TOP > ガヴリールドロップアウト > ヴィーネ「駄天使と」 ガヴ「駄悪魔と」

ヴィーネ「駄天使と」 ガヴ「駄悪魔と」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:45:37.397 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「また……」

ヴィーネ「仕送りが……」

ガヴィーネ「下がってるー!」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:45:57.184 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「ガヴ!大変!仕送り下がっちゃった!」

ガヴ「まじで!?お前も??」

ヴィーネ「えっ、ガヴも??」

ガヴ「……」

ヴィーネ「……」

ガヴ「とりあえず1回集まろう。仕送り会議だ」

ヴィーネ「そうね」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:46:16.089 ID:Nm0dEPJT0.net

【ガヴの家】

ガヴ「では第2回仕送り会議をはじめます」

ヴィーネ「はい」

ラフィ「はい」

ガヴ「……」

ヴィーネ「……」

ガヴィーネ「えっ?」

ラフィ「うふふ~」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:46:31.061 ID:Nm0dEPJT0.net

ラフィ「面白そうなので来ちゃいました~」

ヴィーネ「まったく……もう」

ガヴ「まあいてもいいけど邪魔するなよ」

ラフィ「はい~」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:46:52.604 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「……で仕送りの件なんだが」

ラフィ「それなら私に案がありますよ」

ヴィーネ「えっ、ホント?」

ラフィ「はい!とーってもいい案があるんです!」

ガヴ「そことなく怪しいが」

ガヴ「……なんだ、言ってみろ」

ラフィ「……それは」

ガヴィーネ「……」ゴクリ


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:47:14.986 ID:Nm0dEPJT0.net

ラフィ「ガヴちゃんとヴィーネさんが同棲することです!」

ガヴィーネ「……は?」

ラフィ「だって仕送りが減った原因は」

ラフィ「ガヴちゃんが天使なのに悪魔らしいから」

ガヴ「うっ」

ラフィ「ヴィーネさんが悪魔なのに天使らしいから」

ヴィーネ「うっ」

ラフィ「ですよね?」

ガヴィーネ「……」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:47:53.007 ID:Nm0dEPJT0.net

ラフィ「ガヴちゃんは悪魔を更生させているという名実で」

ラフィ「ヴィーネさんは天使を堕落させているという名実で」

ラフィ「お互いの仕送りが上がるのではと」

ラフィ「それにガヴちゃんはお世話してもらえる、ヴィーネさんはガヴちゃんにお世話ができる」

ラフィ「割といい案だと思うのですが」

ガヴ「……でもな」

ラフィ「……では、1週間だけ同棲してみるとか」

ヴィーネ「……そうね」

ガヴ「えっ」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:48:15.642 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「……まあヴィーネがそういうなら」

ラフィ「……決定ですね!」

ヴィーネ「……よろしくね!ガヴ」

ガヴ「……あぁ」

こうして、駄天使と駄悪魔の共同生活が始まった


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:48:35.544 ID:Nm0dEPJT0.net

【1日目】

ヴィーネ「まずは誰の部屋に住むか決めましょう」

ガヴ「そうだな」

ヴィーネ「うーん」

ガヴ「1日交代とかどうだ?今日は私の部屋で明日はヴィーネの部屋とか」

ヴィーネ「……そうね!そうしましょうか!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:48:59.996 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「お邪魔しまーす!」

ガヴ「おう入れ入れ」

ヴィーネ「うわー、汚いわね……」

ガヴ「まあな」

ヴィーネ「……そりゃ仕送りも下がるわ」

ガヴ「うっせ」

ヴィーネ「……まずは掃除するわよ!」

ガヴ「よろ~」

ヴィーネ「何いってんの!あんたもやるのよ!」

ガヴ「まじかよ……」

ヴィーネ「あっ、ほら!そこ汚れてる!」

ガヴ(これがあと1週間も……きついな)


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:49:22.696 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「よいしょっと……ガヴー?終わったー?」

ガヴ「あー、終わった終わった」

ヴィーネ「ってあんたゴミ横に押しやってるだけじゃない!そんなの掃除って言わないわよ!」

ガヴ「これぞ天真流掃除術」

ヴィーネ「何馬鹿なこと言ってんのよ!?」

ヴィーネ「……」ハァ…

ヴィーネ「もういいわ……私やるから大人しくしてて」

ガヴ「うぃー」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:49:41.807 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「まさか掃除だけでもうこんな時間になってしまうなんて」

ガヴ「おつかれー、晩御飯は?」

ヴィーネ「……晩御飯」

ヴィーネ(これがあと6日も続くのかぁ……大変ね……)

ヴィーネ「……買い物行くから待ってて」

ガヴ「おうありがとう」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:50:02.315 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「……はい、できたわよ」

ガヴ「いただきまーす」

ヴィーネ「疲れたぁ……」

ガヴ「やっぱヴィーネのご飯は上手いなぁ」

ヴィーネ「……そう?」

ガヴ「うむうむ、褒めてつかわす」

ヴィーネ「……もう、何よそれ……」フフッ

ヴィーネ(……まぁ、あと6日くらい頑張りましょうか!)


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:50:43.236 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「……そうだ、ベッドが一つしかないんだ……」

ヴィーネ「……どうしましょう」

ガヴ「……私床で寝るよ、ヴィーネベッドで寝て」

ヴィーネ「えっ……でも」

ガヴ「疲れたでしょ?ほらいいからいいから。私床で寝なれてるから」

ヴィーネ「……そう?ありがとね」

ヴィーネ「腰が痛くなったら起こしていいからね」

ガヴ「ういー」カチカチ

ヴィーネ「……パソコンもほどほどにしときなさいよ」

ガヴ「分かってるよ」

ヴィーネ「じゃあおやすみー」

ガヴ「おう、おやすみー」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:51:13.293 ID:Nm0dEPJT0.net

【2日目】

ヴィーネ「ガヴ~、起きてー!」ユサユサ

ガヴ「んだよ……もう朝?」

ヴィーネ「朝よ!ほら学校行くわよ!」

ガヴ「……起こして~」バンザーイ

ヴィーネ「あぁ、もう」グイッ

ヴィーネ「さあほら早く服脱いで」

ガヴ「……なんで」

ヴィーネ「脱がなきゃ制服に着替えられないでしょ」

ガヴ「自分で着替えるんだけど……」

ヴィーネ「あっ……そ、そうね!」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:51:35.071 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「朝ごはんはー?」

ヴィーネ「もうできてるわよ」

ガヴ「お、気が利くねぇ」

ヴィーネ「そうでもしなきゃ遅刻しちゃうでしょ……」

ガヴ「へいへい、すみませんすみません」

ヴィーネ「あ、それと今日は私の家に行くんだから戸締りとかちゃんとしなさいよ」

ガヴ「別に私の部屋に取られるものなんてねーよ」

ヴィーネ「年頃の女の子なんだから少しはちゃんとしなさいよ!」

ガヴ「へいへい」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:51:55.467 ID:Nm0dEPJT0.net

【学校】

サターニャ「へー、あんた達同棲はじめたの」

ヴィーネ「そうよ、1週間だけだけどね」

ラフィ「サターニャさん、ガヴちゃんとヴィーネさんが同棲していることだし、私たちも……」

サターニャ「いや!」

ラフィ「……永遠とは言いません。せめて1週間だけでm」

サターニャ「いや!何されるか分からないわ!」

ラフィ「……」チーン


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:52:18.322 ID:Nm0dEPJT0.net

キーンコーンカーンコーン

ガヴ「よし終わった、今日はヴィーネの家だな」

ヴィーネ「そうね、ついでに買い物行きましょうか」

ガヴ「えー、買いだめないの?」

ヴィーネ「ないから行くのよ」

ガヴ「なんだよ買いだめなしとか主婦力0かよ」

ヴィーネ「ほらつべこべ言わず行くわよ!」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:52:36.453 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「豚肉とトマト買ってきて」

ガヴ「あーい」

ガヴ「ほら買ってきたぞ」

ヴィーネ「豚肉しか持ってきてないじゃない」

ガヴ「トマト嫌い」

ヴィーネ「子供か!」

ヴィーネ(いつもの倍疲れるなぁ)


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:53:13.587 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「馬鹿なこと言ってないでトマト買ってきて!」

ガヴ「……分かったよ」

ガヴ「……はい買ってきた」

ヴィーネ「おー、えらいえらい」ナデナデ

ガヴ「あっ!子供扱いすんな!」

ヴィーネ(まあ、でも……)

ヴィーネ(1人でいるより、ずっと楽しいから……いっか!)


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:53:35.608 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「……よし!お疲れ様~」

ガヴ「疲れたぁ、お邪魔しまーす!」

ヴィーネ「はい、ゆっくりしてね」

ガヴ「まあ私の家同然なんだけどね」スタスタ

ガヴ「……綺麗だな」

ヴィーネ「まあね」

ガヴ「……!」

ガヴ「……」ワナワナ

ヴィーネ「どうしたの?この世のおわりみたいな顔して」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:53:55.185 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「パソコン……忘れた……」

ヴィーネ「……プッ」

ガヴ「なっ、なに笑ってんだよ!私にとっては一大事だぞ!」

ヴィーネ「1日くらい我慢しなさい!」

ガヴ「できるか!私の家の鍵はどこだ!」

ヴィーネ「没収しました」

ガヴ「……」サラサラ…


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:54:15.070 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「暇だなぁ……」

ヴィーネ「ならお話しましょうよ」

ガヴ「……まあいいけど」

ヴィーネ「ガヴって休日とかいつも何してるの?」

ガヴ「ネトゲかな」

ヴィーネ「外に出たりは?」

ガヴ「カップ麺買いに行くくらい」

ヴィーネ「……ふーん」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:54:37.221 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「ヴィーネはなんかするの?」

ヴィーネ「私はレンタルで借りてきて映画を見たりとか……料理を研究したりとかかな」

ガヴ「ふーん?好きなジャンルとかあんの?」

ヴィーネ「恋愛とかファンタジーとか好きよ」

ヴィーネ「ガヴは?」

ガヴ「映画とかあんま見ないな……テレビで放送されるのを待ってる」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:54:58.523 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「あぁ、そうなの?」

ガヴ「だってお金もったいないじゃん」

ヴィーネ「……まあそうね」

ガヴ「……そうだ、暇だからなんかDVD借りてこよーぜ。映画の」

ヴィーネ「ガヴにしては珍しい、いい提案ね」

ヴィーネ「いいわよ、行きましょう」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:55:14.975 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「決まった?」

ガヴ「うん、私はこれ」

ヴィーネ「よし、じゃあお会計しましょう」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:55:37.059 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「じゃあ早速見ましょうか」

ガヴ「おう、いれるぞ」

ヴィーネ「ガヴが何借りてきたか楽しみだわ」

TV『許さない……コロシテヤルゥゥゥゥ』

TV『キャアアアアアアアア』

ヴィーネ「」パクパク

ガヴ「なんだよ、思ってたよりチャチだな……」

ヴィーネ「……」ダキッ

ガヴ「え、ちょっ」

ガヴ「おい……ヴィーネ?まさかお前ホラー系……」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:56:03.187 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「……」ギュー

ガヴ「……見るのやめるか?」

ヴィーネ「……」コクリ

ガヴ「……すまんな」

ヴィーネ「……大丈夫」

ガヴ(……コイツにもこんな弱々しい1面があったんだな……)

ガヴ「……ヴィーネの借りてきたやつ、見るか?」

ヴィーネ「……うん」コクリ


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:56:21.917 ID:Nm0dEPJT0.net

TV『私あなたの事が……』

TV『本当かい?俺もお前のことが……』

TV『濃厚なキスシーン』ブッチュウウウウウウ

ガヴ「」パクパク

ヴィーネ「……」ギュー


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:56:41.496 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「ちょ、ヴィーネ!今はまずい!」

ヴィーネ「……腰がぬけて」ギュー

ガヴ「……」ドキドキ

ガヴ「こんな映画!おっ、終わりだ!」プツン

ヴィーネ「……ごめんね」

ガヴ「いや、最初にホラー選んだ私が悪かったよ……」ドキドキ


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:57:16.852 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「……も、もう寝るか?」

ヴィーネ「……うん」

ガヴ「じゃあ私は床で……」

ヴィーネ「……一緒に」

ガヴ「えっ……」

ヴィーネ「……お願い」

ガヴ「……はぁ、仕方ねぇなぁ」ポリポリ

ガヴ「……今日だけだぞ」

ヴィーネ「……ありがと」

ガヴ「……よいしょっと」ガサゴソ

ガヴ(……なんか1人で寝るより)

ガヴ(……なんていうか、暖かい……)

ガヴ(……当たり前か、何考えてんだ私は)

ガヴ「おやすみ、ヴィーネ」

ヴィーネ「おやすみ」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:57:52.974 ID:Nm0dEPJT0.net

【3日目】

ガヴ「……」

ヴィーネ「あっ、ガヴおはよう」

ガヴ(くっそあんまり寝れなかった)

ガヴ「……おはよう」

ヴィーネ「早いのね」

ガヴ「まあな」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:58:39.001 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「……もう大丈夫か?夜うなされてるとかはなかったけど……」

ヴィーネ「……もしかして心配してくれてる?」

ガヴ「えっ、いや、そんなことはないけど」

ヴィーネ「……ふふっ、ありがとね、ガヴがそばにいてくれたからもう大丈夫よ」

ガヴ「……そうか」

ヴィーネ「じゃあ朝ごはん作ってくるわね」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 20:59:05.656 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「ご馳走様でした」

ヴィーネ「はーい」

ヴィーネ「じゃあ行きましょうか!」


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:00:36.503 ID:Nm0dEPJT0.net

【学校】

ヴィーネ「……でガヴがその恋愛系のDVD見てる時ガッチガチで……」

ラフィ「あら~」

ラフィ「……もしかしてそれって」

サターニャ「なに?なんなの?ガヴリールがどうしたの?」

ラフィ「いえ、サターニャさんにはまだ早いです」

サターニャ「どういうことよー!」

ガヴ(ラフィエルぅ、絶対余計なこというなよ~!?)

ラフィ「……」チラッ

ガヴ「……!」

ラフィ「……」グッ!

ガヴ「……!」パァァァ

ラフィ「ヴィーネさん、よく聞いてください、その時ガヴちゃんはそのキスシーンを……」

ガヴ「わー!わー!なんのグッ!!だったんだよ!」


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:01:04.896 ID:Nm0dEPJT0.net

キーンコーンカーンコーン

ガヴ(なんとかラフィエルを振り切れた……あいつ敵にしたらやっこすぎるだろ……)

ヴィーネ「ねぇ、ガヴ」

ヴィーネ「さっきラフィが言おうとしてたことって……」

ガヴ「さ、さぁ……?」

ヴィーネ「……そう?」

ガヴ「うん、わっかんないなぁ」

ヴィーネ「……ま、いいか、はい鍵返すわ」

ガヴ「ん、、お、おうって早く返せよ」

ガヴ(助かった……)ホッ


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:01:33.208 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「お邪魔しまーす!」

ガヴ「ほーい」

ヴィーネ「やっぱり汚いわね……」

ガヴ「綺麗だろ」

ヴィーネ「やっぱり掃除を……」

カサコソカサコソ

ヴィーネ「……ん?」


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:01:54.630 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「なんだ?ヴィーネ……おい、お前まさか」

ヴィーネ「いやー!ゴキブリ来ないで!!!!」

ガヴ「ちょ、まっ!」

ボッカーーーーン

ガヴ「……」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「よしっ!今日は私の部屋に泊まりましょうか!」

ガヴ「馬鹿野郎!!!!!」


46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:02:17.685 ID:Nm0dEPJT0.net

【ヴィーネの家】

ガヴ「……まさかお前んちにもゴキブリ出たりしないよな」

ガヴ「お前んちも爆発したら泊まるとこないぞ」

ヴィーネ「でないわよ!……たぶん」

ガヴ「……とりあえず三又の槍だすの禁止な」

ヴィーネ「……はい」


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:02:36.167 ID:Nm0dEPJT0.net

ヴィーネ「ご飯できたわよー」

ガヴ「おー、ありがとー」

ガヴ「うん、うまい」

ヴィーネ「それ食べたらお風呂入っちゃってね」

ガヴ「……めんどくさ」

ガヴ「……ねぇ、ヴィーネ?」

ヴィーネ「洗いません1人で入りなさい」

ガヴ「ちぇ!」


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:02:57.122 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴ「はーっ、さっぱりした」

ヴィーネ「じゃあ寝ましょうか!」

ガヴ「えー、まだこんな時間……」

ヴィーネ「よし、明かりを消して……」

ガヴ「ちぇっ」

ヴィーネ「……」ガサゴソ

ガヴ「……なにナチュラルに布団に入ってきてんだよ」

ヴィーネ「まぁこれくらいいいじゃない!」

ガヴ「……ま、いいか。おやすみ」

ヴィーネ「ふふっ、おやすみ!」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:03:19.894 ID:Nm0dEPJT0.net

【4日目】

「ガヴ~、早く起きなさーい」

私は、私を呼ぶ声で目を覚ます

こんな生活ももう4日目。慣れたものだ

彼女も慣れた手つきで私を起こし、朝ごはんを用意する

ベッドの上でグズグズしていると、彼女の口調が強くなる

一昨日ホラー映画を見てビクビクしていた少女とはまるで別人だ

……だが、私的にはいつものヴィーネが好き

彼女にはずっとこの調子でいて欲しい

……まぁ部屋を吹っ飛ばされてはかなわないが


50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:03:45.367 ID:Nm0dEPJT0.net

彼女に適当に返事を返し、朝ごはんを食べる

彼女の料理は本当においしい

……こんな料理にありつけるって幸せなのかな

……彼女に感謝しなくちゃな

「美味しかったよ、ありがと」

そう言うといつも彼女は嬉しそうに

「はーい」

と返事を返す


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:04:02.388 ID:Nm0dEPJT0.net

2人で学校へ行き、2人で学校から帰る

これはいつもとあまり変わらない

いつもと変わっているのは、2人とも変える場所が同じということ

でも今日は買出しにいくらしい

いつもならついて行かないところだが……

……たまにはお手伝いというのをしてやるか


52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:05:19.523 ID:Nm0dEPJT0.net

買出しを終え、帰宅する

気まぐれついでに料理も手伝ってやる

昔ならできたはずなのだが……あまりうまくいかない

それにとても大変だ

いつもこんなことを毎日やってるんだなぁ

どうして、彼女は私にこうも尽くしてくれるんだろう

「ヴィーネ……いつもありがとうな」

「ふふっ、いいのよ、ガヴも今日は手伝ってくれてありがとうね!」

「いつもよりなんだか美味しいわね!」

そうだ、ヴィーネはこんなヤツだった

自分の事より他人の事を気にするようなヤツ

悪魔なのにとても優しいヤツ


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:05:49.354 ID:Nm0dEPJT0.net

私は彼女のそういう所が、好き

彼女は悪魔らしくなりたいとのことだが……私はそのままでいいと思う

いや、そのままがいい

そう思うのはワガママだろうか

……まあこんな生活もあと少しだし

明日も存分に楽しんでやろう

……だから、今日はおやすみ、ヴィーネ。毎日お疲れ様


54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:06:34.516 ID:Nm0dEPJT0.net

【5日目】

そろそろ起こさなくっちゃ

そう思い彼女の方を見ると

今日は珍しく彼女はもう起きていた

珍しいこともあるものだ

私は慣れた手つきで彼女に朝食を用意する

こんな生活も残り少し

最初は長いなと思っていたけど、今となっては彼女がいないと少し寂しいと思う

彼女はいつだって私を頼ってくれる

一人暮らしの寂しさをまぎらわせてくれる


55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:07:07.353 ID:Nm0dEPJT0.net

まだ一緒にいたいな

もっと彼女に私を頼って欲しいな

……でもこれは、私のワガママ

いつまでも彼女のお世話をしていては彼女の更生なんて不可能だ

……どうすればいいのだろう

まああとちょっとの間!存分に楽しみましょうか!


56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:07:59.881 ID:Nm0dEPJT0.net

「あと少しですが、どうですか?同居生活は?」

「うん、とっても楽しいわ」

「そうですか、それはよかったです」

ラフィには感謝しなくちゃね

彼女も報われて欲しいな……チラッ

サターニャ「……同棲、か」


57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:09:01.402 ID:Nm0dEPJT0.net

学校が終わり、彼女と一緒に帰る

こんな生活もあと少しかぁ

彼女はどう思っているんだろう

ふと彼女を見ると、なにか言いたそうな顔

「どうしたの?」

「……今日の晩御飯、私が作ろうか?」

何気ない一言かもしれないが

私にとっては驚きの言葉

あの彼女が自ら晩御飯を作るというのか

……本当に嬉しい

「じゃ、じゃあお願いしようかしら!」

「おう!まかせろ!」


58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:09:23.328 ID:Nm0dEPJT0.net

「ヴィーネはリビングで待ってて」

どうやら彼女は料理を作ってるところを見られたくないらしい

……まあ今日は彼女に任せよう!


59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:09:46.392 ID:Nm0dEPJT0.net

……遅いわね、大丈夫かしら

……もしかして、なんか怪我とかしたり……

しかし、なんの心配もいらなかったようだ

「おまたせー、遅くなってすまんな」

無事調理が終わったらしい

彼女が作ったのは……

……形こそ悪けれど、気持ちのこもった野菜炒め

「いただきます!」


60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:10:12.659 ID:Nm0dEPJT0.net

「……おいしい」

「……そうか、よかった」

本当においしい

彼女もやれば出来るではないか

……いつもやらないだけか

でもどうして、いきなりやる気に……

「いつもヴィーネって大変なんだな」

「野菜炒め作っただけなのにもうかなり疲れたよ」

「ヴィーネはこれに加えて掃除と洗濯までしてるんだよな……」

あぁ、そういうこと……

……気にしなくていいのに

私は好きにやってるだけだから


61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:10:35.260 ID:Nm0dEPJT0.net

「……いつもありがとうな、ヴィーネ」

「ううん、こちらこそありがとう」

「私もガヴがいるから頑張れるの」

「感謝しても感謝しきれないわ」

「ヴィーネ……」

「……とりあえず今日はもう遅いし寝ましょうか」

「……あぁ」

おやすみ、ガヴ

今日はありがと。本当にお疲れ様!


62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:10:56.441 ID:Nm0dEPJT0.net

【6日目】

「なぁ……ヴィーネ。私まだ……」

「……ガヴもそう思う?」

「ヴィーネもそう思うのか……?」

「うん、もちろんよ」

「……なら決定だな!」

「えぇ……!」

「こんな私だけど……」

「これからも、よろしくな!」

「うん!こちらこそこんな私だけど……よろしくお願いします!」


63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:11:23.614 ID:Nm0dEPJT0.net

【最終日?】

ラフィ「……で」

ラフィ「もうしばらく同棲することになった……と」

ガヴ「おう!」

ヴィーネ「ありがとね、ラフィ。大事な事に気付けたわ」

ラフィ「はいっ!良かったですね!」

ラフィ「……」チラッ

ラフィ(いいですね……私も……)

サターニャ「ねぇ、ラフィエル」

ラフィ「はい?何でしょう」

サターニャ「……私たちも同棲……してみない?」

ラフィ「……えっ?」

…………………………………………………


64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:12:10.092 ID:Nm0dEPJT0.net

…………………………………………………

サターニャ「……ねぇ、ヴィネット」

ヴィーネ「なに?サターニャ」

サターニャ「その……同棲って楽しいの?」

ヴィーネ「……!えぇ!もちろんよ!サターニャもやってみたら?」

サターニャ「……でも相手が……」

ヴィーネ「あら、相手ならいると思うけど……」

サターニャ「……そう、ね」

サターニャ「……アイツとならずっと私を大切に……」

サターニャ「ありがとね!ヴィネット!」

ヴィーネ「ええ!」

…………………………………………………


65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:13:21.326 ID:Nm0dEPJT0.net

【始まり】

ラフィ「……!」

ラフィ「本当に、私でいいんですか?」

サターニャ「……えぇ、だってあんたなら私を……」

ラフィ「……!好きですサターニャさーん!」ギュー!

サターニャ「ちょっと!暑苦しいからやめなさいよもー!」

ラフィ「いーやーでーすー!」ギュー!

サターニャ「……ったく」

ヴィーネ「……ふふっ」

ガヴ「はっはっは!」

あの2人なら、幸せになれる気がする

……だって、最高のパートナーだから

……あなたもそう思うでしょ?

私の、最高の、パートナーさん!

ガヴ「……あぁ、そうだな!」

おわり!


66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:13:43.468 ID:Nm0dEPJT0.net

ガヴィーネを書きたかったんです

ありがとうございました!


67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:14:08.363 ID:Nm0dEPJT0.net

無駄に長くなってすまん
1週間とか長すぎた3日くらいにしときゃ良かった



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿