TOP > キルミーベイベー > ソーニャ「やすなは私のモノだ」やすな「へ?」

ソーニャ「やすなは私のモノだ」やすな「へ?」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 00:55:20.32 ID:KZLUdkSM0

やすな「見て見て!」

ソーニャ「何だ」

やすな「おでこに“ソーニャ”って書いたった!」

ソーニャ「は?」

やすな「これで私はソーニャちゃんのものだよ!だから大事にしてね!」

ソーニャ「意味が分からん」

やすな「ソーニャちゃんてばいつも私のことぞんざいに扱うんだから、こうすれば何か大事にしたくなるでしょ??」

ソーニャ「ならん……」

やすな「ソーニャちゃーん♪」ピト

ソーニャ「……」

やすな「おおっソーニャちゃんが私を受け入れてくれてる!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:01:22.49 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「そうだな、私のものなら大事にしないとな」

やすな「そうそう」

ソーニャ「ちゃんと手入れもしないとな」

やすな「うんうん」

ソーニャ「まずは髪のチェックだな」

やすな「わーい」

ソーニャ「特別きれいでもないけど明るい色でいい髪だな」

やすな「そうかな~それほどでも~」

ソーニャ「ここんとこはねてるぞ」クシクシ

やすな「ああっ大事にされてる……大事にされてるよお……」

ソーニャ「ん? 櫛が引っかかる……ぬん!」ブチッ

やすな「あいだー!!?」

ソーニャ「ちゃんとケアしとけ」

やすな「あい……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:07:32.38 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「次は顔だ」

やすな「か、顔!?」

ソーニャ「」ガシッ

やすな「ひい」

ソーニャ「お前は垂れ目だな」ジロジロ

やすな「ううっ」

ソーニャ「肌の調子は良し」ナデナデ

やすな「ああん///」

ソーニャ「ん? 何か勝手に頬が赤くなってきたぞ? 不良か?」ペチペチ

やすな「仕様です///」

ソーニャ「唇は」フニ

やすな「ふへ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:13:06.07 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「少し乾燥しているな」

やすな「へひ」

ソーニャ「うるおしてやろうか」

やすな「へっ///」

ソーニャ「……」

やすな「だだだめだよソーニャちゃん私たちそんな関係じゃあ」

ソーニャ「私の物をどうしようが私の自由だろ」

やすな「あわわ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:17:05.99 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「じっとしてろ」ガシ

やすな「うぇ」

ソーニャ「」ペロ

やすな「!!!」

ソーニャ「」チュー

やすな「んー、んー!」

ソーニャ「これで滑らかになったな」

やすな「あ、あ、あ……///」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:18:19.53 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「じゃあ次は……」

やすな「///」

ソーニャ「脱げ」

やすな「えっ」

ソーニャ「」ガシ

やすな「えっ」

ソーニャ「この梱包を剥がないとな」

やすな「そそそーにゃちゃん冗談だよね」

ソーニャ「あん?」

やすな「ひっ」

ソーニャ「面倒くさいからナイフで切るか」

やすな「らめえー!」




やすな「何だ夢か」

ソーニャ「ん?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:21:26.88 ID:KZLUdkSM0

キュッキュ


やすな「見て見てソーニャちゃん!」

ソーニャ「何だ」

やすな「おでこに“ソーニャ”って書いたった!」

ソーニャ「は?」

やすな「これで私はソーニャちゃんのものだよ!だから大事にしてね!」

ソーニャ「そうか、なら心おきなく痛めつけられるな」

やすな「ヒイッやっぱり本物はこうだよね!!」

ソーニャ「は? 本物?」

やすな「やっぱり可愛げがない方が好きだなあ」

ソーニャ「良く分からんがバカにされていることは分かった……」

やすな「あっやめてそういう意味じゃないです!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:27:30.95 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「可愛げがなくて悪かったな」

やすな「ソ、ソーニャちゃんはそのままでいいんだよ! ありのままの君でいてほしい!」

ソーニャ「ふん……まったく」

やすな「あ、そうだソーニャちゃん! 私今ソーニャちゃんの物だから好きなことしていいよ」

ソーニャ「まだやるのかそれ」

やすな「何でもご自由にどうぞ あっ痛いのは無しで」

ソーニャ「アホくさい」

やすな「はっはっは怖がらずに思いのたけをぶつけてきなさい」

ソーニャ「……本当に何でもいいんだな」

やすな「いいよいいよ! 今すぐカモカモ!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:31:41.74 ID:KZLUdkSM0

ソーニャ「じゃあ……ちょっとあっち向いてろ」

やすな「?」

ソーニャ「」チュ

やすな「!?!?!?」

ソーニャ「ま、まだあっち向いてろ!」

やすな「う、うん……!?」

ソーニャ「お前が……あんまり私に付きまとうから……」

やすな「……」

ソーニャ「私だって……構ってくれて嬉しいって思う気持ちくらい……ある」

やすな「ソーニャちゃん……」

ソーニャ「お、おら! もうあっち行けバカ///」ゲシッ

やすな「あいた!」


夢のソーニャちゃんはちょっと強引だったけど……
現実のソーニャちゃんは素直になれないウブな子でした!



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 01:34:45.73 ID:PRVLlFmT0

短かったけど良かった



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿