TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、天真先輩と手繋ぎデートする」

ガヴリール「千咲ちゃん、天真先輩と手繋ぎデートする」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:02:15.185 ID:wtcqmvjF0.net

-薄暗い石畳の部屋-


ガヴリール「ん……」

ガヴリール「あれ、私……寝ていたのでしょうか」

ガヴリール「……それにここは、どこでしょう」


ガヴリール「どこかの地下、のように思えますが……」

ガヴリール「部屋の中には何もありませんし」

ガヴリール「どうして、私はこんなところに……」



ガヴリール「あ、あれ……うそ……」

ガヴリール「何も……思い出せない」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:05:00.949 ID:wtcqmvjF0.net

ドンドンッ


ガヴリール「誰か! 誰かいませんか!」

ガヴリール「……」

ガヴリール「はぁ、ドアも外から鍵がかけられているみたいですし」

ガヴリール「壁にも特に細工などはありませんね……」

ガヴリール「ど、どうすれば……」


ガヴリール「でも、慌てても仕方がありません」

ガヴリール「大人しく座って、思い出せることがないか、考えてみましょう」


――

ガヴリール「……あれ」

ガヴリール「いけない、少し眠って……」


ガチャ

ガヴリール「ッ!? ド、ドアが……」


ギィッ

ガヴリール「……だ、誰?」


タプリス「……やっと、見つけました」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:07:32.313 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「まさか、こんなところに、いらっしゃるなんて……」

タプリス「探すのに手間取ってしまって、ごめんなさい」

タプリス「随分、お待たせしてしまいましたよね」

タプリス「……でも、もう大丈夫ですから」

タプリス「さぁ、行きましょうか」


ガヴリール「あの……」

タプリス「どうしました? 天真先輩」

タプリス「あ、どこか調子が悪かったりします?」

タプリス「でしたら、少し休んでからでも……」

ガヴリール「えっと……」

タプリス「……?」



ガヴリール「あなた……どなたですか?」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:10:12.913 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「……ッ」

ガヴリール「ごめんなさい、私、自分の名前以外、思い出せなくて……」

ガヴリール「あなたは、私のお知り合いみたいですけど……」

タプリス「……そうですね、こういう可能性だってあったんですよね」

タプリス「わかってたとしても、やっぱりつらいです……」

ガヴリール「あの……、どうしました?」


タプリス「い、いえ、何でもありませんっ」

タプリス「わたしはですね、天真先輩の後輩で」

タプリス「とても、とーっても、先輩にお世話になった者です」

タプリス「ですから、その恩を少しでも返したくて……」

ガヴリール「……」

タプリス「だから、その……ですね」

ガヴリール「は、はい」


タプリス「天真先輩、あなたを助けにきました」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:12:31.668 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「とはいえ、いきなり知らない人にこんなこと言われても」

タプリス「怖いだけですよね、あははは……」

ガヴリール「そ、そんなことは……」

タプリス「で、でも、これだけは信じてください」

タプリス「わたしは絶対に、先輩を裏切ったりしません」

タプリス「絶対に先輩を、ここから救い出してみせますから!」

ガヴリール「……」


タプリス「わたしが言えるのはここまでです」

タプリス「……それでも、わたしを信じてくれるなら」

タプリス「わたしの手をとってください」スッ

ガヴリール「……」

タプリス「……」


ガヴリール「……ごめんなさい」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:15:11.114 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「そ、そうですよね……」

タプリス「そんな、すぐに見ず知らずの人を信じるなんて、無理ですよね」

ガヴリール「いいえ、そうじゃないの」

タプリス「えっ」

ガヴリール「私なんかのために、ありがとう」

ガヴリール「なぜかはわからないけど、あなたの言葉は……」

ガヴリール「すっ、と胸の中に入ってきて、私を安心させてくれる」

ガヴリール「そんな気がしますから」

タプリス「先輩……」

ガヴリール「それに……ここに一人で居たって、何も始まらないし」

ガヴリール「だったら私は、あなたに賭けてみたい」

タプリス「あ、ありがとうございます、先輩」


ガヴリール「お礼を言うのはこちらの方。改めて、本当にありがとう」

ガヴリール「こんな私ですが、よろしくお願いしますね」

ぎゅっ

タプリス「はい、任されました」

タプリス「……絶対に、手を離さないでくださいね」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:18:16.267 ID:wtcqmvjF0.net

-薄暗い通路-


タプリス「ここを抜けると、吹き抜けになっている塔の一階に出ます」

ガヴリール「塔、ですか?」

タプリス「はい、高い高い塔です。100階まであると言われています」

ガヴリール「すごい高さですね……」

タプリス「ええ、それをわたしたちは今から、上っていくんです」

ガヴリール「えっ……ど、どこまでですか?」

タプリス「もちろん、一番上までですよ」

ガヴリール「そ、そうですか。上りきる自信がないですけど……」

タプリス「大丈夫です、階段の傾斜はそこまできつくありませんし」

タプリス「ちゃんと休憩も挟みます」


ガヴリール「一番上には何があるんですか?」

タプリス「それは……ごめんなさい」

タプリス「わたしの口からは言えないんです」


タプリス「でも、先輩にとって、とても大切なものですから」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:20:45.737 ID:wtcqmvjF0.net

-塔1階 はじまりの広間-


ガヴリール「すごいですね……上は、本当に吹き抜けになっています」

ガヴリール「床に彫られているのは、フクロウですかね」

ガヴリール「今にも動き出しそうで美しいです……」

タプリス「わたしたちが歩くのは、あそこからです」

ガヴリール「か、壁に沿って、螺旋のように階段が続いているみたいですが」

ガヴリール「一番上が、全然見えませんね……」

タプリス「ここからだと……少し見えづらいかも、ですね」


ガヴリール「あなたは、ここを上ったことがあるんですか?」

タプリス「いえ、厳密にはありませんが……」

タプリス「似たような塔なら、一度だけ上ったことがあります」

ガヴリール「なるほど。それで、そんなに詳しかったのですね」

タプリス「あはは、ある程度はですけどね」


タプリス「準備がよろしければ、出発しましょうか」

ガヴリール「はい、大丈夫です。もともと、何も持っていませんしね」

タプリス「わかりました、では行きましょう」

タプリス「つらくなったら、いつでも言ってくださいね、休憩しますから」

ガヴリール「はい、ありがとう」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:22:59.018 ID:wtcqmvjF0.net

-塔11階-


コツコツコツ


タプリス「大丈夫ですか? きつくありませんか?」

ガヴリール「ふふっ、あなたったら、さっきからそればっかり」

ガヴリール「もしかしたら、一階上がるごとに言ってるんじゃないかしら」

タプリス「そ、そうですかね。そんなつもりはなかったんですが」

ガヴリール「大丈夫です、全く問題ありませんよ」

ガヴリール「あなたが前で、私の手を引いてくれていますから」

ガヴリール「あなたの方こそ、疲れたら言ってくださいね」

タプリス「わ、わかりました。ありがとうございます」

ガヴリール「いえいえ、どういたしまして」


タプリス「ふふっ」

ガヴリール「どうしました? 笑ったりして」

タプリス「記憶を失ってても、やっぱり先輩は先輩だなって」

ガヴリール「えっ、どういうことですか?」

タプリス「いえ、何でもありません。先を急ぎましょうか」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:25:18.165 ID:wtcqmvjF0.net

-塔25階 赤の回廊-


ガヴリール「あれ、階段がここで途切れていますね」

タプリス「やはり、ここにもありましたか……」

ガヴリール「えっ」

タプリス「この塔にはこうやって、回廊になっている階がいくつかありまして」

タプリス「反対側に回らないと、次の階に行けないんです」

ガヴリール「そうなんですか……でも、今まで階段ばかりでしたし」

ガヴリール「こうやって平坦な場所を歩くのも、気分転換になって」

ガヴリール「良いかもしれませんね」


タプリス「……そうでもないんです、ここは」

ガヴリール「ど、どういうことですか?」

タプリス「先輩、今からわたしが言うことを、絶対に守ってくださいね」

ガヴリール「は、はい」

タプリス「この回廊では、何が起こったとしても……」

タプリス「絶対に、振り返らないでください」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:28:19.006 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「わ、わかりました……ですけど」

ガヴリール「もし……振り返ってしまったら、どうなるんです?」

タプリス「先輩にとって、よくないことが起こります」

ガヴリール「よくないこと……」

タプリス「それはきっと、取り返しがつかないことです」

ガヴリール「わ、わかりました……気をつけますね」


タプリス「大丈夫です。わたしと手を繋いで、しっかり歩けば」

タプリス「すぐ次の階段に着きますから」

ガヴリール「は、はい」

タプリス「では行きましょうか」


コツコツコツ


ガヴリール「……」

タプリス「……」



『ようやくここまでたどり着いたのね、ガヴリール』


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:30:40.160 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「う、後ろから誰かの声が……」

タプリス「駄目です、天真先輩。彼女の言葉を聞いてはいけません」

タプリス「彼女は惑わす者、なんですから」

ガヴリール「惑わす者?」

タプリス「ええ、先輩を永久にここに閉じ込めるべくして、生まれた存在です」

タプリス「だから、どんな言葉であろうと、耳を傾けてはいけません」


『ずっとここで待っていたのよ、あんたの永遠のライバルとしてね』


ガヴリール「なんでしょう、思い出せないはずなのに」

ガヴリール「なんだかとても、懐かしい感じがします……」

タプリス「それも、彼女の狙いです、だから……」


『私は長い時間をかけて、ついに世界のすべてを、この手中に収めたわ』

『これで私の心は全て、満たされるはずだった』

『……でも、そうはならなかった。一つだけ、心にぽっかりと穴が空いていたの』

『そう、それはね。あんたにだけ……、一度も勝てなかったことよ』


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:33:28.770 ID:wtcqmvjF0.net

『このままじゃ私は、悔やんでも悔やみきれない』

『勝ち逃げだなんて、絶対に許さない』

『……私と勝負しなさい、ガヴリール』


ガヴリール「……」


『もちろん、ただでとは言わない……もしあんたが勝てば……』

『私の世界の半分を、あんたにくれてあげるわ』

『だからもう一度だけ、私と勝負を――』


ガヴリール「……ごめんなさい」

ガヴリール「私、世界になんて興味はないし」

ガヴリール「勝負なんてもっとそう。あなたと争うくらいなら」

ガヴリール「私の負けで構わない」


『……そう、それがあんたの答えなのね』


ガヴリール「ええ、ごめんなさい……そして、さようなら」


『ふんっ……せいぜい、後悔するといいわ』


タプリス「せ、先輩……」

ガヴリール「さ、行きましょう」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:36:42.755 ID:wtcqmvjF0.net

-塔42階-


コツコツコツ


ガヴリール「……ありがとうね」

タプリス「えっ、突然どうしました?」

ガヴリール「いえ、さっきの回廊を抜けられたのは」

ガヴリール「あなたのおかげ。だから、ありがとう」

タプリス「そ、そんな、違いますよ。天真先輩の心が強かったからです」

タプリス「わたしはただ、少し助言をしただけですから」

ガヴリール「……あなたがずっと、手を握っていてくれたから」

タプリス「えっ」

ガヴリール「私も、心を強く持てたんだと思うの」

ガヴリール「だから、私を助けてくれて、ありがとう」

タプリス「は、はい。ど、どういたしまして、です」カァァ


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:38:24.129 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「ふふっ、すっかり照れてしまって、かわいい」ナデナデ

タプリス「……ッ」

ガヴリール「あら、ごめんなさい。頭を撫でられるのは嫌でしたか?」

タプリス「い、いえっ、そうではなくて、その……」

タプリス「もしかして、無意識だったんですか?」

ガヴリール「そうですね、確かに」

ガヴリール「自然と、手が伸びてしまいました」


タプリス「先輩はよく、わたしの頭を撫でてくれたんです、だから……」

タプリス「何か思い出してもらえたのかなって思って」

ガヴリール「ごめんなさい、そこまでは……」

タプリス「そ、そうですよね。大丈夫です、ゆっくり焦らずにいきましょう」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:41:01.086 ID:wtcqmvjF0.net

-塔50階 白の回廊-


タプリス「ようやく50階、半分到達ですね」

ガヴリール「また階段が途切れている……ということは」

タプリス「ええ。ここも、です」

タプリス「一度、乗り越えている先輩でしたら、大丈夫ですよ」

タプリス「さぁ、行きましょう」

ぎゅっ

ガヴリール「は、はい」


コツコツコツ


『やっと、お会いできましたね、ガヴちゃん』


ガヴリール「……ッ」

タプリス「天真先輩、優しい声色に騙されてはいけません」


『私はあなたのことをずっとずっと、待っていたんです』

『そして、ずっとずっと、会いたかった……』

『だって私は、あなたと一番お付き合いが長い……』

『言わば、幼馴染のようなものですから』


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:43:15.119 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「……幼馴染?」


『あなたは、全てを忘れてしまいましたが』

『私はあなたのことを、小さい頃から知っているんです』

『初めてお会いした時も、そして、お友達になった時も』

『……あなたの記憶が失われてしまったことは、本当に仕方のないこと』

『ですから、私が一から、あなたに教えてあげます』

『私の知る、あなたの全てを……』


ガヴリール「私の、全て……」

タプリス「……」


『……今、あなたと一緒にいる子』


ガヴリール「えっ?」


『その子は、いったい何者なのでしょうか』

『私は、その子のことを何も知りません』


ガヴリール「そ、そんな……」


『もしかすると、記憶を失ったガヴちゃんに取り入り、騙して』

『陥れようとしているのかもしれません』


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:45:42.981 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「違います! この子はそんなんじゃ……」


『そうではない、と本当に言えますか?』


ガヴリール「えっ……」


『あなたは今、その子に言われて、この塔を上っていますが』

『最上階に何があるのか、知っていますか?』


ガヴリール「そ、それは……」


『やましい理由がなければ、隠す必要なんてないはず』

『真実を言わないということは、あなたを騙していることと同義なんです』


ガヴリール「……」


『さぁ、私と行きましょう、ガヴちゃん』


タプリス「……天真先輩」

ガヴリール「……」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:48:12.386 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「……全ては、先輩にお任せします」

タプリス「ですが……ですけど、これだけは、信じてください」

ぎゅっ

タプリス「わたしは絶対、先輩に嘘はつきません」

ガヴリール「……」


『この世に<絶対>ほど、信用のできない言葉はありません』

『ですから、私と一緒に――』


ガヴリール「……お断りします」


『今なんと言って……』


ガヴリール「お断りします、と言ったんです」


『どうしてですか、そんな子を信じるというのですか』


ガヴリール「この子が本当に、私を陥れようとしているなら」

ガヴリール「こんなにも震えた手で、私の手を握るはず、ありません」

タプリス「……ッ」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:50:56.371 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「信じてください、という強い決心の裏で」

ガヴリール「私の言葉を待ちながら、こんなにも怯えている」

ガヴリール「この子の情味あふれる仕草や、私への思いやりの心は」

ガヴリール「私にとって、信じるに値します」

ガヴリール「ですから、あなたとは一緒に行けません」


『そうですか、わかりました』

『そこまで言うのでしたら、私は止めません』

『どうぞご自分の目で、真実を確かめてきてください』


ガヴリール「えぇ、ご忠告、感謝します」

ガヴリール「それでは……さようなら]

ガヴリール「……あなたとは、もっと違う形でお会いしたかった」


『ええ、私もです。それでは、ごきげんよう』


ガヴリール「さぁ、行きましょうか」

タプリス「は、はい……」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:53:14.639 ID:wtcqmvjF0.net

-塔64階-


コツコツコツ


ガヴリール「……」

タプリス「……」

ぎゅっ

ガヴリール「……どうしました?」

タプリス「えっ、あ、その……す、すみません」

タプリス「ちょっと考え事をして、力んでしまって……何でもないですからっ」

ガヴリール「……そうですか」

タプリス「は、はい」

ガヴリール「……」

タプリス「……」

ガヴリール「すみません、ちょっといいですか?」

タプリス「えっと、何でしょう」

ガヴリール「私、足に疲れが溜まってきてしまって」

ガヴリール「ここ、ちょうど踊り場になっていますし」

ガヴリール「少し休憩しませんか?」

タプリス「あ……ごめんなさい、気づかなくて。わ、わかりました」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:55:45.016 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「見てください。下がもう、ほとんど見えません」

タプリス「ええ、もう64階ですから」

ガヴリール「……お隣、座ってもいいですか?」

タプリス「は、はい、どうぞ」

ガヴリール「……」

タプリス「……」

ガヴリール「あの」

タプリス「あのっ」

ガヴリール「あ、あなたからどうぞ」

タプリス「いえ、先輩の方から」


ガヴリール「……ふふっ」

タプリス「……あははっ」


ガヴリール「……この手のぬくもりと」

ガヴリール「あなたがどれだけ、私を大事に思ってくれているかという気持ちから」

ガヴリール「私にとっても、あなたがどれだけ大切な存在だったのかが、よくわかります」

ガヴリール「たとえ記憶を失ってても、私のどこかで、それを憶えている」

ガヴリール「そんな気がするんです」

タプリス「先輩……」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 22:58:09.125 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「最上階で、何が待っていようとも」

ガヴリール「あなたとならきっと……乗り越えられる気がします」

タプリス「はい……、わたしの決意も固まりました」

タプリス「先輩を必ずや、最上階までお連れします」

タプリス「それがわたしの……使命であり、望みですから」

ガヴリール「ええ、ありがとう。でも……」

ガヴリール「私たちは、先輩と後輩の仲だったんでしょう?」

タプリス「は、はい、そうですけど」

ガヴリール「だったら、そんな使命とか、堅苦しいことは抜きにしましょう」

ガヴリール「そうですね……、手繋ぎデートなんてどうでしょうか」

タプリス「て、てててっ、手繋ぎデートですかっ」

ガヴリール「ええ。その方が、気楽に楽しく進めそうで良いじゃないですか」

タプリス「そ、そうです、かね。そ、そうですね……、恐縮です」カァァ

ガヴリール「ふふっ、顔を真っ赤にしちゃって、かわいいんだから」ナデナデ


ガヴリール「それでは、そろそろ行きましょうか」

タプリス「あ……」

ガヴリール「どうしました?」

タプリス「あの……、えっと……もう少しだけ……」

タプリス「もう少しだけ……このままでも、いいですか?」

ガヴリール「……ええ、もちろんですよ」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:00:56.861 ID:wtcqmvjF0.net

-塔75階 紫の回廊-


タプリス「おそらくここが、最後の回廊です」

ガヴリール「そうですか……、なんだか前の二つと雰囲気が違いますね」

タプリス「ですが、ここまで乗り切ってきた先輩なら、問題ありません」

タプリス「わたしの手を、離さないでくださいね」

ガヴリール「ええ、もちろん」


コツコツコツ



『久しぶりね……ガヴ』


ガヴリール「……ッ」


『こんな形でも、また、あなたに会うことができて、よかった』

『だって本当なら、あの時点で……』
 
『私たちはもう、二度と会うことはできなくなってたんだもの』

『だから、本当に嬉しい』


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:03:28.198 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「記憶に無いはずなのに……どうして……」


『ねえ、ガヴ。憶えてる? 私たちが初めてあった時のこと』

『私が下界に来て早々、道に迷って困っていた時に』

『あなたは優しく、声をかけてくれたよね』

『そして、友達になってくださいって、言ってくれたよね』

『私、あの時、本当に嬉しかった』


ガヴリール「この声は……特に、頭に響いてきて……」

タプリス「先輩……」


『堕天してしまってからは、本当に手がかかる子だったけど』

『素っ気ない態度をとりつつも、大事なときにはいつも』

『一緒に、付き合ってくれた』

『私が落ち込んでいるときにはいつも、励ましてくれて』

『そして、優しく……してくれた』


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:05:57.136 ID:wtcqmvjF0.net

『私が風邪を引いたときなんか、一目散に駆けつけてきて』

『普段は料理なんてしないのに、張り切っちゃって……』

『正直、味は微妙だったけど、本当に、本当においしかった』

『だって、あなたの真心がこもっていたんだもの』


ガヴリール「……」


『だからね、ガヴ。あなたにはお礼を言いたい』

『私と友達になってくれて、ありがとう』

『私と出会ってくれて、ありがとう』

『そして、あなたと過ごした日々に、ありがとう』


ガヴリール「……本当に」

タプリス「えっ」

ガヴリール「この子の言っていることは……本当に嘘なんでしょうか……」

タプリス「そ、それは……」


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:08:21.360 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「頭ではいけないってわかってるのに」

ガヴリール「心のどこかで……この子の優しさを憶えてる……」

ガヴリール「本当に迷惑をかけたって、憶えてる……」

タプリス「先輩……」


『私はここで、あなたをずっと見守っているから』

『たとえ一人になっても、あなたの幸せをずっと願っているから』


ガヴリール「……ッ」


『最後に、ずっと伝えることができなかったけど』

『私は、そんな不器用で優しいあなたのことが……』


『大好きでした』


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:11:53.043 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「……ッ!」クルッ

タプリス「先輩っ!?」


『ありがとうね、私を選んでくれて』

『これからは二人で、ここにいましょう?』

『そう、永遠に――』


ガヴリール「うそ……、何も、ない……?」


ゴゴゴゴゴゴゴッ


タプリス「いけない! 先輩、急いで! 天井がっ!!」

ガヴリール「なっ!?」


ピシッ ピシピシッ


ガヴリール「だめっ、間に合わな――」

タプリス「先輩、危ないっ!!」ガバッ


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:14:12.005 ID:wtcqmvjF0.net

からんからん


ガヴリール「せ、背中が……」

タプリス「……先輩、無事ですか?」

ガヴリール「ええ、なんとか……って……」

タプリス「えへへ、ゴホッ……間に合って、よかった」

ガヴリール「う、うそ……あなた、両脚が……」


ガヴリール「い、今、瓦礫をどけるから!」

ガヴリール「ぐっ……ぐぐぐぐっ……」

タプリス「無理です……こんな大きいの、とても動かせません」


ガヴリール「どうして……どうして、私なんかをかばって……」

タプリス「身体が勝手に……ゴホッ、動いて、しまったんです」

タプリス「仕方がないじゃないですか」

ガヴリール「……私のせいなのに」

ガヴリール「私があなたの言いつけを破って、振り返ってしまったせいなのに」

タプリス「……それも、仕方がないんです」

ガヴリール「えっ」

タプリス「あの方が言っていたことに、嘘偽りはなかった」

タプリス「ですからわたしは……」

タプリス「改めて先輩が、ほんとに本当に優しい方なんだってわかって」

タプリス「嬉しかったです」


46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:17:36.546 ID:wtcqmvjF0.net

ゴゴゴゴゴゴゴッ


ガヴリール「この音は……」

タプリス「じきに、ここも完全に、崩れます……」

タプリス「どうやら、わたしは……ここまでの、ようです」

ガヴリール「だめです! あなたを置いてなんて行けません!」


タプリス「もう時間が、ありませんから……よく聞いてください」

タプリス「これから、最後の力を、振り絞って……」

タプリス「先輩を……階段まで、転移させます」

ガヴリール「なっ!?」

タプリス「本当は……使いたく、なかったんですけどね」

タプリス「わたし、動けなく、なっちゃうから」

タプリス「でも……今なら、使うことができそうです」

ガヴリール「やめて、お願いだから……」


タプリス「一緒に行くって約束……守れなくて、ごめんなさい」

ガヴリール「……ッ」


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:19:29.664 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「すみません、先輩……まだ、そこに、いますか?」

ガヴリール「えっ……」

タプリス「もう、目が、よく見えなくて……」

ガヴリール「……ッ」


ぎゅぅぅ

タプリス「あっ……」

ガヴリール「いやっ! 絶対に嫌っ! あなたを置いて行くくらいなら、私もここに――」

タプリス「それ、以上は、だめです。先輩……」

タプリス「先輩は……進まないと、いけないから」

タプリス「最上階へ、たどり着かないと、いけないから」

ガヴリール「どうして!? 最上階にいったい、何があるっていうの!?」

ガヴリール「あなたを見捨ててまで行く価値なんて、本当にあるっていうの!?」

タプリス「……はい」

ガヴリール「……ッ」

タプリス「わたしは……そのために、来たんですから」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:22:26.771 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「そうだ、最後にこれを……」スッ

ガヴリール「これは……あなたの髪飾り……」

タプリス「はい……これ、先輩に、もらったもの、なんですよ」

ガヴリール「私が……?」


ガヴリール「……ッ」

ガヴリール「これは……あぁっ、そんな……」


ゴゴゴゴゴゴゴッ

タプリス「……時間です、先輩」

タプリス「神よ、我に力を」

パァァァッ

ガヴリール「いやっ、やめてっ!!」

タプリス「今まで、本当にありがとう、ございました」


50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:26:02.378 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「お願いだからっ……、タプリスッ!!」

タプリス「……ッ」

ガヴリール「私もう、絶対に忘れない! あなたのこと、忘れないからっ!」

ガヴリール「だからお願い! こんなこと、やめてっ!」

ガヴリール「お願い、だからぁ……」

タプリス「やっと、わたしの名前……呼んでくれましたね」

タプリス「これで、思い残すことは……ありません」


パァァァッ

ガヴリール「いやっ……いやぁぁぁぁぁっっ!!」

ガヴリール「タプリスーーーーッ!!」


タプリス「さようなら、天真先輩」ニコッ


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:28:28.482 ID:wtcqmvjF0.net

ゴゴゴゴゴッ ズドンッ


-塔76階-


シュンッ

ガヴリール「あぁ、あぁぁっ……」

ガヴリール「わ、私が……タプリスを……」

ガヴリール「私が、守ってあげなくちゃ……いけなかったのに」

ガヴリール「大切な後輩を……守ってあげなくちゃ、いけなかったのに……」

ガヴリール「……」

ガヴリール「ごめっ……ぐすっ……ごめんなさい、タプリス……」

ガヴリール「本当にごめんなさい……」


パサッ

ガヴリール「これは……あの子の、髪飾り」

ガヴリール「……」スッ

ぎゅぅ

ガヴリール「……」

ガヴリール「……タプリス、そうですよね」

ガヴリール「あの子が望んでいたことを、叶えなきゃ……」

ガヴリール「私が、叶えなくちゃ……」


52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:31:26.499 ID:wtcqmvjF0.net

-塔85階-


タッタッタッ


ガヴリール「急がないと……、もっと急がないと……」

ガクッ

ガヴリール「……ッ」


バタンッ パサッ

ガヴリール「いたっ……あっ……」

ぎゅっ

ガヴリール「……これは、絶対に落とさない」


ガヴリール「大丈夫……まだ走れる」

ガヴリール「こんなの、あの子の痛みに比べたら、なんでもない」

ガヴリール「絶対に、たどり着いてみせる」


タッタッタッ


54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:34:14.931 ID:wtcqmvjF0.net

-塔100階-


ガヴリール「はぁ……はぁ……やっと、着いた」

ガヴリール「ここは……庭園? 空が眩しい……」


天使「遅かったな」

ガヴリール「えっ……あ、あなたは……」

天使「待ちくたびれたぞ」

ガヴリール「私、なの……?」

天使「ああ、そうだよ。お前は、私だ」


ガヴリール「ねぇ、教えて! ここはいったい何なの!?」

ガヴリール「どうして、私がもう一人、ここにいるの!?」

ガヴリール「私はどうして、ここに来なければならなかったの!?」

天使「おいおい、質問は一つずつにしろよ」

ガヴリール「あ、ごめんなさい……」

天使「その様子だと、あいつはここまで、来られなかったようだな」

ガヴリール「タプリスのことを知っているの?」


天使「……まずは順に話していこうか」


56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:36:30.205 ID:wtcqmvjF0.net

天使「ここは私の記憶の遺跡、お前らは塔って呼んでたけど」

天使「実際はここがスタート地点。お前のいたところが、おそらく最下」

天使「そして、私はお前を見つけて、ここに連れて来なければならなかった」

天使「けど私は、ここで体の維持をしなくてはならず、ここを動けない」

天使「だから、タプリスにお前を探させたんだよ」


ガヴリール「では、私とあなたは、どういう……」

天使「お前はな、私がはるか昔に捨てた、別の人格」

ガヴリール「なっ……」

天使「今までは必要なかったから、放っておいたんだけど」

天使「そのせいで、記憶まで失ってしまったみたいだな」

ガヴリール「……」

天使「でも、とある理由から、お前が必要になったんだ」

ガヴリール「私が……必要……?」


58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:39:08.044 ID:wtcqmvjF0.net

天使「ああ。でもまさか、あんな奥の、そのまた奥にいるとは思わなかったよ」

天使「お前のことを一番慕っていた、あいつに任せて正解だった」


ガヴリール「……あの子がどうなったか、知っているんですか」

天使「もちろん」

ガヴリール「どうしてそんな……平然としていられるんですか」

ガヴリール「あなたが私なら、あなたにとっても大事な存在じゃないんですか!?」

天使「ああ、そうだよ。だから、お前を呼んだんだ」

ガヴリール「そ、それは、どういう……」


天使「お前と私が、一つになるためにな」


59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:41:20.522 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「私とあなたが、一つに、ですって……」

天使「ああ、お前も私の一部だからな」

天使「あいつが慕ってたお前がいないと、あいつも寂しがるだろ」

天使「それに何より、全ての私が揃わないとダメなんだよ」

ガヴリール「全てって、どういうことです……?」

天使「まぁ、それはやってみればすぐにわかる」

ガヴリール「やってみればって……そんな大雑把な」


天使「あいつに会いたくないのか?」

ガヴリール「……ッ」

天使「私は、会いたい。だからこうして頼んでいる」

ガヴリール「……」

天使「あいつにもう一度会うために、協力してくれないか」


ガヴリール「一つになったら、私はどうなるんですか?」

天使「そうだな。たぶん、私が主人格だから……」

天使「お前はあまり、出てこられないだろうな」

ガヴリール「そう、ですか。でも、あの子にもう一度、会えるんですね」

ガヴリール「あの子がもう一度、笑ってくれるんですね」


天使「ああ、約束する」

ガヴリール「……わかりました、お願いします」


60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:43:45.633 ID:wtcqmvjF0.net

天使「手を合わせて……」

ガヴリール「こう、ですか?」


天使「ああ、準備はいいか?」

ガヴリール「はい、いつでも」

天使「それじゃあ、いくぞ」


ガヴリール「あの子のことを、頼みました」

天使「ああ……頼まれた」


パァァァッ



――――――

――――

――  


61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:46:26.370 ID:wtcqmvjF0.net

-病室-


ピッ ピッ ピッ


ガヴリール「思い、出した……あの頃の、天使学校時代の……」

ガヴリール「あの子が、慕っていた、私を……」

ガヴリール「ようやく、見つけることができた……」


ガヴリール「これでやっと、みなに……会いにいける」


ガヴリール「サターニャ、ラフィエル、ヴィーネ……」

ガヴリール「そして……タプリス」


ガヴリール「私も、お前たちのところへ……」



ピッ  ピッ   ピーーーーーッ


62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:48:37.647 ID:wtcqmvjF0.net

ガヴリール「ん……ここは……」


サターニャ「あ、ようやく来たみたいね」

ヴィーネ「まったく遅いのよ、ガヴったら」

ラフィエル「まさか、ガヴちゃんが一番長生きするなんて思いませんでしたね」


ガヴリール「お、お前たち? ってことは、ここが……」

ラフィエル「ええ、ご想像のとおりです。お久しぶりですね」

ガヴリール「そうか……、お前も元気そうで何よりだ、ラフィエル」


サターニャ「来て早々だけど、とりあえず勝負よ!」

ガヴリール「は? 何言ってるんだよ」

サターニャ「景品はそうね、世界の半分なんてどうかしら」

ガヴリール「そんなのやるわけねーだろ」

ガヴリール「お前は何も変わらないな、サターニャ」


ヴィーネ「ガヴ……」

ガヴリール「ヴィーネ、心配かけたな。もう大丈夫だ」

ガヴリール「私はもう……どこにも行かない」

ヴィーネ「うんっ……うんっ……」


ガヴリール「ところで……あいつは?」


65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:51:34.736 ID:wtcqmvjF0.net

タプリス「……遅いです、天真先輩」

ガヴリール「すまん、ちょっと忘れ物を取りに行っていてな」

ガヴリール「お前は知ってるだろうけど」

タプリス「そうですね、無事にお届けできたみたいで、よかったです」

ガヴリール「あと、もうちょっと、だったけどな」

タプリス「うぅ……先輩の意地悪」

ガヴリール「まぁ、なんだ。その……おほんっ」


ガヴリール「タプリス。また、会えましたね」ニコッ

タプリス「あ、あぁ……あの頃の先輩……」

ガヴリール「これをあなたに、返さないと」

タプリス「これは……わたしの髪飾り?」

ガヴリール「付けてあげますね」スッ


ガヴリール「やっぱりあなたにはこれが、よく似合います。かわいいです」

ぎゅぅぅ

タプリス「えへへ……また先輩に会えて、嬉しいです」

ガヴリール「ええ、私もですよ」


ガヴリール「もう絶対に、タプリスのことを忘れたりしません」

ガヴリール「だから、ずっとずっと、私と一緒にいてくださいね」


タプリス「はいっ、先輩!」



おしまい


67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:53:58.682 ID:wtcqmvjF0.net

タプリスはずっと2人で…


69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/07(日) 23:56:33.784 ID:mUP7lo6G0.net




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿