TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴ「喧嘩友達」

ガヴ「喧嘩友達」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:45:58.126 ID:7MGCof0M0.net

私はアイツが好きだ

だが、私はアイツの勝負をただ受け、それを流していく毎日

自分の思いを彼女に伝えることが出来ない、そんな自分に腹立ちもする

だが……いつかは必ず……

私はそう思っていた



あの事件が起こるまでは


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:47:05.021 ID:7MGCof0M0.net

確かに、その日はサターニャと2人で「勝負」とは関係なく、本屋に行けて嬉しかった

しかし、「グラサン」という単語に怯えるサターニャを見て、私の中に「イタズラごころ」

天使には似つかわしくない、その感情が芽生えたのがまずかった


そして事件は起こった

…………………………………………………


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:47:28.519 ID:7MGCof0M0.net

…………………………………………………

「ギャランドゥ!」

「人に名を尋ねる時は自分から名乗るべきじゃないかしら!?」

「あい……ふぃーる……そう……」

「ぐっど!!!!!」

「自己PR?あなたには感じ取れないの?この溢れ出るオーラ」

「このカリスマ性があれば自己PRなんて必要ないわ!」

(ふっ……完璧な面接だった……これならグラサンも文句は……)

グラサン「……胡桃沢、大事な話がある」ゴゴゴゴ


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:47:54.104 ID:7MGCof0M0.net

ヴィーネ「……ちょっと、ガヴ」

ガヴ「ん?」

ヴィーネ「……この本、サターニャが持ってたんだけど、もしかして」

ガヴ「あー、それ本当にやっちゃったの?」

ヴィーネ「……やっぱり」

ヴィーネ「サターニャ、すっごい怒られて……可哀想に」

ガヴ「……」

ヴィーネ「あんたちゃんと謝っときなさいよ」

ガヴ「おー、わーったわーった」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:48:22.928 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「お、サターニャじゃん」

ガヴ「お前まさか本当にあれやるとは……」

サターニャ「……」

サターニャ「……あんた本当に天使?悪魔じゃないの?」

ガヴ「は?何言ってんだ、私は正真正銘の天使……」

サターニャ「……信じてたのに」ポロリ

ガヴ「えっ、おい、サターニャ」

サターニャ「……もう知らない」サッ

ガヴ「……」

ガヴ「んだよアイツ……」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:48:51.058 ID:7MGCof0M0.net

【翌日】

ガヴ「……お、おい、サターニャ」

サターニャ「……」プイッ

ガヴ「……」

ガヴ「ふんっ、あんなやつ知るかよ」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:49:18.200 ID:7MGCof0M0.net

【放課後】

ガヴ「……」

ガヴ(サターニャのやつ……1人でそそくさと帰りやがって)

ガヴ(私も……帰るか)


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:49:58.532 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「……」テクテク

「勝負よガヴリール!」

ガヴ「……!」バッ

シーーーーーン

ガヴ「……」

ガヴ「空耳か……」ハァ…

ガヴ「何やってんだ私は……」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:50:18.697 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「……」

ガヴ(もうアイツとは……)

ガヴ「……」ジワァ

ガヴ「……」グシグシ

ガヴ(……謝ろう)

ガヴ(……そうすれば)


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:50:51.562 ID:7MGCof0M0.net

【翌日】

ガヴ「お、おい、サタ……」パクパク

サターニャ「……」テクテク

ガヴ(なんで……なんで声が出ないんだ!)

ガヴ「ちょ……まっ……」

ガヴ「……」

ガヴ「……」ハァ…


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:51:31.165 ID:7MGCof0M0.net

キーンコーンカーンコーン

ガヴ「……」

サターニャ「……」ササッ

ガヴ「……」

ガヴ「……帰ろう」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:52:06.084 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「……」テクテク

ガヴ(……やっぱり仲直りは……無理なのかな)

ガヴ(私は……なんであんなことを)

ガヴ(……)

エーンエーン

ガヴ(……なんだ?)


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:52:57.912 ID:7MGCof0M0.net

女の子「うわーん」ビェェビェェ

ガヴ(風船が木に引っかかってんのか……)

ガヴ(可哀想だけど……いまの私には何もする気力が……)

『あんた本当に天使?』

ガヴ「……アイツの言葉」

ガヴ「……分かったよ!やればいいんだろ!!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:53:15.440 ID:7MGCof0M0.net

女の子「うぅ……グスッグスッ」

ガヴ「……おい、もう大丈夫だから泣くな、私が取ってやるよ」

女の子「ほんと……?」グシグシ

ガヴ「……あぁ」

女の子「……ありがとう!」パァァァ


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:53:38.534 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「よいしょよいしょ」キノボリー

ガヴ(……もうちょいだ)

ガヴ(……あと少し!)

ガヴ(よし!取っ……)

バキッ

ガヴ(えっ)


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:54:23.019 ID:7MGCof0M0.net

ヒューー

ガヴ(あっ……こりゃやべーな)

ガヴ(……羽根だしたら強制送還だし)

ガヴ(第一もう間に合わないか……)

ガヴ(怪我……ですむかな)

ガヴ(怪我したら……心配してくれるかな)

ガヴ(ヴィーネ、ラフィエル……)

ガヴ(……アイツは心配してくれないかな)

ガヴ(……そっか、もうアイツとは……)ウルウル


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:55:13.154 ID:7MGCof0M0.net

「はやく降りなさいよ」

ガヴ(あぁ……走馬灯ってやつか?アイツの顔が見える……私死ぬのかな)

「はやく降りなさいっていってんのよ!!!」ガバァ

ガヴ「いって!なにすんだよこの野郎!」ドサァ

「あんたがいきなり私の上に乗っかってきたんでしょ!?」

ガヴ「……って、え?現実?」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:56:11.821 ID:7MGCof0M0.net

サターニャ「何言ってんのよ、頭でも打ったの?」

ガヴ「え、いや、大丈夫……」

ガヴ「……体が痛くない」

サターニャ「……そりゃ私の上に乗っかってきたからね」

ガヴ「……なんでお前が下に居たんだ」

サターニャ「……子供が泣いてるからみたら……あんたが木に登ってて……そして落ちるの見かけて……」

サターニャ「……ダッシュで下まで駆け寄ったらあんたがもう上まで来てて……」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:56:57.138 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「……そうか、それは……すまない」

サターニャ「……それにしても」

サターニャ「……あんたにも天使らしいところあったのね」

サターニャ「少しだけ……見直したわ」

ガヴ「……」

ガヴ「サターニャ、話があるんだ」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:57:29.884 ID:7MGCof0M0.net

サターニャ「……このタイミングで?」

ガヴ「……あぁ、面接のことなんだが……あの……その……」

サターニャ「……もういいわよ」

ガヴ「……えっ?」

サターニャ「もういいって言ってるの」

サターニャ「あれくらいの罠も見抜けないなんて私もまだまだよね」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:58:19.805 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「ほっ、本当に許してくれるのか!?」

サターニャ「しつこいわよ、もういいって」

ガヴ「……」

ガヴ「……ありがとう」

サターニャ「なはっ!大悪魔は器がでかいのよ!」

ガヴ「……ふふっ」

サターニャ「……なによ」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 19:58:53.044 ID:7MGCof0M0.net

ガヴ「……大悪魔なのに優しくていいのかよ」

サターニャ「い、いいでしょ!別に!」

私はコイツが好きだ

大悪魔といいつつ、大悪魔になりきれないところ

優しくて友達思いなところ

……馬鹿なところ

あげれば色々と出てくる


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 20:02:00.590 ID:7MGCof0M0.net

……ちょっと前まではいつその思いを告げようか悩んでいた

でも、もういい

どうして今まで気付かなかったんだろう

「そ、そんな事言ったらあんただって天使っぽくないじゃない!」

「私は大天使だぞ?大悪魔なんかけちょんけちょんだぞ」

「なっ!やれるもんならやってみなさいよ!」

「おう!じゃあ……」

……しかし、やっと気付くことが出来た

いつもアイツからかけてくれるあの言葉の大切さを

そして、いつもその言葉をアイツから言われる幸せを……

もう、私はこれ以上は望まない

ただ、私はその言葉をお互いに言い合える、そんな関係で十分だ

願わくばこの関係がずっと続いていくことを……

「勝負だ!」

おわり


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 20:02:29.037 ID:7MGCof0M0.net

綺麗なガヴサタを書きたかったんです

ありがとうございました!


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/06(土) 20:03:46.536 ID:GjkedjmR0.net

うむ
大義であった





『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿