TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「私が死んだ!?」

サターニャ「私が死んだ!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:34:13.074 ID:H7SwnTlCH.net

教室

サターニャ「あー気になる気になる気になるわ」ブツブツ

ヴィーネ「サターニャ、一人で何ぶつぶつ言ってるのよ。」

サターニャ「だから、気になるのよ!」

ヴィーネ「何が?」

サターニャ「何がって、決まってるじゃない!明々後日のサッカーの試合よ!!」

ヴィーネ「サターニャってサッカー見てたっけ?」

サターニャ「昨日から見始めたの!」

ヴィーネ「そ、そう……」

サターニャ「日本がワールドカップに出られるかどうかの試合なのよ!気にならないわけないでしょ!!!」

ヴィーネ「そ、そうね~」

サターニャ「気になって仕方がないのよ!もし負ければ出られないのよ!!あー気になる!!!」

ヴィーネ「そんなこと言ったって明々後日まで待つしかないでしょ。我慢しなさい」

サターニャ「あー気になる!」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:36:29.591 ID:H7SwnTlCH.net

サターニャの家

サターニャ「あー気になる気になる気になるわ。どうにかならないかしら。せめて結果だけでも知られたらいいのに」ブツブツ

サターニャ「あ!そうだわ!!この前、魔界通販で買ったタイムマシンを使えばいいのよ!」

サターニャ「えーと、設定を三日後にして、スイッチオン!」ポチ


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:38:38.177 ID:H7SwnTlCH.net

三日後の学校

サターニャ「三日後の未来に着いたわ!」

ラフィ「あ、あああああああ」ブルブル

サターニャ「あ、ラフィエルじゃない?そんなに震えてどうしたの?」

ラフィ「サターニャさんが出たぁ!」スタタタタ

サターニャ「私が出たって……タイムマシンで急に現れたから驚いたのかしら?はっ!そんなことよりサッカーよ!結果は!?スマホで確認しなきゃ」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:41:12.189 ID:H7SwnTlCH.net

サターニャ「良かったぁ。勝ってたわ、これで本大会出場ね」

ヴィーネ「さ、さささささささささ」ブルブル

サターニャ「あ、ヴィネット」

ヴィーネ「さ、さささささささささ、さささささささ」ブルブル

サターニャ「ささささ?笹がどうしたのよ?」

ヴィーネ「サターニャ……」ヒュー

サターニャ「危ない!」

ヴィーネ「……」ズドン

サターニャ「痛ったぁ。急に倒れて、どうしたのよ」

ヴィーネ「……」

サターニャ「気絶してる。仕方がないわねぇ、保健室まで運んであげるわよ」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:45:07.571 ID:H7SwnTlCH.net

サターニャ「みんな一体どうしたのかしらねぇ?ラフィエルは私を見た途端に逃げるし、ヴィネットは倒れるし、未来の私が何かしたのかしら?ガヴリールに聞いてみましょう」

ガヴ「……」

サターニャ「あ、ガヴリール!丁度良い所にいたわ。ちょっと訊きたいことがあるのよ」

ガヴ「あああぁ!頼む!許してくれ!サターニャ、私が悪かった!」

サターニャ「私が悪かったって……どうしたのよ?」

ガヴ「私が悪かったんだ。私がジュースをちゃんと捨てなかったから……」ポロポロ

サターニャ「泣いても分からないわよ。いったい何があったの?」

ガヴ「私のせいで……サターニャは死んだんだぁ」ポロポロ

サターニャ「私が死んだ!?」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:48:34.705 ID:H7SwnTlCH.net

ガヴ「じゃあ、お前は三日前の過去から来たサターニャって事なのか!?」

サターニャ「そうよ。この三日間に何があったのか、どうして私が死んだのか説明してくれる?」

ガヴ「あれは二日前の事だった。私が飲みかけのジュースをごみ箱に捨て損なったんだ」

サターニャ「ああ、前にもそんな事あったわね」

ガヴ「それで、こぼれたジュースでサターニャが滑って転んで頭を打って死んでしまったんだ」

サターニャ「私はそんな事で死んだっていうの!?納得できない!!」

ガヴ「私が悪いんだ……私のせいなんだ。罰でも何でも受ける、殺してくれたってかまわない……だから……許してくれ…………サターニャ」ポロポロ

サターニャ「ガヴリール………」

ガヴ「そうだ!サターニャ、私を殺してくれ。いつでも死ねるようにナイフを持ち歩いているんだ」ガタガタ

サターニャ「うぁ!危ない!!」

ガヴ「これで心臓をグサっと刺してくれれば私はサターニャと同じになれるぞ……」ガタガタ

サターニャ「やめなさい!あんたを殺した所で何も変わらないじゃない!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:50:49.024 ID:H7SwnTlCH.net

ガヴ「そうだな……じゃあせめてサターニャを癒してあげよう。経験はまだないが、知識だけはあるんだ。」

サターニャ「ん?」

ガヴ「私の体を好きに使ってくれ……貧相な身体だが、気持ちよくなるには十分だと思うんだ。ちょっと待ってくれ、今脱ぐから」ヌギヌギ

サターニャ「いやー!私にそっちの趣味はないわよ!!」カァァ

ガヴ「そうか、じゃあちょっと待っていてくれ。この体を使ってお金を稼いでくるから」

サターニャ「だから、やめなさいよ!そんなお金貰っても私は嬉しくないわ!!」

ガヴ「だったらどうすればいいんだ……どうすれば私はサターニャに許して貰えるんだ。そうか、許して貰おうとしてもらうこと自体が間違いだったんだ。死にます」

サターニャ「やめろ!私の事を思うなら死ぬな!!私はそんなことされても嬉しくないわ!」

ガヴ「このナイフで心臓をグサッと」

サターニャ「だからやめなさいって!」

ガヴ「許して貰えない、死なせてももらえない……私はどうすればいいんだよぉ」ポロポロ


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:53:00.726 ID:H7SwnTlCH.net

サターニャ「あーもー泣かないの!許すも何も私が死ぬのは明日なんだから、私はまだ死んでないわ!!」

ガヴ「許してくれるのか?」ポロポロ

サターニャ「だから、許すも何もないって!そもそも私が過去に帰って、ガヴリールにジュースの事を注意すれば済む話じゃない」

ガヴ「じゃあ……私はこの罪悪感に苛まれなくて良いって事なのか?」ポロポロ

サターニャ「そういうことよ!」

ガヴ「ありがとうサターニャぁ!!!」ギュ

サターニャ「うぁ!抱き着くんじゃないわよ!!」

ガヴ「この二日間、私のせいでサターニャが死んで、苦しくて悲しくて……死にたくて、ずっと辛かったんだぁ!!」ポロポロ

サターニャ「それは大変だったわね。でももう大丈夫よ」ナデナデ

ガヴ「見てくれ、このリストカットの痕ぉ!」ポロポロ

サターニャ「うぁ!!そんなグロいもん見せんな!!!」

ガヴ「サターニャ……サターニャ……」ポロポロ

サターニャ「……」ナデナデ


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:56:05.155 ID:H7SwnTlCH.net

サターニャ「よし、私が死なないためにガヴリールを注意しに行くわよ!!」

ガヴ「頼む、私にサターニャを殺させないでくれぇ!」ポロポロ

サターニャ「当り前よ!私だって死にたくないわ!!」

ガヴ「お前が死んだら……私は……私はぁ!」ポロポロ

サターニャ「泣くんじゃないの!それじゃ、私は帰るから。自殺するんじゃないわよ!」

ガヴ「うん」ポロポロ


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 20:59:50.391 ID:H7SwnTlCH.net

現在

ガヴ「うげ…まず…なんだこのジュース。買って損した。悔い改めろ」

サターニャ「待ちなさい、ガヴリール。そのジュースの缶の中身まだ入ってるわよね?捨てるなら中身を洗ってからにしなさいよ!」

ガヴ「何で私がそんなことしなきゃいけないんだよ」

サターニャ「もしそのまま捨てたらあんた後悔するわよ!!いいの?死にたくなって私に泣き付く羽目になるのよ!」

ガヴ「なんで私がサターニャなんかに泣き付くんだよ。そんなに言うならお前が捨てろよ」ヒョイ

サターニャ「うぁ!危ない!!」

ガヴ「うぁ!避けるなよ!」

サターニャ「そんな無茶言わないでよ!!」

ガヴ「あ」

コツン

ラフィ「……」ゴゴゴゴ

サターニャ「ラフィエルにジュースの缶が当たった」

ラフィ「……」ゴゴゴゴゴ

ガヴ「あの、ラフィエル、大丈夫か?」

ラフィ「……」ゴゴゴゴゴ


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:02:31.226 ID:H7SwnTlCH.net

ヴィーネ「ラフィ!どうしたの?ジュースで服と髪がべとべとじゃない!!早く拭かないと」

ラフィ「ありがとうございます、ヴィーネさん。私がこんな事になった理由は後でゆっくり話しましょう、ガヴちゃんとサターニャさんと一緒にね」ゴゴゴゴゴ

ヴィーネ「サターニャ、ガヴ、これはどういうことなの?」ゴゴゴゴゴ

ガヴ「サ、サターニャが避けるから!」

サターニャ「ガヴリールが投げるからでしょ!!」

ヴィーネ「二人とも!言い訳しないっ!!」

ガヴ「はい……」

サターニャ「本当なのに……」

ヴィーネ「二人とも後で」ゴゴゴゴゴ

ラフィ「どうなるか分かっていますよね?」ゴゴゴゴゴ

ガヴ「ひぃ!」

サターニャ「ひぃ!」

ヴィーネ「早くこっちに来なさい!!」

サターニャ「私の命は助かったけど、こんなのあんまりだわ。もう一回やり直してやるっ」ヒッグ ポロポロ

ヴィーネ「サターニャ、今なんか言った?」

サターニャ「何も言ってませんっ!」ポロポロ


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:04:49.478 ID:H7SwnTlCH.net

現在

ガヴ「うげ…まず…なんだこのジュース。買って損した。悔い改めろ」

サターニャ「待ちなさい、ガヴリール。そのジュースの缶の中身まだ入ってるわよね?捨てるなら中身を洗ってからにしなさいよ!」

ガヴ「何で私がそんなことしなきゃいけないんだよ。お前が捨てろ」ポイ

カラン ドポドポ

サターニャ「あ!投げないでよ!」スル

ガヴ「あ」

ドスン

サターニャ「痛ったい!」ヒリヒリ


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:07:34.107 ID:H7SwnTlCH.net

未来

サターニャ「助けて。ガヴリールの悪行を食い止められないわ」ヒリヒリ

ガヴ「なんだと!?仕方がない、私が直々に行く」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:10:59.153 ID:H7SwnTlCH.net

現在

ガヴ「うげ…まず…なんだこのジュース。買って損した。悔い改めろ」

未来ガヴ「おい、私!!」

ガヴ「え?どうして私がもう一人いるんだ?」

未来ガヴ「良くもサターニャを殺したな!!絶対に許さないぞっ!!!」

ガヴ「え?え?私がサターニャを殺した?」

未来ガヴ「元はと言えば私がだらしないのが悪いんだ。私が更正させてやる。今日からみっちりしごいてやるからな!!!」

サターニャ「これで一件落着だわ。ガヴリールも自分に注意されたら止めるでしょ」

ガヴ「サターニャお前の仕業かっ!?私の偽物なんか連れてきやがってっ!!」

未来ガヴ「サターニャに向かってその口の利き方は何だ!!こっちに来い、しばいてやる」ガシッ

ガヴ「え?そんな引っ張るなよ!どこに連れてくんだ!おい!!」ズルズル

サターニャ「ふぅー、やっとガヴリールの悪行を止められたわ。これで一件落着ね」

ガヴ「おい!サターニャ助けろ!!え?嘘だろ?痛い!やめて!!サターニャ助けて!助けてくださいっ!!」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:12:00.953 ID:H7SwnTlCH.net

あとがき?
サターニャは助かったのにどうしてサターニャが死んだ未来に行けたのか気になった。多分ガヴがジュースを捨てる前にタイムスリップしてそこから未来に行ったんだと思う。


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:22:39.025 ID:tOw/nday0.net




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿