TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、北の大地で流星群を見る」

ガヴリール「千咲ちゃん、北の大地で流星群を見る」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:02:44.440 ID:xqlrtcGn0.net

-湖のほとりの温泉旅館-



タプリス(前略、天界のお父さんお母さん)

タプリス(わたしは今、学校の先輩たちと共に)

タプリス(大型連休を利用して、北海道旅行に来ています)

タプリス(あ、北海道というのは、わたしが下界で住んでいる国の最北に位置して――)

タプリス(って、その話は前もしましたよね)


タプリス(たくさんの自然に囲まれた北海道で)

タプリス(いろんな美味しいものを食べながら、素敵な場所を巡りながら)

タプリス(ついに最終目的地である、ここ、湖の温泉街にやってきたのです)


タプリス(と言っても、ただの温泉街ではありません)

タプリス(ここの湖にはなんと……)


タプリス(空に、巨大な円盤が浮いているのです!)


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:04:56.136 ID:xqlrtcGn0.net

ガヴリール「私は、ここでずっと温泉に浸かってるわ」

ヴィーネ「えぇ……せっかくここまで来たんだし、街に観光に行きましょうよ」

ガヴリール「どうせこんな小さな街、見るところなんてないだろ」

ヴィーネ「空にあんな円盤が浮かんでるのよ! もっと興味を持ったって……」

ガヴリール「円盤なら、ここからでも見えるしな」

ガヴリール「というかもう、見飽きた」

サターニャ「温泉なんてどこでも入れるのに、ほんとダメ天使ねぇ」

ガヴリール「ほっとけ」

ヴィーネ「それでラフィは?」

ラフィエル「私も、お湯の魔力に逆らえそうにありませんので……」

ヴィーネ「そ、そう……」

タプリス「じゃあ、わたしも……」


サターニャ「あんたは私たちと来なさい、タプリス」

タプリス「えぇ……」

ヴィーネ「タプちゃん、お願い」

ヴィーネ「サターニャと二人きりなんて、どっと疲れるに決まってるもの」

ヴィーネ「私の癒やしになって、ね?」

サターニャ「さらっと、ひどいこと言ってるわね、ヴィネット……」

タプリス「わ、わかりました。わたしも、円盤には興味がありますし」

ヴィーネ「ありがとっ、タプちゃん!」


ガヴリール「じゃあ、悪魔どもに食われんようにな、タプリス」

ヴィーネ「食うかっ!」

タプリス「あははは……いってきます」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:06:58.922 ID:xqlrtcGn0.net

-湖畔の遊歩道-


タプリス「すごいです、石がずらっと敷き詰められてます」

ヴィーネ「ええ、なんか常に、足つぼマッサージを受けてるような感じね」

サターニャ「そうかしら、歩きづらいだけじゃない?」


タプリス「それにしても、まずはどこに行きましょうかね」

ヴィーネ「そうねぇ、観光マップは見ているけど……」

ヴィーネ「円盤の他には……温泉とお土産店くらいしか無いわね」

サターニャ「じゃあ、お土産店に行ってみましょ」

タプリス「賛成です!」

ヴィーネ「お土産店は最後にしたかったんだけど……まぁいっか」

ヴィーネ「どんな品揃えなのか見るだけでも楽しそうだしね」



-湖畔のお土産店-


店員の少女「いらっしゃいませー」

サターニャ「へえ、お店の中、結構広いじゃない」

ヴィーネ「ええ、繁盛しているのかしらね」

タプリス「わっ、見てください。円盤のグッズがこんなに……」

ヴィーネ「円盤まんじゅうに、円盤キーホルダー……」

ヴィーネ「円盤のぬいぐるみなんてのもあるわ」

サターニャ「さすが円盤の街……円盤尽くしじゃない」


タプリス「こう見ると、あの円盤も街の人からは愛されてるんですね」

ヴィーネ「でも、あんな巨大な円盤が空にあって、本当に安全なのかしら……」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:08:56.293 ID:xqlrtcGn0.net

店員の少女「それについては、全く問題ありませんよ」

ヴィーネ「あ、すみません、聞こえてしまいましたか」

店員の少女「いえいえ。どなたでも、そう感じるのは自然だと思いますから」

サターニャ「実際どうなの? 落ちてきたりしないの?」

タプリス「く、胡桃沢先輩、失礼ですよ」

店員の少女「大丈夫ですよ。えっと、ですね……」

店員の少女「あの円盤がこの街に現れてから、もう数年が経ちますけど」

店員の少女「特に実害があったという話は、聞いたことがないですね」

ヴィーネ「そうなんですか」


店員の少女「安全上の問題で、毎年開かれていた」

店員の少女「花火大会がなくなってしまったくらいでしょうか」

サターニャ「まぁ、それが威嚇になってしまったら、まずいわよね」

タプリス「威嚇って、何のことです?」

サターニャ「あの円盤の中には、この星を侵略しようとする宇宙人が乗っていて」

サターニャ「実は、ここを監視している! とかだったりして!」

タプリス「そんなまさか……」

店員の少女「ふふっ、そんな噂も過去にはありましたね」

ヴィーネ「やっぱりあったんだ……」


店員の少女「ですが、私たちのようにお店を営んでいる側としては」

店員の少女「そんな噂も、万々歳ですから」ニコッ

ヴィーネ「あはは、商魂たくましいわね」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:10:56.463 ID:xqlrtcGn0.net

ヴィーネ「それでは、私たちはもう少し、この街をぶらぶらしようと思いますので」

ヴィーネ「帰りにまた寄って、お土産買わせてもらいますね」

店員の少女「わかりました。お話、お付き合い頂き、ありがとうございます」

店員の少女「またのお越しをお待ちしております」ニコッ



-湖畔のお土産店 外-


タプリス「店員さん、とても感じの良い方でしたね」

ヴィーネ「ええ、歳は私たちとそんなに変わらないように見えたのに」

ヴィーネ「あんな風に働いているなんて、すごいと思うわ」

タプリス「そうですね……、って、なんか怪獣のポップがありますよ」

ヴィーネ「ああ、顔を出せる穴が空いてるわね。サターニャ、撮ってあげましょうか?」

サターニャ「ほんと!? って、あんな子供だまし、私がやるわけないでしょ!」

ヴィーネ「今、一瞬、すごく喜んでたじゃない……」

タプリス「これだけ円盤推しなのに、円盤のポップじゃないんですね」

ヴィーネ「さすがに円盤から顔を出すのは、シュールすぎじゃないかしら……」

タプリス「あはは……ですね」


サターニャ「それより、次はどこ行くのよ」

ヴィーネ「そうねぇ、観光マップによると……」

ヴィーネ「街外れに、天文台があるらしいわ。景色が良いみたいだけど」

タプリス「それいいですね! 湖もよく見えるかもしれません」

サターニャ「景色、ねぇ……まぁ、他に行くとこないなら、いいわよ」

ヴィーネ「じゃあ次は、天文台で決定ね」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:12:24.985 ID:xqlrtcGn0.net

-天文台前-


タプリス「はぁ……はぁ……、結構、距離ありましたね」

ヴィーネ「ええ。途中、けもの道に変わったかと思ってびっくりしたけど」

サターニャ「何よ、あんたたち。だらしないわね」

タプリス「さすが胡桃沢先輩ですね。ピンピンしてます」

サターニャ「あんたたちとは、鍛え方が違うのよ」

ヴィーネ「それにしても……ここ、本当に観光名所なのかしら」

ヴィーネ「雑草は生い茂ってるし、建物もぼろぼろだし……」

タプリス「知る人ぞ知る、感じなんですかね」

サターニャ「とりあえず中に入るわよ」

ヴィーネ「ちょっとサターニャ! 危ないわよ!」

タプリス「わ、わたしたちも行きましょう!」

ヴィーネ「ええ」



-天文台-


ヴィーネ「外観ほどじゃないけど、中も人の手が入ってる感じはしないわね……」

タプリス「ホコリまみれで薄暗いですし……、なにか出てきそうで怖いです」

サターニャ「なにかって、何よ。もしかして、お化け?」

ヴィーネ「ひっ、や、やめてよ、サターニャ!」

サターニャ「ヴィネット……もしかして、お化けが怖いの?」

ヴィーネ「そ、そんなはずないじゃない!」


~♪ ~♪ ~♪

ヴィーネ「ひえっ! お、お化け!?」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:13:34.649 ID:xqlrtcGn0.net

サターニャ「上の方から、何か聞こえるわね」

タプリス「これは……鼻歌? ですかね。他に誰かいるんでしょうか」

サターニャ「行ってみるわよ」

ヴィーネ「ちょ、ちょっと、やめましょうよ……」



-天文台 最上階-


青髪の幼女「~♪ ~♪」

タプリス「素敵な曲……って、お、女の子?」

青髪の幼女「……ッ」クルッ

ヴィーネ「ひっ!?」

青髪の幼女「こんにちは」ニコッ

タプリス「あ、えと……こ、こんにちは」

青髪の幼女「おねーさんたち、何かご用?」

タプリス「よ、用と言いますか、えっと……ここには観光で来ていて」

ヴィーネ「か……」

タプリス「か?」

ヴィーネ「かわいいぃぃぃぃっ!!」

タッタッタッ

ヴィーネ「あなた、こんなところで何してるの! 一人? 一人なの!?」

青髪の幼女「わっ、わわっ」


サターニャ「さっきまであんなに怖がってたくせに……」

タプリス「月乃瀬先輩、かわいい子に目がないですからね……」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:14:26.028 ID:xqlrtcGn0.net

青髪の幼女「えっと……ここにはね、流星群を見に来たの」

ヴィーネ「流星群?」

青髪の幼女「うんっ。今日の夜、とってもすごい流星群がここで見られるから」ニコッ

タプリス「それは知りませんでした。で、ですけど、まだお昼ですよね?」

青髪の幼女「待ちきれなくて、もう来ちゃった、えへへ」

ヴィーネ「……ッ」キュン


ぎゅぅ

ヴィーネ「もう! もうもう! かわいすぎる~」スリスリ

青髪の幼女「あわわ……く、苦しいよ」


くぅぅぅ

青髪の幼女「あっ」カァァ

ヴィーネ「あれ。もしかして、お腹すいたの?」

青髪の幼女「……」コクッ

ヴィーネ「じゃあ、私たちとごはんを食べに行きましょう!」

青髪の幼女「ほんと!? 行きたい!」

ヴィーネ「夜までまだ時間はあるし、平気よね?」

青髪の幼女「うんっ!」


タプリス「こんな、かわいらしい子と一緒にごはんだなんて、楽しみですね」

サターニャ「これって、誘拐っていうんじゃないの……」

タプリス「ま、まぁ。地元の子みたいですし、戻ってくれば大丈夫ですよ」


ヴィーネ「さあ、行きましょう!」

青髪の幼女「おー!」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:15:28.318 ID:xqlrtcGn0.net

-喫茶・洋食店-


からんからん


サターニャ「へぇ。結構、雰囲気の良いところじゃない」

青髪の幼女「ここのオムライスが、とってもおいしいの!」

ヴィーネ「地元の子に教えてもらえてよかったわね」

サターニャ「やるじゃない、ちっこいの。褒めてあげるわ!」

青髪の幼女「ソースはね、えーっと、デミグヌフソース! がおすすめだよ!」

サターニャ「何それ、すっごい悪魔的な名前ね! 気に入ったわ!」

ヴィーネ「デミグラス、だと思うわよ……」


――

タプリス「わっ、すごい、おいしそうです! い、いただきます!」

青髪の幼女「ん~、おいし~」モグモグ

タプリス「ふふっ、本当においしそうに食べてますね」

タプリス「あ、口にソース付いてますよ」フキフキ

青髪の幼女「えへへ、ありがとう」


ヴィーネ「……」パシャパシャ

サターニャ「ヴィネットは、ちっこいの撮りすぎ。料理も少しは撮りなさいよ」

ヴィーネ「はっ!? つい手が……」


タプリス「ほら、こっちのも食べてみてください。はい、あーん」

青髪の幼女「あーむっ。ん~、おいしーよー♪」

ヴィーネ「……」パシャパシャ


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:16:23.851 ID:xqlrtcGn0.net

サターニャ「本当においしかったわ、大満足ね」

青髪の幼女「えへへ、おなかいっぱい~」

ヴィーネ「私も、いっぱいになったわ」ツヤツヤ

タプリス「月乃瀬先輩は、別の意味で……ですよね」


サターニャ「さてと、次は……って、なんか空が曇ってきたわね」

ヴィーネ「あらほんと。今日の、この地域の予報は、っと……」スッ

ヴィーネ「午後から次第に雲が出てきて、夕方から雨が振り始める、ですって」

青髪の幼女「えっ……そんな……」

タプリス「あ、このままじゃ夜の流星群が……」

ヴィーネ「そうね……雨の確率、夜は100%になっているわ……」

青髪の幼女「……せっかく、せっかく、楽しみにしてたのに」シュン

ヴィーネ「……」

タプリス「……」


サターニャ「……まだ、諦めるのは早いわ」

青髪の幼女「えっ?」

サターニャ「きっと、雨雲なんて吹き飛ばす方法があるはずよ!」

タプリス「それは……」

ヴィーネ「……そうね」

タプリス「つ、月乃瀬先輩?」

ヴィーネ「よく言ったわ、サターニャ。たしかにその通りよ!」

ヴィーネ「みんなで調べてみましょう!」

タプリス「はい、わかりました! 流星群、絶対に見ましょうね!」

青髪の幼女「うんっ!」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:16:55.121 ID:xqlrtcGn0.net

-資料館-


サターニャ「なーはっはっはっ!」

青髪の幼女「なーはっはっはっ!」

タプリス「あはは、すっかりお二人、仲良しさんですね」

ヴィーネ「精神年齢が合うだけじゃないかしら……」

サターニャ「ちっこいの、なかなか筋が良いわね、気に入ったわ!」

サターニャ「この大悪魔であるサタニキア様の、弟子にしてあげてもいいわよ」

青髪の幼女「大悪魔? 弟子?」

ヴィーネ「こらこら、サターニャ。変なこと教えないの」

タプリス「それにここには、晴れ乞い? の方法を見つけに来たんですよ」

サターニャ「そうだったわね、忘れてたわ」

ヴィーネ「まったく……」


――

ヴィーネ「まぁ、定番中の定番といえば、てるてる坊主よね」

サターニャ「でも、あんなので、本当に晴れるの?」

ヴィーネ「そうねぇ……」

サターニャ「どうせなら、小さいのじゃなくて」

サターニャ「どーんと特大サイズを用意したらどうかしら」

タプリス「特大って……」

サターニャ「そうね、中に私たちが入るくらいの!」

タプリス「えぇ……」

ヴィーネ「ああでも。実はてるてる坊主って、元は坊主じゃなくて」

ヴィーネ「実物の女の子が、やってたらしいわよ」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:17:24.297 ID:xqlrtcGn0.net

タプリス「へぇ、そうなんですか。知りませんでした」

青髪の幼女「それ、やりたい!」

ヴィーネ「えっ?」

サターニャ「良い案じゃない。ちょうど、ちっこいのが着てる服もそれっぽいし」

青髪の幼女「やる! それで晴れるならやるよ!」

ヴィーネ「でも、ねぇ?」


サターニャ「ほら、タオル巻いてあげるわ。そして、上から顔を書いて……」

サターニャ「できたわよ!」

青髪の幼女「わー! 前が見えないよー!」

サターニャ「ほら、その場でくるくる踊りなさい!」

青髪の幼女「うんっ! 晴れろー! 絶対晴れろー!」クルクルー

ヴィーネ「……」パシャパシャ


――

青髪の幼女「ぜんぜん晴れない……」クスン

タプリス「よしよし、よく頑張ったね」ナデナデ

ヴィーネ「こうなったら次は……、これよ」

サターニャ「それは……呪文書ね?」

タプリス「そんなの、ここにあるわけ……」

ヴィーネ「よくわかったわね、サターニャ」

タプリス「えぇ……本当なんですか」

青髪の幼女「じゅもん!?」キラキラ


ヴィーネ「でも、少し恥ずかしいから」

ヴィーネ「これはサターニャに、唱えてもらおうかしら」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:20:35.267 ID:xqlrtcGn0.net

サターニャ「……ディール・オブ・ザ・デイ」

青髪の幼女「ごくり……」

サターニャ「サニー・アンド・ブライト」

サターニャ「レット・ザ・レイン・ゴー・アウェイ……」

サターニャ「メイク・ザ・デイ・ブライト!!」

シーンッ

青髪の幼女「おぉ~、かっこいい!」キラキラ

サターニャ「ふっ、決まったわ」

ヴィーネ「カムイ・パパイヤ・アホーイヤ」

サターニャ「誰がアホですって!」

ヴィーネ「いや、これも呪文なのよ、アホーイヤ」

タプリス「アホーイヤ?」

青髪の幼女「アホーイヤ!!」

サターニャ「アホアホ言うなぁ!!」



-資料館の外-


タプリス「呪文もまったく効果ありませんでしたね」

ヴィーネ「サターニャの魔力が足りないせいよ、きっと」

サターニャ「人のせいにするんじゃないわよ!」

青髪の幼女「アホーイヤ!」

タプリス「すっかり気に入ってしまったみたいですね……」

サターニャ「そんなことより、何か他のはないの?」

ヴィーネ「こうなったら、最後の手段よ」

サターニャ「最後の手段、ですって……?」

ヴィーネ「それはね……」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:23:41.181 ID:xqlrtcGn0.net

シュッ シュルシュルシュル


サターニャ「……」

ヴィーネ「……」

サターニャ「……で、どうして私は、木と木を擦らされてるのかしら」

ヴィーネ「この国ではあまりないようだけど」

ヴィーネ「木を燃やして、煙を空に上げると、雲が晴れていくおまじないがあるらしいわ」

サターニャ「それは良いけど、なんで摩擦なのよ! 他の道具でいいじゃない!」

ヴィーネ「えっと……気分?」

サターニャ「ああ、もうっ、やれば良いんでしょ!」

シュルシュルシュル

タプリス「す、すごい……煙が出てきました」

青髪の幼女「おぉ~」キラキラ

サターニャ「はぁぁっ! マッハデビルスピィィンッ!!」


モクモクモク

ヴィーネ「このくらいで良いわね。サターニャ、ありがとう」

サターニャ「ぜぇ……ぜぇ……まったく、悪魔使いが荒いんだから」

サターニャ「それにやることが地味なのよ……」

青髪の幼女「でびるすぴん! かっこよかった!」

サターニャ「そ、そう? やっぱり、あんたは見る目があるわね」

青髪の幼女「えへへ」


タプリス「これで晴れるといいですね」

青髪の幼女「うんっ」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:26:37.626 ID:xqlrtcGn0.net

-夕方 湖畔-


ポツ ポツ ポツ


青髪の幼女「あっ……」


サァァァァァ

タプリス「ついに、降ってきちゃいましたね……」

ヴィーネ「とりあえず、あのコンビニで傘を買いましょうか」



-オレンジ色のコンビニ-


サターニャ「へぇ、出来たての唐揚げとかあるじゃない」

サターニャ「ちっこいの、あんたに買ってあげるわ」

青髪の幼女「ほんと!?」

サターニャ「ちょっと待ってなさい」


タプリス「あの胡桃沢先輩が、誰かに奢ってあげるなんて……」

ヴィーネ「ふふっ、よっぽどあの子のことが気に入ったのね」


サターニャ「ほら、食べなさい」

青髪の幼女「ありがとう! はむはむ……」

青髪の幼女「ん~! おいし~!」

サターニャ「そう、よかったわね」


タプリス「それにしても、これからどうしましょう」

ヴィーネ「そうね……とりあえずは、あの天文台に戻りましょうか」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:30:12.781 ID:xqlrtcGn0.net

-夜 天文台 最上階-


ザァァァァァ


タプリス「すっかり暗くなってしまいました……」

ヴィーネ「雨も激しくなってきたみたい」

青髪の幼女「……」

サターニャ「ほら、元気出しなさい」

サターニャ「待ってれば、晴れてくるかもしれないでしょ」

青髪の幼女「でも……」

タプリス「そうですよ、まだ諦めちゃダメです」

ヴィーネ「ええ、私たちも付いてるから」


青髪の幼女「……ううん、もういいの」

タプリス「えっ」

青髪の幼女「おねーさんたち、今日は本当にありがとう」

青髪の幼女「いっぱいいっぱい、ごちそうしてくれて」

青髪の幼女「どれもほんとにおいしかった!」

青髪の幼女「それに、みんなで雲さんを晴らすために」

青髪の幼女「いろいろ考えてくれて、いろいろ試してくれて」

青髪の幼女「ほんとに、ほんとに嬉しかったの」


タプリス「ごめんね、力になれなくて……」

青髪の幼女「ううん、そんなことない。だって……見て?」

青髪の幼女「おねーさん達のおかげでね、こんなに……」

青髪の幼女「ニッコリできるんだから」ニコッ


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:32:49.185 ID:xqlrtcGn0.net

ぎゅぅ


タプリス「……ありがとう」

青髪の幼女「おねーさん?」

タプリス「流星群、次は何年後になるかわからないけど……」

タプリス「今度は見られたら、いいね」

青髪の幼女「……うんっ」


シュンッ

ガヴリール「ふぅ、到着……って、なんだここ、廃墟!?」

ラフィエル「あらあら」

タプリス「えっ、天真先輩に白羽先輩!?」

ガヴリール「お前らが、遅いから迎えに来たんだよ。そろそろ夕飯だし」

ヴィーネ「どうしてこの場所が……」

ラフィエル「うふふ、サターニャさんにセットしたGPS受信機が役に立ちました」

サターニャ「ちょっと! まだ外してなかったの!?」

ヴィーネ「恐ろしい子……」


青髪の幼女「すごい! このおねーさんたち、しゅんって出てきた!」

青髪の幼女「どうやってやったの!?」

ガヴリール「ん? このガキんちょは?」

タプリス「実は……」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:35:36.355 ID:xqlrtcGn0.net

ガヴリール「なるほど……今夜、流星群がね」

タプリス「はい。でも、この天気ですから……」


ラフィエル「ガヴちゃん、ガヴちゃん」コソコソ

ガヴリール「なんだ?」

ラフィエル「さっきからこの子に、私たちが飛んできた記憶を消す術を」

ラフィエル「ずっと、かけてるんですけど……」

ガヴリール「お前、マメだな……で?」

ラフィエル「それが、全く効かないみたいなんです」

ガヴリール「はぁ? 効かないってなんだよ」

ラフィエル「恐らくこの子は――」

ガヴリール「……そうか。じゃあ、天界の法には触れてないから良いんじゃないか」

ラフィエル「そうですね、良しとしましょうか」


青髪の幼女「どうしたの? おねーさんたち」

ラフィエル「うふふ、何でもありませんよ」

ラフィエル「それよりも、この街には……」

ラフィエル「なんでも願いごとを叶えてくれる、円盤さんがいるみたいじゃないですか」

サターニャ「えっ、あの円盤、そんなことしてくれるの!?」

青髪の幼女「……えっと、そうなのかなぁ」


ラフィエル「ここは、それにあやかりまして……」

ラフィエル「みなさんでお願いごと、してみませんか?」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:38:34.609 ID:xqlrtcGn0.net

ぎゅっ


サターニャ「こんな、五人で手を繋いで輪になって、何か意味あるの?」

ラフィエル「はい。これで目を瞑って、円盤さんにお願いごとをするんです」

ガヴリール「はぁ……なんで私まで」

ヴィーネ「まぁまぁ、そう言わずに、ね」

ラフィエル「それでは、みなさん。いきますよ」


ラフィエル「……円盤さん、円盤さん、お願いします」


シーン

ガヴリール(……まぁ、とりあえず晴れますように)

ラフィエル(雨雲が、どこかへ飛んでいきますように)

ヴィーネ(雨が止んで、空が晴れますように)

サターニャ(ちっこいの、のために空を晴らしてあげて)


タプリス(……あの子に、流星群を見せてあげてください)


ザァァァァァッ

サァァァッ

ポツポツ ポツ   ポツ


青髪の幼女「すごい! すごいすごいすごい!」

青髪の幼女「ほんとに雨が止んじゃった! 空が晴れちゃった!」


ヴィーネ「嘘……信じられない」

サターニャ「ほんとに、雨が止んだっていうの……?」

タプリス「え、円盤さんが……本当に叶えてくれたんですかね」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:41:34.476 ID:xqlrtcGn0.net

青髪の幼女「ありがとう! おねーさんたち、本当にありがとう!」

ラフィエル「うふふ、よかったですね」

ヴィーネ「何はともあれ、ほんとに良かった! これで流星群、見られるわね!」

サターニャ「ほら、ここじゃ見えづらいから、外に出るわよ!」

タプリス「は、はい! それじゃあ、行きましょう?」

青髪の幼女「うんっ」

タッタッタッ


ラフィエル「どうしました? ガヴちゃん」

ガヴリール「……お前、また天界に連絡して、天候変えただろ」

ラフィエル「ふふっ、なんのことでしょう」

ラフィエル「晴れたのはですね……みなさんの願いが、あの円盤に届いたんです」

ラフィエル「見ましたか? あの子たちの笑顔」

ラフィエル「あれはきっと、かけがえの無いものですよ、ガヴちゃん」

ガヴリール「……ったく、茶番につき合わせやがって」

ラフィエル「ほら、私たちも行きましょう」

ラフィエル「次に見ることができるのは、何年先かわかりませんから」

ガヴリール「ああ、わかったよ」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:44:39.053 ID:xqlrtcGn0.net

-夜 天文台前-


ヒュンッ ヒュンヒュンッ


タプリス「すごいです! あんなに星が流れて!」

サターニャ「これはたしかに、すごいわね……」

ヴィーネ「幻想的……」

タプリス「ほら、こちらに来てください。一緒に流星群を見ましょう?」

青髪の幼女「うんっ!」


ぎゅっ

タプリス「綺麗ですね……お星様がお空を走っていきます」

青髪の幼女「ほんとにきらきらしてる、きらきら……きらきら……」

タプリス「ええ……って、あれ、どうかしましたか?」

青髪の幼女「えっ、なんのこと?」

タプリス「いえ、その……涙を、流してますから」

青髪の幼女「え? えっ? うそっ!?」

タプリス「大丈夫ですか?」

青髪の幼女「わかんない……わかんないけど、きっと……」

青髪の幼女「流星群には、特別な思い出があるから、なのかな」

タプリス「そうですか……それを思い出して、しまったんですね」


ぎゅぅ

青髪の幼女「あっ……」

タプリス「だったら我慢せずに、思いきり泣いても、良いんですよ?」

青髪の幼女「……ッ」

タプリス「……ね?」ナデナデ


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:47:34.327 ID:xqlrtcGn0.net

青髪の幼女「ぐすっ……ありがとう」

タプリス「落ち着いた?」

青髪の幼女「嬉しいはずなのに、みんなニッコリなのに、泣いちゃうなんて」

青髪の幼女「ちょっと恥ずかしい……」

タプリス「そんなときもありますよ。でも、あなたには」

タプリス「ニッコリな笑顔のほうが、似合ってると思います」

青髪の幼女「えへへ……うんっ」ニコッ


――

ラフィエル「あらあら、こんなに懐かれてしまって」

タプリス「あ、白羽先輩」

ラフィエル「ふふっ、かわいい後輩が取られてしまってみたいで、悲しいです」

ラフィエル「ね? ガヴちゃん」

ガヴリール「なんで私に振るんだよ」

タプリス「あははは……」


ガヴリール「それより、もうだいぶ見ただろ?」

ガヴリール「旅館の夕飯、食べ損ねるし、そろそろ帰るぞ」

タプリス「あ、そうですね……」

ヴィーネ「じゃ、じゃあ、この子も一緒に……」



女の子1「あれ、あの人たちと一緒にいるのって……」

女の子2「ほんとね。見かけない人たちだけど、観光客の方かしら」

青髪の幼女「あ、みんなだ!」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:50:38.591 ID:xqlrtcGn0.net

ヴィーネ「あ、もしかして、この子のご家族の方ですか?」

女の子1「えっと……はい。そんな感じです」

ガヴリール「そうか。じゃあ、ここで引き渡して、お別れだな」


ヴィーネ「寂しいけど、仕方ないわね。ぐすっ……元気でね」

サターニャ「何泣いてるのよ、ヴィネット……」

ヴィーネ「だって……」

サターニャ「ちっこいのだって、これからもこの街にいるんでしょ?」

青髪の幼女「うん、いるよ!」

サターニャ「だったら、また会えるじゃない」

ヴィーネ「……そう、そうよね。その通りだわ」

サターニャ「また流星群ってのが来たら、ここに来てあげるわ!」

サターニャ「感謝しなさい! なーはっはっはっ!」

青髪の幼女「なーはっはっはっ!」


タプリス「……えっと」

青髪の幼女「……ニッコリ、だよ」

タプリス「えっ?」

青髪の幼女「おねーさんも、ニッコリの方が似合ってるから」ニコッ

タプリス「そうですね、わたしがさっき言ったばかりでした」


タプリス「また一緒に、流星群を見ましょうね」ニコッ

青髪の幼女「うんっ! 約束!」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:53:38.447 ID:xqlrtcGn0.net

青髪の幼女「おねーさんたち、今日はありがとうー!」

青髪の幼女「流星群を見せてくれて、ほんとにありがとうー!!」

青髪の幼女「バイバーイ! また会おうねー!!」ブンブンッ


タプリス「はいっ! また会いましょう!」


――

女の子2「なんだか賑やかな人たち、だったわね」

女の子1「……でも、とても良い人たちみたい」

青髪の幼女「うんっ、いっぱいいっぱい、ごちそうになっちゃった」

女の子1「もう……食べ過ぎたりしてない?」

青髪の幼女「えへへ。あ、でも、もうお腹すいてきちゃった」

女の子1「はぁ、そんなことだろうと思って、サンドイッチ持ってきてるから」

女の子1「一緒に食べながら、流星群を見ましょう?」

青髪の幼女「うんっ!」


女の子2「それにしても、今日は100%雨予報だったから、諦めてたのに……」

女の子2「ずいぶんと急に晴れたわね」

女の子1「まぁ、見ることができるんだから、良かったじゃない」

女の子2「そうね」

青髪の幼女「あのおねーさんたちが、雲を晴らしてくれたんだよ!」

女の子1「えっ? そんなことできるわけ……」

青髪の幼女「だからね、恩返ししないと」

女の子2「な、何をする気? って……円盤が!?」


青髪の幼女「ひゅー! どーん!」

青髪の幼女「おねーさんたち、みーんな! ニッコリになーれ!!」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:56:37.106 ID:xqlrtcGn0.net

-夜 湖畔 遊歩道-


パァァァァッ


タプリス「う、うそ……円盤が……」

ヴィーネ「輝いてるわね、綺麗だけど……」

サターニャ「なにあれ! なんか花火みたいで綺麗じゃない!」

ガヴリール「おうおう、すごいな」

ガヴリール「あれか? プロジェクションマッピングってやつか?」

ヴィーネ「いや、あんな巨大な円盤にできるはずないでしょ……」

サターニャ「まさか、異星人からの侵略の合図!?」

ガヴリール「んなわけないだろ……」


ラフィエル「タプちゃん、どうしました?」

タプリス「あ、いえ、とても綺麗な光だなって」

ラフィエル「ふふっ、それだけですか?」

タプリス「えっと、自意識過剰かもしれないんですけど……」

タプリス「あの光がなんだか、わたしたちに向けられているような気がして」

ラフィエル「そうですかそうですかぁ」

ラフィエル「……きっと、そうなんだと思いますよ」

タプリス「えっ? し、白羽先輩?」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:00:10.391 ID:xqlrtcGn0.net

ラフィエル「あの子と今日一日、何があったのか詳しくは知りませんが」

ラフィエル「かけがえのない、思い出になったんですね」

タプリス「はい。そうですね……そう思います」

ラフィエル「あの光からは、ですね。感謝の気持ちが感じられるんです」

ラフィエル「だからタプちゃんも、それを感じ取ったのではないでしょうか」

タプリス「えっ、それって、まさか……」

タプリス「あの光は、あの子が……?」

ラフィエル「うふふ、どうでしょう」


ガヴリール「ほら、タプリス。旅館に早く帰るぞ、おいしいごはんが待ってる」

タプリス「は、はい!」

タプリス「……」


タプリス「……ッ」クルッ


タプリス「円盤さん! ありがとうございました!」

タプリス「あの子と、わたしの願いを叶えてくれて、本当にありがとうございました!」


パァァァァッ


タプリス(あの子と一緒に見た星々は、一瞬で通り過ぎてしまったけれど)

タプリス(わたしたちに刻まれた大切な思い出は、きっと……)

タプリス(何年経ったとしても、色褪せることはないと信じています)



タプリス「……そうですよね、円盤さん!」ニコッ



おしまい



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:05:25.772 ID:W1wn8ko1M.net


懐かしいなそらメソ


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:10:26.965 ID:vk4n07ns0.net


ところで誰か久弥の行方を知らんか?


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:24:54.534 ID:xqlrtcGn0.net

タプリスとノエルは見つめていたい

ノエル

>>43
俺、まだいるよ



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿