TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「押すとグラサンが絶頂するボタン?」

サターニャ「押すとグラサンが絶頂するボタン?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:52:23.315 ID:Y8c/kiQH0.net

~教室~


サターニャ「……」


グラサン「で、この公式の証明は教科書の53ページを参考に……」


サターニャ「えいっ」ポチッ



グラサン「してんんんぁああああっっ!!?」ビクゥッ!!


サターニャ「!」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:53:00.834 ID:Y8c/kiQH0.net

グラサン「おっ、おおおお……!?」ガクガク


サターニャ「……」




グラサン「ハァ……ハァ……」ビクンビクン


サターニャ(……面白い!)キラキラ


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:53:37.695 ID:Y8c/kiQH0.net

ザワザワ……



グラサン「……す、すまない。ちょっと立ち眩みをしてしまったようだ」


サターニャ「……」


グラサン「気を取り直して、次の例題を……」


サターニャ「……」ポチッ


グラサン「解いっひぃぃいいいいいっっ!?」ビクゥッ!!


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:54:09.509 ID:Y8c/kiQH0.net

グラサン「あっ、あっ、ああああ…………!」ビクンビクン


サターニャ「……」


グラサン「な、にがぁぁ……!?」ピクピク


サターニャ(ククク……あのグラサンが頬を赤く染めながらよがり狂っている……なんて滑稽なのかしら!)


サターニャ「んなーはっはっはー!」ポチポチポチ


グラサン「んはあっ!? おあっっ!! おほぉぉおおおっっ!!?」ビクビクビックゥゥン!!!


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:54:45.723 ID:Y8c/kiQH0.net

ザワザワ……



ガヴ「なあ、今日のグラサンちょっと変じゃないか?」

ヴィーネ「そうね。突然大声を上げながら震えだしたり、うずくまったり……」

ガヴ「涙目で息も荒いし……大丈夫なのかあれ」

ヴィーネ「うーん……もしかして、何か危険な薬でも使ってるのかしら?」

ガヴ「まっさかー! ラフィじゃあるまいし!」

ヴィーネ「え?」

ガヴ「え?」



グラサン「す、すまない……やはり体調が優れないので、一度保健室へ行ってくる」

グラサン「戻ってくるまで、自習をしててくれ……」フラフラ


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:55:15.619 ID:Y8c/kiQH0.net

ガララッ



サターニャ「……」ポチッ



<ンァァアアア!!



サターニャ(うーん、反応が見えないと押しても面白くないわね……)


サターニャ(よし、後を追いかけましょう!)


サターニャ「……」ガタッ

ガヴ「おい、サターニャ。どこ行くんだ?」

サターニャ「ちょっと、悪魔的行為をしにね」ニヤッ

ガヴ「はあ?」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:55:52.821 ID:Y8c/kiQH0.net

サターニャ「……」タッタッタッ


サターニャ(ククク……待ってなさいグラサン!)


サターニャ(今日はずっと、サタニキアクメタイムなんだから!!)


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:56:47.123 ID:Y8c/kiQH0.net

~保健室~



ガララッ



グラサン「……」


グラサン(保健の先生は居ない……か)


グラサン「はぁ……」ドカッ


グラサン「……」


グラサン(しかし、俺は何故急に絶頂など……)



ガララッ!



グラサン「!」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:57:40.969 ID:Y8c/kiQH0.net

サターニャ「クックック……見付けたわ、グラサン!」

グラサン「……胡桃沢?自習はどうした」

サターニャ「あら、そんな口利いていいのかしら?今のあんたは……」ポチッ



グラサン「っっ!!?」ビクビクッッ!!


サターニャ「私に弄ばれるだけの、絶頂マシーンなのよ!」ポチッ


グラサン「おあっ!!ほへぇぇえっっ!!?」ガクガクガクガク


サターニャ「なーっはっはっはー!!なんて無様なのかしら!!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:58:53.489 ID:Y8c/kiQH0.net

グラサン「……」ハァハァ


サターニャ「これで分かったでしょ?私はあんたの絶頂をコンロール出来る」

サターニャ「もし私に逆らおうものなら、あんたはイキ狂いの変質者に成り果てるわ!」


グラサン「何、馬鹿なことを……」ハァハァ


サターニャ「はい1回」ポチッ


グラサン「はひぃいいいいいっっ!!?」ビクゥッ!!


サターニャ「これからあんたが生意気なことを言う度に、これを押していくわ」

サターニャ「あと何回押すことになるか楽しみね」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:59:37.314 ID:Y8c/kiQH0.net

サターニャ「クックック……自分の生徒に弄ばれる気分はどうかしら?」


グラサン「……な、何が」プルプル


グラサン「何が目的なんだ、胡桃沢……!」


サターニャ「目的?……そうね」グイッ


グラサン「っ!」


サターニャ「私を楽しませなさい、グラサン」ニタァ


グラサン「た、楽しませる……?」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:00:21.058 ID:Y8c/kiQH0.net

サターニャ「そうよ。青臭い臭いを撒き散らしながら、無様に這いつくばって私を楽しませなさい」

サターニャ「私が満足したら解放してあげてもいいわ……もっとも、それがいつになるかは分からないけど」


グラサン「くっ……この悪魔め……!」ギリッ

サターニャ「あらありがとう。私の故郷じゃそれ、褒め言葉よ」ニコッ


サターニャ「それじゃあお礼に1回」ポチッ


グラサン「やめっ……んんんんぁぁぁあああああっっ!!?」ビクビクビクッ!!


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:01:08.524 ID:Y8c/kiQH0.net

グラサン「んおっ、おほぉぉ……!!」ガクガク


サターニャ「クックック……ああ、楽しい、楽しいわ!なんて満たされるのかしら!」


サターニャ「さあ、まだまだ時間はたっぷりあるわ。終わりの鐘が鳴るその瞬間まで……」





サターニャ「踊りなさい、グラサン!!」ポチポチポチポチポチ!!!


グラサン「ほぉおあああああああああッッッッッ!?!!?」ビクビクビックゥゥウウン!!!


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:02:00.445 ID:Y8c/kiQH0.net

~エンジェル喫茶~



ガヴ「……」カチャカチャ



ガヴ(その後、サターニャは駆けつけた他の先生達に取り押さえられ、1ヶ月の停学処分となった)



ガヴ(現在あいつは、自宅で犬とメロンパンを食べる生活を送っている)



ガヴ「……」フキフキ



ガヴ(流石のサターニャもこれで懲りるかと思ったが、どうやらそうでもないらしく、早速次の悪魔的行為を計画しているようだ)



ガヴ(バカは死ななきゃ治らないとは、まさにこの事だろう)


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:02:34.853 ID:Y8c/kiQH0.net

ガヴ「……」サッサッ



ガヴ(あと、たまにグラサンがサターニャの家へお見舞いに行っているらしいが、そこで何をしているのか私は知らない)



ガヴ(ただ一つ確かなのは…….あの日以来、グラサンのサターニャを見る視線が妙に熱っぽくなったということだ)



ガヴ「……」フゥ

マスター「お疲れ様、天真君。今日はもう上がっていいよ」

ガヴ「うっす」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:03:27.253 ID:Y8c/kiQH0.net

ガヴ「……」ゴソゴソ

マスター「それにしても嬉しいねぇ。天真君がまた、シフトの日を増やしてくれるなんて」

ガヴ「あー、最近暇なんで」

マスター「そうなのかい?それはまたなんで……」

ガヴ「じゃ、奥で着替えてきます」

マスター「無視!?」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:04:11.131 ID:Y8c/kiQH0.net

ガヴ(そう。サターニャが居なくなってからというものの、日々の生活にどこか物足りなさを感じてしまっている自分が居る)


ガヴ(いつもは騒がしくてうざったいやつだと思ってたが、案外、私の退屈しのぎになってくれてたのかもしれないな)


ガヴ「……」ヌギヌギ


ガヴ(なんか面白いことないかなー……)コロン


ガヴ「……ん?」


ガヴ「……なんだこれ。こんなの私持ってたっけ?」ヒョイッ


ガヴ「赤いボタン……裏に文字が書いてあるな。なになに……」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:04:50.503 ID:Y8c/kiQH0.net

ガヴ「……『押すとマスターが絶頂するボタン』?」


~終われ~


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:05:29.044 ID:Y8c/kiQH0.net

私は一体何を書いてるんだろう……


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 16:20:21.950 ID:kPl1UZUC0.net




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿