TOP > シンデレラガールズ > モバP「新米プロデューサーと」南条光「アイドル!」

モバP「新米プロデューサーと」南条光「アイドル!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:11:42.69 ID:a9kJfSSD0

アイドルマスターシンデレラガールズです。

注意

この話は私が以前に書いていた
佐藤心「プロデューサーとアイドル」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445176290/
と世界観が一致しており、これらの話のその後のお話しとなっております。

モバP「新米プロデューサーと」結城晴「アイドル」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464182326/
こっちの続きになります。

また、シンデレラガールズ以外のアイドルマスター作品のキャラクターが出てきます。ご了承ください。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:12:11.44 ID:a9kJfSSD0

CGプロ

晴「おい! P! お前ふざけんなよ!」

モバP(以下P)「何が?」

晴「今回はカッコいい仕事だって言ってただろ!」

P「言ったっけ?」

晴「とぼけるな! ほたるも聞いたよな!?」

ほたる「えっと……プロデューサーさんはカッコいい仕事じゃなくてカッコつけられる仕事って言ってたよ……?」

P「うむ」

晴「あああああ! もおおおおおお!」

菜々「は、晴ちゃん、落ち着いて……!」

P「というか、仕方なかろう」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:12:43.78 ID:a9kJfSSD0

晴「何がだよ!」

P「ほたると一緒に営業かけてるんだから可愛い系の仕事の方が来るに決まってるだろ」

P「ほたるも晴も可愛いんだからさー」

晴「何でだよ! ほたるだけで良いだろ!?」

ほたる「ご、ごめんね……。晴ちゃん……私のせいで不幸に……」

P「あーあー、なーかせたーなーかせーたー。チーフに言ってやろー」

晴「子供か!」

晴「ほたる、勘違いするな。オレはほたると一緒に居て不幸なんかにはなってない!」

ほたる「晴、ちゃん……」

菜々「晴ちゃん……かっこいい……」

P「やっぱ女たらしだわ」

晴「ただ、こいつがオレの要望を一切聞き入れないからキレてるだけなんだ!」

晴「あとそこ! 女たらしってなんだよ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:13:09.42 ID:a9kJfSSD0

P「もうちょい大人になればわかるぞ」

菜々「ですね。もう少し歳を重ねれば自ずと分かります」

晴「……Pが言うのはなんとなくわかるけど、なんで菜々さんまでそんなに言うんだ?」

菜々「ギクッ!? たたたたたまたまですよ!? たまたま本で読んだだけで! ナナは永遠の17歳ですから!」

晴「お、おう……?」

ほたる「あの……プロデューサーさん」

P「ん?」

ほたる「晴ちゃんがやりたいって言ってるようなお仕事ってないんですか?」

P「んー……チーフならいくつか持ってるかもしれないけど、俺は持ってないなぁ」

P「どうしても晴に来る仕事より、ほたるに来る仕事の方が多いからな」

ほたる「そう、なんですか……。私に仕事が来るのは嬉しいですけど、晴ちゃんにもカッコいいお仕事させてあげたいですよね」

晴「ほたる……!」

菜々「はぁとちゃんに回してもらえないか頼んでみたらどうですか?」

晴「それだ!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:13:38.03 ID:a9kJfSSD0

晴「おいP! はぁとさんって今どこにいるんだ!?」

P「茜と一緒にCM撮影中。戻ってきたら頼んでみ」

ほたる「茜さんと一緒のCMって栄養補助食品のでしたっけ?」

P「そ。運動中のエネルギー補給に。仕事中の小腹が空いた時に。みたいなコンセプトのCM」

晴「オレもそのCM出たかったんだけど」

P「向こう直々のご指名だったから無理だろうな」

晴「なんでオレには指名が来ないんだよ!」

P「知名度が低いからな。仕方ない」

P「今はとにかく露出を増やして顔と名前を覚えてもらう時期だから。バーターばっかになるのは仕方ない」

菜々「そうですよ、晴ちゃん。下積みって言うのは本当に大事なんですよ……!」

晴「Pが言うと薄っぺらく聞こえるのに、菜々さんが言うと真実味が増すな。なんでだろ」

菜々「な、なんででしょうねー!?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:14:12.62 ID:a9kJfSSD0

心「そりゃ積み重ねてきたものがPなんかとは段違いだからな☆」

茜「そうなんですか!? 菜々ちゃんのトレーニングはどれほどのものなんでしょうか!?」

菜々「はぁとちゃん! 茜ちゃん! やかましい! 余計な事言わないでください!」

ほたる「おかえりなさい。はぁとさん、茜さん」

心「ただいま☆」

茜「日野茜! ただいま戻りました!!!」

晴「なーなー、茜ねーちゃん」

茜「なんでしょうか!? 晴ちゃん!」

晴「CMの仕事で他にも出演出来るみたいな話ってなかった?」

茜「他にも……ですか! どうなんでしょうか! はぁとさん!!」

心「ん? CM出たいのか?」

晴「CMというよりカッコいい仕事がしたい」

ほたる「何か晴ちゃんでやれそうなお仕事ありませんか?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:14:40.80 ID:a9kJfSSD0

心「んー……カッコいい仕事ねぇ……」

茜「っ……!」

菜々「なんで茜ちゃんが息を飲むんですか?」

茜「つい! ですね! 失敬!!」

心「んー、はぁとが持ってたカッコいい系の仕事は、大体凛ちゃん、瑞樹さん、楓ちゃん名指しのオファーばっかりだからなぁ」

晴「じゃあ他に……可愛い系じゃないやつは? スポーツとかでもいいんだけど」

心「スポーツは茜の専売特許的な部分があるからなぁ。時々未央も出てるけど」

茜「そういえば運動系のお仕事は大抵私ですね!!」

晴「だよなぁ……」

茜「一緒に出るようなお仕事はありませんか!?」

心「それもダメだな☆ しばらくは予定組んであるし、一か月後とかでいいならいけるけど☆」

晴「んぐぐ……とりあえず、一か月後でも良いから出たい……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:15:08.06 ID:a9kJfSSD0

心「んじゃ幸子と組む予定だった急流下りの仕事は晴に回してやるぞ☆」

茜「急流ですか! 良いですねぇ!! 腕が鳴りますよ!!!」

ほたる「急流下り……危なくないんですか……?」

心「ま、大丈夫だろ☆」

晴「適当だな……」

心「あれ、ところでPは?」

菜々「お茶入りましたよー」

茜「ありがとうございます!」

心「菜々先輩、P見なかったですか?」

菜々「Pさんならはぁとちゃんが戻ってくるのを見て慌てて出て行きましたけど」

心「……ほたるちゃん」

ほたる「はい?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:15:54.14 ID:a9kJfSSD0

心「あいつ、デスクワークやってた?」

ほたる「……えっと」

心「茜! 晴! あのアホを探してひっとらえろ!」

茜「了解しました!」

晴「はぁ? なんでオレが……」

心「捕獲して来たら来週までに晴が望む仕事取ってきてやるぞ☆」

晴「こうしちゃいられねぇ! 行くぞ! ほたる!」

ほたる「えっ!? う、うん……!」

菜々「……取れるんですか?」

心「仕事の大小さえ拘らなければ☆」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:16:33.32 ID:a9kJfSSD0

20分後……

P「……」

心「弁明があるならきいてやろう☆」

P「……ちゃうねん」

心「何がだ☆」

P「良い感じに働いてたつもりだったんすよ。ただ、つもりだったってだけで……」

心「てめぇ☆ ちひろさん休みで今日は忙しいって言ってあっただろうが☆」

P「お仕置きだけは……! お仕置きだけは勘弁を!」

心「そんなことする余裕もないぞ☆」

P「……マジ?」

心「徹夜コースだな☆」

P「……あぁー……!」


晴「自業自得だな」

茜「ですね!」

ほたる「晴ちゃん機嫌良いね?」

晴「だってはぁとさんが約束してくれたしな!」

晴「来週が楽しみだ!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:17:01.15 ID:a9kJfSSD0

次の週……

心「晴―♪」

晴「ん?」

心「小さい仕事だけど取れたぞ☆」

晴「マジで!?」

心「おうよ☆」

心「徳島のイベントでヒーローショーがあるらしいんだけど、それの司会☆」

晴「やった……ん?」

晴「待って。それってカッコいい仕事なのか?」

心「ヒーローショーとかカッコいいだろ☆」

晴「いや、確かにヒーローはカッコいいけどさ……」

心「それに、晴がカッコいい仕事なんて言われてないもーん♪」

晴「なっ!? き、きたねぇぞ!」

心「うるせぇ☆ もう予定組んであるんだから諦めろ☆」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:17:27.37 ID:a9kJfSSD0

晴「はぁ……言うだけ無駄か……」

心「じゃ、明日の午後一だからよろしく☆」

晴「!?」

P「どうした! 晴! 早く準備しないと飛行機に間に合わんぞ!」

晴「ま、待てよ! 今聞いたとこだぞ!?」

P「くそっ! こうしてる間にもどんどん時間が……!」

心「P! こうなったら晴は担いでいけ☆」

P「ウス!」

晴「やめろ! ばか! 触るな!」

P「じゃあ今日、明日のほたるの仕事は頼みました!」

心「おうよ☆」

P「行ってきます!」

晴「ふざけるなぁぁぁぁぁ!」

舞「……相変わらずとんでもないわねー」

心「舞さんほどじゃないですよ☆」

舞「そうかしら?」

心「次のフェスに乱入するって噂を聞きつけましたが☆」

舞「あら、どこから漏れたのかしら」

心「ほんとに勘弁して☆」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:17:57.39 ID:a9kJfSSD0

翌日 早朝 徳島イベント会場

スタッフ「えー、では、ステージは午後からなんでよろしくお願いします」

P「はい!」

晴「……はい」

P「おいおい、まだ拗ねてるのかよ」

晴「そりゃ拗ねるだろ!? わけわからんままいきなり拉致されたと思ったらいきなり徳島に来てんだぞ!?」

P「いいじゃんいいじゃん。里帰りだろ?」

晴「オレは愛媛出身だっ!」

P「あれ? そうだっけ?」

晴「プロデューサーならそれぐらい覚えてろよ……」

P「まじかー……やっちまったな……」

晴「何がだ?」

P「お前の実家に『晴の晴れ舞台なんで見に来てください』って入場券と交通費をご家族分きっちり送っちまったんだよなぁ」

晴「きっちり……って! お前! 覚えてたな!? 覚えてたんだろ!?」

P「いやいやナンノコトカサパリダヨー」

晴「カタコト!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:18:23.62 ID:a9kJfSSD0

イベント本番

晴『み、みんなー……! 元気かー……!?』

晴『今日は良い天気で気分も良いもんな! オレ……じゃなくて私も元気いっぱいだよっ☆』

晴「死にてぇ……」

悪役『こんなにいい天気だとスカウトもはかどるではないか!』

悪役『お? 早速あんなところに可愛い子を見つけてしまったではないか! 流石はセレブな私!』

晴『なにしてんだよ。P』

悪役(P)「晴。マイク入ってる」

悪役(P)『P!? そんな奴は知らんなぁー! 良いから一緒に来るんだ! 私の財力とプロデュース能力があれば君みたいな凡人でも一躍トップアイドルにしたてあげてやろうではないか!』

晴『きゃあー。サラワレルー』

ヒーロー『まてぃ! 無理やりなスカウト……! 数々の妨害工作! 君は彼女たちの力を信じてやれないのかね!?』

悪役(P)『えぇぃ! うるさい! 駒は駒らしく私に従っていればいいのだ!』

悪役(P)『それに来るのが一足遅かったようだな! チェックメイトだ!』

ヒーロー『ぐわああああ!』


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:18:52.29 ID:a9kJfSSD0

晴『……』

悪役(P)「晴、セリフセリフ」

晴『……このままじゃヒーローがやれてしまう。会場のみんな、ヒーローに声援を送るんだ』

??「がんばれー! 悪にまけるんじゃないっ!」

晴(うぉ……一際声の大きい客がいるな)

ヒーロー『ありがとう、みんな! みんなのお陰で力が湧いてきたぞ!』

ヒーロー『くらえっ! 団結パンチ!』

悪役(P)『ぎゃあー! やーらーれーたー!』

悪役(P)『これで勝ったと思うんじゃない! これは戦略的撤退だ! アデュー!』

晴『アリガトウ、ヒーローサン。世界の平和は守られたわ』

ヒーロー『なに! これも正義の味方の務めさ!』


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:19:23.31 ID:a9kJfSSD0

イベント終了後

晴「ふざけんな!」

P「似合ってたぞ!」

晴「この際、ひらひらの衣装だったことはいいけど!」

晴「なんで! お前がステージにあがってんだよ!」

晴「それとなんだよこの訳の分からないヒーローショー!」

晴「どこが面白いんだよっ!」

P「いやいや、でもうけてたじゃん?」

晴「なんか一人だけにだろ!?」

P「一人ひとりに夢を与えるのがアイドルの仕事だろ?」

晴「何を急にカッコいい事言ってんだよ!」

P「む。すまん。電話だ」

晴「ちょっ!」

P「あー! これはこれは結城さん! ええ、お約束通りお嬢さんには可愛い格好を……!」

晴「!? 親父!? 親父なのか!?」

晴「待てよ! 出ていくんじゃない! 話を聞け! って、逃げるな!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:20:01.15 ID:a9kJfSSD0

晴「……ぜぇ……ぜぇ……」

晴「おかしいだろ、あいつ……なんでスーツに革靴でオレより早く走れるんだよ……」

晴「それより、ここどこだ……?」

晴「あいつ追っかけて闇雲に走っちまたからな……携帯もPに預けてあるし……」

晴「小6にもなって迷子かよ……ちくしょう……」

??「む? 君はさっきのステージに上がってた娘じゃないか!」

晴「あん?」

??「こんなとこでどうしたんだ? 迷子にでもなったのか?」

晴「迷子じゃねーよ……ちょっと帰り道がわかんねぇだけだよ」

??「人はそれを迷子って呼ぶんだぞ!」

??「でも、安心してくれ! アタシが来たからには君を無事に送り届けてあげるぞ!」

晴「いいよ、別に……」

??「子供が遠慮なんてするんじゃない!」

晴「子供って……自分だって子供じゃねーか」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:20:47.83 ID:a9kJfSSD0

??「アタシは子供じゃない! ヒーローだ!」

晴「ヒーロー? チビなのに?」

??「ち、チビじゃないぞ! 140あるし!」

晴「140ってオレと同じだろ? オレだってまだ背は低いし」

??「ぐぬぬ……! いや……! 大丈夫だ! きっと成長する!」

晴「だよなー。オレも高校生ぐらいになればきっと170くらいになってるだろうし」

??「2年で30センチ……」

晴「はぁ? 高校生なんだからあと4年はあるだろ?」

??「アタシには時間がないんだ……!」

晴「生き急いでも仕方ないってうちの事務所の人も言ってたぞ。まだ小学生なんだし、そのうち伸びるだろ?」

??「小学生?」

晴「? オレ、なんか変な事言ったか?」

??「アタシは中学生だ!」

晴「うそだろ!?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:21:17.32 ID:a9kJfSSD0

晴「え、待って! だってオレと身長変わんないんだろ!? それで中学生!?」

??「ぐぅ……! いや……アタシはまだ成長途中で……!」

晴「というか、中学生でその身長だともう絶望的だろ……」

??「そ、そんなことないし……」

晴「というか、その声どっかで聞いたと思ったらさっきのショーに来てた客か」

晴「中学生でヒーローショーって……」

??「カッコいいからいいじゃないか!」

晴「カッコいい……? あれの……? どこが……?」

??「悪から善良な市民を守る正義の味方! これだけでもカッコいい!」

晴「どっちも真っ黒の全身タイツでほぼ見分けつかないけど」

??「ヒーローは何も姿かたちがカッコいいだけじゃないんだ!」

??「弱い者を助ける……! これこそがヒーローのあるべき姿! そして、誰かを助けるという心があれば、人は誰でもヒーローになれるんだ!」

晴「そうなのか……? まったくわかんねぇ……」

??「ああ! だからアタシは困っている人を見たら助けるんだ! ヒーローになるために!」

晴「ふーん。変わってんな」

??「そういうわけで、君を送り届けてあげよう! さっきの会場でいいのか!?」

晴「そうだな。オレも帰れないと困るし、頼む」

??「任せろ!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:21:50.94 ID:a9kJfSSD0

イベント会場

P「晴―! どこだー!」

P「くそっ……調子に乗りすぎた……! 晴から目を離すなんて俺は馬鹿か!」

P(迷子放送を頼むか……? いや、それは晴が嫌がるだろうし、何より変なファンがいたらまずい……)

P「となると自力で見つけるしかないか……! 待ってろよ、晴! すぐに行くからな!」

晴「だから、無理だろ。その歳でその身長とか」

??「む、無理じゃない! 諦めなければ夢は叶うんだ!」

??「あ、着いたぞ!」

晴「お、マジだ。サンキューな」

P「晴! 無事か!?」

晴「そんなに慌ててどうしたんだよ、P」

P「すまん! 俺が晴から目を離したせいで……!」

晴「べ、別に気にしてねーから、頭上げろよ」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:22:21.08 ID:a9kJfSSD0

P「本当に無事で良かった……!」

晴「そこまで心配する事ねーだろ……まったく」

P「心配するに決まってるだろ! 俺のせいで迷子になったんだし、そもそも俺の大事な晴に何かあったらどうするんだ!」

晴「なっ!?」

??「なんだかよくわからないけど、大事にされてるんだな!」

P「君が晴を連れてきてくれたのか! ありがとう……! 本当にありがとう!」

??「気にしなくていいぞ! アタシはヒーローとして当然の事をしただけだしな!」

P「何かお礼をさせてくれないか? じゃないと俺の気が済まない」

??「そんな……気にしないでくれっ!」

P「じゃあせめて、名前だけでも……!」

晴「そういや、オレも名前聞いてなかったな」

光「光! 南条光だっ!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:22:50.93 ID:a9kJfSSD0

P「光ちゃんか。改めて、晴を連れてきてくれて本当にありがとう。光ちゃんが居なければ、俺の不注意で晴を危険な目に遭わせていたかもしれない」

晴「大袈裟だなぁ……」

P「晴みたいに可愛い子が居たら何が起きてもおかしくないだろ!?」

光「うんうん。でも、安心してくれ! ここ徳島にはアタシが居る! 晴ちゃんのようなか弱い子のヒーローが!」

晴「か弱いって光とオレ、身長変わんねーじゃんか」

光「うぐっ……」

光「伸びる……絶対に伸びる……!」

スタッフ「あ、晴ちゃん見つかったんですね」

P「えぇ、おかげさまで見つかりました。俺の不注意でご迷惑をおかけしました」

スタッフ「いえいえ、見つかったなら良かったですよ」

光「……!」

光「あ、あの!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:23:47.68 ID:a9kJfSSD0

スタッフ「はい?」

光「その手に持ってるのって、さっきの……!」

晴「あ、ほんとだ。Pが着てた方か?」

P「うむ。もう片方は搬出済みだ」

光「見せてもらってもいいか!?」

スタッフ「え、えぇ、どうぞ……」

P「……ティンと来た!」

P「なぁ、光ちゃん」

光「光でいいぞ!」

P「じゃあ、光。あの衣装着てみたいと思わない?」

光「着たい!」

P「今すぐには衛生面で問題あるからダメだが、今回のお礼を兼ねて今度こういう仕事があった時に舞台裏に招待するのはどうだ?」

光「い、いいのか!?」

P「ああ、もちろんだ! 何もお礼出来ないよりよほど良いから、むしろそうさせてくれ」

晴「なぁ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:24:18.56 ID:a9kJfSSD0

P「なんだ?」

晴「なら、光をスカウトしたらどうだ?」

P「スカウト?」

晴「うん」

P「アイドルに?」

光「ア、アタシがアイドル!?」

光「む、無理! 服だってこんなんだし……晴ちゃんみたいに可愛くないし……」

晴「いや、服に関してはオレだって似たようなもんだし、ていうか、オレでアイドルやれるなら光も出来るだろ」

P「ふむ」

晴「どうだ?」

P「素晴らしいアイデアだ! と言いたいんだが……」

晴、光「「が?」」

P「俺にスカウトする権限ないんだ☆」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:24:50.43 ID:a9kJfSSD0

晴「はぁ!? はぁとさんはあんなにたくさんスカウトしてるのにか!?」

P「チーフはチーフだし……」

P「確かに、光をアイドルにして晴と組ませたら面白そうだと思うよ、俺も」

P「むしろ、出来るならスカウトしたいさ! 俺だって!」

P「でも、チーフか社長かちひろさんの許可がないとスカウト出来ない」

晴「じゃあ、電話ではぁとさんに許可取ればいいんじゃないか?」

P「それだ! 晴ちん賢い! なでなでしてあげる!」

晴「ヤメロォ!」

光「あ、あの!」

P「ん?」

光「アタシがアイドルって……冗談、だよな?」

P「俺は本気だし、晴も本気だ」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:25:17.14 ID:a9kJfSSD0

光「でも、アタシこんなんだし……」

P「光はアイドルに興味ないか?」

光「わかんない……自分の住んでる世界と違い過ぎて想像も出来ない」

P「ふむ。じゃあ質問を変えよう」

P「もし、光が主役になれるヒーロー物があったら出たいか?」

光「出たい!」

P「なら、アイドルやろう! アイドルは光が主役の物語を作れるんだ。それに、今よりもっと楽しくて刺激的な毎日が送れるはずだ!」

晴「でも、実際は望むような仕事なんてほとんどねーけどな」

P「まぁ……それは、その、ね? 頑張るし……」

P「で、どうだ?」

光「アタシでも、出来るのかな。アイドル」

P「ああ! 光ならできるぞ!」

光「アタシ……やってみたい! ヒーローになるのが夢だったけど、アイドルになってその夢を叶える事にする!」

P「良い返事だ!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:25:59.93 ID:a9kJfSSD0

P「さて、早速チーフに許可取るかな」

晴「これで、はぁとさんがダメって言ったら笑えるよな」

P「……やめてくれよ」

光「ダメ……なのか?」

晴「冗談だって。それにはぁとさんなら二つ返事で良いって言うだろ」

P「あー! こんなに言っといてあれだけど、不安になってきたー! やだー! 電話したくねぇ……」

晴「良いから、さっさと電話しろよ!」

??「その必要はないわ!」

P、晴「「!?」」

光「ん? 誰だ?」

ヘレン「ヘーイ!」

P「しゃ、社長!? なんでここに!?」

ヘレン「私を呼ぶ声が聞こえたの。それだけよ」

晴「訳わかんねぇ……」

ヘレン「なかなか良い口説き文句だったわ、P。心顔負けじゃない」

P「あ、あざっす!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:26:33.31 ID:a9kJfSSD0

ヘレン「光……と言ったわね」

光「え? ああ! 南条光だ!」

ヘレン「良いわね! 気に入ったわ!」

P「じゃあ……!」

ヘレン「今日からあなたは我がCGプロの一員よ!」

光「ほ、本当か!? アタシもアイドルになれるんだな!?」

ヘレン「私に二言はないわ。つまり、そういうことよ」

晴「良かったな! 光!」

光「うん! ありがとう! 晴ちゃん!」

P「手続きとかはどうしましょう?」

ヘレン「問題ないわ。既にちひろが動いているわ。Pは光の両親を説き伏せてきなさい」

P「了解です。社長は事務所に戻られますか?」

ヘレン「えぇ。心に話をしておく必要もあるし、一度事務所に戻るわ」

P「じゃあ、俺は光とご両親に会ってくるので、晴を連れ帰ってもらって良いですか?」

ヘレン「もちろんよ!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:27:05.17 ID:a9kJfSSD0

晴「え!? ヘレンさんと一緒なのか!? い、いやだ!」

P「ワガママ言うんじゃない。大丈夫だ。ちょっと疲れるだけだろ」

晴「てめぇ! ちょっとどころじゃねーだろ!?」

ヘレン「何をしているのかしら、晴! 世界は待ってくれないわよ!」

晴「オ、オレも光の家に行く! 誘ったのオレだし!」

P「諦めろ」

晴「いやだあああぁぁぁぁ……!!!」

光「い、行っちゃったけど、良かったのか……?」

P「晴だし、大丈夫だ」

P「さて、じゃあ光のご両親にアイドルの許可を取りに行くか」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:27:39.46 ID:a9kJfSSD0

後日 CGプロ

光「南条光です! よろしくお願いします!」

茜「日野茜です!!! よろしくお願いします!!!」

ほたる「白菊ほたるです。よろしくお願いします」

心「しゅがーはぁとだよぉ☆ よろしくね、光ちゃん☆」

P「で、他にも居るけど今日はこのくらいかな?」

晴「菜々さん下に居たぞ?」

心「じゃあちょっくら呼んでくるわ☆」

心「その間に説明よろしくな☆」

P「うっす!」

P「じゃあ、光の今後についてだが」

P「えーっと、とりあえずはレッスンだが、チーフが頑張ってくれたおかげでミニドラマの仕事が来てる」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:28:12.55 ID:a9kJfSSD0

茜「ミニドラマですか!! いきなり演技とは……! 流石ですね!!!」

P「光の希望に沿った仕事って事でチーフがだいぶ頑張ってくれたらしい」

ほたる「らしい……、ですか?」

P「ちひろさんから聞いただけだしな。チーフからはあっさり取れたって聞いただけ」

晴「なぁ、なんでオレは希望通りの仕事なんて全然ないのに、光は希望通りなんだ?」

P「……さぁ?」

光「で、どんな仕事なんだ!?」

P「えっと、オリジナルの特撮物だな。戦隊モノみたいなの」

P「光、晴、茜、ほたる、菜々さんで組んだ戦隊モノ」

光「いきなりヒーローやれるのか!?」

茜「良かったですね!! 光ちゃん!!!」

晴「どうせ、またオレはひらひらスカートなんだろ……」

P「んにゃ、光と晴と茜はアクション多めのカッコいい感じになる」

晴「……!? マジか!?」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:28:40.77 ID:a9kJfSSD0

P「嘘ついてどうするよ」

晴「しょっちゅう嘘ついてるくせに何言ってやがる」

P「ソンナコトナイヨー。な、ほたる?」

ほたる「え!? えっと……」

晴「ほたるを巻き込むな!」

光「晴ちゃんはほたるちゃんのヒーローみたいだな!」

茜「晴ちゃんは素でカッコいいですからね!」

菜々「お、お待たせしましたー!」

心「お待たせ☆ どこまで話した?」

P「ミニドラマのとこまでですね」

心「そかそか☆」

心「じゃあ、こっからははぁとが引き継ぐぞ☆」

心「えっと、今後、光ちゃんのプロデュースはPがメインで行ってくぞ♪」

光「はい!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:29:06.50 ID:a9kJfSSD0

心「んで、晴とほたるちゃんと一緒にってのが多くなると思う☆ 系統的に茜と未央も多くなる、かな?」

茜「そうなんですか!? 楽しみです!!」

心「どういう路線にするかはPに任せてるけど、光ちゃんが望んだような感じにはなるから安心して☆」

光「ありがとうございます!」

晴「なぁ、オレは……? カッコいい仕事……」

心「晴は……ガンバ☆」

菜々「はぁとちゃん……」

晴「知ってた……知ってたさ……」

ほたる「だ、大丈夫だよ……! きっとプロデューサーさんも分かってくれてるから……!」

心「あ、でも光ちゃんが入ったから今後、晴と合わせてカッコいい系の仕事も取りやすくなるような☆ な、P?」

晴「マジか!?」

P「あー、そっすね。今まではほたるメインでしか取れませんでしたけど、なんだかんだ晴も名前売れてきてますし、光を生かそうと思ったら必然的にカッコいい系の仕事が増える……かも」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:29:36.57 ID:a9kJfSSD0

晴「最後が不安だけど、この際は気にしねーぞ!」

晴「光! ありがとう! アイドルになってくれて本当にありがとう!」

光「おぉ……!? どういたしまして……?」

菜々「本当に増えるんですか……?」

心「P次第ですけど、光ちゃんにもなんかフリフリ着せるって言ってたんで多分無理☆」

菜々「ですよねー」

心「さて、そういうわけで、光ちゃんと晴と茜は撮影に備えて演技とアクションの訓練だぞ☆」

茜、光、晴「「「はい!!!」」」

心「そっちはPに任せてあるから、ほたるちゃんと菜々先輩ははぁとと一緒に演技重点でいきますよ☆」

ほたる、菜々「「はい!」

P「よし、じゃあ撮影に備えてレッスン行くぞ!」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:30:06.02 ID:a9kJfSSD0

その後 撮影当日 スタジオ

光「くぅー……!」

晴「どうしたんだ?」

光「見てよ! 晴ちゃん!」

晴「お、おぉ!?」

光「ヒーローになれたんだ! 夢にまで見てたヒーローに!」

茜「良かったですね! 光ちゃん!!」

菜々「光ちゃん、良く似合ってますからね。カッコいいですよ♪」

ほたる「うん……! 本物のヒーローみたいです」

光「ありがとう!」

菜々「いやー。それにしても戦隊モノをやれる日が来るとは思ってもいませんでした」

光「アタシも! いつかはなれたらいいなって思ってたけど、こんなに早く夢が叶うなんて……!」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:30:41.27 ID:a9kJfSSD0

茜「そんなに戦隊モノって憧れるものなんですか?」

菜々「戦隊モノに出てた人が声優になったり、声優さんが出てたりとかありますからね! ナナも一度は出てみたかったんです!」

光「ニチアサは欠かさず見てたし、昔のも借りてきて全部見るくらいに大好きだ!」

晴「そんなもんなのか。でも、こういうのにほたるが出てるのてどうなんだ?」

ほたる「えっ……ダメ、かな……?」

晴「いや、そうじゃねーけど、ほたるみたいな可愛い子が戦うのってなんか変じゃないか?」

光「そんなことない! ほたるちゃんみたいに可愛い子はヒロインポジションで出てるし、結構重要な役目だったりもするんだ!」

菜々「そうですよ! 可愛いくせに実は一番……なんて事もありますからね! ニチアサを見てる男の子はみんなヒロインの子を好きになるもんですよ!」

晴「そんなもんなのか」

心「おーい、そろそろ撮影始めるぞー☆」

光、茜、ほたる「「「はい!」」」

菜々、晴「「……」」

菜々「はぁとちゃん」

晴「その格好は……?」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:31:08.53 ID:a9kJfSSD0

心「どう? 似合うでしょ♪」

茜「カッコいいですよ! はぁとさん! なんか、こう……ダークな感じです!!」

ほたる「はぁとさんも出るんですね」

心「うん♪ 敵役でな☆」

菜々「ってことは、さっき見かけた楓ちゃんと早苗ちゃんと瑞樹ちゃんも……?」

心「はい☆ 四天王ってポジです☆」

晴「うわぁ……」

光「うんうん! ヒーローには相応しい敵が必要だからな!」

光「はぁとさん達ならカッコいいし、イメージもぴったりだ!」

心「だろう☆」

心「さ、そろそろ撮影ですよ☆ 晴も菜々先輩もアホ面やめてください☆」

晴「これは……」

菜々「また面倒な事になりそうな予感がします……」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:31:36.34 ID:a9kJfSSD0

撮影終了後 CGプロ

ちひろ「お帰りなさい♪」

光「ただいま戻りました!」

P「いやー……疲れました」

ほたる「大丈夫……ですか?」

ちひろ「そんなに大変でしたか? 晴ちゃんと菜々さんが死んだような目をしてますけど……」

茜「いえ! とても楽しかったですよ!!」

光「うん! 茜さんの言う通りすごく楽しかった!」

菜々「それは……なによりです……」

晴「まったくだ……」

ちひろ「?」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:32:08.30 ID:a9kJfSSD0

光「やっぱりプロデューサーの脚本が良かったと思うんだ!」

P「お? わかるか、光。俺の思いつく限りの熱い展開を入れてみたんだ」

茜「ラストで晴ちゃんがほたるちゃんをかばうところは涙なしには見れませでした!」

ほたる「あの時の晴ちゃん、とってもカッコよかったです!」

ちひろ「え!? 本気でプロデューサーさんが脚本やったんですか!?」

晴「そのせいではぁとさん達大人組がやりたい放題……」

菜々「ナナと晴ちゃんは終始、敵につっこみをしまくるという不思議な戦隊モノでした……」

P「まぁ、良いじゃないですか。ちゃんと全員に平等に見せ場は作ったんですし」

菜々「あの最後は納得してません! なんでナナの退場理由がぎっくり腰なんですか!?」

ちひろ「ああ……」

P「だって、ねぇ……?」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:32:43.04 ID:a9kJfSSD0

P「でも、それなりに楽しんでくれたでしょう?」

菜々「それは……まぁ、確かに……」

P「晴だってほたるをかばうところなんて希望通りカッコよかったと思うし」

晴「まぁ……そうだけど……」

P「茜にはアクション盛りだくさんだったし」

茜「はい! 良い運動になりました!!」

P「ほたるの演技力生かすために役柄をガラッと変えたりして新しい一面発見したし」

ほたる「はい……! 楽しかったです!」

P「光の意見もばんばん取り入れて光の満足いく脚本に仕上げたしな!」

光「もう大満足だった! もう一度やりたいくらい!」

P「ほら、トータルで見ればプラスばっかよ」

菜々「それは、そうなんですけど!」

晴「オレ達は苦労もしてんだ!」

ちひろ「ふふっ♪ でも楽しくて良い撮影だったみたいですね♪」

ちひろ「ところで心さん達はどうしたんですか? 一緒に戻ってくるはずでしたよね?」

P「あ、チーフはニュージェネの現場でトラブったらしくてそっちに。瑞樹さん達は幸子とみくの方で飛び込みの仕事が入ったんで、それが終わり次第戻ってくるらしいです」

ちひろ「ニュージェネ……という事は舞さんが飛び入りしたんですね……。本気だったんですか……」

P「詳しくは後で報告するって言ってましたよ」

ちひろ「わかりました。詳しくは心さんから聞くとします」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:33:18.51 ID:a9kJfSSD0

ちひろ「それはそうと……」

ちひろ「撮影、お疲れ様でした♪ さっきから茜ちゃんがごはん片手にスタンバイしてますが、打ち上げと晩ご飯兼ねて色々用意したのでみんなで食べましょう♪」

茜「いただきます!!!」

ほたる「だからまっすぐ帰るって言ってたんですね」

晴「こういうとこばっかりは抜かりないよな」

菜々「みんなでわいわいやってるのがこの事務所の良いところですからね!」

光「プロデューサー……」

P「ん? どした?」

光「ずっと憧れてたヒーローやってみて思ったんだ」

光「アタシはもっともっと多くの人を笑顔にしていきたい! そして、この仲間達と一緒ならそれが出来ると思うんだ!」

光「だから……ヒーロー南条光を……いや、アイドル南条光をこれからもよろしくお願います! プロデューサー!」

End


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 23:38:33.92 ID:a9kJfSSD0

以上です。

正直な話、戦隊モノヨクワカラナイ。
ジュウレンジャー、ダイレンジャー、カクレンジャーあたりをビデオ借りて見てたような記憶はあるけど、正直どんな話だったかもさっぱり。
リアルタイムでは何を見てたのかもまったく。照英さんが出てたような……? あとはM・A・Oさんと松風さん……?
私はウルトラマンとか仮面ライダーの方が記憶にしっかりと残っています。

デレステにしゅがはさんが来る気配が一切ありません。更新の度に今日こそは来る、とか言ってる気がします。
奈緒が手元に来てくれたので、なんだかんだガシャ回してないです。限定もスルーしましたし。でも、段々ガシャ回したい病が発症してきてるのでなるべく早くしゅがはさんお願いします。

では、お読み頂けたら幸いです。依頼出してきます。


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 01:16:12.65 ID:EyDvBcI5o

乙です
晴ほた光というのも面白い組み合わせ



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿