TOP > ガヴリールドロップアウト > 【ガヴドロ】ガヴ「サターニャが美味しい!」

【ガヴドロ】ガヴ「サターニャが美味しい!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:05:31.544 ID:3bIs6RRUH.net

サターニャ「私の飴よ!返しなさいよ!」

ガヴ「もう食べたから、私の物だ!」

ラフィ「あらあら、今日もにぎやかですね」

ヴィーネ「うるさいわよ、もう!」

サターニャ「返しなさいよ!」

ガヴ「うぁぁ!汚いっ!口の中に指入れるな!!」

サターニャ「返してくれないんだから、しょうがないじゃない!」

ガヴ「汚……ん?」

サターニャ「どうしたの?」ヒョイパク

ヴィーネ「あんたよく人の口から出したもの食べられるわね」

サターニャ「でも美味しいわよ」

ガヴ「サターニャ、指出してくれ」

サターニャ「え?ええ」

ガヴ「ペロ」

サターニャ・ヴィーネ・ラフィ「!?」

サターニャ「な、何するのよ!?」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:06:30.594 ID:3bIs6RRUH.net

ガヴ「美味しいっ!」

サターニャ「え?」

ガヴ「サターニャが美味しい!」

サターニャ「な!?」

ヴィーネ「ガヴリール!ほ、本当なの?」

ラフィ「サターニャさん、舐めさせてください」ペロ

ガヴ「な、美味しいだろ」

ラフィ「うぇーただの皮膚の味がします」

ヴィーネ「ペロ………本当だわ、美味しくない」

ラフィ「むしろちょっと酸っぱい味がしますよね」

サターニャ「人を腐ったものみたいに言うな!!」

ガヴ「いや、美味しいだろ」ペロペロペロ


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:09:19.365 ID:3bIs6RRUH.net

夜、サターニャの家

ピンポーン

サターニャ「こんな時間に誰かしら?」ガチャ

ガヴ「なあ、サターニャ、お前の味が忘れられないんだよ。また舐めさせてくれよ!」

サターニャ「変態はお断りしています」ガチャ

ガヴ『なぁ、サターニャ開けてくれ!舐めさせてくれよ!』

サターニャ「変態は汚い部屋に帰りなさい!!」

ガヴ『頼むよ!何でもするからさ!』

サターニャ「何でもしてくれるの!?」ガチャ

ガヴ「やっと開けてくれた!さぁ、舐めさせてくれ!」

サターニャ「待ちなさい!何でもするって言ったわよね?」

ガヴ「うんうん」

サターニャ「まずは部屋の掃除と夕食作りをやってもらおうかしら」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:11:32.714 ID:3bIs6RRUH.net

数十分後

ガヴ「さぁ、出来たぞ」

サターニャ「うぁ部屋綺麗。ご飯もおいしそう。あんたもやれば出来るじゃない!」

ガヴ「じゃあ、早速」

サターニャ「待ちなさい!!」

ガヴ「なんだよ!!?これだけの事やったんだぞ!!!早く舐めさせろ!!!!!!」

サターニャ「舐めるのは足よ。それでもいいの?」

ガヴ「いい!いい!いただきます!!!」レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ

サターニャ「ひゃ!くすぐったい!」

ガヴ「レロレロレロレロレロレロレロレロ」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:16:11.772 ID:3bIs6RRUH.net

数時間後

サターニャ「もう遅い時間よ。早く帰りなさい」

ガヴ「帰るわけないだろ。私はサターニャと一緒に寝るんだ」

サターニャ「何でよ!?」

ガヴ「正確には私はサターニャを舐めながら寝るんだ」

サターニャ「この変態!!」

ガヴ「なぁ、いいだろ。今日みたいに掃除もするしご飯も作る。何だったら代わりに宿題やるし、おこずかいもやるぞ。な、な!」

サターニャ「まぁ……そこまで言うなら」

ガヴ「やったあ!おやすみ!!」ペロペロペロ

サターニャ「ああ、私のベッドがガヴリールのよだれまみれになっていく……」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:17:51.862 ID:3bIs6RRUH.net

次の日 学校

ガヴ「サターニャ、宿題やっといたぞ」

サターニャ「さすがは我が下僕。褒めてあげるわ」

ガヴ「ありがとうございます!!」ペロペロペロペロ

ヴィーネ「ガヴどうしちゃったのかしら?」

ラフィ「サターニャさんの味を知ってからすっかり変わってしまいましたね」

ヴィーネ「まるで変な薬をやっているみたいだわ」

ラフィ「昨日サターニャさんの寝顔を観察しに行ったら、ガヴちゃんと一緒に寝ていました」

ヴィーネ「あの二人が!?一緒に寝ていたの!?」

ラフィ「ええ。しかもガヴちゃん、寝ながらサターニャさんを舐めていたのですよ」

ヴィーネ「変な事にならないといいわね」

ラフィ「変な事とは?」

ヴィーネ「サターニャと寝ているガヴを見ていればいずれ分かるわよ」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:18:10.913 ID:bUcqLNlZd.net

まあ客観的に考えればサターニャちゃんとかどう考えても美味しいわな


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:20:38.966 ID:3bIs6RRUH.net



ガヴ「(ああ、サターニャは美味しいな。ずっと舐めていたいよ。レロレロ)」

サターニャ「zzz」

ガヴ「サターニャは良く寝ているなぁ。レロレロ」

サターニャ「zzz」

ガヴ「サターニャの手と足と顔は一通り舐めたけど、他の部分はどんな味がするのかなぁ」

サターニャ「zzz」

ガヴ「お腹とか脇とかあそことか……舐めてみたいけどそんなことしたら絶対サターニャは怒るだろうな………。そうだ!いい事考えたぞ!!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:24:23.012 ID:3bIs6RRUH.net

ガヴ「よし、サターニャを裸にしてベッドに縛り付けてやった。これで起きても平気だな」

サターニャ「zzz」

ガヴ「まずはお腹から。レロレロレロレロ……美味い!!手足顔よりまろやかな味で美味しいぞ!!次は脇だ!!」

サターニャ「zzz……?」

ガヴ「レロレロ……うん、絶妙な酸っぱさがサターニャの味を引き立てて美味しいな!!次は……」

サターニャ「zzz……ん?」

ガヴ「よぉ起きたか」

サターニャ「え?これどういう事!?どうして私裸なの?どうして縛られているの!?どうしてガヴリールはそんなに笑顔なの!?」

ガヴ「サターニャ、それは今分かる」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:27:39.033 ID:3bIs6RRUH.net

サターニャ「え……太ももを触らないで。何で股を開くのよ!!」

ガヴ「私が答えなくても分かっていると思うが、一応言ってやるよ。それはな、サターニャの大事な所を味わうためだ」

サターニャ「え?やめて!私まだ未経験なのよ!!今まで顎で使ったことは謝るし、お金も全部返すからやめて!!」

ガヴ「サターニャ、私は別に怒っている訳じゃないんだよ。私はただ、サターニャの全身を味わいたいだけなんだ。この大事な部分も含めてなっ!」

サターニャ「嫌ーー!!やめて!!!ガヴリール!!嫌あああああぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ガヴ「またを閉じるなよ。ふー」

サターニャ「ひゃあ!///」

ガヴ「サターニャは可愛い反応するなぁ。もう一度。ふー」

サターニャ「ひゃあぁ!///や……やめて」

ガヴ「綺麗なピンク色がひくひくしていて、とても美味しそうだ」

サターニャ「ガ……ガヴリールゥ………本当にやめて………」ポロポロ

ガヴ「ペロ……サターニャは涙も美味しいのか。ならここから垂れてくる体液はどれだけおいしいのかなぁ。きっと濃厚なサターニャがするんだろうなぁ」

サターニャ「ガヴリールゥ………」ポロポロ

ガヴ「サターニャの下準備も出来たしもうそろそろいいかな?いただきます!!」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:31:00.428 ID:3bIs6RRUH.net

ヴィーネ「ガヴ!そこまでよ!」

ラフィ「ガヴちゃん、さすがにそれはやり過ぎですよ」

ガヴ「な!ヴィーネ!ラフィエル!!」

ラフィ「サターニャさん、今ほどいてあげますからね」

ヴィーネ「ガヴ、怒られる覚悟はできているでしょうね」

ラフィ「もしかしたらと思い、ヴィーネさんと一緒に千里眼でガヴちゃんを見ていてよかったです」

サターニャ「怖かったよぉ。ヴィネット、ラフィエル」シクシク

ガヴ「お、お前らに何が分かるんだ!私だってサターニャの味が好きなんておかしい事だって分かってるんだよ!でも仕方がないじゃないか、サターニャの味から離れられないんだっ!」ガシッ

サターニャ「何するのよ……ガヴリール。苦しい」

ラフィ「ガヴちゃん!」

ヴィーネ「サターニャ!」

ガヴ「近づくな!これは天使の矢だ。これを悪魔に刺せば一瞬で殺すことが出来る!私はサターニャと心中するんだ。サターニャの味のない人生なんて死んだほうがマシだ!!」

ヴィーネ「ガヴ、考え直しなさい!」

ラフィ「そうですよ、そんなことしたって無駄です。サターニャさんの運動神経を忘れましたか?」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:35:21.167 ID:3bIs6RRUH.net

ガヴ「え?」

サターニャ「とうぁー!」

ラフィ「サターニャさんの一本背負いが決まりました!!え?」

ガヴ「うわぁ!」

ヴィーネ「ガヴとラフィがぶつかったわ!」

サターニャ「おっとっとっと。投げた時の衝撃でバランスを崩してしまった!」

ヴィーネ「え?」

サターニャ「うぁー!」

ヴィーネ「痛い……」

ラフィ「サターニャさん、投げる方向位考えてくださいよ」

サターニャ「ごめん、ラフィエル、ヴィネット……」

ガヴ「ペロ」

ラフィ「ガヴちゃん、どうして私を舐めたんですか?」

サターニャ「……ペロ」

ヴィーネ「サターニャ、どうして私を舐めたの?」

ガヴ・サターニャ「ラフィエル(ヴィネット)が美味しい(ぞ)(わ)」

ヴィーネ・ラフィエル「え?」

ガヴ「サターニャより美味しいぞ」

ラフィ「な!?」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:39:10.464 ID:3bIs6RRUH.net

ガヴ「待てよ、ラフィエル!!もっと舐めさせろよ!!」

ラフィ「いやー!!ガヴちゃんこっち来ないでください!!!」

サターニャ「待ちなさいよヴィネット!!もっと舐めさせなさいよ!!」

ラフィ「いやー!!サターニャこっち来ないでよ!!!」

ガヴ・サターニャ「もっと舐めさせ(ろよ)(なさいよ)!!!」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:48:57.862 ID:fiveqfCT0.net

おつんつん
いい塩梅のキチ要素だった



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿