TOP > はたらく魔王さま! > 真奥「うおお!恵美ぃぃ好きだー」恵美「きゃああああ」

真奥「うおお!恵美ぃぃ好きだー」恵美「きゃああああ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:35:56.27 ID:Io7+H5W90

芦屋「な、何ですって!?」

漆原「焼き肉無料食べ放題チケット!?」

千穂「ええ。たまたま貰っちゃって…その良かったら皆さんで行ってきてください」

芦屋「」


千穂「あ、あれ?」

漆原「気にしなくていいよ。芦屋はたまにこうなるんだ」

千穂「え?」

漆原「予想外の収入があった時に固まるようになっちゃったんだよ。まったくどれだけ貧乏なんだか」

芦屋「主に貴様の支出のせいだがな」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:38:52.01 ID:Io7+H5W90

千穂「あっ、帰ってこれました?」

芦屋「佐々木さん!本当に嬉しいのですが、このような物を頂く事はできません」

漆原「え?ちょっ!何を言ってるんだよ!?魔王城に住んで初めての高級お肉なのに!」

芦屋「うるさい。お前にはさっき鈴木さんから頂いた、わらびをごちそうしてやる。安心しろ」

漆原「いやいや。肉と雑草ってレベルが違いすぎるんだけど」

芦屋「というわけで、居候もいらないと申してますので、是非ご学友と一緒に行ってきてください」

漆原「ちょっと!僕の分!せめて僕の分だけでも!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:43:38.39 ID:Io7+H5W90

千穂「え?あっ。いえ。その…できれば、その…芦屋さんと漆原さんと…お隣の鈴乃さんも一緒に…行って欲しいんですけど」

芦屋「え?」


漆原「…ふ~ん。なるほどね~」

芦屋「ん?どうかしたのか?」



漆原「佐々木千穂はね、こう言いたいんだよ『たまには私と真奥さんの二人っきりにさせて下さい』って」

千穂「漆原さん!?」

芦屋「なるほど。そうでしたか。確かにそう言われると、ここ数ヶ月で色んな人が増えてお二人になれる機会が減っていましたね」

千穂「あ…あの…はい」

芦屋「それは気が効かず申し訳ありません。おい!ルシフェル」

漆原「焼き肉か~。楽しみだな~」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:48:43.13 ID:Io7+H5W90

芦屋「何を言っている。数時間席を外すだけだ」

漆原「え?焼き肉は?」

芦屋「佐々木さんにはいつもお世話になっているんだ。タダ券を頂いたりできるものか」

千穂「いえ!せっかくですので。特に芦屋さんは普段頑張ってるんですから、これを機会に栄養を取ってきてください!」

芦屋「佐々木さん…そこまで私の事をわかってくれるのは、あなただけです。アルシエル感動するばかりです」

千穂「じゃ、じゃあ」

芦屋「ですが、それとこれとは…」

漆原「あーもう行こうよ!話が進まないし、佐々木千穂に無駄な気を使わせるだけって何でわからないんだよ!」

芦屋「だったら、このタダ券は今度魔王様と…」

漆原「おーい。ベルー!焼き肉のタダ券が手に入ったんだー。食べに行こうよー。聞こえてるんだろうー?」


ダダダダダダダダ


バーン

鈴乃「焼き肉と聞いて!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:53:41.70 ID:Io7+H5W90

千穂「鈴乃さん!?」

芦屋「貴様!そんなキャラだったか!?」

鈴乃「勘違いするな!私はただこの世界の料理に興味があるだけだ!」

鈴乃「聞いたところの話によると、焼き肉とは肉を焼くだけと言うではないか!」

鈴乃「しかし、ただ焼いただけなのに絶品と聞く!」

鈴乃「その美味しさを解明し、エンテ・イスラに情報を持ち帰れば、エンテ・イスラの食文化の発展に繋がるだろう!」


鈴乃「本当は貴様たち悪魔などと一緒に行くのは嫌だが…」

鈴乃「一期一会という言葉ある用に、せっかくのチャンスを物にしたいと思いやってきた」

漆原「でもね。せっかくのタダ券があるのに、芦屋のヤツが換金しようとか言うんだよ?」

鈴乃「何!?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:53:59.52 ID:Io7+H5W90

芦屋「言ってない!…がそういう手段もあるのか…なるほど」

千穂「芦屋さん!?」

鈴乃「せっかくの千穂殿の好意を…ぐっ。これだから悪魔は」

漆原「というわけで、ほらベル?」

鈴乃「そうだな。行くか」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:58:51.29 ID:Io7+H5W90

芦屋「って、何をする!?私を引きずるな」

鈴乃「堪忍しろ。今日は焼き肉だ」

漆原「真奥が美味しいって言ってたけど、どれくらい美味しいのかな~」

芦屋「わかった!行くから引きずるな!離せ!」

鈴乃「早く行くぞ。私も悪魔なぞ触りたくもないからな」


芦屋「それはこちらのセリフだ。ところで佐々木さん。魔王様はもう少ししたら帰宅されるのでお留守番をお願いします」

千穂「ええ。それでは焼き肉楽しんできてくださいね♪」

芦屋「はい。本当にありがとうございます」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:03:43.88 ID:Io7+H5W90

千穂「焼き肉食べ放題チケット…自腹だったけど…うん!今日の為ならこのくらいはしないとね!」

千穂「これであとは真奥さんが帰ってくれば………えへへへへ」



千穂「あっ!そうだ!あれの準備をしないと!」


\ジャジャーン/


千穂「ほれ薬ー」

千穂「サリエルさんが、木崎さんの件のお礼にって私に…」

千穂「効果は約12時間……これを真奥さんが飲んでくれれば…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:08:55.72 ID:Io7+H5W90

■妄想中☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


真奥「ぐっ。か、体が熱い!」

千穂「真奥さん!?どうしたんですか!?」

真奥「ちーちゃん!」

千穂「え!?」


ギュウウウウウ


千穂「えっえぇ!?真奥さん!?」

真奥「ごめん、ちーちゃん。急に抱きついちゃって…嫌だったかな?」

千穂「び、びっくりしただけで…その、別に嫌って訳じゃ…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:14:48.10 ID:Io7+H5W90

真奥「…ちーちゃんからいい匂いがする」

千穂「きゃぁ!」


真奥「可愛い声だね」

千穂「真奥さんのバカ!匂いなんて嗅がないでください!」

真奥「ごめん。でもとてもいい匂いだから我慢できなくて」


千穂「そ、そんな事ありませんよ。今日は体育の授業で汗かいちゃって…ちょっと匂うかも…」

真奥「俺はちーちゃんの匂いとっても好きだよ」

千穂「真奥さん!?」

真奥「俺はちーちゃんの全部が好きだ」

千穂「ぇぁぇぁぇ//」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:20:04.68 ID:Io7+H5W90

真奥「結界を張った…これで邪魔者は誰もいない」

千穂「で、でも」

真奥「ちーちゃんを俺のものにしてやるよ」

千穂「も、もうっ。真奥さんったら強引なんだから…」

真奥「魔王だからな」

千穂「優しくしてくれないと嫌なんですからね//」

真奥「ああ。任せてくれ…」


■妄想終了☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千穂「真奥さんったら大胆なんだから~」

千穂「えへへへへへへへ~」

千穂「そ、そうだ!ほれ薬を冷茶に混ぜて…」

千穂「完成~♪」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:26:08.32 ID:Io7+H5W90

千穂「あとは、真奥さんが帰宅した後に飲ませれば………ふふふふふ」


ガラララララ


真奥「戻ったぞー」

千穂「」ビクッ

真奥「おー。ちーちゃん来てたのか」

千穂「真奥さん!おつかれさまです!」

真奥「おう。おつかれ」

千穂「最近、暑いですよね~」

真奥「え?うんそうだな。デュラハン弐号に乗ってると汗かいちゃってさ」

千穂「えへへ~。これどうぞ♪」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:31:58.60 ID:Io7+H5W90

真奥「おお!わざわざ冷たいお茶を用意していてくれたのか!ありがとうさっそく頂くよ」

真奥「」グビグビ

千穂「ふふふふふふふふ」


真奥「ぷはーっ」

千穂「ま
恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

真奥「ああ。恵美。実は用事が……っ!?」

真奥「…………」

千穂「……………………………………………え?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:37:41.70 ID:Io7+H5W90

恵美「ん?何?早く要件を言ってくれない?電話より直接会いたいって言うから、わざわざ来てあげたのに」

真奥「…………」

恵美「あなた…顔真っ赤よ……………ぷっ。まさか悪魔の頂点の魔王さまが風邪をひいたんじゃないんでしょうね?」

恵美「これはいいネタを頂いたわ。一生笑ってあげるから覚悟しなさいよ」

千穂「あぁぁ!」

恵美「千穂ちゃんもこんにちは。まったくこんなバカと二人っきりでいたら危険よ?まぁ、狼になるような度胸はないでしょうけど」

千穂「真奥さん!?真奥さん!こっちを向いてください」

真奥「…確かに俺は病にかかっているようだ」


恵美「え?そうなの?じゃあ私帰るわ。風邪がうつると嫌だし」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:38:48.44 ID:Io7+H5W90

真奥「恋と言う名の病に」

恵美「ほら千穂ちゃんも一緒に帰りましょう……………………って、はあ!?」

千穂「真奥さん!?」

真奥「俺は何でこんな事に気付かなかったんだ?こんな素敵な女性が隣にいたと言うのに」

千穂「も、もしかして」

恵美「あ、あれ?私お邪魔だったかしら」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:42:47.21 ID:Io7+H5W90

真奥「恵美、俺の妃になってくれないか?」

恵美「…………………………………………は!?私!?」

千穂「やっぱり」

真奥「エミリア・ユスティーナ。俺の側にいろ。俺の生涯をかけてお前を幸せにしてやる」

恵美「な、ななななななななななななっ!」

真奥「ふっ。髪の色と同じくらい顔が真っ赤だぞ。可愛いな…」

恵美「ああああああなななななたたたたた何を言ってるののののののののの!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:48:14.04 ID:Io7+H5W90

真奥「恵美…愛してるぞ」

恵美「え?顔が…顔が近い!?」

千穂「真奥さん!?や、やめてーーーーー!」

恵美(え?私…キスされるの…え?)


真奥「優しくしてやるから安心しろ…」

恵美「くっ」

真奥「ん?」

恵美『空突閃!!!!!!!!』








真奥「」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:53:39.83 ID:Io7+H5W90

千穂「あ、あの…大丈夫なんでしょうか?」

恵美「これは単なる拳法よ。大丈夫。聖剣を使ってないからアラス・ラムスは寝ているわ」

千穂「真奥さんの事です!」

恵美「あー、こいつには失望したわ。まさかこんな軟派者とはね」

千穂「違います!真奥さんはこんな人じゃありません!」

恵美「これが悪魔の…魔王の本性よ。ちょっと調子に乗れば女の子を襲う。今のを見たでしょう?」

千穂「違います!これは私がほれ薬を使ったか…ら……………いえ。何でもないんですよ?」

恵美「へ?」


千穂「それにしても芦屋さん達、どこに行ったんでしょうー」

恵美「千穂ちゃん?『ほれ薬』って何?…私とっても気になるんだけど」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 21:57:05.62 ID:Io7+H5W90

千穂「うっ…」

恵美「お説教はほどほどにしてあげるから…ね?」

千穂「その…サリエルさんから貰った、12時間しか効かない『ほれ薬』を真奥さんに使いました」

恵美「はぁ…だから、さっきあんな状況になったのね」

千穂「すいません」

恵美「本心じゃなかったんだ…」ボソッ

千穂「え?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:01:16.12 ID:Io7+H5W90

恵美「う、ううん。それよりも!もし私が来なかったらどうなっていたと思うの!?」

千穂「え?」

恵美「私が来なかったら、危険だったて言うことよ!こいつもこう見えて男よ。二人っきりなんて危険よ!」

千穂「あ…その…別にそれはそれで…」

恵美「?」


千穂「き、既成事実とかできちゃえば…いいかな~。なんて」

恵美「だ、ダメよ千穂ちゃん!」

千穂「あはははは。ですよねー」

恵美「キスは結婚式まで取っておかないと!」

千穂「へ?」

恵美「確かに日本は進んでいると思うけど、せめて結婚式までは取っておかなきゃ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:05:40.71 ID:Io7+H5W90

千穂「あ、あの遊佐さんって…その純真って言われたりしません?」

恵美「え?そ、そうね…そういわれれば」

恵美「エメラダが『エミリアは純真すぎます~。私はこんなにいっぱい求めてるのに~』ってよく宿屋でぼやいてたっけ」

恵美「ふふっ。それを見たアルバートが『薄い本の作業が捗るな』って私達の絵をたくさんスケッチしてくれてたのよね~」

恵美「あの頃は大変だったけど、エメラダ、アルバートとのやり取りは」

恵美「今思えばちょっとだけいい思い出かな…って、私何を言ってるんだろう…ん?」

千穂「゚д゚」

恵美「あのー千穂ちゃん?」

千穂「ハッ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:09:11.66 ID:Io7+H5W90

恵美「どうかしたの?」

千穂「い、いえっ!色々衝撃的な事がわかって、ちょっとびっくりしちゃって!」

恵美「え?」

千穂「あははは。何でもないんです。何でも」

真奥「恵美は今時珍しく幼稚園児くらい純真だって言いたいんだよ。ちーちゃんは」

恵美「あなた!いつから気付いていたの?」

真奥「『空突閃!!!!!!!!』って所から」

恵美「気絶してなかったの!?」

真奥「いや、体が痛くて声が出せなかっただけで」

千穂「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

恵美「千穂ちゃん!?」

千穂「全部聞かれちゃった…どうしようどうしよう」

恵美「あっ、既成事実ってやつ?」

千穂「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:14:17.64 ID:Io7+H5W90

真奥「あー。ちなみにもう薬の効果切れたから」

千穂「え?」
恵美「え?」

真奥「まぁ、普通のやつなら12時間効くんだろうが、俺は悪魔だしな。もう効いてないわ」

千穂「そ、そうなんですか…またサリエルさんから貰おうと思ってたんですが…なんかガッカリです」

恵美「良かった。本当によかったわ。千穂ちゃんはあとでベルとお説教ね」

千穂「…うっ」



真奥「そうだ!恵美!大切な話があるんだ!」

恵美「そういえば、そうだったわ。私そのためにここに来たのよ」


真奥「恵美、大好きだ。愛してる。結婚してくれ」

恵美「っ~~~~~~~~~~!?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:18:21.09 ID:Io7+H5W90

千穂「真奥さん!?遊佐さんも何で真っ赤になってるんですか!!!!!何でポーって乙女の顔になってるんですか!!!!!!!」

恵美「ち、違うの!不意打ちだったから。つい」

真奥「おう。照れてる恵美も可愛いぞ」

恵美「って、あなた!薬の効果切れてないじゃない!」

真奥「違う!これは俺の本心だ!薬は関係ない!信じてくれ!」


千穂「真奥さん!真奥さん!私は?私は?」

真奥「ちーちゃんはその…もうこんな時間だし、帰った方がいいんじゃないかな?」

千穂「が、がーん」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:22:53.85 ID:Io7+H5W90

恵美「わ、私帰る!」

千穂「ダメです!」

恵美「こいつとこれ以上、一緒にいたくないわ!」

千穂「ダメです!絶対に真奥さんが遊佐さんのマンションに突撃します!」

恵美「ま、まさか…」

真奥「さすがちーちゃん。勘が鋭い」

千穂「こんな形で褒めてもらっても嬉しくないです」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:26:28.27 ID:Io7+H5W90

恵美「でも鍵をかければ…」

真奥「大丈夫だ。ほんのちょっぴり魔力があるから、鍵ごとき」

恵美「私の部屋に来てなにをするつもりよ!」

真奥「ふふふふ。それはだな。暗闇に乗じて…」


恵美「ま、ままままままままままさか!?」

真奥「そうだ。お前の考えている通り」

恵美「手を繋いだり、あまつさえ頭をナデナデしてきたりするつもりじゃないでしょうね!」

真奥「そう…手を繋いだり…はあ?」

千穂「遊佐さん…そこまで来ると、ちょっと引きます」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:31:31.33 ID:Io7+H5W90

恵美「え?え?な、なによっ!」

真奥「お前まさか…俺と手を繋ぎたいのか?」

恵美「ななななななにを!確かにそんな事を思ってたりなかったりって、ないに決まってるじゃない!」


ギュウウ


千穂「あああああっ!!!!!何で手を握ってるんですか!!!!!」

恵美「ななななななななななななななななな」

真奥「あと、ナデナデだったな」

ナデナデ

恵美「……」

千穂「遊佐さん!なんで顔真っ赤なんですか!なんで目がちょっとウルウルしてるんですか!?」

真奥「…やばい。恵美…お前かなり可愛いぞ」

恵美「っ~~~~//」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:35:38.02 ID:Io7+H5W90

千穂「離れてください!ちょっと遊佐さん!?正気に戻って!相手は真奥さんですよ!?」

恵美「でも…ここまでされたら…責任とって貰わないと…」

千穂「遊佐さん!?」

真奥「ああ。どれだけでもとってやるさ…お前の為なら俺は何だってしてやる」

恵美「真奥…」

千穂「きゃーーーーーーーーーーーー!!助けてーーーーーーーーーーーーー!!!!!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:35:59.99 ID:Io7+H5W90

ガララララッ


芦屋「大丈夫ですか!?悲鳴が聞こえたのですが!?」

漆原「ただいまー。焼き肉は天界よりすっごく天国だったよー」

鈴乃「ああああ。私の天界への信仰心が崩れて…って、今の悲鳴は何だったのだ!?」


恵美「//」

真奥「おう。帰ったか」

千穂「…」グスグス


芦屋「」

鈴乃「」

漆原「え?どういう状況?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:40:16.62 ID:Io7+H5W90

……………………………………………………


真奥「離せーーーー!アルシエルー!ロープを解け!!!」

芦屋「うっうううううううううう」

芦屋「すいません。こればかりは聞けない命令でして」


真奥「離せ!俺はエミリアの頭をナデナデするんだーーーー!!!!」

芦屋「うわああああああああああああ。魔王様がああああああああ」ダダダダダダ



鈴乃「行ったな」

漆原「逝ったね」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:43:55.33 ID:Io7+H5W90

鈴乃「さて、これからどうするか…」

漆原「もう面倒だし、このまま寝ようよ」


スルスル


真奥「ふぅ…」

鈴乃「エミリア!?なぜ紐を解く!?」

恵美「だって、苦しそうだったから」

真奥「ありがとう恵美…さすがは俺が最愛する妻だ」

恵美「う、うん」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:48:34.54 ID:Io7+H5W90

恵美「えーと、あのね…」モジモジ

真奥「なんだ、ご褒美が欲しいのか」



ナデナデ


恵美「えへへ~」

真奥「恵美は本当に可愛いな」


鈴乃「…千穂殿は…?」

漆原「気絶してるよ?」

鈴乃「私も気絶したくなってきた」

漆原「同感。僕もだよ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:52:05.23 ID:Io7+H5W90

恵美「ねえ…その…ギュッとして?」

真奥「ああ。それがお前の望みなら」


ギュウウウ



恵美「えへへ~。真奥の匂い~」

真奥「何を言ってるんだ?お前の匂いの方がすごくいいぞ」

恵美「ううん。あなたの方が…」

真奥「違う。お前の方が…」


鈴乃「」

漆原「」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 22:55:57.43 ID:Io7+H5W90

■次の日


恵美「あれは!あなたのほれ薬の効果が私にも効いただけなの!」

恵美「だから、絶対に忘れなさい!あと死になさい!」

真奥「俺だってあれはほれ薬のせいだからな!」

真奥「だから、絶対に忘れろ!あと俺を殺そうとするな!」


恵美「うるさい!うるさい!うるさい!うるさーーーーい!!!!!!!」

恵美「あなたは私に…私にとんでもない事をしでかしたのよ!」

恵美「もうみんな死ぬしかないじゃない!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:00:15.70 ID:Io7+H5W90

真奥「あれはお前が望んだから!」

恵美「望んでない!あれは全部薬のせい!!!」

真奥「そもそも飲んでないのに効くわけないだろ!」

恵美「悪魔のくせに!魔王のくせに!なんで薬が効いているのよ!」



鈴乃「ほらほら。夫婦喧嘩は止めろ」

恵美「夫婦じゃ」
真奥「ない!!」

千穂「へー。そうですかー。息ぴったりじゃないですかー」

恵美「千穂ちゃん!元はと言えばあなたが!」

真奥「そうだぞ!ちーちゃん!今度ばかりはすっごいお説教するからな!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:04:04.94 ID:Io7+H5W90

千穂「はいはい。私バイトがありますので、失礼します」

真奥「あっ、もうそんな時間か…ちーちゃん!バイト任せたぞ!夜には俺も行くからさ」

千穂「はい!頑張ります」


千穂「あっ、あと…遊佐さん?」

恵美「え?なに?」

千穂「真奥さんの事、絶対に負けませんから!」

恵美「なっ!?」


タタタタタタ


漆原「はぁ~。何で最後に爆弾発言を残すかな」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:08:01.03 ID:Io7+H5W90

恵美「あなたのせいで勘違いされちゃったじゃない!」

真奥「あーはいはい。悪かった悪かった。俺が悪かった」

恵美「はぁ!?何よそれ!全然謝られている気がしないわ!」

ぽふっ

真奥「だから悪かったって…」

真奥(って、俺は何で恵美の頭の上に手を!?)

恵美「あ…」

真奥「えーと…」

ナデナデ

恵美「んっ…」

真奥(か、かわいい…?)



芦屋「ま・お・う・さ・ま?」

真奥「ひぃっ」
恵美「ひゃあ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:12:02.49 ID:Io7+H5W90

芦屋「なぜ、エミリアにナデナデを?それになぜ頬が赤くなっているのでしょうか?」

真奥「ち、ちがう!これは暑いからだ!」

鈴乃「ほほう。暑いからエミリアも顔が赤いのか?」

恵美「ああー暑いわーこの部屋は何でこんなに暑いのかしら~」


漆原「はぁ~。二人とももっと素直になればいいのに」

真奥「お前!何を言っている!」

恵美「そうよ!殺すわよ!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:16:25.83 ID:Io7+H5W90

芦屋「魔王様そんな事より昼食を」

恵美「そんな事って何よ!」

芦屋「…そんな事じゃないなら、何なんだ?」

恵美「なっ」

鈴乃「察してやれ。魔王との楽しいお喋りを『そんな事』と言ってほしくないのだろう」

恵美「ベルまで!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:20:33.33 ID:Io7+H5W90

真奥「もういい。ほら恵美も飯食うぞ。飯」

恵美「あんたも何かいいなさいよ!」

真奥「面白がってるだけだろ。どうせ飽きるさ。そんな事より飯だ」

恵美「…ふんっ」


漆原「あれ?遊佐は何で真奥の隣に座るの?」

鈴乃「察してやれ。愛する者の隣に座りたいんだろう」

芦屋「ぐっぐぐぐぐぐぐ!魔王様の隣は私…私なのに!」


真奥「お前ら…」

恵美「あーもう!なんなのよ!これーーーーーーーー!!!!!」





       終わり


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:20:48.22 ID:Io7+H5W90

これにて終わりになります。
支援&見てくれてありがとうございました!
また、機会があればよろしくお願いします!


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:21:24.35 ID:Ui04BAwP0



やっぱエミリアこそメインヒロインだな





『はたらく魔王さま!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿