TOP > はたらく魔王さま! > 恵美「な、なんで私が魔王を好きにならないといけないのよ!」

恵美「な、なんで私が魔王を好きにならないといけないのよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:34:46.52 ID:HjXS5TYq0

芦屋「魔王様。憎っくき宿敵のエミリアを無力化する作戦があります」

真奥「ん?なんだ?」

芦屋「先日図書館から借りてきた参考書…恋愛小説というものを見て思ったのですが」

真奥「お前そんなの読んでたのか?」

芦屋「これも魔力が戻る為の資料探しの為です」

真奥「あーわかったわかった…で、なに?」

芦屋「勇者エミリアを魔王様に惚れさせるのはどうでしょうか?」


真奥「…」




真奥「ハァ?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:38:08.10 ID:HjXS5TYq0

芦屋「悪魔の私達にはわかりませんが、人間の恋愛感情と言うのは酷いものです」

芦屋「一度好きになってしまうと、その人の虜になってしまう」

芦屋「さらには、好きな人の為なら平気で犯罪さえも行えるようです」

真奥「あー、絶対にその知識は偏っていると思うが…とにかく」

真奥「俺と勇者がそんな関係になるはずないだろ!魔王と勇者だぞ!」


芦屋「わかります!その気持ちは大変わかります!」

芦屋「なんであんなに憎たらしい毒説の冷徹勇者と、カリスマ魔王様がそんな関係にならないといけないのか!?」

芦屋「想像しただけで、このアルシエル倒れてしまいそうです!」

真奥「だろう?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:43:01.56 ID:HjXS5TYq0

芦屋「ですが、よく考えてください!」

芦屋「勇者は強敵どころか、魔王様と私、さらに漆原の三人が最善の状態で戦ったとしても敵いません」

真奥「そんなことねーって」

芦屋「それにアラス・ラムスの件もあります」

真奥「…ぐっ」

芦屋「…」

漆原「それに実際問題、遊佐に勝てる確率は0%だしね。だってあの聖剣『進化聖剣・片翼』(ベターハーフ)は反則すぎるよ」

芦屋「今回ばかりはこのウルシバカに賛同します。ええ。とても不本意ですが」

漆原「…味方した僕が馬鹿みたいじゃん」

芦屋「それに勇者が魔王様の虜になれば、エンテ・イスラの征服も容易な事となるでしょう」


真奥「はぁ~…でも恵美は絶対に俺に惚れないぞ」


芦屋「そこは催眠魔術を使いましょう」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:46:41.31 ID:HjXS5TYq0

真奥「勇者に効くはずないだろう…」

芦屋「いえ、エミリアも『聖法気』にてずっとガードしているわけではないでしょうし…きっと」

真奥「う~ん…」

芦屋「それに効かなかったとしても、勇者と言えど女です!魔王様が本気を出せば、すぐに惚れさせることができるでしょう」

漆原「佐々木千穂の件もあるしね」

真奥「うっせえ」

芦屋「ルシフェル!話の腰を折るな!あまり邪魔ばかりすると、佐々木さんからのアイスを没収するぞ!」

漆原「…あれ?僕の扱いひどくない?」

芦屋「何をいまさら、今日は優しい方だろうが」

漆原「まあ、いいや。…で、真奥は本気でやるの?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:51:01.41 ID:HjXS5TYq0

真奥「やりたくない…だが、アルシエルは納得しないだろう?」

芦屋「はい」

真奥「最近、色んな事が落ち着いてきて、暇だし…よし!少しやってみるか」

芦屋「さすが魔王様!さあ勇者を倒すための詳細プランを聞いてください!」

真奥「おい!惚れさせるんだろうが!」


芦屋「まずは女性の小さな変化を見逃さない事が重要です!」

真奥「わかった。見たくないが恵美の事をしっかり見ないとな」

芦屋「そのあと、しっかり褒めるんです!」


漆原「…これは何の訓練?」

漆原「……まぁ、意味ないと思うけどね」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:55:47.80 ID:HjXS5TYq0

■隣の部屋

鈴乃「あの馬鹿ども…窓を開けっ放しで話し合いしおって…」

鈴乃「全部完全に聞こえておるぞ」

恵美「…」

鈴乃「そもそも悪魔の催眠魔術がエミリアに効くのか?」

恵美「き、効くわけないでしょう!!」

鈴乃「そうだろうな。しかし、これは面倒な事になった」

恵美「そ、そうね。これは大変だわ」




恵美「明日、美容院の予約…開いてるかしら?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:00:27.26 ID:HjXS5TYq0

鈴乃「…」


鈴乃「はあ?」

恵美「え?」

鈴乃「いや、なぜ今の会話で美容院が?」


恵美「ち、違うの!ちょうど明日行きたかったの!用事があるからついでに!」

鈴乃「そうなのか?私は行った事がないからよくわからんが、早めに予約した方がいいのではないか?」

恵美「そ、そうね。今日は帰るわ。じゃあまた明日」

鈴乃「明日も来るのか?明日は用事があるのでは?」

恵美「あー、えーと、そのアラス・ラムスが『ぱぱ』に会いたいってうるさいの。だから仕方なく…ね?」

鈴乃「そうだったのか。用事もあるのに、ほぼ毎日のように魔王達に顔を見せて大変だな」

恵美「ううん、アラス・ラムスの為だから」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:04:01.27 ID:HjXS5TYq0

■数時間後 エミリア自宅

恵美「これなんてどうかしら?」

恵美「…」

恵美「うん。これだと褒められやすいかも」

恵美「って、何で私が明日魔王城に着ていく服を選定しないといけないのよ!」


恵美「違う!これは明日、あいつと一対一で戦うための服よ!」

恵美「決してあいつに褒められたら嬉しいな………って自分の発想が気持ち悪いわ」


恵美「…」

恵美「せっかくだし、あと一着何か買うのもいいわね…」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:06:37.81 ID:HjXS5TYq0

■次の日

真奥「おっ、恵美からメールが来たぞ。アラス・ラムスを連れてから来るんだとさ」

芦屋「魔王様。さっそくですが」

真奥「ああ。任せておけ」

芦屋「魔王様…頼もしい限りです」ポロポロ

漆原「うわぁ~。マジ泣きしてるよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:11:26.35 ID:HjXS5TYq0

…………………………………………………

アラス・ラムス「ぱぱ、ぱぁぱ」

真奥「よしよし元気にしてたか~」

アラス・ラムス「んひぃ。してた」

真奥「そうかそうか~」

恵美「…」

真奥「ん?どうした?あがれよ」

恵美「ええ。そうさせて頂くわ」

真奥「?」


芦屋「魔王様!魔王様!」ボソボソ

真奥「ん?何だ?今からアラス・ラムスと遊ぶから邪魔するなよ」ボソボソ

芦屋「ほら、エミリアを!あの作戦をお忘れですか!」

真奥「あっ。そうだったな。アラス・ラムスの事で恵美を忘れていた」

芦屋「お、お願いしますよ」

真奥「任せておけ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:15:31.34 ID:HjXS5TYq0

真奥「恵美…そのなんだ」

恵美「…なに?」

真奥「お前は今日も…そのいつも通り可愛いな」

恵美「は、はぁ!?」

芦屋「ま、魔王様!!!!!」ボソボソ

真奥「なんだよ?」ボソボソ

芦屋「エミリアは明らかに美容院に行った後!それにどうみても新品の服じゃないですか!」

真奥「え?そうなのか?」

芦屋「それなのに!『いつも通り可愛い』はないでしょう!」

真奥「ああー。これは失言だったかもな」

芦屋「うぅぅ…」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:20:51.68 ID:HjXS5TYq0

恵美「そ、そうかしら?」

真奥「え?」

恵美「今の発言よ!」

真奥「ああ、似合ってると思うぜ」

恵美「帰る!」

真奥「へ?」

恵美「私帰る!」

真奥「お、おい!」

真奥「アラス・ラムスは置いていけーーーー」




アラス・ラムス「ままぁ?」

恵美「ふふふふふふ」

恵美「褒められちゃった褒められちゃった褒められちゃった褒められちゃった」

恵美「~♪」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:24:02.94 ID:HjXS5TYq0

芦屋「耳まで真っ赤にするほど怒って出て行きましたね」

真奥「…ダメだったか」

芦屋「女性は繊細な生き物と聞きます。もうちょっと気をつけた方がいいのでは?」

真奥「こういう事をした事がないから難しいな」

芦屋「そうですね。何か決め台詞とかあればいいのですが…一発で落とせるような」


真奥「ああー。そういえば、立ち読みで読んだ漫画に書いてあったな」

漆原「へぇ。どんな?」


真奥「銃を向けられるたび5セントもらってたら今ごろ大金モチだぜ!!」キリッ

芦屋「…?」

漆原「いや、それはないよ。ありえないよ」

芦屋「な!?今のが決め台詞ですか!?一体どうやったら今のが決め台詞になるのですか!?」


真奥「…………………………………………冗談だ」

芦屋「しかし、本当に5セントずつ貰えるならば、私達も金持ちでしょうね」

真奥「だろ?そうだろ?だよな」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:25:34.02 ID:HjXS5TYq0

漆原「で、どうすんの?」

真奥「まあ、ずっと褒めてれば少しは良くなるんじゃないか?」

芦屋「そうですね。どっちみちすぐにエンテ・イスラに戻るわけでもありませんし、少しずつ好感度を上げていけば」


鈴乃「話は聞かせてもらった」

真奥「!?」

芦屋「何奴!」

鈴乃「私にいい作戦がある!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:29:05.89 ID:HjXS5TYq0

真奥「って、だれがお前の意見なんか聞くか」

芦屋「いえ、魔王様…ここは女性の意見を聞く方がいろいろ参考になるかと」

漆原「ぶっちゃけ、僕らだけじゃ全然だしね」

真奥「お前らそれでも大元帥か!」

芦屋「うっ」

漆原「でも、真奥も何か有効的な案があるわけじゃないんでしょ?」

真奥「…むっ」

鈴乃「まぁ、聞け。聞いてから考えても遅くはないだろう?」

真奥「そうだな。よし。話してくれ」

鈴乃「…偉そうだな」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:33:25.75 ID:HjXS5TYq0

鈴乃(しかし、ここで怒ってはいかん)

鈴乃(さっき怒りで顔を真っ赤にしたエミリアに相談されたしな)

鈴乃(『このままだと精神が持たないから、即刻諦めるように魔王達に進言してくれ』と)

鈴乃(やはり、魔王からの本気のプロポーズをさせて、エミリアがふった方が一番早い)

鈴乃(一度ふられてしまえば、魔王も再度ちょっかいを出す事もあるまい)



鈴乃「それは告白だ!」

芦屋「なに!?」

鈴乃「そもそも男が好感度?そんなもんをいちいち考えてはいかん!」

鈴乃「男なら当たって砕けろ!という言葉もあるだろうが!」

鈴乃「ここは魔王が一発男を見せる所じゃないか!?」

真奥「…確かに一理ある」

芦屋「そ、そうでしょうか?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:37:13.31 ID:HjXS5TYq0

真奥「だが、問題がある」

鈴乃「ん?なんだ?」

真奥「俺は別に恵美が好きでもなんでも…むぐっ」

芦屋「魔王様!?歯に青海苔がついてますよ?」

鈴乃「アルシエル?なぜ魔王の口をふさいでおるのだ?」

芦屋「無礼者!我が主人の恥ずかしい姿を見ると言うのか!?さっさと立ち去れ!」

鈴乃「な、なんだと!?せっかく人がアドバイスをしてやったというに!」

芦屋「ああ。それに関してはお礼を言うが。あとは私達の問題だ」

真奥「むぐむぐ」

鈴乃「ふんっ!エミリアには優しく一発で告白するんだぞ。じゃあな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:39:47.65 ID:HjXS5TYq0

漆原「行ったよ。隣の部屋に帰った音がする」

真奥「はぁはぁ…芦屋!てめぇ!何をしやがる!俺を殺すつもりか!」

芦屋「すみません魔王様。しかし、魔王様がエミリアに気が無いとバレたら、この作戦の根本に問題が」

真奥「しかし、やり方っていうのがあるだろう!」

芦屋「申し訳ありません」

漆原「で、するの?しないの?」

真奥「何がだよ!?」

漆原「告白だよ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:43:28.34 ID:HjXS5TYq0

……………………………………………………………


恵美「…で、何?」

恵美「わざわざ、アラス・ラムスをベルに預けさせて、私を海の近く…港に呼ぶなんて」

恵美「もしかして、決着をつける気になったの?」

真奥「夕日がきれいだ」

恵美「申し訳ないけど決闘を申し込まられた以上、私も本気で…って。ん?」

真奥「恵美!一度しか言わないからよく聞いてくれ!」

恵美「え?え?なに?何でそんな真剣な顔なの?」

真奥「…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:43:44.72 ID:HjXS5TYq0

恵美「な、何でこっちに来るの?近いわ!斬るわよ!」

ガシッ


恵美「ちょちょちょちょちょちょちょちょちょっと!かかかかかか肩を掴まないでよよよよ!!」

真奥「剣を向けられるたび5セントもらってたら今ごろ大金モチだぜ!!」キリッ

恵美「そ、そんな真剣な瞳で見つめないで」

恵美「……………」


恵美「はあ?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:47:38.76 ID:HjXS5TYq0

………………………………………………



真奥「す、すいませんでした」

恵美「まったく私の肩を掴んで何をやっているのやら?」

真奥「はい。もう殴らないでください」

恵美「ほら!正座を崩さない!このドセクハラ魔王!」

真奥「てめえ!俺が下手に出れば調子にのりやがって!」

恵美「あら?あなたの所の店長に『セクハラされました』って言いつけましょうか?」

真奥「す、すいませんでした」

恵美「素直でよろしい」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:51:57.45 ID:HjXS5TYq0

恵美「私、気が長い方じゃないのよね?特にあなたに関しては…ほら、早く言いなさい」

恵美「ああ、安心して。変な理由だったらできるだけ痛くして半殺しにしてあげるから」


真奥「プロポーズだよ」

恵美「……………はあ?」

真奥「だから、プロポーズだ。これ以上の意味は察しろ」

恵美「え?な?え?さっきのがどうしたらそんな意味に?」

真奥「知らん。勉強した本に書いてあったから」

恵美「私の為に勉強してくれたんだ」ボソッ

真奥「なんか言ったか?」


恵美「はぁ~。本当にだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめな魔王ね」

真奥「うっせえ」

恵美「今度はもっとまともな告白をしなさいよ」

真奥「え?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:55:49.69 ID:HjXS5TYq0

恵美「ほら、早く帰るわよ。アラス・ラムスも心配してるかもしれないし」

真奥「おい、まて恵美!今のはどういう意味だ?」

恵美「自分で考えなさいよ。ばーか」

真奥「ん?ん?」


恵美(今は演技なんでしょうけど、今度は本気でプロポーズさせてあげるわ!)

恵美(ええ。勇者エミリアが屈する事はありえない!)

恵美(絶対にあなたからさせてあげるんだからね!)


恵美(覚悟しなさい!)


真奥「おい!恵美ちょっと待てって。お前にボコボコにされたから、痛くて走れないんだよ」

恵美「待たないわよ。自分で私に追いついてみなさいよ」

真奥「ぐっ」

恵美「ばーか♪」



       終わり


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:56:16.87 ID:HjXS5TYq0

■TAKE2


真奥「催眠魔術をエミリアに!?」

芦屋「はい。憎っくき宿敵の勇者エミリアを魔王様の虜にすることができれば!」

真奥「なるほど。世界征服も容易くなるというわけか…」


真奥「…で、どんな催眠魔術を恵美に使って虜にするわけだ?俺をリラックス熊にでも見えるようにするか?」

芦屋「いえ、エミリアを…憎っくき勇者を…魔王様に、ほ、惚れさせるのです」

真奥「…はぁ?」

芦屋「いえ、ですから。エミリアに催眠魔術を掛けて、魔王様に恋をさせるのです」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:58:10.04 ID:HjXS5TYq0

真奥「お前何を言ってるんだ…あいつが俺を好きになるはずないだろ」

芦屋「しかし、あの勇者を倒す手段がないのも事実」

漆原「むこうは『聖法気』を使い放題みたいだけど、僕たちは魔力を手に入れる手段がほぼ皆無だしね」

芦屋「ええ。いつあの勇者が魔王様を闇討ちするか心配で心配で」

真奥「いや、勇者に限って闇討ちはないだろう」

芦屋「ですが!」


真奥「ああ。わかったわかった。最近、色んな事が落ち着いてきてるし、試しにやってみるか」

芦屋「魔王様!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 21:59:20.94 ID:HjXS5TYq0

■後日

芦屋「エミリアの足音です」

漆原「うん。カメラでもエミリアが映ってるよ」

真奥「おう!後は任せろ」

芦屋「さすが魔王様!頼りになります」ポロポロ

漆原「もういいよ。それは」


恵美「来たわよ。急に電話してきて、何かようなの?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:04:06.01 ID:HjXS5TYq0

芦屋「今です!魔王様」

真奥「おう!」


ガシッ


恵美「ちょっと汚い手で肩を掴まないでくれる!?」

真奥「恵美…俺の目を良く見てくれ…」

恵美「め…目ぇ!?」

恵美「なななななななななににににににををををを言ってててててるるるるののののののののののののの!?」


恵美(一体これは何なの!?)

恵美(こいつの目が…近い…いつも以上に赤くて…)

恵美(いつも以上に…あかい?)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:07:32.48 ID:HjXS5TYq0

………………………………………………………

漆原「何で僕までボコボコに…」

真奥「元はと言えば、芦屋がこんな作戦を言わなければ」

芦屋「すみません。まさか勇者とは言え、人間に効かないとは」

恵美「あぁぁぁぁぁぁ?誰が私語をしていいと言ったかしら?」

漆原「いえ、すいませんでした」
芦屋「すみません」
真奥「ごめんなさい」


恵美「…で、さっき私に魔術を掛けたみたいだけど、何をしたの?」

真奥「いえ、その。実は恵美さんに催眠魔術を…」

恵美「へぇ~…どんな?」

芦屋「貴様の印鑑と通帳を頂こうかと」

恵美「天衝嵐牙!!!!!!!!!!!!!!」


真奥「アルシエルーーーーーーーーーーーーーーーー」

漆原「芦屋が壁と一緒に吹っ飛んじゃった…」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:11:37.58 ID:HjXS5TYq0

真奥「こら恵美!壁弁償しろよ!一体いくらすると思うんだ!」

恵美「私は冗談が嫌いなの。そもそもあなた達がそんなコソ泥みたいな真似をしないってわかってるしね」

真奥「確かにそうだが」

漆原「悪魔なのに信頼されてるよ」


恵美「…で、何をしようとしたの?」

真奥「いや、そのだな…」

恵美「死にたいの?」

漆原「ひぃ。目がマジだよ!真奥!早く言った方がいいって」

真奥「わかったよ。あのだな。恵美が俺を好きになるように魔術を掛けたんだ」

恵美「…はぁ?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:15:49.71 ID:HjXS5TYq0

真奥「お前を手に入れれば、比較的穏便に世界征服ができるからな!」

恵美「あ、ああああああああああななななななたたたたたたたた!」

真奥「いやー、本当に悪かったって」


恵美「私がこの1週間、悩んで悩んで悩んで悩んで悩んでたのは全部あなたのせいだったのね!?」

真奥「へ?」

恵美「目を覚めてもあなたの顔が!仕事中も!お風呂に入ってるときだって!しかも夢にまで出てきて!」

恵美「私がどんな苦労をしてたと思うのよ!!」

真奥「…ん?何か勘違いしているようだが、俺が魔術を掛けようとしたのはついさっきだぞ」

恵美「………………………………へ?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:19:30.96 ID:HjXS5TYq0

真奥「そもそも魔力もほぼないのに、そんな無駄使いするわけないだろ」

恵美「あ、ああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

漆原「ああー。遊佐に魔術が効かなかったんじゃなくて、既に惚れていたから…」ボソッ

恵美「天衝嵐牙!!!!!!!!!!!!!!」


真奥「ルシフェルーーーーーーーーーー」

恵美「はぁ…はぁ」

真奥「おい!うちの魔王城を崩壊させたいのか!」

恵美「いいでしょ。だって私は勇者で、あなたは魔王」

真奥「ぐぐぐぐぐぐ」

恵美「あとお詫び!」

真奥「はぁ?」

恵美「お詫びしなさい!」

真奥「お詫びしてほしいのは俺の方なんだが!?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:24:06.55 ID:HjXS5TYq0

恵美「私は無防備なあなたを狙わないのに、あなたは無防備な私を狙おうとしたじゃない」

恵美「これはフェアじゃないわ」

真奥「ぐっ。そもそも悪魔にフェアも何もねーよ!」

恵美「私駅前のカレー専門店に行ってみたかったの。そこを奢りなさい」

真奥「なんでだよ!」

恵美「魔王城を見る限り、あなたもここで食事は取れないでしょう?」

恵美「だから、外食をしましょうと言ってるのよ」

真奥「誰のせいだよ!」

恵美「あなたのせいでしょ?催眠魔術をかけようとした」

真奥「ぐっ。そ、そもそも金もねーし!」

恵美「はぁ~…ダメな男ね。じゃあ割り勘でいいわ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:28:08.71 ID:HjXS5TYq0

真奥「ダメだ!俺は芦屋と漆原を探す必要がある!」

恵美「大丈夫よ。庭に落ちた程度だから」

真奥「二階から落としておいてそれはないだろう!」


恵美「はぁ~。わかったわ。じゃあ二人を助けてからならいいんでしょう?」

真奥「ああ。ちょっと待ってろ。探してくる」

ダダダダダダ

恵美「はいはい」



恵美「壁がなくなったせいで埃だらけね…掃除しようかしら」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:31:58.75 ID:HjXS5TYq0

………………………………………………………

芦屋「か、壁がぁ~」Zzz
漆原「ぼ、僕のPC~」Zzz


真奥「よし、二人とも良く寝ているな」

恵美「残りの魔力使ったの?」

真奥「ああ。瀕死状態だったし仕方ないだろ」

恵美「へえ~。魔王…悪魔のくせに優しい所あるのね」

真奥「二人とも俺の大切な部下だからな。部下を助けない上司がどこにいる?」

恵美「悪魔のくせに」

真奥「ああ。悪魔だからな」ニカッ

恵美「…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:35:44.12 ID:HjXS5TYq0

………………………………………………………


スタスタ

真奥「それにしてもカレーか。高いし滅多に食べられないから楽しみだ」

恵美「…」

真奥「おーい。恵美ー?せっかくの外食だから楽しく行こうぜ。機嫌直せよ」

恵美「…」

真奥「あのな。俺と一緒に歩きたくないのはわかる」

恵美「…て」

真奥「けどさ…ん?」

恵美「て!」

真奥「へ?」

恵美「手繋いでよ」

真奥「は、はぁ!?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:39:51.39 ID:HjXS5TYq0

恵美「か、勘違いしないでよ!あなたが使った催眠魔術が効いてきたみたいなの!」

真奥「はあ?」

恵美「元々魔術を使ったあなたのせいでしょ!責任取りなさい!」

真奥「だからってな」

恵美「魔王のくせに勇者と手も繋ぐ根性もないのね!」

真奥「…はいはい」


ギュウ


真奥「ほらこれでいいかって…うおっ!」

恵美「…//」シュー


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:40:12.44 ID:HjXS5TYq0

スタスタ


真奥「…」

恵美「…」

真奥「なあ、恵美?」

恵美「な、なによ?」

真奥「いつもそーゆー顔してりゃ、可愛げあると思うぞ」

恵美「~~~っ!!!!!!!!!!」


真奥「聖剣!?おい、恵美!やめろ!」

恵美「死ねええええええええええええぇぇぇぇぇぇ!!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:44:54.68 ID:HjXS5TYq0

………………………………………………………


真奥「…」

芦屋「魔王様ーーーーー!!よくぞご無事で!!!」ポロポロ

漆原「うわぁ。全身包帯ってどこの漫画の世界?」

真奥「フガフガ」

芦屋「緊急手術と聞いて…もう死んでしまったのかと!!」

漆原「包帯のせいで喋ることもできないの?」

芦屋「くぅっ!私に魔力さえあれば、すぐに魔王様を本来のお姿に戻すことができるのですが!」

真奥「フガフガ」


ガラララララ

恵美「生きてるー?」

真奥「っ!?」

芦屋「エミリア!貴様!!!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:48:50.96 ID:HjXS5TYq0

恵美「はいはい。そんなに怒らないでよ。私も反省してるんだから」

芦屋「即刻帰れ!魔王様をよくもこんなお姿にしてくれたな!それに魔王城も貴様のお陰でボロボロだ!」

恵美「悪かったって言ってるでしょ?ほら、入院費も半分は出してあげるから」

芦屋「全額出せ!あと魔王城の修繕代もだ!」

真奥「フガフガ!」

恵美「まったく仕方ないわね。じゃあ私がこいつの面倒を見てあげるわよ」

芦屋「魔王様をこいつ呼ばわりするな…って何だと!?」

恵美「アルシエルとルシフェルが、仕事すればいいじゃない」

恵美「その間、こいつの面倒は私が見てあげるわ」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:52:53.95 ID:HjXS5TYq0

真奥「フガ」

芦屋「は、はっ!わかりました。エミリアの言うことを聞けとおっしゃるのですね…」

芦屋「そうですね。これ以上、ケガ人を増やすのは得策ではありませんし」

真奥「フガ!?フガフガフガフガ!」

漆原「どちらかというと、遊佐と一緒は嫌みたいだよ?」


芦屋「というわけだ!エミリア!貴様に頼むのは屈辱だが、魔王様の事をよろしく頼むぞ」

恵美「はいはい~。さっさと行きなさい」

芦屋「ぐ、ぐぐぐぐぐ。漆原!行くぞ!」

漆原「え?僕も?」

芦屋「ああ。簡単な仕事を探してやる」

漆原「え?ちょっとやめて」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 22:57:05.96 ID:HjXS5TYq0

タタタタタタタ



恵美「行ったわね」

真奥「…」

恵美「ちょっと、そんな目で見ないでよ。あなたも悪いんだらね!」

真奥「…」

恵美「その…あなたが変な事いうから…」

真奥「…」

恵美「か…わいい…って//」

真奥「…」

恵美「…//」モジモジ

真奥「フガフガ」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:01:47.35 ID:HjXS5TYq0

恵美「だから、その………責任とってよね!」

真奥「!?」

恵美「私、お父さん以外で初めてだったんだからね!」

真奥「フガ!?」

恵美「…あんなにしっかりギュって手を握ってもらったのも…可愛いって言って貰ったのも」

真奥「くそう!こんな包帯してられるか!」


真奥「おい!恵美!」

恵美「なによ!」

真奥「おまえどんだけだよ!どんだけ純粋なんだよ!」

恵美「あなたのせいよ!あなたの催眠魔術が残ってるのよ!」

真奥「そんなわけねーよ!魔力なかったし、試しの意味もあって、10秒分くらいしか使ってねーよ!」

恵美「なっ!?」

真奥「だから、それはお前の本心なんだよ!」

恵美「ぐっ…そんな事ありえない…なんで私がこいつなんかを…」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:03:00.88 ID:HjXS5TYq0

真奥「って、違う!俺が言いたいのはそこじゃない」

恵美「せきにん…」

真奥「あ?」

恵美「責任とりなさいよ!あなたの命で!」

真奥「はぁ!?」

恵美「責任よ!責任!私の人生をあんなに無茶苦茶にしておいて!!!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:06:12.53 ID:HjXS5TYq0

真奥「……………………………………………………わかったよ」

恵美「そう覚悟できたのね。大丈夫。できるだけ痛く苦しむようにして殺してあげるわ」

真奥「ちげーよ」

恵美「ダメ。何を言われようと、あなたを殺すのは決定事項よ」

真奥「はぁ~」


真奥「勇者エミリア、俺に一生ついてこい!お前に新しい世界を見せてやる」

恵美「」


恵美「な、なななななななななななっ//」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:10:13.79 ID:HjXS5TYq0

真奥「どうだ?」

恵美「そ、その………………うん」

恵美「お願いします」


真奥「これから改めてよろしくな。勇者エミリア」

恵美「…うん」


真奥「あれ?そういえば、さっき『あなたを殺すのは決定事項よ』って言ってなかったか?」ニヤニヤ

恵美「…」

真奥「あれ?エミリアさん?聖剣を出して…おい!ここは病院だぞ!」

恵美「もし、浮気したら絶対に許さないんだからね?」

真奥「え?あ、ああ」

恵美「あなたは私だけのものよ…私以外のものになったら許さないんだからね?」

真奥「お、おう」

恵美「そこまで言った以上、私を幸せにしてくれないと許さないんだからね?」

真奥「わかった。わかったって!ていうか、微妙に怖くなってきているぞ!」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:14:33.08 ID:HjXS5TYq0

ギュウウウ


真奥「痛ぇ!おい!抱きつくな!」

恵美「真奥貞夫。これからよろしくね」

真奥「ああ」

ナデナデ

恵美「えへへ~」




真奥(なんで、俺はこいつの頭をなでたんだろう…)

真奥(こいつに名前を呼ばれたのって久々な気がしたからか)

真奥(…)

真奥(悪くないかもなこういうのも)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:18:41.58 ID:HjXS5TYq0

………………………………………………………


■退院後

恵美「というわけで!魔王は私の物だから!」

漆原「僕たちがバイトしている間に何があったの?」

芦屋「お前…やってないだろうが」



芦屋「しかし、これでエンテ・イスラに戻れば怖いもの無しですね」

恵美「はぁ!?あなた何をいってるの!?」

芦屋「なにっ!?」

恵美「私が貞夫にそんな事をさせるわけないでしょう!」

恵美「貞夫には立派な悪魔になってもらうんだからね!」

芦屋「ん…んん?」

真奥「お、おい、恵美…それは」

恵美「あなたは黙って悪魔を統制すればいいの!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:22:28.61 ID:HjXS5TYq0

恵美「これで、悪魔が人間を襲うことをなくなり…」

恵美「もし、人間じゃ相性が悪い天使共が攻めてきても、悪魔と私がいれば安心」

恵美「人間が反乱を起しても、悪魔と私で抑えれば大丈夫」

恵美「これが平和!全て解決よ!」

真奥「おい!どこが平和だよ!お前が力で抑えてるだけじゃねーか!」

漆原「今のエミリアに勝てるやつって僕の知る限りいないしね」



芦屋「貴様!魔王様をいいように使うつもりか!?」

恵美「はぁ!?何を言ってるの!?戦うのはあなた達の役目でしょう!?」

芦屋「なんだと!?…い、いや。その通りではあるが」


恵美「貞夫は私とずっとお城で暮らすんだから…ね?貞夫♪」

真奥「え?でも、俺バイトあるし…」

恵美「時代劇みたいなお城もいいかも」

恵美「そして、貞夫と二人っきりで…うふふふふふ♪」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:24:53.95 ID:HjXS5TYq0

芦屋「ま、真奥様…これは」

真奥「作戦通りだろ。……………な?」

芦屋「そ、その通りですが、どちらかというと勇者にいいように扱われてるような…」

真奥「言うな」

芦屋「はぁ…」

恵美「そうだ!結婚式は日本とエンテ・イスラの2回やれば…貞夫はどう思う?」

真奥「…好きにしてくれ」

恵美「うん♪わかった」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:28:48.99 ID:HjXS5TYq0

真奥「さて、俺はバイトに行くか」

恵美「あっ、貞夫!」

真奥「ん?なんだ?」

恵美「行ってらっしゃい。お仕事頑張ってね♪」

真奥「え?あっ…ああ。行ってきます」


………………………………………


真奥「よし!行くぞ!デュラハン弐号!久々でなまったりしてないだろうな!?」

チリンチリーン

真奥(恵美のやつ、まだ遠くから手を振ってやがる…)

真奥(…)

真奥(まぁ、こういう生活も悪くないかもな)

真奥「~♪」




       終わり


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:29:13.00 ID:HjXS5TYq0

これにて終わりになります。
支援&見てくれてありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:29:44.57 ID:KstqeCjG0


すげぇ面白かったよ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 23:31:25.41 ID:OW3tqvba0


次回があればちーちゃんを



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿