TOP > シンデレラガールズ > きらり「ニュージェネレーションズ・にょわ!」

きらり「ニュージェネレーションズ・にょわ!」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 22:49:02.87 ID:8Zp4jI4H0

これはニュージェネレーションズ・ハイシリーズの一つです。
キャラ崩壊はある。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 22:49:47.13 ID:8Zp4jI4H0

未央「しまむー。おーい」

卯月「あ、未央ちゃん。今から事務所に向かう所なんだ」

未央「奇遇ですな~。私もだよ。一緒にいこ」

卯月「そして到着。おはようございまーす」

きらり「にょわにょわ~」

卯月「ん?」

P「にょわにょわ~」

未央「にょ?」

きらり「にょわにょわ」

P「にょわにょわ」

きらり「にょわにょわ」

P「にょわにょわ」

きらり「にょーわにょーわ! にょわ」

P「にょわにょーわ」

きらり「にょーわにょーわにょわ」

P「にょわにょわにょわ」

きらり「にょーわにょーわ! にょわ」

杏「助けて! 誰か助けてー!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 23:00:30.20 ID:8Zp4jI4H0

卯月「何……あれ? ゼクシィのCMのメロディでにょわにょわ言いながら」

未央「プロデューサーときらりんが手をつないで輪になった状態で杏ちゃんの周りを回ってるね。あまごいかな?」

卯月「そんなこと言ってる場合じゃないよ! 止めないと!」

未央「えぇ、だって正直、関わりたくないよあの現場に」

卯月「私は止めます! ダメですよプロデューサーさん! きらりちゃん! 手を離してください!」

P「そして卯月も手をつないで!」

きらり「にょわにょわ~」

卯月「にょわにょわ~」

未央「うっわ三連結。あんなひどいマイムマイム初めて見た」

杏「誰かぁ~」

未央「しまむーも取り入れられた。どうしよう!」

凛「何してるの、あれ?」

未央「しぶりん! いいところに来た! どうもこうも、よくわからないんだよぉ!」

凛「うしろの正面だあれをしてる、ようには見えないね」

未央「それに杏ちゃんも助けを求めてるんだ!」

凛「杏が?」

杏「だるい……」

凛「別に助け求めてないよ」

未央「怠惰の感情のせいで現状の打開と言う課題を忘却へ消えちゃったか……!」

凛「まあ、そのうち人に迷惑かけそうだし、止めに行ってくるね」

未央「さすがしぶりん!」

凛「おだてても何もないって。ほら、プロデューサーに卯月。手を離して」

P「そして凛も手をつないで!」

きらり「にょわにょわ~」

凛「にょわにょわ~」

未央「うそぉ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 23:13:30.32 ID:8Zp4jI4H0

卯月「にょわにょわ~」

凛「にょわにょわ~」

未央「何てことだ……! ニュージェネの最後の良心とも言われたしぶりんがこうもあっさり。パンデミックだ! 恐ろしいことが起きている! 私はどうしたらいいのだ!」

みく「何が「のだ!」なのさ未央チャン」

未央「あ、勝負事大好きなみくねこ!」

みく「みくねこ言うな! と言うより、あれ何にゃ? ドナドナ?」

未央「えっと、なんて言ったらいいんだろう……」

みく「何こっちとあっちをキョロキョロと見てるにゃ」

未央「ご、ごめんみくにゃん! 後は頼んだ!」ダダダー

みく「ちょ、未央チャン」

未央「ダメだよプロデューサー! しぶりんも手を離して!」

P「そして未央も手をつないで!」

きらり「にょわにょわ~」

未央「にょわにょわ~」

みく「うわぁ……もしかして後は任せたってこれをどうにかしろって言うにゃ?」

杏「ぐー」

P「にょわにょわ~」

みく「んー……ゴホン。Pチャン。他の人に迷惑がかかるからやめるにゃ。ほら、未央チャンも手を離して」

P「そしてみくも手をつなぎ!」

きらり「にょわにょわ~」

みく「いや、だから迷惑がかかるって」

P「え?」

みく「ん?」

きらり「にょ?」

みく「な、何?」

卯月「何でプロデューサーさんはきらりちゃんと手をつないで踊っていたんですか!?」

未央「そうだよ! 来た時びっくりしたんだから! 説明してよ~」

凛「杏を囲んでたのも気になるかな」

みく「えぇ、そのまま会話始めるの」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 23:39:58.21 ID:8Zp4jI4H0

P「実はさ。今から杏ときらりとでちょっと仕事の関係で遠出しなきゃいけないんだけど。ま、杏がいつもの調子なんだ」

凛「いつもの調子って言うと。こら杏。地面で寝ちゃダメだよ」

きらり「だからぁ。杏ちゃんにやる気をモリモリ出してもらおうかなーって思ってぇ☆ 踊ろうって話になったんだにぃ☆」

未央「まず聞きたいのはやる気を出してもらうのに何でダンスになったのかを聞きたいかな」

P「簡単な話だ。ダンスをすれば楽しい。目の前で踊ればきっと杏も楽しくなって仕事にやる気を出してくれるはず、とのことらしい」

卯月「た、確かに……! すごい説得力です!」

みく「違和感はありありで説得力は皆無にゃ。と言うより、185を超えるきらりちゃんとそれすら超えるPチャンが囲んで踊ればそれは壁と壁に閉じ込められたも同然にゃ。杏チャンもむしろ恐怖の感情がふつふつと」

P「バカヤロー!」

みく「な、何にゃ?」

P「きらりのことを壁なんて……! きらりはこんなにも「ちっちゃく」てかわいいだろ! 全く! 壁なんて表現はダメだぞ!」

きらり「Pちゃん。恥ずかしいにぃ」

凛「きらりがちっちゃいって、それはプロデューサーから見たらそうだよね」

卯月「むしろプロデューサーさんの身長は男の人から見てもドン引くぐらいデカいよね」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 23:56:23.12 ID:8Zp4jI4H0

P「まああれだ。踊っても杏はやる気を出してくれないみたいだし、こうなったら両手を掴んでつるしてでも連れてって……あれ? 杏がいないぞ!」

きらり「あれれー☆ どこいっちゃったんだろぉー」

卯月「また、どこかに逃げちゃったんじゃないんですか?」

P「そうだろうな。うーん。悪いけど、お前らもちょっと探すの手伝ってくれないか?」

未央「えぇー!」

凛「私たちもやることあるし」

P「そこを何とか頼むよ」

卯月「プロデューサーさん。そこで一言ですよ。お礼を用意するの一言があれば二人は喜んで引き受けますよ」

P「何耳打ちしてるんだよ。それはお前が言ってほしいってことだろ」

卯月「なんのことでしょうかー」

P「こいつ……! わかった。謝礼は出そう。ただし、聞ける範疇でだ」

未央「マジで! じゃあ何お願いしよっかなー」

凛「別に、そう言うのはいいんだけど。まあ、探すね」

卯月「ほら、ね」

P「本当にお前たちは素直だな。ほら、請け負ったからには散った散った。皆でいろんな所を探すんだ。三人は行ったな。じゃあみくは」

きらり「Pちゃん。これーハイ☆」

P「ん? なんだこれ?」

置手紙「めんどい かえる まえかわ」

P「あんのみくねこがぁあ! 片言で置手紙残して消えやがって! 今度会ったときあいつの猫用の爪切りで俺の鼻毛を整えてやる」

きらり「ダメだよぉ☆ 人の嫌がることしちゃ、めっ☆」

P「そりゃ、まあそうだけど。とりあえず、きらりは俺と一緒に行く。俺たちが杏を見つけてそのまま仕事に行けるようにしたいからな。きらりは杏がどこに行きそうだとかの見当はつかないのか」

きらり「うーん……難しいにぃ☆」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/20(金) 22:31:12.37 ID:lPX4Yhd10

P「探してるのはいいけど……見つかんないもんだな」

きらり「杏ちゃーん☆ 杏ちゃん……きらりとお仕事したくないのかなぁ」

P「きらりと仕事云々ってことじゃなくてただ単に仕事したくないだけだろ。別にきらりと仕事したくないわけじゃないだろうに……ん?」

きらり「どうしたのにぃ?」

P「こっちこっち。カフェエリアになんとなく足を運んだけど、あれ」

きらり「杏ちゃんいたのぉ?」

P「杏がこんな社交的な場所に逃げるわけないだろ。あそこだよあそこ。凛が居る」

きらり「ほんとだぁ☆ ティーしてるぅ☆」

P「あいつ……! 俺のお願いを引き受けておいて自分はカフェでティーブレイクか! 似合わないことしやがって!」

きらり「そんなことないよぉ☆ 凛ちゃんはぁ、とってもキラキラしてゆー☆」

P「でもさー。凛がカフェで優雅に佇むってより、もっとこうロックチックに。ライブハウスで熱気に煽られながら歌って、歌の合間に手の甲で額の汗を拭い、ペットボトルの水を飲む。こういった方が似合ってないか」

きらり「そんなことないにぃ☆ あとーその例えは長いと思うよぉ」

卯月「わからないこともないですけど、なぜ飲むかの根本が違いますね」

P「ん!?」

きらり「どうしたの?」

P「幻聴か? いや、そんなわけない。きらり、多分近くに卯月がいると思うから、探してきてほしい」

きらり「お願い? おっけーい☆」

P「ただし、見つけたらすぐ俺に報告しに戻ってくるんだ」

きらり「りょーかい☆ にょわー!」

P「さて、俺はと」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/20(金) 22:49:58.08 ID:lPX4Yhd10

凛「うーん……こんなことしてていいんだろうか」

P「よくないんだよな、りーん」

凛「ぶっ。プロデューサー……」

P「お前ってやつは人との約束を守れない……って、随分と珍しい面子で飲んでるな」

時子「……」

真奈美「やぁプロデューサー君。君も飲むかい?」

P「まさかとっきーと真奈美の青春コンビとお茶会。珍しい珍しい」

時子「青春コンビ?」

P「セーラー服と学ランのユニットを組んでいたじゃないか。特に真奈美ははまり役だったな」

真奈美「そうだったかな。私としても憧れていたんで、楽しめるものだったし、いい思い出だ」

時子「冗談。あんなのは茶番よ。あんな企画を通した貴方には、一鞭だけでは足りないくらいね」

凛「まあ、21歳がセーラー服って言うのも、」

時子「アァン?」

凛「ズズー」

P「で、凛は何でお茶会なんて似合わないことしてるんだ? 誘われたのか?」

真奈美「私が誘ったんだ。何。時子が一人で座っていたもんで同席してもいいかと尋ねたのが事の発端だったんだ」

時子「許可を出した覚えはないわ」

真奈美「まあこんな感じで、彼女は一匹狼を気取るものだから、一緒にお茶をしようと思ったってわけだ」

P「強引だなぁ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/21(土) 18:57:22.49 ID:ggCKNMvo0

時子「貴方にだけは言う資格はないと思うけど、その多弁な口を縫ってあげようかしら」

P「おぉう!? 言ってくれるなとっきー。でもそんなことしないよな。とっきーは優しいもんな!」

時子「……」

P「ダンマリはやめてくれよ。そんな険しい顔は似合わないぞ☆ ほっぺツンツン」

時子「逝ね」

真奈美「プロデューサー君。人が不快だと思うことをするのはあまり感心しないな。小耳に挟んだんだが、君は随分といい加減な仕事をしてるようだな」

P「え? な、何のこと?」

真奈美「例えば、君はオフの日にアイドルたちを自宅に呼んでいるとか。特に未成年の少女たちを」

凛「!?」

P「あ、いや、別に呼んでいるってわけじゃないぞ。あいつらが勝手にだな」

真奈美「悪いことだと全面的に言ってるわけじゃない。ただ、聞いた人数があまりにも多くてな。少し目に余ると思っただけだ。それに今勝手と言ったが、一言言えば済むことだ。君は子供じゃないんだろ」

P「……はい」

真奈美「確かに君は優秀だ。事務所の皆が認めている。しかし、仕事中でもそのいい加減さが目に余る箇所が多々ある。アイドルの子たちとよく一緒にはしゃいでいるな。それは親近感が持てる、よりアイドルたちの立場を理解できるという点では良いこととも言える」

P「……」

真奈美「しかし君は私たちを導く立場なんだ。一緒に遊んでいるという点は親密になれると言うストロングポイントだが。裏を返せば不安を掻き立てるウィークポイントにも成り得るんだ。それに……」

凛「ガチの説教だ。プロデューサー借りてきた猫みたいになってる。それに一概にプロデューサーだけじゃなくて私にも原因が……ん?」

きらり『にょわにょわ』チョイチョイ

凛「……プロデューサー。きらり、呼んでるけど」

P「え? あ、呼んでるな! すまんな真奈美! 話はまた今度聞くから!」

真奈美「そうか? 確かに待たせるのも悪いな」

P「そう言うことだから! 凛も、こんなところで道草食ってないで探しに行ってくれよ」

凛「待ってプロデューサー。私からも一言言わせて」

P「何?」

凛「茶会が似合わないって、次言ったらさすがに怒るよ」

P「……すまん」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/21(土) 23:44:53.50 ID:ggCKNMvo0

きらり「Pちゃん! こっちこっち☆」

P「卯月は見つかったのか?」

きらり「うん☆ まゆちゃんと一緒にいたよぉ☆」

P「まゆと? あいつも凛と同じでサボりか? 何してんだよ一体。あ、いた」

卯月「まゆちゃん。これが例のブツだよ」

P「ストップきらり」

きらり「にょわ? 何で隠れるのぉ?」

P「まあ見てろ」

まゆ「ありがとうございます。まさか本当に持ってこれるなんて……思ってもいませんでしたよぉ」

卯月「まあ、ちょっとだけ無茶はしちゃったけど、これもニュージェネレーションの力です!」

まゆ「でも……逆にこれを手に入れたってことは、Pさんのご自宅に出入りしていると言うことですよねぇ? そこのところ詳しく教えてください」

きらり「何のお話してるかなー?」

P「少なくともろくな内容ではないようだな」

卯月「まゆちゃんの言う通り、プロデューサーさんのご自宅によくお邪魔してるよ!」

まゆ「へぇ……」

きらり「何か不穏☆な空気を感じるにぃ」

P「ちょっと、俺も楽しくなってきた」

まゆ「そうですか。Pさんのお部屋に……!」

卯月「まゆちゃん」

まゆ「ん、何ですかぁ? いきなり肩に手を置いたりなんかして」

卯月「私の眼を見てください」

まゆ「眼?」

卯月「私は皆に平等なんです。まゆちゃんの想いはよくわかってます! でも凛ちゃんにも未央ちゃんにも、その想いを抱く権利はある。私は皆のお姉ちゃんだから、平等にチャンスがあるべきだって思うんだ」

まゆ「チャンス? でしたらそのチャンスをまゆが、」

卯月「だから! まゆちゃんのことも応援してるけど、まゆちゃんだけの味方ってわけにはいかない。もし私がプロデューサーさんの家にお邪魔するのに不満があるなら、まゆちゃんも行けばいいんだよ! 何なら、私が手助けしてあげますよ」

まゆ「!? Pさんの……ご自宅に……!?」

卯月「そう。プロデューサーの部屋に。我慢することなんてないんですよ。チャンスは誰にでもあるけど、それを逃す人だって多いんですから。まゆちゃんは、逃す側ですか?」

まゆ「まゆは……まゆは……」

卯月「そうです。身を委ねるんですよ。自分のしたいことを抑えていては体に毒。大丈夫。年上であるお姉ちゃんの私が手助けして」

P「何変な洗脳しているんだお姉ちゃん?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 17:53:09.40 ID:m4mHnx9E0

卯月「!?」

まゆ「Pさん……! いつからそこに?」

きらり「卯月ちゃんがぁ「まゆちゃん。これが例のブツだよ」って言ってるあたりからだよ☆」

P「今の似てたぞきらり。ちょっと新鮮だな! さてと、卯月」

卯月「声にドスが聴いてますね……怖いですよ。何ですか? 手を出して」

P「手に持ってるソレ。どうやら俺の部屋から勝手に拝借したものらしいな。まゆもそれを欲しがってるみたいだけど、渡してくれないか?」

きらり「ダメだよ卯月ちゃん☆ 人のものを勝手に持ってっちゃドロボー☆ って言われちゃうにぃ」

卯月「……」

まゆ「……」

P「何も言わないってことは、渡したくないってことで」

卯月「散!」

まゆ「ちょ、待ってください卯月さん……!」

P「逃がすかぁ! きらりは脱兎を追ってくれ! 俺はまゆを捕まえる」

きらり「りょーかい☆ 卯月ちゃーん! それ見せてにぃ☆」

P「さてまゆ」 \うわッ!? きらりちゃんが立ちふさがってきました!/

まゆ「……」 \カバディ☆ カバディ☆/

P「何も言わなくていい。さぁ」 \私を捕まえようとしてますね……! 私は負けない! だって、お姉ちゃんだから!/

まゆ「ん? 何で手を広げてるんですか?」 \にょわー!/

P「こっちに来い。抱きしめてやる」 \ぐわーっ! 捕まったー!/

まゆ「!? そ、そんな、それは……」 \卯月ちゃん! ハグゥー☆/

P「俺は来いって命令形で言ったんだ。来い」 \し、しまった……! とんでもない間違いをしました/

まゆ「来いって、そんなこと言われたら……断れません……! Pさん……!」 \間違えたって、何ー?/

P「はい、確保」 \きらりちゃんは同い年だから、お姉ちゃんだからって理屈は通用しません……/


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 18:28:52.80 ID:m4mHnx9E0

まゆ「不覚です。まさかこうもあっさりと捕まってしまうとは」

卯月「プロデューサーさん。今の捕獲方法はまゆちゃんの想いを利用しましたね。卑劣ですね!」

P「おうよ俺は卑劣だ。さて、さっきのブツとやらをもらおうか」

卯月「それならもうきらりちゃんに持ってかれちゃってますよ」

P「何? きらり」

きらり「ごめんにぃPちゃん。ちょっとだけ見ちった☆」

P「見ちったって……なんだ俺の昔の写真じゃないか」

卯月「そうですよ」

P「誇らしげに言うな。確かにこれは俺の部屋でしか手に入らないな。まゆはこんなものが欲しかったのか」

まゆ「はい。まゆはPさんの全てを知りたいですから」

P「うーん。まあこの程度なら見られてもどうこう言わないけど、勝手に持ち出したのは少々やり過ぎだ」

卯月「一応、写真を携帯で写メしたものなんですよ」

P「そんなのは言い訳だ。まあ、別に見られて困るようなものでもないし、初犯ってことでお咎めはなしだ」

卯月「はい。ごめんなさいプロデューサーさん」

まゆ「大変ご迷惑をおかけしました」

P「まゆも、こんなもんなら見せてやるから、いつでも家に来ていいからな」

まゆ「……ありがとうございます」

P「卯月はもうこんなことはするなよ。今度やったら服ひん剥いてすっぽんぽんにした後、脇の下に挟んでやるからな」

卯月「わ、わかりました」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 19:16:11.57 ID:m4mHnx9E0

P「全く。何でニュージェネの三人の内、二人が道草食ってんだ。いつもはいい子だってのに」

きらり「Pちゃん……ショボーンってなってるにぃ」

P「でも! 最後の砦! あの二人より素直で元気な本田未央がいる! 未央なら俺との約束を守って杏を探してくれているだろう。全くいい子だな未央は! ご褒美を上げよう。もちろんきらりにもな」

きらり「ご褒美! うっきゃー☆ 楽しみぃー☆」

P「ははは。じゃあ、次はこの部屋を」

未央「うおおおおおおおおおおお!!!」

紗南「くっ。やるね未央さん! でも負けない!」

茜「すごい熱戦です!!!! 二人とも熱いですよ!!!!!!」

光「悔しい……! この戦いに参加できないなんて、ヒーローとして悔しい!!!!」

未央「今だ! チャアアアアアアアアアアアアアア!!!」

紗南「なにぃ! まさか……!」

未央「勝った! 勝ったぞーエイドリアーン!」

茜「やりましたね未央ちゃん! 熱い鼓動をひしひしと感じました!!!!!」

光「何て人たちだ……! こんなの熱くならないわけないじゃないか!!」

紗南「まさか、あたしが負けるなんて……!」

未央「さなさな……私たちに差なんてなかった。あったのは……一時の運だけ。だけど、私はそれを勝ち取ったのだ!」

紗南「……完敗だ。すごいよ。未央さん」

???「紗南ちゃんを倒したようですね」

茜「何奴!?」

楓「褒美として師匠である私が相手をします」

未央「かえ姉さま!? え? 師匠なの!?」

紗南「いや、弟子になった覚えはないけど」

茜「見てください! 付け髭してますよ!! 老師みたいです!!!」

光「何かカッコイイな!!」

楓「どうしますか未央ちゃん?」

未央「ふん。知れたこと! 望むところだぁああああ!」

皆「わぁー!!!!」

P「……」

きらり「みんなぁ☆ たのすぃそーにテレビゲームをしてるにぃ☆」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 22:39:27.97 ID:m4mHnx9E0

未央「じゃあ私のキャラは、」

P「本田ぁぁぁああああああああ!!!!!!」

未央「どぉう!?? え、あ、プロデューサー!」

P「何やってるんだお前ってやつは! 杏探しに行ってくれたんじゃないの!?」

未央「これは、なんて言うか、息抜き! 私は膨らんだ風船は簡単に割れちゃうじゃん?」

P「何が割れちゃうじゃんだ! 楓も! 付け髭なんて凝った真似しやがって」

楓「これをつけてする格ゲーは格別です」

P「と言うよりやたら熱いメンバーがそろってるな」

未央「皆は悪くないよ! 私が自分で」

紗南「でも誘ったのはあたしだし……」

茜「未央ちゃんは何かすべきことがあったんですか!!!!???? それなら悪いことをしてしまいました!!!!!」

光「皆で楽しもうと思っていたが、それが悪いことだったのか」

P「いや、俺が言うのはたった一言だ。勝負だ未央」

未央「え? 勝負?」

P「そうだ! お前が俺との約束を破りゲームに興じていた。これは紛れもない事実だが、もし、俺に勝てたなら目を瞑ってやる」

未央「ほぉお。たったゲームにおける現人神紗南ちゃんを破った私に勝負を挑むなんてね……望むところだぁああああ!」

P「決定だ! 行くぞぉぉおおお!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 22:46:09.88 ID:m4mHnx9E0

きらり「ちょんちょん」

P「ん? なんだよきらり?」

きらり「Pちゃん。めっ☆」

P「え?」

きらり「Pちゃん。きらりたちはかくれんぼしてる杏ちゃんを探してるんだよ☆」

P「まあ、そうだな」

きらり「この後きらりたちは杏ちゃんとお出かけ☆ もうちょっとで出発の時間だにぃ☆」

P「え、もうこんな時間か」

きらり「だからきらりは杏ちゃんを探しに行くべきだと思うなぁ☆」

P「……そうだな。未央」

未央「うん……探しに、行くね。まさかきらりんに説教されるとは」

楓「未央ちゃん行っちゃいましたね」

P「えっと、俺も行こうかな。じゃあな。四人はゲームの続きをしてていいからな」

紗南「行っちゃった」

茜「どうしましょうか?」

光「うーん……」

楓「盤上ゲームをバンバンしましょうか?」

三人「さんせーい!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 23:13:09.61 ID:m4mHnx9E0

P「全然見つからないな。どこに隠れたんだ杏のやつ。無駄に隠密性能を向上させやがって。時間も押してるのに。本当にどうしよう」

きらり「うーん☆ 迷ったときは、一回来た道を見てみると、何か新しい発見があるかもしれないよぉ☆」

P「来た道を見るって……ん? 何だこれ? 飴だ」

きらり「戻ってみるにぃ」

P「よく見ると、俺たちが歩いてきた通路に一定間隔で飴が置いてあるな。ん?」

杏「こんなところにも飴がある~。まさかこんなにも飴をゲットできるなんて。日頃の行いのおかげかな。ん?」

P「……」

杏「あ」

きらり「杏ちゃん確保ー☆」

杏「し、しまったぁ!」

P「しまったじゃないな。お前はヘンゼルとグレーテルが撒いたパンくずを食べる鳥かよ。と言うより、飴を撒いたのはきらりだよな?」

きらり「杏ちゃんは飴を食べるととーってもハピハピになれるから杏ちゃんの大好きな飴はいつも持ってるにぃ☆」

P「随分と用意周到なことするな。飴好きの杏はきらりの作った飴の道を絶対通るから戻ろうって言ったのか。思った以上に用意周到だ。まあ、見つかったのは良かった。探してくれてる皆にも連絡入れてと。あとでお礼しなきゃな」

杏「離せ! 杏は働きたくないを抱負にして生きているから離せー!」

P「うっせー! きらりは右手を持ってくれ。俺は左手を持つ」

きらり「杏ちゃんは真ん中☆」

杏「連行されるよーうあー」

P「観念しろ。きらりはこんなにもやる気あるんだぞ」

きらり「だってぇ……大好きな二人と一緒にお仕事だから、楽しみだにぃ☆」

完!


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 23:18:38.62 ID:m4mHnx9E0

今まで通してたけど今回の途中で唐突に卯月を敬語キャラに戻してます。気付いてたけど直してませんでしたすみません。
きらりはすっげーカワイイけどそれ以上に口調がわかりませんのでかなりテキトーですすみません。
みくにゃんを出すとみくにゃんにばっかかまっちゃうので速攻で退場させましたすみません。

これでCu→Co→Pa→Cu→Co→Paとおそらく次のメインはCuだと思います。前書いた違うシリーズをまた再開しようか迷ってますがまた次回





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿