TOP > シンデレラガールズ > モバP「高垣楓はうそをつけない」

モバP「高垣楓はうそをつけない」

1: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 22:37:08.13 ID:3LZaNLwDO

パチ


高垣楓「…」ボーッ…

高垣楓 高垣楓


楓「あふ」

市原仁奈「…」モフピー…

市原仁奈


楓「…」

楓「…」モフモフ

仁奈「…んにゃ…」

楓「…ふふ」モフモフ…

楓「?」

輿水幸子「……」フフーンピー…

輿水幸子


楓「…」ヨシヨシ

幸子「……ん…ふふん……♪」ナデナデ

楓「…」ニコ

楓(……プロデューサーさん、いるかなー…)モゾ



*のんびりするだけの話です。
*この三人以外にもアイドルが出ます。メインは楓さん。


2: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 22:43:08.80 ID:rqi3t6v4o

カタカタ…


P「…」

喜多見柚「…」

喜多見柚


P「…」

柚「…」ムフー

P「…柚さん」

柚「なにかねPサン」スリスリ

P「お婆ちゃんみたいな返事だな。すりすりしないの」

柚「えへー」ゴロゴロ

P「もう元気になったみたいだけど、まだそこにいるのか?」

柚「居心地がいいからねっ」ニャーン

P「そうですか」ニャーン?

柚「それから、アタシはさっきからさっきまでこれからもずーっと元気だから! べつにいま元気になったわけじゃないからね!」フンス

P「はいはい」

柚「♪」ムフー

P(元気だな)


3: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 22:49:37.96 ID:3LZaNLwDO

ガチャ…


楓「…」

P「楓さん。おはようございます」

柚「おはよー」パタパタ

楓「?」

楓「あ…、プロデューサーさん、柚ちゃん。はい。ありがとうございます」ニコ

P「え?」

楓「?」

楓「どうかしましたか?」

P「あ、いや…」

楓「?」ニコニコ

P「…」

P「なんでもないですよ。眠気覚ましに、コーヒーでも飲みますか?」

楓「あ、いいですね」

柚「出番かな?」ガバ

P「柚サービス?」

柚「そそ。柚サービスタイムだよー」ニパ

楓「ふふ…ありがとう、柚ちゃん」

柚「いえいえー。しょーしょーお待ちくださいっ♪」パタパタ…


4: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 22:54:25.33 ID:rqi3t6v4o

楓「柚ちゃんはいい子ですね」フフ

P「そうですね」

楓「…」

P「…」

楓「…」

楓「目が覚めて」ボソ

P「?」

楓「おはようって、言ってくれる人がそばにいるのって、いいなって」

P「……」

楓「ね?」ニコ

P「……そうですね」

楓「はい」ニコニコ

P「……」ニコ

楓「…ふふっ」

楓「私、事務所に住んじゃおうかしら」フフフ

P「それはちょっと」


5: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 22:59:09.65 ID:3LZaNLwDO

楓「……」ジッ

P「?」

楓「…あっ、その。さっき柚ちゃんが、ええと…」

P「あ、膝枕ですか」

楓「そ、そうそう。それです」コクコク

P「……」

楓「……それ…」

P「……」

P「します?」

楓「……いいんですか?」

P「…それはもちろん」

楓「わーい」

P(可愛い)


7: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:04:12.21 ID:rqi3t6v4o

ポスン


楓「…じゃあ、えっと」

P「はい」

楓「失礼しますね」

P「はい」

楓「…えい」


コテン


楓「…」

P「…」

楓「…」

楓「…」スリスリ

P(やっぱりすりすりするものなのか)

楓「……ふふ…、なんだか、落ち着きますね。…また寝ちゃいそう……あふ」

P(コーヒーが来るまで我慢してくださいね)

楓「プロデューサーさんはどうですか?」

P「へ? ど、どうって」

楓「…」ドウデスカー

P「…、えっと」

P「緊張します。楓さんがすぐそばにいるのは、なんというか…」

P「お、俺はむしろ落ち着かないです」

楓「そうなんですか? ふふ、一緒にいるのに、不思議ですねー」

P「そうですね」

楓「はい」ニコニコ


8: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:09:57.84 ID:3LZaNLwDO

ゴロゴロ


楓「♪」ヒザマクラワハー

P「…」

P(…なんというか……楓さんは、うそはつけなさそうだ。素直に甘えてくれるし)クス

楓「?」

楓「プロデューサーさん、なんだか、私に失礼なことを考えていませんか…?」

P「気のせいです」


9: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:14:55.36 ID:rqi3t6v4o

楓「あ、…そうですか。分かりました」ニコ

P(素直だ)

楓「♪」スリスリ

P「…」クス



ガチャ



荒木比奈「?」

荒木比奈


比奈「…なにやら、お楽しみでスね?」

P「誤解を招く言い方はやめてくれ」

楓「あ、比奈ちゃん。おはよう」フリフリ

比奈「はいッス」

比奈「楓さん、お疲れだったみたいでスけど…もう平気ッスか?」

楓「ありがとう。仁奈ちゃんを抱いて眠ったら、元気を貰っちゃった」ニコ

比奈「それはなによりでス」ニヘラ



白坂小梅「……」ホコホコ

白坂小梅


小梅「あ、あの映画は……け、けっこう、よか、よかったね…ね」ブンブン

星輝子「……」コクコク

星輝子


輝子「フヒ…こ、今度、続きも……借りてみよっか…」フヒ

小梅「う、うん」コクコク



P「そっちも楽しそうでなにより」

比奈「ええ、まあ」クス


10: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:21:03.57 ID:3LZaNLwDO

P「お前たちはそろそろ帰るのか?」

輝子「う、うん。…さっちんと、ご飯に行こうって…ね」フヒ

小梅「ね…」フフ…

P「そっか」

輝子「……」フヒヒ…

輝子「あの……ぷ、プロデューサー」

P「ん?」

輝子「……さ、さっちん、…元気なかった?」

P「…ああ」

P「まあ、もう平気だと思うぞ。しばらく寝たら、落ち着くだろうし」

輝子「…そ、そか」

P「うん」


11: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:26:13.27 ID:rqi3t6v4o

輝子「……あ、あの」

P「?」

輝子「…あのあのあの…」

P「落ち着け」

比奈「…」ポンポン

輝子「……フヒ…」

輝子「ア、アリガト…比奈さん…」

比奈「大丈夫ッス。落ち着いて」

輝子「…」コク

輝子「…その、ね。さ、さっちんは、気を遣ってくれて」

P「?」

小梅「…ほ、ホラー映画が…に、苦手だって、言ってたん、ですけど……と、途中まで、…その、一緒に観てくれ、たんです」

P「ああ、そうだったのか」

P(意地を張っただけって――ことはないか)

P(…幸子もあれで、友達想いだからなぁ)

輝子「…せ、せっかく……気を遣ってくれてるのに、いいよってのも、……だし」

輝子「…………お、怒って…な、いかな……」フヒ…

P「…」


12: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:31:16.08 ID:3LZaNLwDO

スッ


P「?」


ポン


輝子「…」

楓「…」ナデナデ

楓「トモダチなら、きっと大丈夫」

輝子「……」フヒ

輝子「そ、そう…かな」

楓「うん」

P「……、そうだな」

P「幸子も二人が大好きだから、そうやって気を遣ったんだと思う。だから、二人とも幸子が大好きなら、きっと大丈夫だよ」

輝子「……」

小梅「…は、はい」エヘヘ

小梅「あ……あ、ありがとう、ございます。プロデューサー、さん」

P「いえいえ」

輝子「…か…楓さんも、…あ、アリガト……」フヒ

楓「…」フルフル

楓「同じ事務所の、トモダチだもんね」ニコ

輝子「……フヒ」

輝子「そ、…うん、そ、そだね…。――みんな…トモダチだよね……」

楓「うん」

輝子「…、フヒヒ…♪」


13: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:36:45.54 ID:rqi3t6v4o

小梅「じ、じゃあ……さ、さっちんの、様子を、…見て来ます」パタパタ

輝子「…見て来る…」パタパタ

P「気をつけて」


パタン


比奈「一見落着ッスか」

P「…うん。けど」

P「輝子もずいぶん成長したみたいだし、初めから心配することもなかったと思うよ」

比奈「そのわりには、ずいぶん熱心に幸子ちゃんを慰めてたッスけど」

P「嫉妬でス?」

比奈「全然全く到底違うッス」

P「……そんなに否定しなくても…」

楓「…」クスクス

P(…まあ、俺の言いたかったことの半分は、楓さんに言われちゃったけど…)ハハ…

楓「?」

P(楓さんも、やっぱりちゃんとみんなのお姉さんだよな)ウンウン

楓「……ぷ、プロデューサーさん? やっぱりまた、なにか私にいじわるなことを考えてるんじゃあ…」

P「気のせいです」

楓「そ、そうですか?」ムー…

比奈「あんまりいじめちゃだめッスよー」コラ

P「分かった比奈お姉ちゃん」

比奈「キモい」

P「楓さんとは違ったベクトルで素直でスね…」グサグサ


14: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:41:30.23 ID:3LZaNLwDO

ガチャ


柚「お待たせー♪」カタカタ

柚「って、ありゃ…えへへ。比奈サンおはよー」ニパ

比奈「はいッス。…ふふ、私はべつに寝てないでスけど」ニヘラ

柚「あ、そうだった。てへ♪」

P(可愛い)

比奈「節操ないッスね」

P「う、うるさいなあ」

比奈「てへ」

柚「??」ン?

柚「えっと…ごめんね。楓サンと、Pサンのコーヒーを淹れて来たところなんだけど――よかったら、Pサンの分を上げるよー♪」

P「おい」

比奈「大丈夫ッス。そろそろ私も帰りまスし」

P「いらないのかよ」

楓「ありがとう、柚ちゃん」

柚「なんのこれしきー♪」ドゾー


15: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:46:13.13 ID:rqi3t6v4o

ガチャ


早坂美玲「…」ソーッ…

早坂美玲


P「? お、どうした?」

美玲「! へっ、あ、いやっ」ワタワタ

P「落ち着け」

美玲「う、うるさい!」

P「仁奈が忘れ物を取りに来たけど、美玲もそうか?」

美玲「ち、違うモンッ! ウチは忘れ物なんて…」

P「美鈴はおっちょこちょいだなあ。いったいなにを忘れたんだ?」

美玲「違うって言ってるだろッ!?」ガルルル!

P(面白い)

比奈「あんまりからかうと、めっでスよー」

P「ごめんなさい」


16: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:51:31.29 ID:3LZaNLwDO

モジモジ


美玲「そ、その……に、仁奈が忘れもにょしたって、…ち、ちゃんと取りに来れたか、気になっ――ってなんかないけど、その…」ゴニョゴニョ

P「…」

美玲「……なっなんだよ」

P「噛んだ?」

美玲「噛んでないッ!」

P「美玲は仁奈のことが大好きなんだな」

美玲「うん! ……――じゃ、ない! 違う!」

P「美玲は優しいなあ」

美玲「……うううぅぅ……ッ!!//」ガリガリ

P(面白い!)フヒヒ

楓「めっ」ペチ

P「すいません」イテ


17: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/11(木) 23:55:39.58 ID:rqi3t6v4o

タタッ


モフン


美玲「わ」

仁奈「美玲おねーさん! どうしてここにいやがりますか!?」

P「おはよう仁奈。もう目は覚めたか?」

仁奈「ばっちりでごぜーます!」ニパー

P「そっか」

仁奈「えへへ。目が覚めて、すぐまたおねーさんに会えるなんて、今日の仁奈はラッキーですよ!」ニパニパ

美玲「…う、うん。よかったな」

仁奈「はい!」

比奈(この二人のやり取りは見てて和むッス)ホワホワ

P(そうだな)


18: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:00:50.39 ID:7LXUUzpDO

仁奈「ところで、おねーさんはどうしてここにいやがるんです?」

美玲「……、それは…」

仁奈「?」

美玲「…」

美玲「お、オマエが心配で――ほ、ほら、仁奈は、ウチがついてないと、あ、危なっかしいから…。様子を見に来たんだ。そ、それだけだ」

仁奈「……」

P「…」

比奈「…」

楓「…」

柚「…」

美玲「……っ、に、にやにやするなッ!」

P「してません」

比奈「気のせいッス」

楓「にやにや」

柚「美玲チャンは優しいね!」

美玲「……うああー…あー……もー…」//ブンブン

P「爪を振り回すなー危ないぞー」

仁奈「美玲おねーさーん!」モフッ

美玲「は、はい」

仁奈「もう…なんでごぜーましょう…仁奈には、も、もふもふとしか言いようがねーですよ!」

美玲「な、なにが?」

仁奈「嬉しいんでごぜーます! 心がとっても、もふもふするんでごぜーます!」

美玲「……あ、そう…、よ、よかったな」

仁奈「よかったです!」モフモフ

P「よかったなー」ニヤニヤ

美玲「えいッ」ブン

P「!? ぐはっ!」ザシュッ

柚「Pサーン!」

比奈「自業自得ッス」


19: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:06:08.85 ID:BF135E1mo

美玲「も、もう帰るぞ! ちゃんと鞄は持ったな!?」

仁奈「はい!」ニコ

仁奈「ではみんな、また明日ですよー」フリフリ

比奈「また明日」

楓「気をつけてね」

柚「またねー」フリフリ

P「おう」

仁奈「♪」エヘヘ

美玲「行くぞー」

仁奈「えっへへ、待ってくだせー」パタパタ…


20: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:12:20.97 ID:7LXUUzpDO

比奈「…」フフ

比奈「…じゃ…私もそろそろ、輝子ちゃんたちと一緒に帰りまス」

P「うん。三人のこと、よろしくな」

比奈「はいッス」

比奈「楓サン、柚、また明日」

楓「また明日」

柚「うん!」

P「気をつけてな」

比奈「はい」コクン


21: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:18:52.78 ID:BF135E1mo

柚「…」

楓「…」

P「…」

柚「…やー。あっという間に、静かになったねー」

P「そうだな」

柚「コーヒーも冷めちゃった」テヘ

P「俺はこのくらいも好きだけどな」ズズ

柚「ホント? …えへへ、Pサンは優しいね…」

P「そうか?」

柚「うんっ♪」

楓(…おいしー…)ズズ…


22: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:22:53.51 ID:7LXUUzpDO

柚「アタシも、もう帰るね」

P「そっか。送って行くか?」

柚「アリガト。でも平気だよー。寄り道もしたいしねっ」

P「ふらふらせずにちゃんと帰るんだぞ」

柚「果たしてどうかな!?」

P「なんだそれ」

柚「てへ」


パッ


柚「…んじゃ…また明日ね」ニコ

P「おう」

楓「またね、柚ちゃん」

柚「うんっ楓サンっ」ニパッ




……パタン…


23: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:26:41.82 ID:BF135E1mo

P「…」

楓「…」

P「…また一段と、静かになりましたね」

楓「本当ですねー…。…柚ちゃんは、元気いっぱいですから」フフ

P「ですね」

楓「…」

P「…」


24: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:32:13.77 ID:7LXUUzpDO

楓「…」

楓「こんな風に静かだと」

P「?」

楓「…いつの間にか、そばにいる大切な人に――思っていることが通じちゃうんじゃないかなって、…」

楓「私、自分のことを伝えるのが得意ではありませんけど……そんな風に思うんです」

P「……」

楓「…」

P「……、お酒、飲みたいんですか?」

楓「…」ニコ

P「…」ハハ…

P「まあ、一杯くらいなら」

楓「ふふ、ありがとうございます」

P(…大切な人…か)


25: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:36:16.54 ID:BF135E1mo

コト


楓「おつまみも買ってあるんですよ」ガサ

P(いつの間に…)

楓「ご飯の帰りに買って来ちゃいました」フフン

P「なるほど」

楓「どうぞ」

P「あ、はい」


トクトクトク…


P「すいません」

楓「いえ」

P「今度は俺が」

楓「ありがとうございます」


トクトクトク…


26: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:41:29.57 ID:7LXUUzpDO

P「じゃあ、えっと…乾杯」

楓「乾杯」ニコ


キン


P「…」クイ

楓「……ん…」コク…

楓「…はぁ、おいしい…」

P「そうですね」

楓「はい」


27: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:45:36.15 ID:BF135E1mo

楓「…」チビチビ

P「…」モグ

楓「…」

楓「…付き合わせておいて、なんですけれど」

P「? はい」モグモグ

楓「…いつも、ありがとうございます。わがままを聞いてくださって」

楓「その……じ、自覚は、あるんですけど。つい」

P「……ん」コクン

P「いえ。気にしないでください。比奈はまだ二十歳だし…」

P「楓さんのように、お酒が好きで、気兼ねなく付き合ってくれる飲み仲間は、俺にとっても貴重ですから」

楓「……そうですか? …よかった」

楓「…あ、でも……べつに私、ただお酒を飲むことが好きだってわけじゃ、ないですからね?」

P「え?」

楓「ふふ」

P「…ど、どういう意味ですか?」

楓「……」チビ

楓「ぷはっ……、ふふふ、さあ?」

P「さあって」

楓「ふふっ…」


28: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:49:41.36 ID:7LXUUzpDO

ピト


P「むぐ」

楓「うそはつけなくても隠しごとくらいなら、私にだってできちゃうんですから」

P「……」

楓「…」ニコ

楓「…なーんて…てへ」


スッ


P「…」

P「…そう、ですね。ごめんなさい」

楓「いいえ」


29: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:54:27.18 ID:BF135E1mo

楓「…、でも…」

P「はい」チビ

楓「……今日みたいに、みんなで楽しくお仕事をして、こうしてプロデューサーさんとお酒も飲めて…」

楓「ふふ、幸せな一日でしたー…。そう思うことは、べつに秘密じゃなくて、いいですよね」

P「…そう思います。声に出してそう言ってもらえると、俺も幸せなので」

楓「プロデューサーさんも、いま、幸せですか?」

P「はい。幸せです」

楓「そうですか」

P「はい」

楓「幸せですね」

P「はい」


30: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 00:58:54.43 ID:7LXUUzpDO

楓「いつかみんなでお酒を飲めるといいですね」

P「はい。…まあ、柚と仁奈が大人になってから、ですね」

楓「楽しみですねー」

P「そうですね」

楓「それまでずーっと、みんなで、仲良しで、やって行きましょうね」

P「はい」


31: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 01:02:37.98 ID:BF135E1mo

楓「明日もまた、今日のような素敵な一日になるといいですね」

P「そうですね」

楓「はい。今日も一日、お疲れさまでした」

P「はい。楓さんも、お疲れさまでした」



・・・・おしまい


32: ◆qEJgO2U6bM 2013/07/12(金) 01:04:13.14 ID:7LXUUzpDO

うそをつくのも、こんなところで、おしまいです。
お読み頂きありがとうございました。


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 11:10:40.77 ID:oDUj8HoKo


平和だった



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿