ヒソヒソ

P「遠慮すんなって」

くま?「遠慮ではなく拒否です!」ヒッソー!

美由紀「くまさんどうしたの?」

くま?「な、なんでもないクマー」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:23:54.84 ID:a1IE0TXQO

くま?「今日はいつもアイドルを頑張っている美由紀ちゃんにお誕生日プレゼントを持ってきたんだクマ〜」

美由紀「プレゼント?」

くま?「ええ………はい。どうぞクマー!」ハイ

美由紀「わーい!ありがとー!」

P「ふふっ。俺達みんなからのプレゼントだぞー」

美由紀「開けていい?」

菜帆「はい。どうぞ〜」

美由紀「やったー!」ゴソゴソ

ウサギのぬいぐるみ「ウサー」

美由紀「おっきー!うさぎさんのぬいぐるみだっ♪みんな、ありがとうございますっ!みゆき、いっぱいいっぱい嬉しいなっ♪」

P「あー。その笑顔だけであと一年は頑張れる!」

珠美「聞いてはいましたが、予想以上に大きいですね…」

菜帆「美由紀ちゃんと同じくらいありますね〜」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:33:09.18 ID:a1IE0TXQO

くま?「じゃ、じゃあボ…クマはそろそろ失礼するクマー」

美由紀「えーっ!くまさんもう帰っちゃうの?」

P「ごめんな、美由紀。クマさんは実は売れっ子で色んな会場に引っ張りだこなんだよ」

美由紀「そっかー…」

くま?「ご、ごめんクマー」

美由紀「ううん!今日は来てくれてありがとうなの!」

P「よし。最後に一緒に写真撮ろうか」

美由紀「うん!みんなで一緒に!」

くま?「そうするクマ〜」

珠美「珠美達も?」

美由紀「もちろん!」

菜帆「うふふ。それは良いですね〜」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:57:48.91 ID:a1IE0TXQO

P「よし。じゃあ撮るぞー」

美由紀「あれ?Pさんは?」

P「ん?俺?」

美由紀「そうなの!Pさんも一緒じゃなきゃダメなの!」

菜帆「そうですね〜。みんなで一緒に、ですから〜」

P「そうか?じゃ、タイマーにしてっと…」

美由紀「くまさんぎゅっ!」ギュー

くま?「ぎゅっ」ギュー

菜帆「じゃあ私は美由紀ちゃんをぎゅ〜っ」ギュー

珠美「珠美も美由紀ちゃんで!」ギュー

美由紀「Pさんも!」

P「あ、おう」ギュー

パシャッ!


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:06:36.25 ID:a1IE0TXQO

美由紀「くまさん、可愛かったね」

菜帆「良い思い出が出来ましたね〜」

美由紀「うん!あ、あとね。みんな、うさぎさんありがとう!みゆき、大事にするからね!」

珠美「ふふっ。流石似合いますね」

P「美由紀だからな」フフン

珠美「なんで貴方がそんなドヤ顔なんですか…」

P「あ、そうだ。実は美由紀にもう一つプレゼントがあってな…」

美由紀「え?まだあるのー?」

珠美「おや?それは聞いてませんでしたね。菜帆さんは?」

菜帆「いえ。私も何も〜…」

P「俺も直前までどうなるか分からなかったから言わなかったんだけど…」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:13:20.59 ID:a1IE0TXQO

P「ほら、美由紀。これ!」

美由紀「んと…外泊許可証?Pさん、どこかにお泊りするの?」

P「違う違う。俺じゃなくて美由紀がお泊りするんだよ。今日は俺の家にご招待〜ってな」

美由紀「Pさんちにお泊り!」

珠美「えっ?P殿、それはもしや…」

菜帆「いくらPさんでも、でもまさか〜…」

P「お前ら、何変な勘違いしてんだよ…。実はな…」ヒソヒソ

珠美「ふんふん。なるほど…」

菜帆「うふふ。それは美由紀ちゃん喜びますね〜」

美由紀「なになに!」

P「ないしょ」

美由紀「えーっ!」

P「ふふっ。来れば判るよ」

美由紀「おたのしみ?」

P「おたのしみ」

美由紀「じゃあ楽しみにしておくの!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:22:46.57 ID:a1IE0TXQO

珠美「そうそう。実は珠美も別にプレゼントを用意していたんですよ」

美由紀「珠美ちゃんも?」

珠美「はい。じゃーん!珠美お薦めの漫画全巻セットです!」

美由紀「やったー!」

P「いかがわしいのじゃないだろうな」オイ

珠美「至って健全な内容です!」

菜帆「じゃあ、私も〜」

美由紀「菜帆ちゃんも?」

菜帆「これから用に春物の服ですよ〜」

美由紀「かわいいお洋服だね!」

菜帆「うふふ。実は私用にも買ってるので〜、お揃いで着ちゃいましょう〜♪」

美由紀「うん!えへへ。楽しみなの♪」

P「俺も楽しみ!」

菜帆「二人でPさんを悩殺しちゃいますよ〜」

美由紀「のーさつしちゃうの!」

P「期待しておこう!」

珠美「なんかもう…いや、いいです…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:33:07.08 ID:a1IE0TXQO

帰り道

P「美由紀、本当に大丈夫か?」テクテク

美由紀「う、うん。だいじょう…ぶなの」ヨタヨタ

P「やっぱり他のと一緒に置いてきた方が…」テクテク

美由紀「だって、うさぎさんかわいいもん。それに、せっかくもらったんだから、ひとつくらいはもって帰りたかったし…」ヨロヨロ

P「それにしてもよりによってそれにしなくても…ああ、でもうさぎ抱えてヨタついてる美由紀も可愛い…」テクテク

美由紀「よっ…ほっ…」ヨタヨタ

P「ふふっ。周りには気をつけとくから、転ばないようにな」テクテク

美由紀「らじゃーっ!」ヨロヨロ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:44:18.01 ID:a1IE0TXQO

美由紀「ねえPさん」

P「ん?」

美由紀「みゆきをアイドルにしてくれてありがとね」

P「何だよ突然。それに、美由紀が頑張ったからアイドルになれたんだぞ?全部美由紀自身の力だよ」ナデナデ

美由紀「えへへ。あのね…」

美由紀「これからもみゆきのこと、そばで見ててね!みゆき、もっと立派なアイドルになって、みんなとPさん幸せにするから♪」

P「ははっ。俺は元気な美由紀の笑顔が見られるだけで十分に幸せだぞ?」

美由紀「んもー!そうじゃなくてね?」

P「分かってるよ。一緒にトップアイドルになるんだもんな?」

美由紀「うん!」エヘヘ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:53:36.17 ID:a1IE0TXQO

P「ほら、そろそろ家に着くよ」

美由紀「うん。あとちょっと、あとちょっと」

P「……おっ」

ヒョイ

美由紀「あれ?Pさんどうしたの?」

P「後は俺が持っといてあげる」

美由紀「ふえ?みゆき、さいごまで持てるよ?」

P「そうだけど…ほら、あれ見てみな」

美由紀「んー?」

オーイ!

美由紀「あーっ!あれってもしかして!」

P「な。ほら、行っておいで」

美由紀「うん!お母さーん!お父さーん!」タッタッタッ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:02:03.34 ID:a1IE0TXQO

柳瀬父「美由紀ー!」ダキッ

美由紀「お父さんだー!」ダキッ

柳瀬父「美由紀、ちょっと見ない間に大きくなったなぁ。しかも更に可愛くなったなぁ!」ギューッ!

美由紀「うにゃっ!お父さん、いたいよぉ!」

柳瀬父「あ、悪い悪い」

P「お久しぶりです、柳瀬さん」ペコリ

柳瀬父「おう、P君。今日はありがとうな!」

P「いえいえ。美由紀の為ですから」

美由紀「お父さんたち、どうしているの?」

柳瀬母「P君が呼んでくれたのよ」ナデナデ

美由紀「えへへ。お母さんの手だー」

P「これが俺からのプレゼントだよ」

美由紀「Pさんありがとう!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:12:12.56 ID:a1IE0TXQO

P「さ、とりあえず家に入りましょうか」

柳瀬父「それじゃあP君、お邪魔するよ。美由紀、今日はお父さんと一緒に寝ような」

美由紀「うん!お母さんは?」

柳瀬母「勿論一緒よ」

美由紀「わーい♪」

P「ふふっ。サプライズ大成功だな…」

柳瀬母「P君、今回は本当にありがとうね。わざわざ私達の旅券まで用意してもらっちゃって…」

P「いえいえ。美由紀の為ならこれくらい安いもんですよ」

柳瀬母「あの人ったら、一週間も前からソワソワしてたのよ」クスクス

柳瀬父「ちょっ、母さん、内緒にって言ったのに!」

柳瀬母「あらあら」フフッ


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:22:42.32 ID:a1IE0TXQO

P「ははっ。相変わらずみたいですね」

柳瀬母「そうそう。手ぶらもなんだから、コレ。持ってきたのよ」

P「これは!じゃがいも焼酎!」

柳瀬母「P君好きだったでしょ?」

P「ありがとうございます」

柳瀬母「後で美由紀の事をじっくり聞きながら呑みましょう」

P「そうですね」

柳瀬父「美由紀、一緒にお風呂入ろうな」

美由紀「うん!」

P「はっ!?」

柳瀬母「お父さん、それは許さないわよ」

柳瀬父「なにっ!」

柳瀬母「当然です」マッタク


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:25:28.51 ID:a1IE0TXQO

美由紀「PさんPさん」

P「どうした?」

美由紀「今日はとっても楽しかったの!みゆき、最高のお誕生日になりました!」

P「なによりだな」ナデナデ

美由紀「うん♪」


おしまい


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:37:46.02 ID:a1IE0TXQO

おまけ・前日譚


P「じゃ、此処に行ってみるよ。二人共ありがとな」

かな子「美由紀ちゃん、喜んでくれると良いですね」

愛梨「今度感想聞かせてくださいね〜」

P「おう」


菜帆「Pさ〜ん」

P「ん?ああ、菜帆か」

菜帆「なんだか嬉しそうですね〜」

P「ほら、今度美由紀の誕生日だろ。で、ケーキ屋どこにしようかと思って」

菜帆「それで愛梨さん達に聞いてたんですね〜」

P「うん。良さげな店も聞いたし、これから予約しに行こうかなと思ってさ」

菜帆「へ〜…あの、Pさん。私も付いていって良いですか〜?」

P「え?まあ良いけど」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:48:51.62 ID:a1IE0TXQO

菜帆「それで、どんなケーキにするんですか〜?」

P「まだ決めてないけど、せっかくだから大きいのが良いかな、って」

菜帆「う〜ん…」

P「あれ?」

菜帆「四人で食べ切れないのはどうなんでしょうか〜…」

P「そうかなあ」

菜帆「うふふ。ねぇ、Pさんは大きいのが好きなんですか〜?」

P「まあどうせならその方が良いだろ」

菜帆「そうですか〜♪うふふ〜。私も選ぶの手伝いますね〜」

P「頼んだ」

菜帆「頼まれました〜」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:56:30.60 ID:a1IE0TXQO

テクテク

菜帆「それで、お店は近いんですか〜?」

P「ああ。歩いて行けるらしいよ」

菜帆「…………」ンー

P「どうした?」

菜帆「えいっ♪」ギュッ

P「うわっ!ちょっ、菜帆!?なに腕組んで…!」

菜帆「うふふ〜。せっかく二人きりなんですから〜。どうですか〜?」ムギュー

P「おうふ。お、お前な、もう少しアイドルとしての自覚を…」

菜帆「まあまあ、ちょっとの距離なんですよね〜」

P「そうだけど…」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 23:08:43.28 ID:a1IE0TXQO

テクテク

P「誰かに見られたらどうすんだよ…」

菜帆「Pさんとなら、熱愛発覚しちゃっても良いですよ〜?」ウフフ

P「またそう言う…」

菜帆「Pさんは私とは嫌ですか〜?」

P「嫌とかじゃなくてだな…」

菜帆「私はデートみたいで楽しいですよ〜♪」

P「だから、デートじゃ…」

菜帆「まあまあ」ムギュッ

P「ああ、ほら。見えてきたぞ」

菜帆「あら、もうデート終わりですか〜。残念」


P「はぁ…危なかった」ボソッ


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 23:11:32.27 ID:a1IE0TXQO

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
改めて美由紀誕生日おめでとう!何とか今日中に終われて一安心
またそのうちにこの子達で書きたいです





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿