TOP > キルミーベイベー > ソーニャ「キルミーベイベー」

ソーニャ「キルミーベイベー」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:22:47.26 ID:T8Dh1aP30

私は殺し屋だ。組織の中でも最も多くの人を殺している。

幼い頃から殺し屋として働いていたのもあるが、今の私には目的があった。

ある殺し屋を殺す。

それが高校の頃からの私の目的だった。


12: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:28:27.27 ID:T8Dh1aP30

冷たい、暗い、そして黒い部屋のドアを開けると誰もいないことを確かめた後電気をつける。

部屋にはベッドと机、そしてパソコン以外には何もない。

私は重いドアの鍵を何重にも閉めるとベッドに横になりそっと目を閉じた。

組織の間ではキチガイとか、悪魔とか死神とか……いろいろな呼ばれ方をされているらしい。

以前のプライドの高い私ならば怒っていただろうが、今の私はそんな気が起きない。

明日のターゲットを殺す方法を考えながら目を閉じるとすぐに眠気が襲い掛かってきた。

明日も朝から従の整備をしなければいけない。その後すぐにターゲットを殺す。そして余った時間で……。


16: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:30:34.14 ID:T8Dh1aP30

やすな「ソーニャちゃん!」

私のことを友達と呼んでくれた少女が語りかけてくる。

やすな「ひどいよ、ソーニャちゃん! いい加減に学習してよ!」

そいつは、馬鹿で、アホで、やっぱり馬鹿で……。

やすな「大丈夫、ソーニャちゃん。私がついてるよ!」

……私の、唯一の親友だった。


17: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:34:57.80 ID:T8Dh1aP30

ソーニャ「朝、か……」

夢を見た。

いやな夢だった。

私は銃の整備をした後、固いパンを食べ、そのまま仕事に向かった。

今回の仕事はマフィアのボスの暗殺だった。

邪魔する兵士をナイフで殺し、ターゲットを銃で撃ち殺した。

仕事を終えるとシャワーを浴び、知り合いの情報屋に会いに行く。

私に頼まれている情報はまだ見つかっていないそうだ。


19: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:39:37.62 ID:T8Dh1aP30

今度のターゲットは子供だった。

このターゲットは組織からの依頼ではなく、国からの依頼だった。

よくある大統領の息子や娘を暗殺させる自作自演だ。

下手な殺し屋は捕まるであろうが、私は違う。

無邪気にはしゃぐ子供の心臓をためらいもなく銃弾で打ち抜くと黒服の男たちが騒ぎ出す前にその場を後にした。

昔の私なら殺すことを躊躇っただろう。

だが、これも仕事だ。仕方がない。


21: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:42:52.88 ID:T8Dh1aP30

殺した。

今日も、何の罪もない人間を。

いや、何の罪もないというのはおかしいか。

本当に何の罪もないのなら、依頼なんてくるはずがない。

その罪を償うために、死ぬんだ。

だから私が引導を渡しているんだ。

昔の私の「いいわけ」だった。

自分の罪から逃れるための……。


23: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:45:34.40 ID:T8Dh1aP30

やすな「ソーニャちゃん!」

やすな「ありがとう、ソーニャちゃん!」

やすな「ひどいよ、ソーニャちゃん!」

やすな「あそぼーよ、ソーニャちゃん!」

夢の中で、またあいつが騒いでいる。

やめろ。その名前で呼ぶな。

やすな「……ソーニャちゃんは、私に命令できる立場なの?」

ソーニャ「え……?」

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


24: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:48:16.80 ID:T8Dh1aP30

いやな夢を見た。

親友の夢。

汗がひどい。

服を脱ぎ捨てシャワーを浴びる

黒い部屋の中で音がした。

あの音はメールの届く音だ。

一糸纏わぬまま部屋へ戻ると情報屋からメールが届いていた。

赤い髪の殺し屋が、見つかったそうだ。


25: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:50:50.23 ID:T8Dh1aP30

あの日以来、初めての依頼のキャンセルをした。

私は銃の整備をすると懐にナイフを忍ばせた。

防弾チョッキも用意した。

情報屋に今までためた大金を払いそいつの情報をすべて受け取った。

明日、計画を実行に移す。

この数年、待ち望んでいた最初で最後のチャンスだ。

絶対に、あの殺し屋を殺す。


26: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 01:56:25.17 ID:T8Dh1aP30

やすな「ソーニャちゃん! 今日の放課後はどこへ行こうか?」

ソーニャ「私は忙しいんだ。またにしてくれ」

また、あの夢だ。

やすな「またまたー、ほんとは私と遊びたいくせに!」

ソーニャ「誰がお前なんかと……もういい、帰るぞ!」

せめて、あのときに遊びにいってやればよかった。

やすな「ひどっ! ……! ソーニャちゃん、危ない!」

ソーニャ「誰がそんな言葉に騙されるかっ! ……って、うわっ!!?」

いつにない、やすなの本気の体当たりで、私はバランスを崩し倒れた。

ソーニャ「お前、何考え……っ!!?」

やすな「……ソーニャちゃん……だい、じょーぶ……?」

やすなの背中に、ナイフが刺さっていた。


30: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:01:07.95 ID:T8Dh1aP30

ソーニャ「だ、誰か、救急車を!」

毒のにおいがした。なぜ、その瞬間まで気がつけなかったのだろうか。

ソーニャ「大丈夫か!? すぐに病院に……!」

私の手がどんどん赤く染まっていく。

やすな「……えへへ……こんなに……やさ、しい……そー、にゃ、ちゃん……はじ、めて……」

ソーニャ「しゃべるな!」

やすな「……もう、いえなく、なっちゃうから……だから、これだけは、いいたいんだ……」

ソーニャ「そんなわけない! 言えなくなんてならない! だから……」

やすな「……ありがと……」

そういうと、あいつは目を閉じた。

ソーニャ「……や、すな……? うそ、だよな……おい、やすな!!! うわああああああああああああ!!!!」

その日、私の親友は……この世を去った。


32: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:05:12.40 ID:T8Dh1aP30

それから、私の視界に色彩はなくなった。

高校をやめ、情報のために金を集める日々。

毒のついたナイフ、そしてその日学校で目撃された赤い髪の不審者。

これだけの情報だったが、ついにやすなを殺した殺し屋を見つけ出すことが出来た。

私は、仕事をするための服に着替えると、黒い部屋を出た。


37: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:10:10.57 ID:T8Dh1aP30

勝敗がつくのはあっけなかった。

銃撃戦も、接近戦も、終始私が優勢だった。

皮肉なことに、今までの経験が役に立っているのだ。

そいつは、自分が何をしたのかわかっていないようだった。

ソーニャ「……お前が、3年前に殺した女子高校生のことを覚えているか?」

殺し屋「そ、そんなもの、いちいち覚えているわけがないだろ!!!」

私は、両足を打ち抜き、腕をナイフで刺し、そのままそいつを拘束した。

簡単に殺しはしない。もっと、もっと苦しませるんだ。

最初で最後の会話から数時間後、そいつは苦しみながら死んだ。

目的が達成できた瞬間、私はとても虚しい気持ちになった。


42: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:13:14.99 ID:T8Dh1aP30

翌日、私は依頼で日本の高校に来ていた。

以前の私のような殺し屋が組織にとって邪魔な存在らしい。

私はその高校の制服を着ると、その殺し屋を殺すために高校に潜入した。

殺し屋は簡単に見つかった。友達と喧嘩をしているようだった。

私はその背後にそっと忍び寄り、ナイフを出した。


45: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:17:16.17 ID:T8Dh1aP30

「あぶない!」

殺し屋の友達が、私の前に現れた。

あまりに突然の出来事で手を止めることができず、私はそいつをさしてしまった。

そして、あの日の出来事がフラッシュバックする。

殺し屋は泣きながら私に銃を向けた。

私は頭が真っ白になったまま走って逃げ出す。

屋上まで逃げるが、ついに追い詰められてしまった。

「なんで……なんであいつを刺したんだよ!!!」

泣き声の混ざった叫びが屋上に響く。

あのときの、私がそこにいた。


47: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:22:31.81 ID:T8Dh1aP30

もしも、ここで私が逃げれば、彼女はどうするのだろう。

私のように復讐だけを考えて生き続けるのだろうか。

私のように、何人もの人を殺すのだろうか。

その時、親友の声がした。

やすな『そういう仕事は、いけないと思うな』

そうだ。

私が今までやってきたことは、罪なのだ。

いまさら、気づいた。

私は、あの殺し屋と同じだった。

救われたいと思った。

もし、救われるとすれば、方法はひとつだった。

ソーニャ「キルミーベイベー(殺してみろ、可愛い子ちゃん)」

銃声が、木霊した。


50: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:26:28.20 ID:T8Dh1aP30

ソーニャ「……いい、友達だな」

「当たり前だ!!! なのに……なんで……」

ソーニャ「急所は、外れてる……私の、胸ポケットの……薬を、飲ませれば……毒も、抜ける……」

「……え……?」

ソーニャ「……私のターゲットは、お前だ……あの子じゃ、ない……」

多分、私は少しでも救われたかったんだろう。

でも、こんなことで罪を消せるわけではない。

私の胸ポケットからカプセルを持ち出すと、その殺し屋は走り去って行った。

空の青さが、目に染みた。

ソーニャ「なんだ……まだ、色が見えるんだ……私……」


52: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:30:07.90 ID:T8Dh1aP30

……ソーニャちゃん……。

ソーニャ「……なんだよ、迎えに来たのか」

……言ったでしょ。ずーっといっしょだよって。

ソーニャ「なら、もっと早く会いに来てくれよ」

……わっ、素直なソーニャちゃん、初めてだ!

ソーニャ「……やすな、これからは……ずっと一緒だ」

……うん。



青い空の下。

死神と呼ばれた優しい殺し屋は、その短い生涯を閉じた。

だが、その死顔は……とても穏やかなものだった。

まるで、暖かい優しさで包まれているかのように。


終わり


54: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:31:00.59 ID:T8Dh1aP30

って言うネタをキルミーベイベーの1話を見て思いついたのですよ


55: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:33:37.13 ID:ItHuG7SU0

もう終わっちまった乙
よく一話だけでここまで思いつくな


58: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:35:14.70 ID:T8Dh1aP30

>>55
キルミーベイベーと殺し屋だけど根は優しい感じの女の子とアホだけどいい子
これが妄想の発端


57: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:35:07.19 ID:ItHuG7SU0

つーかあぎりーんは生きてんのか?


59: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:35:51.97 ID:T8Dh1aP30

>>57
はい~。これが、有名な厨二病の術ですね~。


61: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 02:38:02.08 ID:T8Dh1aP30

それじゃ、そろそろ寝る。



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿