TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、猫とうさぎと犬の戦争に巻き込まれる」

ガヴリール「千咲ちゃん、猫とうさぎと犬の戦争に巻き込まれる」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:01:40.168 ID:X8G2SIJT0.net

-キャラクターショー 会場-


赤いリボンの白い猫「みんなー! 今日は来てくれてありがとう!」
(以下白い猫)

ピンクの頭巾の白いうさぎ「本当に嬉しいよー!」
(以下白いうさぎ)

ベレー帽の黄色い犬「お礼に、ぼくのとっておきの踊りを披露しちゃう!」
(以下黄色い犬)


子供たち「きゃっきゃ! すごーい!」


ヴィーネ「今日は一緒に来てくれてありがとうね、タプちゃん」

タプリス「いえいえ、わたしの方こそ、呼んでいただいてありがとうございます!」

タプリス「みんな本当にかわいらしくて、わたし大好きです!」

ヴィーネ「そう言ってもらえて、よかった」ニコッ


タプリス「でも、どうして他のみなさんに声をかけなかったんですか?」

ヴィーネ「えっとね……、たぶんみんなは、こういうのあまり好きじゃないというか」

ヴィーネ「むしろ誘ったらバカにされるというか……」

タプリス「バカにされる? こんなに面白いのにですか?」

ヴィーネ「はぁ、やっぱりタプちゃんは天使だわ」

タプリス「えっ?」

ヴィーネ「私たちがここに来たことは、みんなには内緒ね?」

タプリス「は、はぁ……わかりました」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:05:09.899 ID:X8G2SIJT0.net

白い猫「それじゃあみんな! また会おうね!」

白いうさぎ「よかったら、投票お願いねー! 応援よろしくー!」

黄色い犬「ばいばーい!」

タッタッタッ


子供たち「あー、楽しかったー!」



タプリス「もう終わってしまいましたね、月乃瀬先輩」

ヴィーネ「そうね。楽しい時間は、本当に早く感じられるわね」

タプリス「でも、なんでお客さんが、小さい子供たちしかいないんでしょうね」

タプリス「わたしたちくらいの人は、誰もいないです」

ヴィーネ「タプちゃん」

タプリス「はい?」

ヴィーネ「気にしたら負けよ」

タプリス「え?」

ヴィーネ「こういうのは楽しんだもん勝ちなの、他人の目を気にしてはいけないわ」

タプリス「は、はぁ……」


ヴィーネ「それより、タプちゃん、お腹すかない?」

タプリス「あ、少しすいたかもしれません」

ヴィーネ「この会場の裏に、屋台がいくつかあったから、行ってみましょうか」

タプリス「はいっ、行きましょう!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:08:06.772 ID:X8G2SIJT0.net

-会場の裏-


『あの狭いステージで、勝手に踊りだされると困るんですよね』

『ちょっと最近、勝ってるからって、いい気になってんじゃないのー』

『ぼ、ぼくはそんなつもりじゃ……』


ヴィーネ「ん? この声は……」

タプリス「誰かいるみたいですね」


白い猫「まあそれよりも、あなたの方がひどいです、うさぎさん」

白い猫「ステージの上で露骨な投票催促はさすがに……」

白いうさぎ「えー、わたし頭良くないからー、よくわかんないですー」


白い猫「アァッ!? オメー、ふざけてんのかッ!?」グイッ

白いうさぎ「やんのかコラッ!?」グイッ

白い猫「ちょっとチヤホヤされてるからって、カマトトぶってんじゃねーぞゴラッ!」グイッ

白いうさぎ「アンッ!? おめーこそ猫かぶってんじゃねーよ、ボケがッ!」グイッ


ヴィーネ「」

タプリス「」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:11:09.447 ID:X8G2SIJT0.net

黄色い犬「ちょ、ちょっと、二人ともケンカは……」

白い猫「アァンッ!? なんか文句あんのか、コラッ!!」

白いうさぎ「あんま調子に乗ってっと容赦しねえぞ、この野郎ッ!」

黄色い犬「ひっ、ごめんなさいごめんなさい……」


ヴィーネ「……私たちは、何も見なかった、いいわね?」

タプリス「は、はい……」

ヴィーネ「そーっと、通り抜けましょう」

タプリス「そーっと、ですね」

パキッ

タプリス「あっ」


白い猫「誰だッ!?」

タプリス「ひぇっ」


黄色い犬「ただの通行人みたいだ。というか、あなたたち……」

黄色い犬「さっきステージを見てくれてましたよね」

タプリス「え、えーっと」

ヴィーネ「ひ、人違いじゃないかしら」

黄色い犬「いえ、そんなはずありません! 大きなお友達は珍しいですから」


ヴィーネ「……」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:14:11.483 ID:X8G2SIJT0.net

白い猫「私たちのステージを見てくれて、ありがとうね!」ニコッ

白いうさぎ「わたし、嬉しくて、泣いちゃうー」キャピッ


タプリス「す、すごい、変わりようです……」

白い猫「変わりようって」ニコッ

白いうさぎ「なんのこと?」ニコッ

ヴィーネ「ここまで来ると、逆に清々しいわね……」


白い猫「そうだ。あなたたち、地元の人よね?」

ヴィーネ「は、はい。一応、この街に住んでますけど……」

白い猫「だったら、話が早いわ」

白い猫「私たち、これから地方巡業の続きで、この街を回らなきゃいけないの」

白い猫「もしよかったら、道案内をお願いできないかしら」


タプリス「み、道案内ですか……?」

ヴィーネ「タプちゃん、ど、どうする?」


白いうさぎ「もし道案内してくれたら、わたしに投票する権利をあげるわー」

白い猫「そんな権利、全くお礼になってませんよね」

白いうさぎ「あなたの足りない頭では、価値がわからないみたいですねー」


白い猫「んだとゴラッ!! もういっぺん言ってみろやッ!!」

白いうさぎ「何度でも言ってやるよコラッ! この脳みそスッカスカ猫がッ!!」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:17:16.812 ID:X8G2SIJT0.net

タプリス「そ、それはそうと、投票って何のことですか?」

黄色い犬「ああ。今、キャラクター大賞というものが開かれていてね」

黄色い犬「一ヶ月の投票期間で、キャラクターの人気順位を決めるイベント中なんだ」

黄色い犬「そこで、一位になったキャラクターは」

黄色い犬「一年間、全てのキャラクターのトップに君臨することになり」

黄色い犬「それは、ものすごく名誉なことなんだよ」

黄色い犬「だからこうして、ぼくたちも各地を回って、PR活動をしてるんだ」

ヴィーネ「へぇ、そんな催しがあったのね」


白い猫「黙って聞いてりゃ、自慢かゴラッ!!」グイッ

黄色い犬「ひっ」

白いうさぎ「さすが二年連続トップのお犬様は余裕だな、アァンッ!?」グイッ

黄色い犬「そんなんじゃ、そんなんじゃないから!」


タプリス「まぁ、少し言動は過激ですけど……」

タプリス「一応、困っているみたいですし、わたしは道案内しても問題ないです」

タプリス「月乃瀬先輩は、どうですか?」

ヴィーネ「ええ、私もタプちゃんが大丈夫ならいいわよ」


黄色い犬「ありがとう! 本当に助かるよ」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:20:17.199 ID:X8G2SIJT0.net

白い猫「決めた、どっちがこの街で一番人気になれるか勝負しましょう」

黄色い犬「しょ、勝負だって?」

ヴィーネ「……まぁ、しっかりと白黒つけるのは、逆にいいかもしれないわね」

タプリス「そ、そうですかね。余計こじれなければ良いですけど……」


白いうさぎ「えー、勝負とか野蛮ですー、キモいー」

白い猫「誰がキモいだってゴラッ! しばくぞッ!」

白いうさぎ「やってみろや、コラッ! リボン、布ごと引きちぎるぞッ!」

黄色い犬「ちょっと! 喧嘩してたら、話が進まないでしょ!」


白い猫「それもそうね。で、あなたたちは、どちらにつくつもり?」

タプリス「えっ、どちらに、とは……?」

白い猫「私か、うさぎさんか、どっちにつくかって聞いているんです」

ヴィーネ「別にどっちにつかなくても良いんじゃ……」

白い猫「ダメですよ。これは真剣勝負なんですから、不公平があったらだめです」


白いうさぎ「じゃあわたしは、この黒髪のお姉さんにするー」

ヴィーネ「なっ、か、勝手に……」

白い猫「それじゃあ、私はこっちの金髪の子にするわ」

タプリス「は、はぁ……」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:23:11.076 ID:X8G2SIJT0.net

-グッズショップ-


白い猫「一戦目は、一時間でどれだけ自分のグッズを販売できるか」

白い猫「それで勝負よ」

白いうさぎ「面白そうじゃないですかー、いいですよー?」

黄色い犬「そういうお金が絡むのは……」

白い猫「……」ニコッ

白いうさぎ「……」ニコッ

黄色い犬「ひっ! なんでもないです!」


タプリス「なんだか黄色い犬さんが、可哀想ですね……」

ヴィーネ「まぁ気が弱そうだしね……」


白い猫「さあ、持ち場につきなさい。よーい、スタート!」

タッタッタッ


――

タプリス「それで、何か秘策はあるんですか、猫さん」

白い猫「そんなものはありません」

タプリス「えっ?」

白い猫「私は既に四十年以上の歴史を積み重ね、老若男女に愛されてきたんです」

白い猫「まあ、うさぎさんは私と一年違いですが、知名度が圧倒的に違います」

白い猫「だから小細工なんて不要ですよ」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:26:17.824 ID:X8G2SIJT0.net

白いうさぎ「お嬢ちゃん、こんにちはー」

女の子「こんにちはー!」

白いうさぎ「あなた、かわいいわねー」

白いうさぎ「お母さんもさぞかし美人なんでしょうねー」

女の子の母「そ、そんなことは……」

白いうさぎ「あら、あなたがお母さん? てっきりお姉さんかと思ってたわー」

女の子「ママ、うさぎさんのぬいぐるみ欲しいー」

女の子の母「もうしょうがないわね、買ってあげるわ」

女の子「わーい」

白いうさぎ「ありがとう、わたしだと思って大事にしてねー」

女の子「うんっ、ばいばい、うさぎさん!」ブンブンッ


白いうさぎ「……」ブンブンッ

白いうさぎ「はー、ちょろいちょろいー」

ヴィーネ「商魂たくましいというか、なんというか……」

ヴィーネ「私よりよっぽど、悪魔してるわね……」


――

白い猫「……」キョロキョロ

スッ ギュッギュッ

タプリス「何してるんですか?」

白い猫「えっ。な、なんでもないですよ」

タプリス「これは……うさぎさんのグッズじゃないですか!」

タプリス「棚の奥の方に押し込むなんて……小細工はしないって言ってたのに!」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:29:19.963 ID:X8G2SIJT0.net

白い猫「こ、小細工ではないわ、私のグッズをもっと見えやすくしていたのよ」

タプリス「そういうのを小細工っていうのでは……」


白いうさぎ「ちょっとー! わたしのグッズに何してるのよー」

白い猫「何もしてないわよ。ただ、あんたのグッズが目障りだっただけ」

白いうさぎ「そういうの営業妨害っていうんですよー」

白いうさぎ「あなたには、プライドってものがないんですかー?」


白い猫「んだとコラッ! もういっぺん言ってみろやッ!!」

白いうさぎ「プライドがねぇのかっつってんだよ、このダボッ!!」


子供「うぇーん、こわいよー」


白い猫「ほらほら、泣かないのっ」ニコッ

白いうさぎ「怖くなんて、なーいよっ」ニコッ

子供「わぁ」キラキラ


ヴィーネ「実は仲が良かったりするのかしら、この二人……」

タプリス「いや、それはないんじゃないですかね……」


黄色い犬「ほら、もう10分切ったよ!」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:32:17.010 ID:X8G2SIJT0.net

店員「猫さんグッズの合計額は2万5200円」

店員「うさぎさんグッズの合計額は2万2300円になります」


黄色い犬「ということで、グッズ販売勝負は、白い猫さんの勝利!」

白い猫「まぁ、当然ですね」

白いうさぎ「くーやーしーいー」

タプリス「でも、猫さんの小細工がなかったら、危なかったんじゃ……」

白い猫「余計なこと言わなくていいのよ」ニコッ

タプリス「ひっ」


ヴィーネ「まぁ、さすが猫さんね」

ヴィーネ「幅広い年代に支持されてるのが良くわかったわ」

白いうさぎ「あなたー、どちらの味方なのー? むかつくー♪」

ヴィーネ「まぁまぁ。つ、次、頑張りましょう?」

白いうさぎ「そうねー」


黄色い犬「それで次の勝負は……」

白いうさぎ「だったら今後は、わたしが決めるー」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:35:17.797 ID:X8G2SIJT0.net

-公園-


白いうさぎ「愛されるキャラクターにはねー」

白いうさぎ「優れたコミュニケーション能力も、備わってないとー」

白いうさぎ「だからー、一時間以内にどれだけの子供を」

白いうさぎ「集められるかで勝負よー」

ヴィーネ「たしかに、子供たちとの接し方は重要よね」

タプリス「どれだけ表の顔を維持できるか、の勝負ですね……」

黄色い犬「警察沙汰になりませんように……」


白い猫「いいわ、その勝負受けてあげます」

白い猫「そして私のニ連勝で、ピリオドを打ってあげるわ」

白いうさぎ「言ってなさい、この猫かぶりー」

白い猫「あら、負け惜しみかしら、ぶりっ子」

黄色い犬「ほらほら、言ってるそばから! 勝負、始めるんでしょ?」


白い猫「なんで、あなたが仕切ってるのよ、たかが二連続優勝したくらいで」

白いうさぎ「ちょっとSNSで人気があるからって、図に乗らないでよねー」


黄色い犬「……もうやだ帰りたい」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:38:16.791 ID:X8G2SIJT0.net

白いうさぎ「みんなー、集まれー♪」

白いうさぎ「わたしと一緒にー、歌って踊ろうー♪」

子供たち「きゃっきゃ!」


ヴィーネ「こういうのは、さすがという感じね……」

ヴィーネ「私もたまに、子供たちと遊ぶけど」

ヴィーネ「ここまでうまくまとめられる自信はないわ」

女の子「ねぇ、お姉さんも一緒に踊ろう?」

ヴィーネ「えっ、わ、私も?」

女の子「うんっ」

白いうさぎ「ほら、月乃瀬さんも、ワンツーワンツー♪」

ヴィーネ「うぅ、ワンツーワンツー……」カァァ

白いうさぎ「もっと、大きな声でー♪」

ヴィーネ「ワンツー! ワンツー!」

白いうさぎ「いい調子ー、いい調子ー♪」

ヴィーネ「は、恥ずかしい……」


――

タプリス「あっちは、だいぶ盛り上がってるみたいですね」

白い猫「あんなの、見掛け倒しよ。問題ないわ」

白い猫「さあ、こっちも呼び込んでいくわよ!」

白い猫「みんなー! 私のところに、集まれー!」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:41:19.692 ID:X8G2SIJT0.net

悪ガキ1「なんだよ、この猫。おもしれーの!」

ゲシゲシッ

白い猫「ら、乱暴はやめてねー」

悪ガキ2「ぎゃはは、かかってこいよー」

ドスドスッ

白い猫「……チッ」

タプリス「ね、猫さん、おさえておさえて!」

タプリス「子供のやることですから、ね?」


白い猫「そんなのわかってるわ」ニコッ

悪ガキ1「おい、みんなこいよ! こいつ、どんだけ殴っても大丈夫だぞー!」

悪ガキ共「ぎゃははははっ!」

ゲシッ ドスッ ドスッ

白い猫「やめてね、ほんとにやめてね」

ドスッ ドスッ ボゴッ

白い猫「やめ……や、やめ……や……」

 ドスッドスッドスッドスッドスッ

白い猫「やめい言うとるじゃろうがッ、このクソガキどもがァッ!!」

悪ガキ共「ひぃっ」

白い猫「おんどりゃ、ケツの穴から手ぇ突っ込んでぇ」

白い猫「奥歯ガタガタ言わしたろか、アァンッ!!」

悪ガキ共「に、逃げろー!」

スタタターッ


タプリス「はぁ、やっぱりこうなっちゃいましたね……」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:44:09.565 ID:X8G2SIJT0.net

黄色い犬「白い猫さん18人、対して、白いうさぎさん52人で」

黄色い犬「子供集め対決は、白いうさぎさんの勝利です!」

白いうさぎ「圧倒的勝利すぎて、つまんなーい♪」

白い猫「……チッ」


ヴィーネ「結構、差が開いたわね」

タプリス「こちらにも、いろいろありまして……」

タプリス「それよりも月乃瀬先輩、ずいぶん晴れやかなお顔をされてますけど」

タプリス「何か良いことでもあったんですか?」

ヴィーネ「ええ。言うなれば、一皮むけた、そんな感じね」

タプリス「は、はぁ……」


黄色い犬「これで両者が一勝ずつとなりましたけど」

黄色い犬「次はどうするんですか?」


白い猫「……もう、こんな細々した勝負続けても、埒が明かないわ」

白い猫「次で、完全決着をつけましょう」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:47:16.098 ID:X8G2SIJT0.net

-河川敷-


白い猫「最後はね、私とうさぎさんの直接対決よ」

白い猫「この世は全て、強い者が生き、弱い者が死ぬ」

白い猫「すなわち強い者こそが、正義なのよ!」


タプリス「いやいやいや……」

ヴィーネ「キャラクターに腕っぷしの強さは必要ないでしょ……」


白いうさぎ「いいわー、シンプルで、とてもいいー」

白いうさぎ「猫さんとは一度、純粋にどっちが上か、戦ってみたかったのー」

白い猫「ふんっ、こんなところだけは気が合うのね」

黄色い犬「そ、そんな、物騒なことはやめましょう?」

白い猫「うるさいわね! あんたは黙ってなさい!」

白いうさぎ「これはね、わたしと猫さんの問題なのよ!?」


黄色い犬「き、君たちが喧嘩すると、各方面、いろいろ困るというか……」

タプリス「そうです、暴力を伴うケンカなんて、しちゃいけません!」


白い猫「仕方ないわね。わかったわ、それじゃあ……」

白い猫「正々堂々と、スポーツで勝負よ」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:50:14.124 ID:X8G2SIJT0.net

黄色い犬「見合って見合って……」

黄色い犬「はっけよーい、のこった!」


ドシンッ

白い猫「ぐっ……やるわね!」グイッ

白いうさぎ「そっちこそー!」グイッ


ヴィーネ「それで、なぜ相撲の流れに……」

タプリス「まぁ……殴り合いよりかは、断然マシですよ……」

ヴィーネ「確かに、こうやって端から見ているだけだと」

ヴィーネ「微笑ましい感じすら、してくるわね……」


白い猫「いい加減、負けを認めたらどう?」グイッ

白いうさぎ「そっくりそのまま、お返しするわー」グイッ

白い猫「私はね、あんたなんかに負けてられないの。いいえ……」

白い猫「誰にだって、負けてられないのよ」

白い猫「またあの頃の栄光に、返り咲いてみせるんだからッ!」グイッ

白いうさぎ「ぐっ……ば、馬鹿力に押されるーっ!」


白うさぎ「こうなったら……、ぺっ!」

白い猫「ぎゃぁぁぁ、目がぁぁぁっ!!」

白うさぎ「今がチャンスー♪」グイッ


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:53:36.271 ID:X8G2SIJT0.net

白い猫「なにさらしとんじゃワレェッ! ぶっ殺すぞッ!!」

白うさぎ「アァンッ!? やってみろやボケカスがッ!」

白い猫「死ねやゴラッ!!」ブンッ

ドゴッ

白うさぎ「がはっ! やりやがったな、このダボがッ!!」ブンッ

バキッ

白い猫「ごはッ!」


ヴィーネ「ちょ、ちょっと、なんか殴り合いに!?」

タプリス「相撲どころじゃなくなってます! 止めないと!」

ヴィーネ「あなた、男の子でしょ! 止めてきなさい!」グイッ

黄色い犬「そ、そんな無茶苦茶な!」

タプリス「お願いします! 黄色い犬さん!」

ヴィーネ「ほら、行きなさい!」ドンッ


黄色い犬「わっ、っとっと!」

白い猫「なんじゃオメー! 邪魔する気か、この、どアホがッ!」ブンッ

白いうさぎ「真剣勝負に水差すたぁ、わかっとんのかいワレッ!」ブンッ

黄色い犬「ひぎっ、ひぎぃぃぃぃっ!!」

ドガッ バキッ ボゴッ


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 21:56:32.252 ID:X8G2SIJT0.net

黄色い犬「」


ポツ ポツポツ

サァァァァァァ


タプリス「あ、雨が……」

ヴィーネ「だめ、もう二人を止められない……」


白い猫「何がエクササイズじゃッ! あんなの誰もできんじゃろうがッ!!」

白い猫「その耳、引きちぎってやるわ、ボケがッ!!」グイッ

白いうさぎ「てめぇのヒゲ全部引っこ抜いて」

白いうさぎ「わけわからん動物にするぞ、このタコッ!!」グイッ

ボゴッ バキィ


白い猫「邪魔者は全員、排除じゃけぇッ!!」グイッグイッ

白いうさぎ「おめーさえ、最初からいなければッ!!」グイッグイッ


タプリス「あぁ、もう何が、何だか……」

ヴィーネ「見てられないわ……」


白い猫「ぐぎぎぎぎぎぎぎぎっ!!!!」グイッグイッグイッ

白いうさぎ「ぐごごごごごごごっ!!!!」グイッグイッグイッ


ベキッ バキッ ドゴォォォォォォッ


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:00:21.769 ID:X8G2SIJT0.net

サァァァァァッ



ヴィーネ「……ほら、もっと深く掘らないと」

タプリス「はい……」


ザクッ ザクッ


ヴィーネ「……」

タプリス「……」


ファサッ ファサッ



土をかぶった綿のかたまり「」



ヴィーネ「……」

タプリス「……」



サァァァァァッ





おしまい


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:13:59.322 ID:7YjXPCHz0.net

なんでこうなった……乙



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿