TOP > キルラキル > 皐月「流子、私はこれが良いんだ」

皐月「流子、私はこれが良いんだ」

2017/05/13 00:04 | キルラキル | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:38:47.83 ID:nslnL8DRo

皐月「生命戦繊から解き放たれた今、流子もまた旅立ちの時」

皐月「この鬼龍院皐月。流子に構って欲しくなどない」ウルッ

蟇郡「おのれ纏……」ギリッ

蟇郡「皐月様をほったらかしにしておくなど言語道断!!!姉妹の風上にも置けぬ愚行ぅぅ!!」

皐月「ほったらかしとか言うな蟇郡」ウルッ

蟇郡「も、申し訳ございません皐月様!!!」

犬牟田「やれやれ。これだから野生生物はデリカシーに欠ける……」

蟇郡「なんだと犬牟田ァ!!」

犬牟田「皐月様。今回の件はこの犬牟田宝火にお任せください」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:39:31.12 ID:nslnL8DRo

皐月「私は別に流子に構ってほしくなどないと言っているだろう」

犬牟田「わかっております。しかし、これは纏流子の不手際」

皐月「何……?」

犬牟田「例え姉妹と言えど、親しき仲にも礼儀ありでございます」

犬牟田「纏流子が皐月様に構わなさすぎなのです!!これは礼節に欠ける!妹とは普段から姉に構わなければならないのです!!!」

皐月「……ふっ。戦いに身を投じた期間があまりに長く、世間の理に疎くなっていたようだ」

皐月「感謝するぞ。そして信じよう、犬牟田」キリッ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:40:12.38 ID:nslnL8DRo

犬牟田「勿体無き御言葉……! 必ずや纏流子を皐月様の御膳に……!」シュバッ

皐月「別に構ってほしくなどないが、仕方あるまい」キリッ

乃音「何でも鵜呑みにしちゃうピュアな皐月ちゃんもか゛わ゛いぃ゛~~~!!!」

蟇郡「俺は皐月様が変な輩に騙されぬか心配になってきた」

皐月「安心しろ蟇郡。私は私の信じる者しか信用せん。セールスにはNoと言えるぞ」キリッ

蟇郡「犬牟田は変な輩ですから、次回からはお気をつけください」

皐月「善処しよう」

猿投山「後少し……後少しで光に……」

―――
――


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:40:56.56 ID:nslnL8DRo

犬牟田「やぁ纏流子」

流子「あ? なんだ四天王の変態じゃねぇか」

犬牟田「変態とはご挨拶だねぇ! 今日は折り入って相談があって来たんだよねぇ」

流子「相談だぁ?」

犬牟田「皐月様が寂しがっててね」

流子「あたしにゃあ関係ないねぇ」

犬牟田「『流子……寂しいよ流子……』ってね。枕を濡らしていらっしゃるんだ」

流子「あ、あの気の強い女がそんなこと言うわけないだろ!」

犬牟田「皐月様は姉君だからねぇ。妹に弱いとこを見せないだけなんだよ」

犬牟田「ある意味でお疲れなんだよ皐月様は」

犬牟田「癒しが欲しいから寂しくなるのさ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:41:45.44 ID:nslnL8DRo

犬牟田「そこでだ。今ここで君が何食わぬ顔で皐月様に会いに行けばどうなると思う?」

流子「知るかよそんなこと」

犬牟田「妹の株、爆上げだよねぇ! 皐月様もきっと可愛がってくれるさ」

犬牟田「寂しいなって時に『偶々』愛しい妹自ら来てくれるんだから、嬉しいよねぇ」

犬牟田「そこで『相談』の話に戻るんだけどさ?」

流子「回りくどくてねちっこいんだよ!!!」

犬牟田「お褒めに預り光栄だよ纏流子」

犬牟田「情報戦において相手の意識を上手く誘導、操作できたら勝ちなのは理解できるかな? ん?」

流子(クッソうぜぇ……)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:42:33.57 ID:nslnL8DRo

流子「……んで? なにをどうしろってんだよ」

犬牟田「言った通りさ。皐月様に会いに行けば良い」

流子(もう相談じゃねぇなこれ。強要だろ)

流子「だから会って何をしろって言ってんだ」

マコ「そんなこともわからないの流子ちゃん!」

流子「うわっ!マコ!?どっから湧いたんだよ!」

犬牟田「これも想定の範囲内だ。寧ろ纏流子を前にして満艦飾が湧いてこない確率は無に等しい」

流子「まぁマコだしな」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:43:27.06 ID:nslnL8DRo

マコ「駄目だよ流子ちゃん!何かをするか人に決めさせちゃ駄目!」

マコ「だって姉妹なんだよ? 流子ちゃんが一生懸命考えてくれるから皐月様だって嬉しいんだよ!?」

マコ「誰かに相談するのは良いかもだけど、流子ちゃんが決めないのは駄目だよ!そんなの皐月様は絶対喜んでくれないよ!」

マコ「だから流子ちゃんが皐月様にやりたいことをやっちゃえーー!!!」

流子「あいあい。了解了解」

犬牟田「慣れすぎて諦めも早いようだね」

マコ「マコも一緒に考えてあげるからね!」

流子「やっぱマコには勝てねぇわ」

犬牟田「んじゃあ何をするかは道ながらに考えておいてくれ。相談には乗ろう」

流子(……結構無茶ぶりだよなぁ)

流子「疲れてんなら……」

―――
――


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:44:18.87 ID:nslnL8DRo

犬牟田「皐月様!纏流子を連れて参りました」

流子(偶々はどこいったんだ)

流子「よ、よぉ」

皐月「よく来たな。ゆっくりしていくと良い」

犬牟田「では後は姉妹水入らずと言うことで……」シュバッ

皐月「そうか。ご苦労だったな」

マコ「流子ちゃん!後は考えた通りやってね!」ゴニョゴニョ

皐月「ん? 満艦飾も行ってしまうのか?」

マコ「はい!皐月様がシスコ……おっといっけない!皐月様が流子ちゃん大好きなのに私がいたら今回はお邪魔かも?」

マコ「って思ったんです! でも今度また流子ちゃんと遊びに来ますからねー!」シュタタター

皐月「……忙しい奴だな」

流子「騒がしい奴なんだよ……」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:45:24.68 ID:nslnL8DRo

流子「……先手必勝!」ストン

皐月「いきなり正座などしてどうした?」

流子「……こい!」

皐月「?」スッ

流子「お前も正座してどうするんだよ!」

皐月「いや、流行りの勝負事かと思ってな」

流子「……膝枕だよ!早くしろ!」

皐月「……は?」

流子(おいマコ!何か反応薄いが本当にこれで良かったのか!?)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:46:16.16 ID:nslnL8DRo

流子「いや、何か最近皐月が疲れてるって聞いたからよ……」

流子「あたしの膝を貸してやるって言ってんの!つべこべ言わず寝ろ!」

皐月「いや、枕なら自前のものが……」

流子「膝枕の方が疲れがとれるんだってよ!常識だぜ!?」

流子(PC変態野郎!本当だろうなぁ!?)

皐月「そうだったのか……」フッ

皐月「では遠慮なく借りるとしよう」キリッ

流子(恥じらいとか躊躇いがないよなこいつ)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:48:05.11 ID:nslnL8DRo

皐月「ふむ……いささか硬いが中々の寝心地だな」

流子「硬い?」カチン

皐月「うむ……しかしこの肉感が……」

流子「……納得がいかねぇ!」ガバッ

皐月「あいたっ」ゴン

皐月「急に立つな流子」

流子「皐月!正座!」

皐月「?」スッ

流子「あよっこいせ」

皐月「……膝枕して欲しいならそう言え」

流子「はん!皐月お嬢様の麗しの肌の硬さを確かめてやるってだけだ!」

皐月「……私のは硬いか?」

流子「……」

流子「ちくしょう柔けぇ……」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:49:09.45 ID:nslnL8DRo

流子「腹立つくらい寝心地良いなこれ」

皐月「そうだろう。この鬼龍院皐月に不可能はない」

流子「いやー膝枕の才能あるぜこりゃあ」ゴロゴロ

皐月「そうか。ならば存分に休むが良い……」

流子「……おー」ウトウト

流子「……」スヤスヤ

皐月「寝たか……これでは動けんな……」


――
―――


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:50:45.75 ID:nslnL8DRo

犬牟田「さぁて今回も防犯カメラのチェックといこうか」

蟇郡「また隠しカメラとは不埒な……」

蛇崩「蟇ちゃんもここにいる時点で同罪よね~」

蟇郡「お、俺はあまりに不適切な行動を犬牟田がとらないか監視してだな……」

蛇崩「どうだか~~~?」

蟇郡「ぐぬぬ……」

マコ「あー!流子ちゃんが膝枕で寝てるよー!」

一同「「「「なにぃ!?」」」」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:51:29.66 ID:nslnL8DRo

犬牟田「いや、立てた計画と違うんだけど」

マコ「でも流子ちゃん気持ち良さそうだよー!」

蟇郡「おのれ纏流子……!皐月様のおみ足に……不埒なぁぁぁぁぁぁ……!!!」

蛇崩「膝枕で不埒とかなに想像してんのよ」

犬牟田「むっつりゴリラだから仕方ないだろう」

蟇郡「むっつりなどではなぁい!!!!!」

マコ「そうだよ!蟇郡先輩はむっつりじゃないよ!」

蟇郡「満艦飾……!」

マコ「ただの変態さんだもん!」

蟇郡「……うっ」

蛇崩「うわぁ……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:52:19.50 ID:nslnL8DRo

犬牟田「!」

犬牟田「纏が起きたみたいだぞ!」

流子『んあ……悪り、寝かせるつもりが逆に少し寝てたわ……』

皐月『いや、構わんさ』

皐月『さて……』スタスタ

皐月『四天王の諸君、すまんが切るぞ』パチン

犬牟田「!?」

蟇郡「またか!?」

蛇崩「まともにカメラも隠せないの!?この駄目犬!」

犬牟田「ぐっ……次は必ず……!」

猿投山「くっ、俺が光にさえなれればVHSに焼き付けると言うのに……!無念……!」

マコ「流子ちゃん大丈夫かなー? ちゃんとお返し膝枕できるかなー?」

―――
――


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:53:45.90 ID:nslnL8DRo

流子「何だ急に、そこになんかあるのか?」

皐月「いや、なんでもないさ」

流子「……寝ちまったからお返しだ。膝枕してやるよ」

流子「……あいにくあたしのは硬いけどな」

皐月「そんなことはないさ。ちょうど良い硬さだ」

流子「……どうだかな」

皐月「流子、私はこれが良いんだ」

皐月「……流子のだから、これが良いんだ」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:54:28.28 ID:nslnL8DRo

流子「……ケッ」

流子「よくもまぁ虫酸が走るような台詞を言えたもんだな!」

皐月「そうか?」

流子「そうだ。……さっさと寝ちまえ」

皐月「うむ。そうするとしよう」

皐月「……」

皐月「……流子」

流子「……なんだよ」

皐月「……今度は私が流子達のもとへ出向いても良いか?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:55:41.88 ID:nslnL8DRo

流子「……何だってそんなにあたしに構うんだよ」

皐月「それは……」

皐月「流子が構ってくれなくて寂しいからだ」

流子「寝言は寝てから言うもんだ」

皐月「ふふっ。ならば私はもう寝ていることにしてくれ」

流子「なんだそりゃ」

皐月「それで、出向いても良いか?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:56:25.42 ID:nslnL8DRo

流子「……マコに皐月が遊びに来て良いか聞いといてやるよ」

流子「まぁマコの家族も皐月ならオールオッケーだろうけどな」

皐月「ありがとう。……なんとなく、断られるかと思っていたよ」

流子「……あたしだって寂しいからな」

皐月「寝言は寝てから言うもんじゃなかったのか?」

流子「あたしも寝てんだよ!」

皐月「なんだそれは」フフッ

皐月「……おやすみ、流子」

流子「……おやすみ、姉さん」



おしまい


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:57:11.26 ID:nslnL8DRo

何かまた平和なキルラキルを書きたくなったんです
依頼だしてきます


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 02:22:49.98 ID:7lJoanwvo


相変わらず再現度高い


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 07:31:06.33 ID:5VPNrYIJO

なんか面白かった。懐かしい



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿