TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、セクシーに野球する」

ガヴリール「千咲ちゃん、セクシーに野球する」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:09:08.657 ID:aBPENDOt0.net

-サターニャの家-


タプリス「えっ、みんなで野球……ですか?」


サターニャ「ええ。うちの高校の野球部にグラウンドの使用権を賭けて」

サターニャ「勝負を挑まれてね。仕方がないから、受けてやったのよ」

ガヴリール「お前なぁ……アホだろ」

サターニャ「アホって何よ! 挑まれたケンカは買うのが悪魔の流儀なのよ!」

ヴィーネ「たぶん、サターニャが事の発端でしょうね」

ガヴリール「何をどうやったら、そういう流れになるんだよ……」


サターニャ「というわけで、喜びなさい。あんたたちも我が軍門に加えてあげるわ」

ガヴリール「パスに決まってるだろ。野球なんてやってられるか、めんどい」

サターニャ「なっ、なんですって!?」

ラフィエル「まぁまぁ、ガヴちゃん、そう言わずに」

サターニャ「ラフィエル……」

ラフィエル「サターニャさんが、勝負に勝ったら焼肉をおごってくれるみたいですよ」

サターニャ「はぁ!? そんなこと、いつ私がっ!?」

ガヴリール「……仕方がないな、ちょちょいとやってやるか」


ヴィーネ「まぁ、ノリで勝負を受けちゃったサターニャも悪いしね……」

ヴィーネ「こればかりは擁護できないわ」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:11:48.342 ID:aBPENDOt0.net

タプリス「ちょ、ちょっと待ってください」

サターニャ「どうしたのよ」

タプリス「本で読んだことがあるのですが……」

タプリス「野球って九人でやるスポーツですよね?」

サターニャ「ええ、そうね」

タプリス「わたしたち、全員合わせても五人しかいないんですが……」

サターニャ「あ……」

ガヴリール「おいおい、まさかメンバーのこと考えてなかったのか?」

サターニャ「そ、そんなわけないじゃない! ちゃんと考えてるわ」

サターニャ「こうなったら……あんたたち! 一人ずつ、メンバーを集めてきなさい!」

ヴィーネ「うわぁ、人任せ……」

ラフィエル「そうですかそうですかぁ」


サターニャ「まぁタプリスは、下界に来て間もないし」

サターニャ「今回は特別に許してあげる」

タプリス「は、はぁ……ありがとうございます」


サターニャ「決戦は、金曜日よ!」

サターニャ「それまでに各自メンバー集めと、ルールの確認をしておくこと!」

サターニャ「いい? この勝負、絶対勝つわよ!!」


ラフィエル「うふふ、なんだか面白くなってきました」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:15:23.593 ID:aBPENDOt0.net

-試合当日 舞天高校グラウンド-


サターニャ「ふふっ、ついにこの時がやってきたわ」

サターニャ「あんたたちも、ちゃんとメンバーを連れてきたみたいだし」

サターニャ「この勝負、もう勝ったも同然ね」


委員長「あの……胡桃沢さん。私、野球のルールわからないんだけど……」

サターニャ「大丈夫、打って取るだけよ。簡単でしょ」

委員長「そんな大雑把な……」


ヴィーネ「マ、マスターさん。こんなことに巻き込んじゃって、ごめんなさいね」

マスター「それは良いんですが……」

マスター「私が高校生に混じって野球なんかして、いいんですかねぇ……」


ラフィエル「……」ニコニコ

マルティエル「お嬢様のためなら、この命、すべて捧げる所存です」

ラフィエル「くれぐれも、白羽家に泥を塗るような真似はしないでくださいね」ニコッ

マルティエル「……」ビクン


ゼルエル「嬉しいぞ、ガヴリール。お前が私を頼ってくれるなんてな」

ガヴリール「……やきに、じゃなくて、一度こうやって、姉さんと遊んでみたくてさ」

ゼルエル「ふふっ、そうか」

ゼルエル「だが、これも勝負であるならば、全力で相手を叩き潰すまでだ」ニコッ


サターニャ「さぁ、サタニキアデビルズの諸君! いくわよっ!」

ガヴリール「なんでお前の名前がチーム名になってんだよ」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:17:50.250 ID:aBPENDOt0.net

-打順-

1 一 ヴィーネ
2 遊 委員長
3 投 サターニャ
4 中 ゼルエル
5 ニ マルティエル
6 左 タプリス
7 三 ラフィエル
8 右 ガヴリール
9 捕 マスター


野球部部長「俺たちが表の攻撃で、胡桃沢たちが裏だ。それでいいな?」

サターニャ「ええ、その方が早く試合が終わるからね」

野球部部長「……言っとくけど、手加減はしないからな」

サターニャ「ふんっ、圧倒的な実力の差を見せつけてやるわ!」


――

ヴィーネ「ところで、サターニャ。あなたピッチャーなんてできるの」

サターニャ「ふっ、この日のために血の滲むような努力を重ね……」

サターニャ「ついに必殺の魔球を会得したのよ!」

サターニャ「その名も……スーパーウルトラマグナムボール三号!」

サターニャ「これで相手も木っ端微塵だわ」

ヴィーネ「……お願いだから、普通に投げてね」

タプリス「は、始まるみたいです、並びましょう」


みんな「よろしくお願いします!!」


審判「プレイボール!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:20:55.188 ID:aBPENDOt0.net

<一回表 野0 - 0サ ノーアウト 走者なし>


一番「……」

サターニャ「あんたなんか、魔球を使うまでもないわ」

サターニャ「デビル……ボール!」

ヒュン パシンッ

審判「ストライクッ」

一番「なっ!? は、速い!?」

マスター「ぐっ……そして、なんて重いんですかねぇ」


ヴィーネ「サターニャ、やるじゃない!」

サターニャ「ふふっ、当然! 私を誰だと思ってるの」

サターニャ「このまま、全員抑えてやるわ!」


――

審判「スリーアウト、チェンジ!」

タプリス「胡桃沢先輩、すごいです! ヒットを一本も許さないなんて!」

サターニャ「まぁ、こんなもんね」


ヴィーネ「つ、次は、私が打つのね……」

サターニャ「とりあえず当てることだけ考えなさい、ヴィネット!」

ヴィーネ「わ、わかったわ」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:22:58.243 ID:aBPENDOt0.net

<一回裏 野0 - 0サ ノーアウト 走者なし>


投手「女だからって……容赦はしないぞ!」


ブンッ スカッ

ヴィーネ「あぅっ……」

審判「ストライクッ、バッターアウト!」


ブンッ スカッ

委員長「ひぃっ……」

審判「ストライクッ、バッターアウト!」


<一回裏 野0 - 0サ 2アウト 走者なし>


サターニャ「あんたたち、情けないわねぇ……」

ヴィーネ「面目ない……」

委員長「ごめんなさい……」

サターニャ「いいわ、初めから期待していないし」

サターニャ「私に全て任せなさい!」


カキーンッ

投手「くっ、打たれた!」

サターニャ「ふっ、そんな球、止まって見えるわ!」

タプリス「すごいです、二塁打! 投げてよし打ってよし、ですね!」

ヴィーネ「こういう時だけは、頼りになるわね……」

サターニャ「なーはっはっはっ! もっと褒め称えなさい!」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:25:39.650 ID:aBPENDOt0.net

<一回裏 野0 - 0サ 2アウト 2塁>


ゼルエル「この棒で、向かってくる球を打てばいいんだな?」

タプリス「はい、そうです! がんばってください、ゼルエルさん!」

ゼルエル「ふむ、なんとも慣れないな……素手じゃダメなのか?」

タプリス「す、素手!?」

ガヴリール「姉さん頼むから、バットを使ってくれ……」


投手「野球の試合なのに、着物だって? バカにして!」

ヒュンッ パシンッ

審判「ストライクッ」

投手「くくっ、全く手が出ないようだな。このまま終わらせてやる……ッ」

ゼルエル「見えたぞ、縫い目が」キッ

投手「なっ!? でたらめを!」

ヒュンッ

ゼルエル「そぉいっ!!」


ブンッッッ ズバシュゥゥゥゥ


投手「え?」

タプリス「ボ、ボールが、校舎を飛び越えて……いきます」

ガヴリール「おいおい……今、打球音が全くしなかったぞ……」

ラフィエル「風圧だけでホームランなんて、さすがゼルエルさんですね……」

ゼルエル「ふっ、ぬるいな」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:28:05.927 ID:aBPENDOt0.net

タプリス「これで、わたしたちが2点先制ですね!」

サターニャ「き、気に入らないけど、姉天使の実力だけは認めてあげるわ」

ゼルエル「ふふっ、君はもう少し、年上を敬うことを知った方がいいな」ニコッ

サターニャ「ひっ、ごめんなさいごめんなさいっ!」


<一回裏 野0 - 2サ 2アウト 走者なし>


タプリス「がんばってください、マルティエルさん!」

マルティエル「あなたは……タプリスさんですね」

マルティエル「お嬢様からお話は聞いています、とても良い後輩だと」

タプリス「うぅ……恐縮です」

マルティエル「ですが私は、あなたに一つだけ言いたいことがあります」

マルティエル「あなたは……自分にもっと正直に――」

ゴツンッ

マルティエル「エンッ!!」

ラフィエル「私の大切な後輩に、変なことを吹き込むのはやめてくださいね」ギロッ

マルティエル「あっ、あっ、あっ」ゾクゾク

タプリス「……」


ガヴリール「まあがんばれー、主砲マルちゃん」

マスター「よ、よく知ってるねぇ、天真くん」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:30:29.387 ID:aBPENDOt0.net

投手「さっきの着物の人には驚かされたが……」

投手「あんな奇跡は、もう二度と起きない!」

ヒュン パシンッ

審判「ストライクッ」

マルティエル「……この弾道は、お嬢様の太もも」


ヒュン パシンッ

審判「ストライクッ」

マルティエル「……この弾道は、お嬢様の背中」


投手「あの人、さっきから何言って……まあいい」

投手「これで終わりだ!」


マルティエル「見えたっ! これはお嬢様の――」

ビュゥゥゥゥ

タプリス「きゃっ、強風が……」


マルティエル「フローラルな香りっ!!!」

ブンッ スカッ

審判「ストライクッ、バッターアウト!」

審判「3アウト、チェンジ!」


マルティエル「……」スタスタスタ

ラフィエル「……」ニコニコ

ゴツンッ


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:33:15.159 ID:aBPENDOt0.net

タプリス(こうして2点リードで迎えたニ回表でしたが)

タプリス(胡桃沢先輩の好投により、またしても無失点に抑えることができました)

タプリス(しかし……)


<ニ回裏 野0 - 2サ ノーアウト 走者なし>


ブンッ スカッ

ラフィエル「あらあら……」

審判「ストライクッ、バッターアウト!」


ブンッ スカッ

タプリス「こんなの無理ですぅ……」

審判「ストライクッ、バッターアウト!」

ガヴリール「打てないなら、当たりにいけ! 当たりに!」

タプリス「無茶苦茶言わないでくださいぃ……」

ガヴリール「……仕方ないな、私に任せとけ」

タプリス「て、天真先輩っ……」キラキラッ


ガヴリール「これは、ラフィエルのぶんッ!」

ブンッ スカッ

ガヴリール「これは、タプリスのぶんッ!」

ブンッ スカッ

ガヴリール「そしてこれが……私の怒りだぁぁぁっ!!」

ブンッ スカッ

審判「ストライクッ、バッターアウト!」

審判「3アウト、チェンジ!」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:35:28.001 ID:aBPENDOt0.net

ガヴリール「ふぅ……」

タプリス「いかにも、やりきった風ですけど、三振ですからね?」

ガヴリール「おかしいな、この試合のために読んだ漫画の通りに打ったんだが……」

タプリス「そんなので打てたら、苦労しません……」


――

タプリス(その後も、相変わらずの調子の良さで)

タプリス(野球部打線を抑えていた胡桃沢先輩でしたが……)

タプリス(徐々に相手も、その速球に慣れ始め、少しずつ失点を許してしまいます)

タプリス(それに比べて、こちらの攻撃はというと)

タプリス(胡桃沢先輩とゼルエルさん以外は、ほとんど打てない上に)

タプリス(途中から、ゼルエルさんは敬遠もされてしまって)

タプリス(点が取れない回が続きました)


タプリス(そして、ついには逆転を許してしまい、3対2で迎えた六回の裏)


<六回裏 野3 - 2サ 2アウト 走者なし>


マスター「まずいですねぇ、チーム唯一の男だというのに」

マスター「今まで良いところが全くないですねぇ」

マスター「ああ、でも、意識すると余計に、緊張で震えがとまりません……」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:38:10.248 ID:aBPENDOt0.net

タプリス「マスターさん!」

マスター「千咲くん? どうしましたか?」

タプリス「これ、天真先輩から。体が温まって、おいしいらしいです」

マスター「これは……飲み物かい?」

タプリス「ええ、コンソメスープらしいですけど」

マスター「て、天真くん、私のために……ありがとう、いただくよ」ゴクッ

タプリス「これを飲んで頑張ってくださ――」


マスター「カハッ……オ、オォォォ……」

タプリス「えっ? マ、マスターさん?」


ムキッ ムキムキムキッ

ビリィッ ビリビリビリッ


タプリス「ひっ、ひぃっ! マ、マスターさんの上半身がっ!」

マスター「フゥ……フゥ……デスネェ」


投手「ちょっと! 今までの人と明らかに体積が違うでしょ!」

審判「君たち、ど、どうなんだね!?」

ガヴリール「いいすよ、なんなら調べてくれても」

ガヴリール「ただし、証拠は絶対に出ないと思うけどね」ニヤッ


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:40:28.583 ID:aBPENDOt0.net

マスター「……クワッ!」ギロッ


タプリス「ひえっ! て、天真先輩、このスープは……」

ガヴリール「ああ、これもある漫画を参考に作った、一種の栄養剤のようなものだ」

ガヴリール「一時的に身体能力を著しく向上させ」

ガヴリール「しかも、その成分が一切、体に残らない!」

ガヴリール「まさに私の、最高傑作!」

タプリス「その熱意を別のことに活かしましょうよ……」


審判「試合再開!」

投手「くそっ、あんなのありかよ……」

投手「だが、体が大きくなったくらいで……」

投手「俺の球を打てると……思うなよ!」

ヒュンッ

マスター「……」ニヤッ

ブンッッ

ゴ シ カ ァ ン 

投手「なっ!?」


タプリス「す、すごい! また校舎越えです!」

サターニャ「これで同点ね!」

ラフィエル「代償は大きかったですが……」


マスター「ヒュゥ……ヒュゥ……」タタタッ


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:42:58.408 ID:aBPENDOt0.net

<六回裏 野3 - 3サ 2アウト 走者なし>


ヴィーネ「うぅ……あんなの見せられたら、打ちづらいじゃない」

ガヴリール「流れに乗るんだ、ヴィーネ! がんばれ!」


ラフィエル「ヴィーネさん、ヴィーネさん」コソコソ

ヴィーネ「ラフィ? どうしたの?」

ラフィエル「ガヴちゃんがさっき言ってたんですが……」

ヴィーネ「ガヴが? な、なにを……?」

ラフィエル「この回にもし、逆転することができたら……」

ラフィエル「嬉しすぎて、その人にキスしちゃう、って言ってました」


――

ヴィーネ「オラァッ!!」

ブンッ カキーンッ

投手「……」パクパク


タプリス「やりました、月乃瀬先輩! ホームランです!」

ガヴリール「やったな、ヴィーネ! やきに……逆転だぞ!」

ヴィーネ「ガ、ガヴ……」カァァ

ガヴリール「どうした? ヴィーネ」

ヴィーネ「……んっ」

ガヴリール「ん?」

ヴィーネ「……んっ」ズイッ


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:45:40.306 ID:aBPENDOt0.net

タプリス(その後、白羽先輩は月乃瀬先輩から、とてつもない罵倒を受け)

タプリス(委員長さんは普通に三振してしまい、マスターさんは次第にしぼんで)

タプリス(3対4と、わたしたちが逆転した六回の裏は終わりました)

タプリス(しかし、次の七回の表……)

タプリス(わたしたちは、最大のピンチを迎えたのです)


<七回表 野3 - 4サ 1アウト 満塁>


サターニャ「はぁ……はぁ……」

四番「……」グッ


ヴィーネ「サターニャ、肩で息をしてるわ……」

ラフィエル「もう限界かもしれませんね」

サターニャ「まだよ! まだ、投げられる!」

サターニャ「ふふっ、ピンチは最大のチャンスというじゃない!」

サターニャ「ここできっちり抑えるためにも、あれを使うわ!」

ヴィーネ「まさか、魔球? む、無理しちゃ……」


サターニャ「いくわよ! スーパーウルトラマグナムボール三号!」

サターニャ「とぉりゃああああっ!!」


ぎゅぃぃぃん パシィィンッ

マスター「ぐはっ」

四番「なっ!? 見えない、だと!?」

審判「ス、ストライクッ」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:48:06.818 ID:aBPENDOt0.net

ヴィーネ「す、すごいわ、サターニャ! そんな必殺技があったなんて!」

サターニャ「ふっふっふっ……」

ガクンッ

サターニャ「もう限界みたいね……」フラッ

ヴィーネ「って、おぃぃぃぃっ!」

ラフィエル「タ、タイムです!」


――

ヴィーネ「一球で肩壊す魔球投げてどうするのよ! バカ!」

ガヴリール「せめて、四番を討ち取ってから壊れろよ」

タプリス「で、でも、どうするんですか、胡桃沢先輩はもう……」

サターニャ「私が投げるわ、まだ……」

ラフィエル「無茶です、サターニャさん!」

ヴィーネ「そうよ。そんな肩じゃ、たとえ球が届いても……」

ガヴリール「ああ、バカスカ打たれるだろうな」

サターニャ「くっ」

ガヴリール「ピッチャー交代だ」

タプリス「そ、そうだ! ゼルエルさんにお願いすれば……」

ゼルエル「ついに私の出番か? ガヴリール!」ウキウキ


ガヴリール「姉さんはダメだ、死人が出る」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:50:35.985 ID:aBPENDOt0.net

ゼルエル「し、死人……」ズーン

タプリス「あはは……ど、どんまいです」

ヴィーネ「じゃあ、誰と交代するのよ、ガヴ」

ガヴリール「それは……こいつだ!」


ウィーン カションカション

ロボピッチャ「ピピッ、ガガガッ」

タプリス「ロボだーーー!!」


ガヴリール「これは天界と共同チームを組んで、この日のために特別に開発した」

ガヴリール「ロボピッチャニ号くんだ!!」

ラフィエル「あらあら、うふふ」

タプリス「い、一号がどうなったのか、気になります……」


四番「おい、審判! あれどう見てもロボじゃないか!」

ロボピッチャ「ロボチガウロボチガウロボチガウ」

審判「君たち! ど、どうなってるんですか!?」


ヴィーネ「そうよ。こんなロボ、試合に出られるはずないでしょ!」

ガヴリール「それがちゃんと、試合の選手登録をしているんだな」

ヴィーネ「な、なんですって!?」


審判「し、試合続行!」

四番「おいおい、嘘だろ……」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:53:06.326 ID:aBPENDOt0.net

ウィーン ブッピガンッ


ロボピッチャ「ガガガガガッ」ブンッ

ビュンッ スパァァン

マスター「ごはっ……」

審判「ス、ストライクッ!」

四番「な、なんだよ、今の……」

四番「150km/h以上、出てるんじゃないか?」

ガヴリール「すごいぞ、二号くん! 絶好調じゃないか!」

ロボピッチャ「ピー、ヒョロロロロ」


ロボピッチャ「ガガガガガッ」ブンッ

ビュンッ スパァァン

審判「ストライクッ! バッターアウト!」

四番「くそっ、卑怯だぞ! あんなん打てるはずねーよ!」


ガヴリール「あはははっ、愉快愉快!」

ガヴリール「このまま、1点リードを保って勝利だな!」

ヴィーネ「最初から、この子だけで良かったんじゃないかしら……」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:55:30.919 ID:aBPENDOt0.net

タプリス「すごいです、先輩! あんな奥の手があったなんて!」

ガヴリール「だから、私を信じろって言っただろ?」

タプリス「はい! そうだ、あの二号くんには、必殺技とかないんですか?」

ガヴリール「もちろんあるぞ、見せてやろう」

タプリス「わぁい!」

ガヴリール「それ、ポチッとな」


ウィーン カションカションカション

ロボピッチャ「ピガーッ、ピガーッ」

ボウッ ゴゴゴゴゴッ


タプリス「すごい! 二号くんの足元から、炎が!」

ヴィーネ「う、うそ!? 飛んでるの!?」

ズドドドドッ


タプリス「あ、あれ、どんどん、空へ……」


ズドドドドドドッ キラーンッ


ガヴリール「すごいだろ! 単独で成層圏を突破できるんだ!」

タプリス「……」パクパク

ヴィーネ「そんなことして、試合の続きはどうするのよ!」

ガヴリール「あ」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:58:05.710 ID:aBPENDOt0.net

ガヴリール「……タプリス、次のピッチャーはお前に任せた」

タプリス「ええっ!? 無理です! 絶対、無理です!」

ヴィーネ「そうね、タプちゃんには悪いけど……」

ヴィーネ「残りのメンバーの中では、あまり向いていない方かもしれないわね」

タプリス「そ、そうですよ!」

ガヴリール「お前が、必殺技が見たいなんて言わなければ」

ガヴリール「こんなことには、ならなかったんだ」

タプリス「うぅ……」

ヴィーネ「それはどう考えてもガヴの落ち度でしょ」


ガヴリール「それにな、私はお前が一番適任だと思ってる」

ヴィーネ「また、調子の良いことを……」

ガヴリール「違う違う。こういうのはな、ほどよく普通に投げられた方が」

ガヴリール「相手にとっては、逆に打ちやすいんだ」

ガヴリール「それに比べて、お前のひょろひょろ球の方が」

ガヴリール「まだ相手の調子を乱すことができる分、マシだと思う」

タプリス「そ、そうですかね」


ゼルエル「大丈夫だ、タプリス。たとえ打たれても、私たちがいる」

ゼルエル「お前は、相手に打たせてやるくらいの気持ちで、投げるといい」

タプリス「ゼルエルさん……」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:00:37.402 ID:aBPENDOt0.net

タプリス「わ、わかりました。どれだけできるかわかりませんが」

タプリス「全力で頑張ってみようと思います!」

ゼルエル「ああ、いい返事だ。お前は本当に、良い子だな!」

タプリス「えっと、そ、そんなことは……」

ゼルエル「いやいや、うちの妹たちに加えたいくらいだよ」

タプリス「きょ、恐縮です……」

タプリス(そしたら、先輩とわたしは家族に……な、なんてっ!)

ゼルエル「ふふっ。それでは、頑張っていくぞ」

タプリス「は、はいっ!」


<七回表 野3 - 4サ 2アウト 満塁>


タプリス「それでは、いきます! えーいっ!」

ひょろ~ ポスッ

審判「ボール!」

五番「何だ、この球……バカにしてんのか」


タプリス「ひぃっ、ごめんなさいごめんなさいっ!」

ひょろ~

五番「そりゃ!」

カキーンッ


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:02:58.569 ID:aBPENDOt0.net

ガヴリール「まずい! 肩壊してるサターニャのレフトに!」

サターニャ「くっ!?」


タタタタッ パシッ

ゼルエル「そこは……私の間合いだ」

タプリス「ゼ、ゼルエルさん!?」

ガヴリール「おいおい、俊足ってレベルじゃねーぞ……」


審判「3アウト、チェンジ!」

タプリス「ありがとうございます! ゼルエルさん!」

ゼルエル「良いところに打たせたな、よくやった」ナデナデ

タプリス「えへへ」

ヴィーネ「どこまでが良いところなのか……計り知れないわね」


――

タプリス(こうして満塁の危機を脱した、わたしたちでしたが)

タプリス(やはり打線の方は奮わず、天真先輩の小細工もネタ切れのようで)

タプリス(点を取ることが、全くできませんでした)


タプリス(逆に守りでは……わたしの悪投が)

タプリス(ゼルエルさんの獅子奮迅の活躍によってカバーされていましたが)

タプリス(どうしても内野のミスは発生してしまい、9回表に2失点)

タプリス(再び、逆転を許してしまいました)

タプリス(それでも最後は、ゼルエルさんが内野まで滑り込んでくるという)

タプリス(超ファインプレーで、9回表は終了)


タプリス(そして、運命の9回裏を迎えたのです)


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:05:46.232 ID:aBPENDOt0.net

<九回裏 野5 - 4サ 2アウト 走者なし>


ヴィーネ「ごめんね、みんな……」

委員長「私もごめんなさい……」


サターニャ「想定内よ、あとは私がなんとかする」

ヴィーネ「でも、サターニャ、肩が……」

サターニャ「大丈夫、ラフィエルにテーピングしてもらった」

サターニャ「これで少しは、まともに動くはずよ」

委員長「胡桃沢さん……」

サターニャ「そんな顔しないの、委員長」

サターニャ「あんたがいなかったら、人数不足で開始すらできなかったんだから」

サターニャ「……今日は来てくれてありがとう。助かったわ」

委員長「わ、私も、今日は楽しかった、です」

サターニャ「そう、それじゃあ……」

サターニャ「これから私たちが勝って、もっと楽しくなるわよ!」ニコッ

委員長「……ッ」トゥンク


サターニャ「さぁ、来なさい!」

投手「胡桃沢か、あいつ肩壊してたからな。くくっ、これで最後だ」

ヒュン パシンッ

審判「ストライクッ」

サターニャ(ぐっ、思った以上に、肩の痛みがっ……)


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:08:02.547 ID:aBPENDOt0.net

サターニャ「けど……こんな痛みが、なんだってのよ」

投手「ん?」

サターニャ「私たちは負けない……私たちは絶対に勝つ!」

サターニャ「諦めない限り、私たちは負けないんだからっ!!」

投手「そんな根性論で!」


委員長「……胡桃沢さん」グッ


サターニャ「……私はみんなのぉぉぉ!!」

投手「終わりだっ!!」

ヒュンッ

サターニャ「思いを背負ってるんだからぁぁぁっ!!!」

ブンッ カキーンッ

投手「なっ!?」


委員長「やったっ! ヒット!!」


タタタッ ズサァ

サターニャ「ふふっ、どんなもんよ!」

タプリス「胡桃沢先輩、さすがです! この土壇場で二塁打だなんて!」


サターニャ「委員長! ちゃんと目に焼き付けたかしらっ!」

委員長「はい……ぐすっ……はいっ!」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:10:29.957 ID:aBPENDOt0.net

ガヴリール「よし、同点のランナーが出たぞ」

ラフィエル「そして、次は……」

ゼルエル「ああ、私だ」ニコッ


<九回裏 野5 - 4サ 2アウト 二塁>


ゼルエル「……」

投手「ここは……敬遠だな」

捕手「……」コクッ


ガヴリール「ダメだ、ここで姉さんが敬遠されたら、次が……」

ラフィエル「そうですね、本当に役に立たない無能ですから」

マルティエル「あっあっあっ」ビクビクッ


ガヴリール「仕方がない、最後の手段だ」

タプリス「えっ? まだ策があったんですか!?」

ガヴリール「ゼルエル姉さん! もう遠慮はいらない!」

ガヴリール「姉さんのフルパワーを、見せてくれ!」

ガヴリール「みんなのために! 勝利のために!」


ゼルエル「わかったぞ、ガヴリール」

ゼルエル「お前たちの期待に、必ず応えてみせる!」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:13:10.929 ID:aBPENDOt0.net

ラフィエル「まさか、ゼルエルさんは……」

ラフィエル「敬遠球すら風圧で飛ばして、ホームランにするつもりですか!?」

ガヴリール「……もう、それしか方法がない」

タプリス「そ、そんな滅茶苦茶な!」


ゼルエル「ふっ、私が本気を出すのは、何年ぶりだろうな」ギロッ

投手「ひっ!」

ゼルエル「……いくぞ!」

ゼルエル「はぁぁぁぁぁっ!!!」


ゴゴゴゴゴゴゴッ

投手「な、なんだ、地響きっ!?」

ラフィエル「す、すごいです、ゼルエルさんの天使力がっ!」

ラフィエル「どんどん高まっていきます!」


ピシッ ピシピシピシッ

タプリス「じ、地面が、割れて!!」

ガヴリール「なっ!? や、やりすぎだ、姉さん!! 誰か止めろ!!」

ヴィーネ「あんなの止めるなんて、無理に決まってるじゃない!!」


ゼルエル「はぁぁぁぁぁぁっ!! スパァァァキングッ!!!!」

カッ

ガヴリール「うぉっ、まぶしっ!!」


ドゴォォォォォォォォォォンッ


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:15:29.764 ID:aBPENDOt0.net

シュゥゥゥゥ


ゼルエル「……」


みんな「」


投手「」

投手「……ハッ……き、気絶してたのか俺」

投手「な、なんなんだよ、あいつら……もう意味わかんねぇよ……」

投手「ん?」


サターニャ「」


投手「……」ズルズル

投手「……タッチ」

ぽふっ


ゼルエル「……くくっ、あははははっ! 力が、力がみなぎってくるぞ!!」

ゼルエル「さあ来い、人間ども! 私の本気を、見せてやるッ!」


審判「……アウト! ゲームセットッ!」


ゼルエル「え?」


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:18:13.588 ID:aBPENDOt0.net

舞天高校野球部 対 サタニキアデビルズ

5対4 で 舞天高校野球部 の 勝利!



タプリス(その衝撃の事実を、わたしたちは……)

タプリス(各々が目を覚ましたときに知ったのでした)


タプリス(……ですが、不思議と悔いはありません)

タプリス(だってみなさん、精一杯……、全力を尽くしたんですから!)



ゼルエル「ふぅ、よくわからないうちに負けてしまったが」

ゼルエル「意外と楽しかったな!」

ゼルエル「また野球やろうな、ガヴリール!」


ガヴリール「……もう絶対、姉さんは呼ばない」



おしまい


46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:25:42.951 ID:xPMW5FrC0.net

ゼルエル姉さんが予想通りの破壊力で面白かった
乙乙ww


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:30:12.890 ID:T3mJigzM0.net

乙勢いワロタ


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:20:44.368 ID:uTeTS+Pn0.net

あの…セクシー要素は?


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:40:48.041 ID:aBPENDOt0.net

タプリスはとまどい

>>45
マサルさん



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿