TOP > アイドルマスター > 伊織「にひひ、これってお酒?にひひにひひひひひひひひひひひ」

伊織「にひひ、これってお酒?にひひにひひひひひひひひひひひ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:25:11.84 ID:hXaeyWCFO

ガチャ

P「さーて、誰もいなくなったところでお楽しみといきますか」

伊織「…………」

P「え、伊織?まだ残ってたのか?こんな遅い時間まで……ってそれ、俺のコップ……!」

伊織「」クルリ

P「まさか……飲んだ……?」

伊織「……にひひ、にひひひひっ♪」

P「」ビクッ

伊織「あらー?そこにいるのはぷろれうさーじゃなーい?にひひひっ♪」

P「完全に飲んでる…!いや、呑まれてる!?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:28:00.82 ID:hXaeyWCFO

伊織「もーう、くるのが遅いじゃないのよう♪」

P「そ、それどころじゃない!伊織、はやく吐き出せっ!吐けっ!」

伊織「しょんなの、アイドルができるわけないれしょー?あんたってほんとバカね~♪」

P「ああぁ……どうしよう、未成年アイドルが飲酒だなんて世間に知れたら……!伊織の人生大変なことに……!」

伊織「ぷろでうさー?ねえ、ぷおでるさーったら!」

P「いや、それよりもまず伊織の身体の心配だ……!はやく応急処置を……!」

伊織「…………!」

伊織「うわぁぁ~んっ!!」

P「!?」ビクッ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:38:29.64 ID:hXaeyWCFO

伊織「うぇぇぇ~ん……!あ~んっ!」

P「どどどどどどうした!?どこか痛いのか!?苦しいのか!?」

伊織「ぷろでるさーが無視するの!伊織ちゃんのこと、無視するの~っ!」

P「無視なんかしないぞ!ほら伊織っ!なでなで!」

伊織「あ……にひひっ♪」ギュムッ

P「うわっと!だ、抱きついてくるなんて伊織らしくないぞ?」

伊織「らって、ぷろりゅーさーと、伊織ちゃんは、ずーっと一緒なんだもん……♪」ギュムー

P「こんなとこ人に見られたらマズいぞ……は、離れなさい……!」グイー

伊織「やっ!やーだっ!ぷろるーさーは、伊織ちゃんのっ!」ギュムギュム

P「む、胸とか当たってるから!まずいから!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:47:07.35 ID:hXaeyWCFO

伊織「ん~っ♪ぷろりゅーしゃーの匂い~♪」

P「ひゃ!?か、嗅ぐなよっ!」

伊織「にゃによ。ぷろるーさーのくせに生意気よ!かぷっ!」

P「ぎゃっ!?か、噛むのはもっとダメだ!」

伊織「んむんむ……はむぅー♪」モチュモチュ

P「あっ、ちょまっ…!痛くすぐったいっ!」

伊織「ぷあんっ……にひひっ。痛かった~?まだまらお仕置きするんらからねっ……ぺろんっ!」

P「ひゃわぁ!?」ビクッ

伊織「ぺろぺろ……ちゅっ、ちゅぷぁっ……れろれろ……」

P「あっ!だ、ダメだっての……!そんな、舐められたら……っ!」ガクンッ

P(まずい、押し倒されるっ!?)ギュッ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:54:01.14 ID:hXaeyWCFO

ドスン

P「いてて……伊織、大丈夫か?」

伊織「……」ジー

P「ど、どうした?そんなに見つめて……」

伊織「ぷろりゅーさー……私を抱きしめてくれたの?」

P「ん?おわっ!すまん、危ないと思ってつい!」パッ

伊織「にひひ……♪ぷろりゅーさー、だーいすきっ!」ムギュッ

P「おぶっ!?だ、だから胸が!控えめな胸が俺の顔面に……!」

伊織「むちゅーっ♪」

P「のわーっ!?あ、アイドルの初チッスはとっておきなさいっ!」サッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:00:43.12 ID:6I+Ah2Z3O

伊織「むー!なんで避けるのよぉ~…ちゅっちゅっ!」

P「ダメだって!そういうのはちゃんと好きな人と!」サッサッ

伊織「もう!伊織ちゃんはぷろるーさーが、いーっちばん好きなのっ!」

P「い、今のお前は酔ってるんだよ!正気に戻りなさい!」

伊織「どおしてわかってくれないのっ!?こうなったらぁ~…!」

伊織「はむっ!」

P「あひっ!?み、耳たぶ!?」

伊織「にひひっ♪ぷろりゅーしゃーなんか食べちゃうんだから……!」ハムハム

P(い、いかん、逃げられん。俺の身体に密着してて、簡単に引きはがせない……!)

P(力を入れたら、伊織が痛がるだろうし……どうしたものひゃっ!?」

伊織「れろれろ……ちゅぱぁ……っ」

P(耳の穴に舌がぁぁぁぁ)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:10:52.41 ID:6I+Ah2Z3O

伊織「ふわぁ…ぷろりゅーしゃーの味……ちゅぷぷ……///」

P(うひぃっ……ぞ、ぞくぞくする……!伊織の甘ったるい吐息と、いやらしい水音が……っ!脳が支配されそうだ……っ)

伊織「ちゅむっ…んっんっ……むちゅぱっ……ぺろ…っ……あっ…///」

P(伊織の体温も暑くて……身体中の脈がドクドクいってる……意識が朦朧と……はっ!?)

P(い、伊織のやつ……スカートがめくれ上がってやがる……さすがお洒落なのをはいてるんだな…ピンクのフリフリがセクシーで……!)

P(って!そんなことを考えてる場合か!こんな状況で誰かきたら誤解されるぞ!伊織のアイドル人生が終わっちまう!)

伊織「……ね、ねぇプロデューサー……?」

P「へ……っ?」

伊織「こ、これ……私のお腹に硬いのが当たって……」サワッ

P「あふぅ!?」ビクンッ


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:23:07.60 ID:6I+Ah2Z3O

伊織「これ、なに……?」サワサワ

P「ま、まて!そこはマズい!」

伊織「……なんだか窮屈そうね……このままだと痛いんじゃない……?」サワサワ

P「いや、だからといってそこは取り返しが……っ!」

伊織「お、おとなしくしてなさいよねっ……!」ギュムッ

P「あぁあっ!だめぇぇえ……!」



ガチャ

小鳥「ぴぴぴ忘れ物~……」

P「あ」

小鳥「あ」

伊織「へっ……?」

小鳥「…………」

カシャッ

P「撮るなっ!!!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:33:31.94 ID:6I+Ah2Z3O

小鳥「こ、これは……ッ!夜遅くの事務所で…ッ!秘密の逢瀬ッ!!」

P「違いますからっ!これは事故みたいなもんで……!」

小鳥「だってだって!伊織ちゃんもプロデューサーさんも顔真っ赤にして!ハレンチだわっ!」

P「はっ!そういえば伊織!体調は大丈夫なのか!?」

伊織「ふぇ!?え、えっと……」

P「音無さん!お水ちょうだい!」

小鳥「どうぞアイマ水!!」サッ

P「お水ありがとう!ほれ飲め伊織ーっ!」

伊織「ちゅむっ!?んぅ~っ…!こくっ…こくっ……んっ……!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:41:41.08 ID:6I+Ah2Z3O

伊織「きゅぅ……」パタム

P「とりあえずあとは安静にしてもらおうか…」

小鳥「……プロデューサーさんプロデューサーさん」

P「え?」

小鳥「そのおっきくなったの、目のやり場に困ります」

P「ひゃあっ!?」サッ

小鳥「危ないとこだったわ…伊織ちゃんの純潔」

P「ち、違いますって!かくかくすけすけ!」

小鳥「ふむふむ。どのみち事務所でお酒飲んでるプロデューサーさんが悪いじゃないですか」

P「き、勤務は終了したんですよ?ただ個人的に資料の整理をしたかったので……」

小鳥「お酒飲みながら?」

P「はい……」

小鳥「律子さんにチクっときます」

P「すみませんでした!!!勘弁してください!!!!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:47:38.32 ID:6I+Ah2Z3O

後日

P「うーむ」

P(事務所で酒飲んでる俺が悪いのはもちろんなのだが……だからといってなぜ伊織が……?)

P(ん、ドアが開いてる?)

伊織「」ソワソワ

P(あれは伊織…?)

伊織「」キョロキョロ

伊織「……」

伊織「はむっ!」

P(!?お、俺のコップに口付けた!?)

伊織「……」チュッチュッ

伊織「……///」チュッチュッ

P「伊織ィー!!」

伊織「きゃあぁあっ!?」ビックーン


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:56:08.65 ID:6I+Ah2Z3O

P「伊織!何をしてるんだ!」

伊織「ぷ、プロデューサー!?こ、これは、あの……っ!///」アタフタ

P「コップ間違えてるぞ!伊織のコップはこのゴージャスなのだろ!」

伊織「……へ?」

P「まったく、コップ間違えるなんておっちょこちょいなんだから!」

伊織「……」

P「まさか昨日もコップ間違えたのか!?だから酔っぱらっちゃったんだな!まったくおっちょこちょいなんだからなんだからっ!」

伊織「…………」

P「はっ!?まさかのまさか、俺にちゅっちゅしたのもか!?俺をゴージャセリティセレブリティプディングかなんかと勘違いしたのか!?だからあんなに情熱的にちゅっぱちゅっぱと……」

伊織「っっ///」カー

伊織「こんのぉ……へんたいーっ!!」ドカーン

P「ぎゃー!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 01:00:23.49 ID:6I+Ah2Z3O

伊織「あ、ああああんた!あれだけしておいてまだわかんないわけっ!?」

P「な、なにがだ!?ホワイッ!?」

伊織「おっちょこちょいであんな恥ずかしいことするわけないじゃないっ!ばか!えっち!!」

P「あれ?伊織、酔ってなかったのか?」

伊織「よ、酔ってたわよっ!じゃなきゃあんな恥ずかしいことするわけないじゃないっ!You pervert !!」

P「つまりどういうことだってばよ?」

伊織「~っ!この朴念仁っ!女泣かせっ!だめんずっ!ロリコンっ!最低人間っ!(好きっ)単純男っ!おたんちんっ!オロカモノっ!いかれぽんちぃ!」

P「まてまてまてまて!今ささやかな声でなんて言った!?」

伊織「……」

P「伊織?」

伊織「…………好きっ///」

小鳥「えんだぁぁぁぁぁぁぁぁ」


終わり


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 04:36:09.63 ID:zcr83GVHO


これは乙じゃなくていおりんの前髪



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿