TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「ふーん。今日からヴィーネもバイトするんだ」 ヴィーネ「ええ。よろしくね♪」

ガヴリール「ふーん。今日からヴィーネもバイトするんだ」 ヴィーネ「ええ。よろしくね♪」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:01:33.641 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「コーヒーの淹れ方は……まずは……」

ヴィーネ「コーヒーカップにうんちを注いで」ブリブリブリ

ヴィーネ「完成!どうですか!?」

マスター「うんうん……月乃瀬君は筋がいいねぇ」ズズ

ヴィーネ「ありがとうございます!早速ガヴに飲んでもらいますね!」

……

ヴィーネ「というわけで私が淹れたコーヒー飲んでくれない?」

ガヴリール「どれどれ……」ズズッ

ガヴリール「おえっぇえええええええええええええええええええ!!」ビチャビチャ

ヴィーネ「失礼ねー」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:03:19.754 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「駄目でした……」

マスター「うーん天真君にはまだ早かったかもしれないねぇ……」

ヴィーネ「どうすれば……」

マスター「コーヒーの濃厚さは魅力だけどそれを苦手とする人もいるからねぇ……」

マスター「そういうとき架け橋となってくれるのがミルクなんだよ」

ヴィーネ「なるほど!じゃあウンチを注いで……」ブリブリ

ヴィーネ「母乳を混ぜれば……」プシャー

ヴィーネ「完成!ガヴに飲ませてきます!」

……

ガヴリール「おえっぇええええええええええええええええええええ!!!」ビチャビチャ

ヴィーネ「ひどいわねー」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:04:37.790 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「ミルクをいれても駄目でした……」

マスター「うーん……コーヒーは苦手なのかもしれないねぇ……」

ヴィーネ「うぅ……」

マスター「じゃあフードメニューの練習もしてもらおうかな。喫茶店は軽食も取り扱うからね」

ヴィーネ「料理!料理は得意ですよ!」

ヴィーネ「まずはウンチをこねて……」グチャグチャ

ヴィーネ「焼いて……完成!ハンバーグです!」

マスター「やるねぇ」

ヴィーネ「早速食べさせてきます!!」

……

ガヴリール「おえっぇえええええええええええええええええええええええええ!!!!!」ビチャビチャ

ヴィーネ「失敬ね!」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:05:53.136 ID:4jtYe7mi00505.net

ガヴリール「……」ゲッソリ

サターニャ「どうかしたのよ?」

ガヴリール「いや……最近ヴィーネがいろいろ差し入れをくれるんだけどさ……くっそまずくて……」

サターニャ「ヴィネットの料理がまずい……?不思議」

ガヴリール「それもまずいってレベルじゃないんだよ……もうゲロマズもゲロマズで……」

ヴィーネ「ガヴ!今日こそ美味しくできたはずよ!」

ヴィーネ(ウンチで作ったプリン……おいしくないわけがない!)

ガヴリール「……まずはサターニャが食べてみてよ」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:07:20.322 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「えー!なんでよ!?」

ガヴリール「いや……その、頼む」

サターニャ「いいの?」

ヴィーネ「……まあ、ガヴが食べてくれるのなら」

サターニャ「じゃあ一口……」パクッ

サターニャ「……」モグモグ

サターニャ「ん~っ!うまいわね!」

ヴィーネ「でしょ!?」

ガヴリール「え!?そ、そんなバカな……」パクパクッ

ガヴリール「おえっぇええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

ヴィーネ「そんなー」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:09:23.816 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「また駄目だったんです……」

マスター「うーん天真君は味覚がズレてるのかもしれないねぇ」

ヴィーネ「じゃあ次はサンドイッチを作ってみます!これならどうやってもまずくならないわ!」

マスター「じゃあツナサンドを作ってみようか」

ヴィーネ「はい!」

ヴィーネ「まずツナにウンチを混ぜて……」

ヴィーネ「刻んだパンツを生地に練り込んだパンに挟んで……完成!」

マスター「素晴らしい」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:11:01.011 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「ガヴ!今度こそー!」

ガヴリール(サターニャは味音痴だからな……信用ならん)

ガヴリール「……ラフィエル。頼む、味見してくれ」

ヴィーネ「ひどい!」

ラフィエル「そうですよーせっかく作ってくれたのに信用しないなんて」

ガヴリール「今まで何度も吐いてきてんだよ!!」

ヴィーネ「もう……いいわよラフィ。食べて」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:12:00.762 ID:4jtYe7mi00505.net

ラフィエル「では……」

ラフィエル「んん~!美味しいですね!」

ヴィーネ「でしょ!?」

ガヴリール「はあ!?そんなわけ……!」パクッ

ガヴリール「おぇっええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

ヴィーネ「ひどいわねー」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:12:38.026 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「今度こそガヴの胃袋をつかむわよ!」

ラフィエル「まずはガヴちゃんの好みを考えましょう」

ヴィーネ「……あ!カレー!調理実習のときにカレーの材料持ってきてたし!」

ラフィエル「いいですね!カレーを嫌いな人はいませんし!」

ヴィーネ「じゃあ早速作りましょう!」

ヴィーネ「ウンチを煮込んではい完成!」

ラフィエル「わー!」パチパチ


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:14:01.013 ID:4jtYe7mi00505.net

サターニャ「勝負してくれるまで帰らない!!」

ガヴリール「うるせ……気分が悪いんだよ……」

ピンポーンガチャ

ヴィーネ「ガヴリール!カレー作ってあげたわよ!」

ガヴリール「かれー……」

ガヴリール「……いや、でもいい」

ヴィーネ「なんで!」

ガヴリール「お前まじで言ってんのか……」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:17:53.914 ID:4jtYe7mi00505.net

サターニャ「ん~いい匂いじゃない!」

ヴィーネ「でしょ?サターニャもよかったら食べて」

サターニャ「いいの!?」

ガヴリール(臭いんだが……こいつら鼻どうなってんだ……?)

ヴィーネ「はい、召し上がれ♪」

ラフィエル「ガヴちゃんもたべましょうよ~おいしいですよ~」

サターニャ「流石ヴィネットね!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:20:45.238 ID:4jtYe7mi00505.net

ガヴリール(あいつら……本当にうまそうに食べてるな……)

ガヴリール(今度のはまじで美味いのか……?)

ヴィーネ「あらガヴも食べる気になった?」

ガヴリール「一口だけ……」パクッ

ガヴリール「おえっぇえええええええええええええええええええええええ!!!!」ビチャビチャ

ヴィーネ「ひどいわねー」

ラフィエル「ひどいですー」

サターニャ「行儀悪いわね」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:22:31.447 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ(はぁ……どうすればいいのかしら……)

タプリス「今日はお誘いありがとうございます!!」

ヴィーネ「タプちゃんこそ来てくれてありがとうね♪」

タプリス「いえっ!月乃瀬先輩とお菓子作りしたかったですから!!」

タプリス(そして天真先輩に……///)

ヴィーネ「ふふ、じゃあとっておきのレシピを教えてあげるわね!」

タプリス「はい!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:25:24.848 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「まずは生地を作るわよ。ウンコに母乳、あと卵子を入れてよく混ぜる」

タプリス「はいです!」ブリブリプシャークチュリンコ

ヴィーネ「へぇタプちゃんって意外とおっきいのねぇ……」

タプリス「見ちゃだめですぅ……///」コネコネ

ヴィーネ「あら、だめよタプちゃんコロコロウンチじゃ。お菓子作りは軟便を使わないと」

タプリス「あっ間違えちゃいました」

ヴィーネ「大丈夫よ。このウンチはナッツ系の感触を出すのに使いましょう」

タプリス「なるほど!月乃瀬先輩流石ですっ」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:27:35.274 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「完成ね♪」

タプリス「どうですか?」

ヴィーネ「……うんっおいしい!これならガヴも喜んでくれるわよ!」

タプリス「ありがとうございますっ!」

ヴィーネ「……ガヴにプレゼントするんでしょ?」

タプリス「……はいっ!」

ヴィーネ「いってらっしゃい!」

タプリス「はいっ!行ってきます!!」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:30:14.573 ID:4jtYe7mi00505.net

タプリス「天真先輩~」

ガヴリール「タプリスか……どうしたんだ?」

タプリス「実は天真先輩にクッキーを作ってきたんです!」

ガヴリール(タプリスのクッキーか……タプリスなら……)

ガヴリール「そうか……ありがとう」

ガヴリール「……ッ!?」

ガヴリール(くっさ!?ま、まさかこれ……!!)


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:33:44.060 ID:4jtYe7mi00505.net

タプリス「わくわくっ」キラキラ

ガヴリール(うっ……でもタプリスがそんな……)

タプリス「早く食べてください~」

ガヴリール(そうだ……タプリスはそんなことをするやつじゃない)

ガヴリール(これなら大丈夫だっ)

パクッ

ガヴリール「おぇっええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

タプリス「ひどいですよ~」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:36:36.355 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「どうすれば……」

マスター「うーん……天真君は味覚がまだ子供なのかもしれないねぇ」

カランカラン

サターニャ「じゃまするわよー!」

ラフィエル「すみませーん」

タプリス「私も来ちゃいました!」

マスター「いらっしゃいませ」

ヴィーネ「あ、サターニャにラフィ!それにタプちゃんまで!来てくれたのね!」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:39:22.395 ID:4jtYe7mi00505.net

マスター「彼女たちは?」

ヴィーネ「協力者です!ガヴに美味しいごちそうを作ってあげようと思って!!」

マスター「うぅ……友達思いでいい子だねぇ……」

マスター「よぉし!ボクも協力させてもらうよぉ!」

ヴィーネ「ありがとうございます!!」

ラフィエル「それで何を作るんですか?」

ヴィーネ「パンケーキよ!」

サターニャ「いいわねぇ!」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:43:19.917 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「とりあえず……まずボウルにウンチをいれて」ブリブリ

ラフィエル「母乳を少々」ビュビュッ

マスター「ザーメレンゲも作っておくねぇ」ドピュドピュ

サターニャ「私も卵の代わりに卵子を……」クチュリクチュリ

タプリス「更に酵母菌の代わりに常在菌を使って……」クチュリンコ

ヴィーネ「で、これらを混ぜて……焼く!」

ヴィーネ「チョコホイップの代わりに軟便をぶっかけて……」ブリュリュゥウ!!!

サターニャ「フルーツを乗っけて完成ね!」

ラフィエル「わー!素敵なパンケーキですね♪」

マスター「素晴らしい……これならきっと天真くんも喜ぶよ」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:45:10.532 ID:4jtYe7mi00505.net

ガヴリール「いやだっいやだあああああ!!!」

ヴィーネ「そんなこと言わないで食べてよー」

サターニャ「そうよそうよ」

ラフィエル「ひどいですよガヴちゃん!」

タプリス「せっかく……頑張って作ったのに……」

ガヴリール「だって……」

タプリス「うぅっ……せっかくみんなで頑張って……うぇぇぇ……」

サターニャ「ちょっと何泣かせてんのよ!!」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:47:16.537 ID:4jtYe7mi00505.net

ガヴリール「え、え」

ヴィーネ「ひどい……」

ラフィエル「ガヴちゃんサイテーです……」

ガヴリール「ぐぐ……わ、わかったよ!!食えばいいんだろ食えば!!」パクパクッ

ガヴリール「おぇっええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

ヴィーネ「ひどいわ」

サターニャ「ひどいわねー」

ラフィエル「ひどいですよー」

タプリス「ひどいですっ」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:49:19.601 ID:4jtYe7mi00505.net

ガヴリール「い、いい加減にしろっ……何をどうすりゃあこんなひどい味になるんだよ!?」

ヴィーネ「何をどうって……普通よね?」

サターニャ「ええ」

ラフィエル「普通、ですよね」

タプリス「はい」

ガヴリール「なわけないだろ!!」

ガヴリール「もう一度ここで作ってみろ!!」

ヴィーネ「別にいいけど。まずはウンチを……」ブリブリ

ガヴリール「」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:51:09.282 ID:4jtYe7mi00505.net

ガヴリール「え、な、なにをして……」

ヴィーネ「え?」

サターニャ「ん?」

タプリス「どうかしましたか?」

ガヴリール(まさか私が今まで食べてきたのは……)

ガヴリール「うっぷ……!」

ガヴリール「おぇっええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

ヴィーネ「ひどいわねー」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:53:01.512 ID:4jtYe7mi00505.net

ヴィーネ「そっかーガヴったら好き嫌いして……」

ガヴリール「な、何するつもりだ……や、やめろ……」

ガシッ

サターニャ「逃げないの」

ガヴリール「!?や、やめろ!離せ!離せばか!!」

サターニャ「タプリス。口をこじ開けなさい」

タプリス「わかりました!」

ガヴリール「がっ!?あ……あぁあああああっ!!!」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 16:55:37.675 ID:4jtYe7mi00505.net

ラフィエル「はーいガヴちゃーん♪顔動かしゃだめですよー♪」

ヴィーネ「大丈夫よガヴ……すぐ美味しいと感じるようになるわ……♪」

ガヴリール「やっああああああああああああああああ!!!!」

ガヴリール(死ぬっ死ぬ……!!殺されるっ……!!!)

ヴィーネ「はい召し上がれ♪」

ブリュブリュリュリュリュリュッ!!

ガヴリール「おぇっええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

完☆



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿