TOP > ディーふらぐ! > 風間「今日はゲーム製作部(仮)の活動日だったな」

風間「今日はゲーム製作部(仮)の活動日だったな」

2017/05/16 22:03 | ディーふらぐ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:21:18.66 ID:veaFM4+00

ザーザー

風間「今日は雨か」

風間「…チッ仕方ねーな」

風間「部活に行くつもり無かったんだが、雨がやむまで暇潰しで行くとするか」


ガララララッ


芦花(炎属性)「あっ、風間さんこんにちは」

風間「うっす」

芦花「ふー今日は寒いですね」

風間「ああ、雨も降ってるしな…」

芦花「…」

風間「…」


風間「って!何でお前は水着なんだよ!!寒くて当たり前だ!」

芦花「そんな。あまりジロジロ見ないでくださいよ//」

風間「びっくりして思わず見ちまったよ!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:23:35.27 ID:veaFM4+00

桜(水属性)「先輩はダメですね。SSなんですから、言わなければ誰もわからないのに」

風間「メタ発言はやめろ!って、お前は体操服(ジャージ)かよ!」

桜「ちなみにジャージの下は短パンです」

風間「そこはブルマにしておけ!!」



千歳(土属性)「そういうお前は全裸のくせに」

風間「全裸じゃねーよ!見えないからって適当に言うな!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:26:36.30 ID:veaFM4+00

高尾(部長)「っ~//」

風間「高尾!?俺は全裸じゃないからな!別に顔真っ赤にして目を閉じなくてもいいんだぞ!?」


千歳「開始早々うるさいぞ。この全裸が」

風間「だから、全裸じゃねーって言ってるだろーーー!!!」


芦花「風間さんが全裸属性…裸属(らぞく)でも部室から追い出したりしませんからね」

風間「テメーらはそんなに俺を全裸にしたいのか!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:30:36.49 ID:veaFM4+00

………


芦花「寒かったのでジャージに着替えました」

風間「つーか制服はどうした制服は」

千歳「なんだお前はそんなに芦花の制服が好きなのか?」

芦花「えっ//」

高尾「そ、そうなの!?」

風間「学校で制服を着てない事に、疑問を感じたらいけないのかーーーー!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:33:37.38 ID:veaFM4+00

桜「そう…実はこれには深い訳があるんです…」

風間「え?お前が答えんの?」


■数十分前~~~~~~~~~~~~~~

桜「わーい!雨だー水ー水ー♪」

回想終了~~~~~~~~~~~~~~~


風間「ってそれだけかよっ!」

桜「そう水でびしょびしょになった私は仕方なく…」

風間「いやもう説明はいいから!あと無駄にシリアスっぽい顔やめろ!」


風間「って、あれ?お前は?」

芦花「私はその『宇宙エロ本争奪ゲーム』の新キャラのモデルを」

風間「じゃあ、ジャージじゃなくて制服着ろよ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:37:35.70 ID:veaFM4+00

芦花「ふふふふ。風間さんが興奮する気持ちもわかります」

風間「はあ!?なんだよ!」

芦花「ついに女性キャラが登場するんですよ!女性キャラが水着で!」

風間「……………そうなのか。お前が嬉しそうで良かったわ」

芦花「そんな…私の水着姿が良かったなんて//」

風間「言ってねーからな!俺そんな事、言ってねーからなーー!」


高尾「私は制服よ!悪かったわね!」

風間「悪くねーよそれが一番だよ!」

高尾「えっ?あっ…うん。そっか、一番か…」

風間「ん?」


千歳「ちなみに私はニーソだ。よかったな足フェチ」

風間「そういうネタはもうやめろ!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:39:46.66 ID:veaFM4+00

………

千歳「雨だし暇だな…」

高尾「晴れてても暇なくせに」

芦花「そんな事はありませんよ…いやあります?」

千歳「うーん、難題だな」



風間「…」

高尾「あんたは何を読んでるの?」

風間「漫画だよ」

高尾「それは見ればわかるんだけど…」

風間「じゃあ聞くな」

高尾「…」

風間「…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:43:01.50 ID:veaFM4+00

高尾「ねえ、好きなマンガって何?」

風間「…」

高尾「ねえ、ゲームとかするの?」

風間「…」

高尾「ねえ、好きな食べ物って何?」

風間「うるせーーーーーーーーーー!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:45:42.56 ID:veaFM4+00

高尾「な、何よ」

風間「人が読んでる最中に話しかけんな!」

高尾「わ、私は部員とコミュニケーションを…」

風間「お前は『ゲーム製作部』の部長だろうが!」

高尾「そ、それはその…」

風間「というか、お前はここにいるんだよ!?」

高尾「私はただここの連中が、ちゃんと部活動をやっているか見張ってて…」


芦花「風間さん!高尾さんを責めないでください!」

千歳「そうだぞ!こいつはお前より部への出席率が高いんだぞ!」

風間「そうなのか?」

高尾「え?あっ、それはその…ほら私って真面目だし…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:48:57.02 ID:veaFM4+00

千歳「ただ風間がいないと、なぜかすぐ帰るがな」

芦花「えっ!?そうだったんですか!?」

風間「いやお前は部長だろ!?気付けよ!」

高尾「あ、あの勘違いしないでよね。別にあんたがいないから帰るんじゃなくて…」

風間「え?ああ、わかってるって」

高尾「え?」


風間「ほら常識人が俺しかいないから、空気に耐えられなくて帰るんだよな?わかるぜその気持ち」

高尾「え?」

千歳「待て!その言い方だと、まるで私達が常識人じゃないみたいだな?」

風間「お前、常識人のつもりだったの!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:51:45.47 ID:veaFM4+00

高尾「そ、そうよ。ツッコミ役がいないと困るから帰ってるのよ!」

風間「ツッコミ役?俺がいつそんな役割になったんだよ?」

千歳「お前、まさかツッコミ役じゃないとでも思っていたのか?」

風間「な、何だと…俺は当初最強の役だったはずなのに…」

千歳「無個性がほざくなよ」

風間「…」


高尾「べ、別にいいじゃない。ツッコミだって…その個性的でいいと思うわよ」

風間「……そうか?」

高尾「ええ。そうよ。立派だと思うわ」ニコッ

風間「…」


大沢(雷属性)「青春だな」

風間「ってあんたいたのかよ!!」

芦花「…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:54:45.65 ID:veaFM4+00

■下校の時間

ザーザーザー


風間「あー、まだ降ってる…」

風間「傘持ってきてねーし。仕方ねーな。濡れて帰るか」

高尾「あれ?あんたまだいたの?」

風間「ああ、傘忘れちまってな」

高尾「そ、そうなんだ…えーと…」

風間「ん?」

高尾「そ、その、私と一緒でいいなら…えーとその入っていかない?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 23:58:26.72 ID:veaFM4+00

風間「いや、それは…」

高尾「普段、あの部室でお世話になってるし、それにほらね。今の季節。ぬ、濡れると風邪ひくしー……とか」

風間「う~ん」

高尾「他にも色々とあるかもー……とか?」

風間「あー、そうだな。じゃあ、お願いするわ」

高尾「っ~」パァァァ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:01:29.95 ID:3a4OsI0Z0

風間「じゃあさっさと帰ろうぜ」

高尾「うん!うん!帰る帰る!」

風間「お、おう?」

芦花「待って下さい」

風間「おう!?」


芦花「風間さん、その傘じゃ小さすぎて濡れてしまいます」

風間「ん?確かに小さいな」

高尾「べ、別に私は濡れても」

風間「いや、お前の傘なのにお前が濡れるのはダメだろ」

高尾「わ、私の事を考えてくれてるの?」

風間「え?そりゃあ、お前の傘だし」

高尾「…えへへ」ボソッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:04:22.41 ID:veaFM4+00

芦花「じゃあ、やはり私の、このとても大きな傘で一緒に帰るべきですね」

風間「ん?そうだな。そっちの方が大きいし、二人でも濡れないな」

高尾「え!?何でそういう話になってるの!?」


風間「いや、普通に自然な流れだったと思ったが」

芦花「そうですよ。自然なことです。風間さんは私の傘の方がいいと思ってくれたんですよ」

高尾「え?私じゃダメって事!?」

風間「明らかに小さいしな」


芦花「ほら風間さんも認めてくれています」

高尾「うっ」

風間「…」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:07:06.41 ID:3a4OsI0Z0

高尾「そ、そもそも、私が先に誘ったのよ!?」

芦花「よく考えてください。ジャンケンは後から出した方が勝ちます。つまりそういうことです」

高尾「ごめん!よく考えてもそれは全然意味がわからないわ!」



芦花「でも風間さんは私の方がいいと言ってくれていますよ?」

高尾「傘がでしょ!?傘が!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:10:08.20 ID:3a4OsI0Z0

芦花「それに風間さんは私の部員。何かあったら私の責任です」

芦花「ここは私が面倒を見るべきです。違いますか?」

高尾「で、でも!私だって部長よ!」


芦花「ふぅ~。埒があきませんね。では、風間さんに決めてもらいましょう」

高尾「そ、そうね。私もコイツが言うなら納得するわ」

芦花「さあ風間さん!小さくてびしょ濡れになる傘か、大きくて安心して帰れる傘か選んでください!」

高尾「最初に誘ったのは私なんだから!それをちゃんと考慮しなさいよ!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:13:29.40 ID:3a4OsI0Z0

芦花「…」

高尾「…」


芦花「…」

高尾「…」

芦花「って、あれ?風間さんは何処に?」

高尾「待って、書き置きがあるわ」



風間『俺は高尾の傘で帰るから、二人で大きい傘で帰ってくれな』


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:16:50.80 ID:3a4OsI0Z0

芦花「…」

高尾「…」


芦花「ふふっ」

高尾「…」


芦花「まったく風間さんは…」ゴゴゴゴゴゴ

芦花「どこまで私を馬鹿にすれば、気がすむんですか」


高尾「今回ばかりは私も同意だわ」ゴゴゴ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:19:39.87 ID:3a4OsI0Z0

ザーザーザーザーザー


芦花「…」ゴゴゴ

高尾「…」ゴゴゴ

芦花「…」

高尾「…」


芦花「とりあえず、一緒に帰りますか」

高尾「そ、そうね」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:22:36.29 ID:3a4OsI0Z0

スタスタ


芦花「高尾さん。いくら大きい傘と言っても濡れます。もうちょっとくっついてください」

高尾「そうね」


スタスタ


芦花「何で私達、こんな展開になったんでしょうね…」

高尾「本当よ!何でこうなったのよ!全部アイツのせいだわ!」



………


芦花「次の日、風間さんは袋詰めに遭いました」

風間「ちくしょーーーーーーーーーーー!」




       終わり


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:23:18.03 ID:3a4OsI0Z0

これにて終わりになります
支援&見てくれてありがとうございました!
また機会があったらよろしくお願いします!


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02(日) 00:27:25.56 ID:d0JMk3+oP

おつおつ



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿